ボランティア 福岡県に関するニュース

九州北部豪雨:農地復旧、NPO頼み 補助向け調査進まず

毎日新聞 / 2017年09月07日23時03分

九州北部豪雨で被害が大きかった福岡県朝倉市で、NPOなどによる農業ボランティアの復旧作業が被災農家を支えている。公的補助を受ける復旧工事には事前に市の被害認定が必要だが、職員不足で調査が進まず、豪雨から2カ月たっても土砂や流木が残った田畑が目立つ。調査を待つ間にも農地は荒れてしまうため、専門家は農業ボランティアを定着させる必要性を指摘している。 8月31日 [全文を読む]

松居一代、九州被災地に一輪車をプレゼント 行動力に賞賛相次ぐ

J-CASTニュース / 2017年08月06日16時03分

「松居の感謝でございまーす」 松居さんは2017年8月2日のブログにて、福岡県朝倉市の被災地でボランティア登録を済ませたことを報告。その後は炎天下の中土砂を運ぶ様子や泥のかきだし作業などの様子を随時ブログにアップ。添えられている写真にはいつも笑顔で映っており、ポジティブな言葉が並べられている。 今回更新されたブログには、 「農業用一輪車を10台プレゼント [全文を読む]

「松居一代劇場」終了宣言するも早速TVで「第2幕」?「ニコニコお話のほうがずっと怖い」

J-CASTニュース / 2017年08月21日19時37分

離婚騒動の渦中にある俳優の船越英一郎さんに対する告発をネット動画で一時期、行っていたが、最近は豪雨被災地でボランティアに励み、ブログではもっぱらその活動報告が多くなっていた。「松居劇場」終了宣言は、ボランティアを終えた松居さんが都内の自宅に戻り、待ち受けていた複数のメディアに語ったものだ。宣言が報じられると、ネット上では「ほっ」とする声や、「なんか寂しい」 [全文を読む]

松居一代が連日のボランティア活動を報告「還暦おばはん頑張ってまっせ」

デイリーニュースオンライン / 2017年08月04日11時55分

女優の松居一代(60)が連日ボランティア活動を行っていると話題になっている。先月発生した集中豪雨によって甚大な被害を受けた九州。松居は被災地のひとつである福岡県朝倉市を単身車で訪れ、2日からボランティア活動を開始していた。 松居は3日朝にブログを更新。前日に引き続きボランティアチームのサブリーダーに就任したようで、「今日も、あたしは、サブリーダー」と宣言。 [全文を読む]

松居一代、九州入りで被災地ボランティア開始「サブリーダーになりました」

デイリーニュースオンライン / 2017年08月03日12時05分

夫で俳優の船越英一郎(57)と泥沼離婚劇を繰り広げている女優の松居一代(60)が、先月5日から6日にかけて九州北部で発生した集中豪雨による被害地域である福岡県朝倉市をボランティアに訪れている。先月31日、車にて被害地・九州に向かっていることを明かしていた松居。1日には目的地である朝倉市に到着したものの、宿がいっぱいだったために車中泊をしていたことも明かして [全文を読む]

被災地で大勢のボランティアが自発的に「商店街」のガレキを片付けた理由

週プレNEWS / 2012年07月10日06時00分

昨年、東日本大震災で津波被害を受けた宮城県石巻市では、大勢のボランティアが誰かに言われたわけでもないのに商店街のガレキを自然に片づけていました。壊滅的な打撃を受けたかに見えた商店街から、震災からわずか4ヵ月ほどでガレキがなくなったんです。一方、宮城県の多賀城市中心部のショッピングモール地区では、ボランティアはほとんど見当たらず、再開した店舗もわずかでした」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松居一代 ボランティア仲間から贈られた“チーム松居”Tシャツに大感激

TechinsightJapan / 2017年08月18日17時34分

タレントで投資家の松居一代(60)はボランティア活動のために滞在していた福岡県朝倉市を出発し、現在は東京に向かって愛車フィアットを走らせている。出発する前日には、ボランティア仲間からTシャツがプレゼントされた。背中には大きな「TEAM MATSUI」の文字が入っている。 17日の朝、『松居一代オフィシャルブログ』で「では、では、ラスト ボランティア行ってま [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松居一代の“泥かきボランティア”に称賛の声 「生半可な気持ちでは無理」「すごい重労働」

