農業 福岡県に関するニュース

農業女子プロジェクト企画手袋第2弾!農業女子グローブズを新発売~農業女子のお悩み解決、スマホ対応多機能手袋~

DreamNews / 2017年05月24日11時00分

作業用手袋の総合メーカー、株式会社 東和コーポレーション(本社:福岡県久留米市、代表取締役社長 渡辺 聡)は、日本で初めてとなるロングタイプのスマホ対応多機能手袋、「農業女子Gloves(グローブズ)」を6月1日より発売します。作業用手袋の総合メーカー、株式会社 東和コーポレーション(本社:福岡県久留米市、代表取締役社長 渡辺 聡、以下東和)は、日本で初め [全文を読む]

「新・農業人フェア」の運営を受託 ~就農を目指す方々と農業法人・自治体の出会いを応援します~

PR TIMES / 2012年08月31日11時54分

株式会社アイデム(本社:新宿区新宿 代表取締役:椛山 亮、以下アイデム) http://www.aidem.co.jp は、 全国農業会議所・全国新規就農相談センターが主催する「新・農業人フェア」の運営を受託いたしました。 ■受託内容 当事業は就農希望者と農業法人等の支援を目的に、就農機会を創出するための就農イベントです。就農希望者を対象に、農業をどうした [全文を読む]

九州北部豪雨:農地復旧、NPO頼み 補助向け調査進まず

毎日新聞 / 2017年09月07日23時03分

九州北部豪雨で被害が大きかった福岡県朝倉市で、NPOなどによる農業ボランティアの復旧作業が被災農家を支えている。公的補助を受ける復旧工事には事前に市の被害認定が必要だが、職員不足で調査が進まず、豪雨から2カ月たっても土砂や流木が残った田畑が目立つ。調査を待つ間にも農地は荒れてしまうため、専門家は農業ボランティアを定着させる必要性を指摘している。 8月31日 [全文を読む]

グリーンリバーホールディングス、MOVIMASは岩手県・八幡平市と提携し 耕作放棄・ビニールハウス再生事業に着手。 ~次世代型の水耕栽培IoT制御システムで地域雇用創出・農家育成に取り組む~

DreamNews / 2017年08月25日10時00分

【リリースの概要】独自の水耕栽培を推進する農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県、代表取締役:長瀬勝義)、クラウドIoT制御システムの開発を行う株式会社MOVIMAS(本社:東京都、代表取締役:兒玉則浩)と、岩手県八幡平市(市長:田村正彦)は、耕作放棄されたビニールハウスを再生し新規就農者を育成する「スマートファーム」プロジェ [全文を読む]

生産への労働参画「夢都里路(ゆとりろ)くらぶ」の説明会を東京と京都で開催します。

PR TIMES / 2013年09月02日20時16分

近年都会に住む人たちの間では、これまでと違った暮らし方や価値観、余暇の過ごし方を求める人が増えており、農業の価値が見直されています。一方で、農業の生産現場では、高齢化、後継者不足などが進み、ますます厳しい状況にあります。 「夢都里路(ゆとりろ)くらぶ」では、こういった双方のニーズをつなげるため、生活クラブの提携産地で農作業を体験し、手伝い、学ぶ機会をつくる [全文を読む]

グリーンリバーホールディングス、MOVIMASは岩手県・八幡平市と提携し耕作放棄・ビニールハウス再生事業に着手。

PR TIMES / 2017年08月25日11時28分

~次世代型の水耕栽培IoT制御システムで地域雇用創出・農家育成に取り組む~【本リリースの概要】独自の水耕栽培を推進する農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:長瀬勝義)、クラウドIoT制御システムの開発を行う株式会社MOVIMAS(本社:東京都新宿区、代表取締役:兒玉則浩)と、岩手県八幡平市(市長:田村正彦) [全文を読む]

「合志農業活力プロジェクト」が「Asian Power Awards 2015」にて「Solar Power Project of the Year」金賞を受賞

PR TIMES / 2015年10月30日12時51分

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)の子会社である自然電力ファーム株式会社(本社:鹿児島県西之表市/代表取締役:磯野謙、以下「自然電力ファーム」)、熊本県合志市(市長:荒木義行、以下「合志市」)、熊本製粉株式会社(本社:熊本県熊本市/代表取締役社長:宮本貫治、以下「熊本製粉」)の3者に [全文を読む]

自然電力、農業との関わりを強化するためコールドプレスジュース&スープの加工・販売・サービスを行うベンチャー企業「株式会社 イージェイ」へ出資

PR TIMES / 2015年08月26日15時06分

自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、この度、多くの太陽光発電所立地地域の主産業である農業との関わりを強化する目的で、「食×農×ヘルスケア」を事業領域とした農産物の生産・加工・販売・サービスを行う株式会社イージェイ(本社:東京都文京区本郷/代表取締役:岩崎亘、以下「イージェイ」)へ出 [全文を読む]

農林水産省推進の農業女子プロジェクトへ参画“農業女子”向け商品開発プロジェクト、スタート!~女性の快適農業ライフをサポートしたい~

DreamNews / 2015年01月15日14時00分

作業用手袋の総合メーカー、株式会社 東和コーポレーション(本社:福岡県久留米市、代表取締役社長 山口隆、以下東和)は、農林水産省が推進する農業女子プロジェクト(※1)の一環として、「手袋でサポート!快適農業ライフプロジェクト」を2015年1月29日から開始します。当プロジェクトでは、女性農業者との意見交換や現地調査を行いながら、農作業用手袋や周辺グッズ(ア [全文を読む]

