そば 善光寺に関するニュース

【長野】地元民が太鼓判のそば屋!旅先で立ち寄りたいそばの名店3選

TABIZINE / 2016年06月05日10時00分

長野の代名詞のひとつである、そば。長野県はそば屋の店舗数が日本一だと、タウンページをカウントして調べた人もいるとかいないとか・・・。 ただ、長野といえば南北に200kmほどあり、地域ごとに特色も大きく異なっています。好みの問題もありますよね。 そこで今回は長野の玄関口、長野駅周辺のそば屋を“目的別”に紹介したいと思います。長野に滞在するたびにホテルのフロン [全文を読む]

長野県の銘柄鶏がたっぷり味わえる「黄金シャモの鶏南蛮そば」

ぐるなび / 2016年11月21日13時10分

長野電鉄・長野線善光寺下駅・善光寺口から徒歩8分ほどにある同店は、「三門そば」や「黄金シャモの鶏南蛮そば」をはじめとしたそばメニュー、コーヒーやケーキなどの軽食が楽しめるお店。番組ではお店のメニューとして「黄金シャモの鶏南蛮そば」が紹介された。うま味・風味・歯ごたえと三拍子が揃った黄金シャモを贅沢に使ったオリジナルのそばで、焼きネギ、きのこ、とろろなども [全文を読む]

長野朝日放送の女子アナ 地元お・も・て・な・し蕎麦に舌鼓

NEWSポストセブン / 2014年02月19日07時00分

■「しっぽこそば」1000円(丸清) 長野市の善光寺周辺は、福井・永平寺、東京・深大寺などと並び、古くから参拝者をもてなす「門前そば」の店が栄えた。 毎年11月、新そばの時季になると、明治期に長野市内の花街で考案され流行した「卓袱(しっぽく/しっぽこ)そば」を再現するイベントが行なわれている。 「温かいそばの上にシイタケやタケノコ、卵焼きなどのほか、とん [全文を読む]

そば粉で作った香ばしい「そばたんぽ」

ぐるなび / 2016年11月21日13時10分

長野電鉄長野線善光寺下駅から徒歩7分にある同店は、おやきやそばたんぽ、そばソフトなどがいただける、喫茶スペースもある和菓子店だ。 気になるものを見つけた藤吉さん。「何これ?そばたんぽ、きりたんぽじゃなく、長野ならではですね」さっそく店の方にどんな料理か尋ねる。「そば粉100パーセントをお団子みたいにして、きりたんぽみたいに棒につけて、自家製のみたらしだん [全文を読む]

『辛くない七味』は本当に辛くないのか? 思う存分ふりかけてみた

ガジェット通信 / 2017年04月04日20時00分

長野県民としては、そば(冷たいのも温かいのも)と言いたいところなのですが、一般には焼き鳥とか丼ものでしょうか。 そんなわけで、最初は焼き鳥です。 美味しそうな焼き鳥、まずはこのまま味見をするところですが、七味、かけてみます。食べる前にいきなりかけて、怒られるやつです。 かけすぎです。辛さで元の味わからないだろ!って怒られるやつです。さらに、実際に食べた人も [全文を読む]

拝観してもすぐに帰らないで!善光寺は参道周辺の散歩が面白い!

GOTRIP! / 2016年10月18日04時00分

お土産物を物色したり、長野県ならではの味噌やりんご、そばを使ったソフトクリームやおやきといったご当地グルメを食べ歩きするのも楽しいですよ。 この様に賑やかな商店街ですが、店舗が軒を連ねる所の裏側の道や商店街を下った所には39の宿坊があります。1つひとつが住職のいる独立した寺になっており、全国からの参拝者を迎えるほか、善光寺如来に奉仕・守護する役割を果たして [全文を読む]

街道トラッカーズ 中山道(4/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年07月11日09時00分

例えば、走っている道のすぐそばを平行して、古びた松並木の道が伸びている。何気なく旧街道はそのまま残り、人々の暮らす道として活用されているのだ。 佐久から諏訪までの区間、何度も旧街道をそのまま目の当たりにしているかのような幻想的な光景に出くわしたが、かつて、こんな道を走ったことがあっただろうか。 ―――記憶にない。後にも先にも初めてだ。 かつてトラッカーだ [全文を読む]

囲炉裏を囲みながら長野県の郷土料理おやきが食べられる「小川の庄」へ行ってみよう!

GOTRIP! / 2016年10月04日12時00分

さらに、おやきにはそば茶とみそ汁が付いてくるので、それだけで軽い食事になります。 おやきは炭火で焼いているので外側がカリッとしていています。 中には具がぎっしりと詰められており、食べごたえも十分です。少し濃い目に味付けされている具がカリカリふっくらした皮によく合いますよ。 囲炉裏の火は時折モクモクと煙を上げながら燃え、温かみのある炎を眺めていると、懐かしい [全文を読む]

北陸前の一休み!今注目の新観光エリア『信越トライアングル』誕生!60分の別天地!小布施・戸隠・妙高

@Press / 2015年04月08日11時00分

「戸隠」では、戸隠神社参拝、そば打ち体験、戸隠れ流忍者、宿坊体験。「妙高」では、温泉天国湯巡り、温泉ソムリエ、山歩き、B級グルメレッド焼きそばなど。それぞれの地域が、被らない魅力的な観光コンテンツを用意しています。60分ほどの移動で、風景がガラッと変わるコンパクトルートにより、短時間ロケにも最適です。<地域連携で宿泊もお得に>「小布施」「戸隠」では、温泉旅 [全文を読む]

フォーカス