TechinsightJapan / 2017年08月04日11時05分

船越英一郎(57)と泥沼離婚騒動にある松居一代(60)は現在、7月に記録的な豪雨となった福岡県朝倉市内で泥かき作業のボランティア活動をしている。この行動に対してネットでは「偽善者」「イメージ戦略」「資産家なのだから、金を寄付しろ」などの批判が多い。しかし被災地や泥かきボランティアの経験者からは、「生半可な気持ちでは無理」「いや、ホント偉いよこの人」との声も [全文を読む]

福岡県朝倉市に職員を派遣。募金受付開始。

PR TIMES / 2017年07月07日15時30分

緊急アピール【九州北部豪雨被害】 シャンティ国際ボランティア会(会長 若林恭英/所在地 東京都新宿区)は、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災や、2011年3月11日に発生した東日本大震災等での被災者支援をはじめ、国内外で発生した自然災害後の緊急救援・復興支援の活動を行っています。 2017年7月4日深夜から5日未明にかけて中国地方、九州北部地方 [全文を読む]

「飯塚山笠」に女子学生も初参加 清掃ボランティアとして市民祭の担い手に

News2u.net / 2017年07月05日14時00分

近畿大学九州短期大学(福岡県飯塚市)の女子学生が、平成29年(2017年)7月15日(土)に行われる、飯塚市民祭「飯塚山笠」の清掃ボランティアに参加します。 本学として開学以来初めて、女子学生が山笠行事に参加することになります。 【本件のポイント】 ●伝統行事の市民祭を通じ、地域の活性化に貢献 ●女子学生が飯塚山笠の「清掃ボランティア」に参加し、「ゴミ問題 [全文を読む]

【熊本地震支援情報】焼鳥チェーンとりボンバーが支援物資と運転ボランティアを募集しています

ウートピ / 2016年04月18日15時00分

とりボンバーがボランティアを募集 熊本県で焼鳥チェーンを展開する「とりボンバー」が、被災地に支援物資を届ける活動を始めました。 福岡県久留米市の拠点(〒839-0841 福岡県久留米市御井旗崎3-6-1)に全国から支援物資を集め、そこからトラックで熊本県の「とりボンバー はません店」(〒862-0947 熊本県熊本市東区画図町大字重富441-2)にピスト [全文を読む]

「がんのママをささえ隊」女性医師 企画のきっかけは後輩の死

WEB女性自身 / 2017年09月17日11時00分

ならば、別の立場を作ってボランティアでサポートすればいいと切り替えた。それが「ささえ隊」だ。 「こう見えて私、猪突猛進のところがあるんです」 涼やかな笑顔を引き締めて、キリリと言った。 金城さんは'79年5月、福岡市東区で2人きょうだいの長女として生まれた。その後、1年間の予備校生活を経て、九州大学医学部に進学。大学で、現在の夫と知り合った。医学部の同級生 [全文を読む]

九州北部豪雨災害復興の義援金を飯塚市長に寄託 本校生徒が文化祭模擬店収益金を全額寄付

News2u.net / 2017年09月14日16時00分

■日 時:平成29年(2017年)9月22日(金)15:00~15:30 ■場 所:飯塚市役所 庁議室 (福岡県飯塚市立岩5番5号、JR福北ゆたか線「新飯塚駅」から徒歩約3分) ■出席者:飯塚市長 片峯 誠 氏 近畿大学附属福岡高等学校 教頭 伊藤 政弘 生徒会顧問 石川 直希 生徒代表3名 (生徒会、文化委員、ボランティア委員の各代表) 【付帯情報】 [全文を読む]

【水害日本・福岡県朝倉市の今(3・最終回)】報道減るなか今も続く不明者の捜索

J-CASTニュース / 2017年09月13日16時29分

住民やボランティアの尽力で、土砂や泥水のかき出し作業が進んでいるが、現状では住める状態にない住居が多い。築18年の一戸建てを破壊された男性は「こんなこと予想できなかった」と嘆く。家の土台にあった土がえぐられ、そこに何本もの流木が突き刺さったままの壮絶な姿となっていた。裏山を見ると、土砂になぎ倒されたのか横たわったままの木々が何本も見える。男性は現在、妻の実 [全文を読む]

