押尾学 奥菜恵に関するニュース

“魔性の女”奥菜恵の魅力はオッドアイにあり!? 離婚慰謝料で9歳下の俳優・木村了を飼い馴らすか

日刊サイゾー / 2015年08月21日17時00分

「過去には押尾学とのスキャンダルや、斎藤工との不倫疑惑もあるなど、奥菜は芸能界でも屈指の魔性の女といえます」(芸能関係者) 確かに、長年女優として活躍し続けているだけあって、奥菜が美人であることに間違いはなく、過去の恋愛遍歴を見れば、彼女が“魔性の女”といわれることにも異論の余地はない。しかし、今月6日に36歳になり、2人の子どもを持つ奥菜が、9歳も離れ [全文を読む]

「交際女性が次々と不幸に......」元俳優・押尾学の乱痴気人生を彩った女性たちの末路

日刊サイゾー / 2012年03月02日08時00分

合成麻薬・MDMAを一緒に飲んだ女性の救命を怠ったとして、保護責任者遺棄と麻薬取締法違反(譲渡、譲り受け、所持)の罪が適用され懲役2年6月の判決が下され、最高裁でも上告が棄却された元俳優・押尾学被告。弁護団が異議を申し立てたものの「認められる可能性は限りなく低く、近く収監されることになるだろう」(全国紙社会部記者)というが、モテ男ぶりは相変わらずで、現在も [全文を読む]

熊切あさ美を超えたのは?「幸せになってほしい芸能人」ランキング

しらべぇ / 2016年05月12日07時00分

ネット界の大手『サイバーエージェント』創始者の藤田晋氏との離婚、押尾学氏との黒い噂など、スキャンダラスな話題に事欠かない人生だったせいか、近年では「やつれた」との声も少なくなかった。このような理由でか、幸せを願うファンは少なくないようだ。■第3位:熊切あさ美(15.1%)第3位には熊切あさ美がランクイン。長らく歌舞伎役者の片岡愛之助と交際していたが破局。片 [全文を読む]

押尾学のLINE返信がマメすぎる!? お相手キャバ嬢も「暇なのかな」と心配で……

日刊サイゾー / 2015年02月17日09時00分

「昼でも夜でも、すぐに返事が返ってくる」 キャバクラ好きで知られる俳優・歌手の押尾学の夜遊びは、あの事件後も相変わらずのようだ。 麻薬取締法違反と保護責任者遺棄で受けた3年6月の実刑から昨年末に仮釈放されていた押尾だが、「週刊新潮」(新潮社)では18歳の未成年キャバクラ嬢とデート、女性の自宅に出入りした様子を報じられている。同誌によると、押尾は出所後に行っ [全文を読む]

【ウラ芸能】奥菜恵、3度目の本気度は…

NewsCafe / 2016年03月30日15時00分

しかし奥菜は、あの押尾学(37)とのベッド写真が流出した過去もあるし、若い時から魔性の女だった」記者「仮に不倫の末の再々婚としても、当の木村の知名度がいまひとつなので、静観されている感じもします」デスク「木村は舞台では主役をやってるけど、テレビとか映画では脇役だ」記者「名前と顔が一致する人は少ないでしょう」デスク「年下のヒモ男なんていう声もある」記者「もと [全文を読む]

祝、奥菜恵結婚! ところでアノ押尾学との“ニャンニャン写真”は、どこから流出?

日刊サイゾー / 2016年03月22日13時00分

だが、02年に押尾学との“ニャンニャン写真”が流出し、人気が急降下する。 「写真が掲載されたのは、当時アイドルのスキャンダルを連発していた『BUBKA』(コアマガジン、現・白夜書房)ですね。記事では“押■学”“奥■恵”と伏せ字になっていますが、本人たちと見て間違いないでしょう。裸のツーショット写真や、奥菜の色白のおっぱいなどもしっかりと写り込んでいます」( [全文を読む]

奥菜恵は女優復帰できない!? 大手事務所激怒の裏にある「超絶恋愛遍歴」とホリエモン

日刊サイゾー / 2015年09月30日17時00分

「奥菜恵は2001年に雑誌『ブブカ』に掲載されたあの押尾学との“ニャンニャン写真”で性に奔放なイメージがつきました。その後も藤田氏というIT長者を“陥落”させた上、最近は若き日の斎藤工も誘惑したという噂も出てきた。再婚・離婚した後、バツ2で娘2人という状況ながら10歳年下の木村了と同棲など、相当な“手練(てだれ)”です。『寂しがりや』『甘え上手』など恋愛 [全文を読む]

芸能界「伝説のピンク事件」(4)今も切れていない奥菜恵と押尾学の“危険な接点”

アサ芸プラス / 2015年05月05日09時59分

カラオケボックスで押尾学らしき男と仲むつまじく過ごし、なぜか上半身はハダカのまま財布に手をやっている。 プリンという音が聞こえてきそうなほどの美しいバスとではあるが、アイドル絶頂期に、よりによって押尾との密室ショットによって流出しようとは‥‥。「告訴も検討します」 奥菜の事務所が発表したが、その後、やぶ蛇になるのを恐れてか、一向に抗議の動きはなかった。以来 [全文を読む]

奥菜恵 昼ドラで復活も「劣化がヒドい」の“ヤジ”を艶技力で見返せるか!?