【水害日本・福岡県朝倉市の今(2)】5年前も大雨‥立ち直ったらまた悲劇が

J-CASTニュース / 2017年09月12日16時52分

残暑が厳しいなか、ボランティアの人々が複数の家の中で清掃作業をしていた。既に泥のかき出しが終わっていた家もあるが、住める状態とは言えない。自宅が被害を受けた男性(62)は、「何とか家を直して、戻って来たい」と話す。大雨の日は2階で難を逃れた。だが家に入り込んできた大量の水は、あわや1階と2階を結ぶ階段の上部まで達しそうだった。その泥の跡は、記者が訪問した時 [全文を読む]

九州北部豪雨:農林漁業ボランティアを支援 福岡県

毎日新聞 / 2017年09月12日07時00分

福岡県が、九州北部豪雨の被災地で農林漁業の復旧に取り組むボランティア団体の支援に乗り出す。農林漁業の復興は国や自治体の補助制度を活用するのが一般的だが、自力復旧や補助対象外の小規模復旧にはボランティアの力は大きい。NPO任せだった取り組みを自治体が応援するのは珍しく、専門家も一定評価している。 県は9月補正予算案に関連予算約197万円を計上し、11日開会の [全文を読む]

松居一代、被災地ボランティアでの充実ぶりを報告「仲間と裸のお付き合い」

デイリーニュースオンライン / 2017年08月04日22時45分

女優の松居一代(60)のブログがすっかりボランティア活動の報告の場と化している。先月発生した集中豪雨によって甚大な被害を受けた九州地方に愛車フィアットで乗り込んだ松居。被災地のひとつである福岡県朝倉市を訪れ、2日からボランティア活動を開始していた。 松居は4日の17時にブログを更新。前日に引き続きボランティアに汗を流し、「作業終わりのお風呂のご提供はほんま [全文を読む]

近畿大学九州短期大学保育科の学生がボランティア参加 「きんだいっ子夏祭り&バザー」を開催

News2u.net / 2017年06月26日14時00分

近畿大学九州短期大学(福岡県飯塚市)保育科2年生(56人)は、平成29年(2017年)7月8日(土)に近畿大学九州短期大学附属幼稚園(福岡県飯塚市)で行われる「きんだいっ子夏祭り&バザー」にボランティアとして参加します。 【本件のポイント】 ●保育科の学生は、保育の現場を実践的に学ぶ ●園児は、盆踊りをはじめ日本の伝統行事に興味・関心を持ち、理解を深めるき [全文を読む]

日本人の働き方をホリエモン×ひろゆきが本音で指摘 「やりがいや生きがいを求めず、稼ぐための手段と割り切るほうがいい」

週プレNEWS / 2017年02月22日06時00分

特にテレビの番組制作やゲーム開発とか、やりたい人がいっぱいいる仕事ではフリーランスやボランティア的な働き方が増えていきそうな気がします。 ホリ だからこそ俺は『堀江貴文イノベーション大学校』というオンラインサロンをやってるんだよ。 ひろ 「だからこそ」ってのは、どういう意味ですか? ホリ サロンでは「俺がおもしろいと思うこと」や「会員自身が好きなこと」を自 [全文を読む]

福岡県福岡市でニコニコ町会議を開催!会場来場者数1万人、ネット来場者数25万人以上を記録

ITライフハック / 2015年09月17日13時00分

オープニングステージには、福岡県検定事務局の方々と、福岡市観光案内ボランティアの皆様が登壇。会場に集まったユーザーとニコニコ生放送視聴者に向けて「福岡市にたくさん集まっていただいてありがとうございます」と挨拶。オープニングステージのラストには恒例となったくす玉割りを実施。ニコニコ町会議のスタートを盛り上げた。会場ではユーザー出演者による歌やダンスのパフォー [全文を読む]

フォーカス