アサ芸プラス / 2014年07月01日09時59分

押尾学とのニャンニャン写真騒動やIT会社社長との離婚、暴露本的自叙伝の発表、できちゃった再婚と、マイナスイメージが強かったですから、ここで女優として評価されたいところです。濡れ場を拒否するようなら今後の芸能活動は難しいと思いますね。ただ、奥菜も今年で35歳。巷では『劣化がヒドイ』との声がもっぱらですし、彼女の艶技を見たい人がどれだけいるかは疑問ですが… [全文を読む]

鳴り物入りの大胆露出も……奥菜恵のヌードが“不気味なほど”話題にならず!?

サイゾーウーマン / 2014年01月25日16時00分

「奥菜といえば、押尾学との“ベッド写真”流出以降は、10億円の慰謝料が取りざたされたサイバーエージェントの藤田晋社長との離婚騒動と、まったくと言っていいほどいい話題には恵まれていません。その後は、AV出演説が浮上しては消えを繰り返していましたが、近年ではそんな話さえ出ていません。近頃の一番大きなトピックと言えば、09年にできちゃった婚をしたサラリーマンと [全文を読む]

矢口真里以上のモンスター!?奥菜恵の再々婚が誰にも応援されないワケ

アサ芸プラス / 2016年03月21日17時59分

「初期は清純派アイドル女優でしたが、悪名高き押尾学との写真が表に出たことでイメージダウン。その後は“魔性の女”路線にシフトしている。奥菜の2度目の離婚が成立した昨年9月には、元旦那の藤田氏の友人であるホリエモンが奥菜の不貞を示唆していた。木村との交流のキッカケも離婚前の13年の舞台共演とのことですから、その関係にも不貞がなかったとは言い切れないでしょう」( [全文を読む]

奥菜恵「3度目の結婚」で思い出されるホリエモンのあのひと言

アサジョ / 2016年03月18日09時58分

「奥菜はあの押尾学と一緒に写った過激な写真が表に出た過去があるほど、本当にワキが甘くて奔放なんです。昨年6月にはホリエモンこと堀江貴文氏が『友人が奥さんを今いちばん売れっ子の俳優Sに寝取られた』とバラエティ番組で発言し、すぐに奥菜と斎藤工のことだと報じられました。奥菜は斎藤と結婚するつもりでいたのに事務所から反対され、さらに女優の嘉門洋子と二股をかけられた [全文を読む]

嵐、平野綾、奥菜恵……芸能関係者が思わず震えた“芸能人流出写真”はこれだ!!

サイゾーウーマン / 2015年01月12日13時05分

「上半身裸でバストトップも出た状態の奥菜と、押尾学とのベッドでの2ショット写真が掲載されました。清純派で売っていた奥菜だけに、その衝撃度はあまりに高かったし、イメージも崩壊。両者とも売れっ子タレントだったので、流出元はまったく不明でしたが、最近になって真相が明らかに。当時押尾は関係を持った女性との“ハメ撮り”を趣味としており、奥菜もその1人だったそうなん [全文を読む]

嵐、平野綾、奥菜恵……芸能関係者が思わず震えた“芸能人流出写真”はこれだ!!

サイゾーウーマン / 2015年01月12日09時00分

「上半身裸でバストトップも出た状態の奥菜と、押尾学とのベッドでの2ショット写真が掲載されました。清純派で売っていた奥菜だけに、その衝撃度はあまりに高かったし、イメージも崩壊。両者とも売れっ子タレントだったので、流出元はまったく不明でしたが、最近になって真相が明らかに。当時押尾は関係を持った女性との“ハメ撮り”を趣味としており、奥菜もその1人だったそうなん [全文を読む]

“清楚系ビッチ”の先駆け? 奥菜恵が離婚協議中でバツ2へGO

messy / 2014年12月15日17時00分

たとえば複数の番組制作スタッフと肉体関係を持っていると枕営業説だったり、いしだ壱成(40)や斎藤工(33)との熱愛、決定的だったのは押尾学(36)とのベッド写真流出だ。この写真は、奥菜のバストトップまであらわになっている過激なものであった。彼女はいまで言う“清楚系ビッチ”だったのかもしれない。 近年では舞台を中心に活動しているため、テレビなどで見かける機会 [全文を読む]

また慰謝料!? 奥菜恵の2回目離婚報道に辛辣な意見

デイリーニュースオンライン / 2014年12月15日14時50分

奥菜とされる人物が上半身裸で写っているもの、また2012年に保護責任者遺棄致死罪で収監された押尾学とみられる人物との2ショット写真など、ファンならずとも大きなショックを与えたものです」(芸能ライター) 芸能界引退説まで出ていたが…… 同年にはIT企業社長・藤田晋氏と結婚するも、翌年には離婚。その際には慰謝料10億円という報道も頻出し、奥菜のイメージダウンに [全文を読む]

何かと話題の山本太郎主演映画で気になる奥菜恵の「人妻艶姿」

アサ芸プラス / 2013年08月15日10時00分

「清純派で売っていたころに『押尾学とのニャンニャン写真』とされる流出写真騒動に見舞われ、その後は01年の映画『インフィニティ∞~波の上の甲虫~』では娼婦役を熱演。男に胸を押し付け本気度満点のアエギ声をあげていた。バツイチ時代の08年には自叙伝『赤い棘』で妖艶な着物姿を披露するなど着実に経験豊富な熟女キャラへの転換を果たしつつあります」(芸能記者) 次回作 [全文を読む]

フォーカス