国内におけるソーラーシェアリングの普及を促進 エコ・マイファームとの業務提携に関するお知らせ

PR TIMES / 2017年08月30日13時00分

エコ・マイファームは、ソーラーシェアリングをはじめ、再生可能エネルギー導入コンサルティングを行う千葉エコ・エネルギー株式会社(本社:千葉県千葉市/代表取締役社長:馬上丈司)と、全国に5ヶ所の農業専門学校と120ヶ所の貸し農園を展開する株式会社マイファーム(本社:京都府京都市/代表取締役:西辻一真)が、ソーラーシェアリングに特化したコンサルティングサービス [全文を読む]

国内最大級の作業用手袋製造メーカーとして安全を 求め続けて 70年~ 様々な安全を、様々な形に。 ~

DreamNews / 2017年04月07日16時30分

東和は、工場向け、農業向け、漁業向け、園芸向けなど、様々な種類の作業用手袋を世界中で製造・販売しています。創業から70年を経た今でも、安全に対する意識は世界中で日々高まりを見せており、今後も安全を守るパイオニアとしての使命を胸に、手袋をはじめとして様々な方法で「安全」と「使いやすさ」をお届けすることで社会に貢献していきます。■東和のこれまでの歩みについて東 [全文を読む]

自然電力初の風力発電事業を含む基本計画を唐津市協議会が決定

PR TIMES / 2016年02月01日11時00分

自然電力が発案した本事業は、唐津市内の農地に出力約2メガワットの風力発電機を導入して自然エネルギーの発電を行い、また、その売電収益の1%を、地域農業の保全および地域の将来を見据えた農業活動の支援に還元する取組で、本協議会で協議のうえ、決定とされました。 自然電力は、太陽光発電所の収益の一部を、土地改良・施設の維持管理など地域の農業振興に還元する「合志農業[全文を読む]

福岡県の特産「あまおう」をデニッシュパンに!!~エルディ「いちご農家とデニッシュパン製造販売会社を繋ぎ新商品開発」~

DreamNews / 2015年08月14日11時00分

「畑っぴ」「わくわく農園」は「食育」を実現、農家が監修する本格農業体験ゲーム 「水をやる」「肥料をやる」といった画一的な作業ではなく、農家の方々に監修頂いた本格的な農作業の工程をゲーム化しています。仮想(バーチャル)農園で野菜や果物、牛や豚などを育て、収穫・搾乳・出荷すると、本物の作物や乳製品や豚肉などが自宅に届くという画期的なサービスにより、広い年代の方 [全文を読む]

九州北部豪雨:農林漁業ボランティアを支援 福岡県

毎日新聞 / 2017年09月12日07時00分

農林漁業の再生を支援するボランティア団体に、1団体50万円を上限にスコップなどの備品の購入費を補助する他、農業ボランティア経験がある団体を講師に研修も検討する。 朝倉市では、補助制度による復旧工事に必要な農地などの被害調査が職員不足などで進んでいない。また、農林漁業の復旧作業は営利活動とみなされ、社会福祉協議会が募集する災害ボランティアは派遣されていない。 [全文を読む]

1位はあの街 日本を面白くする「イノベーティブシティ」ベスト10

Forbes JAPAN / 2017年04月23日12時10分

[人口:5610人、人口密度:34.8人/km2、人口増加率:-9.28%、創業比率:4.47%、主な産業:農業,林業]3位 山形県鶴岡市慶應義塾大学先端生命科学研究所を中心に、最先端のバイオテクノロジーベンチャーが集う。産官学連携のモデル都市とされ、現在は民間企業YAMAGATA DESIGNの推し進める「サイエンスパーク」整備が進行中。研究者がより心地 [全文を読む]

「畑っぴ・わくわく農園」にて 福岡県育成の甘柿新品種『秋王』をゲーム化!!! ~収穫成功で本物の「秋王」が自宅に届く~

DreamNews / 2016年10月19日12時00分

株式会社エルディ(代表取締役 宮崎尚登)は、福岡県・全国農業協同組合連合会福岡県本部の協力のもと、10月19日(水)より、農業シミュレーションゲーム『畑っぴ』『わくわく農園』にて、福岡県育成の甘柿新品種『秋王』育成シミュレーションゲームのサービスを開始いたします。株式会社エルディ(代表取締役 宮崎尚登)は、福岡県・全国農業協同組合連合会福岡県本部の協力のも [全文を読む]

初開催!【[九州]外食ビジネスウィーク 2014】「特別説明会」に多数企業が参加!

PR TIMES / 2014年07月01日10時54分

[九州]外食ビジネスウィークに多数の後援・協力団体が決定![九州]外食ビジネスウィークには、九州経済産業局/九州農政局/九州農業成長産業化連携協議会/福岡県/鹿児島県/長崎県/大分県/宮崎県/佐賀県/福岡市/福岡商工会議所/九州商工会議所連合会/福岡県商工会議所連合会/福岡県商工会連合会/(一社)全日本・食学会/(一社)九州経済連合会/(一社)九州ニュービ [全文を読む]

住みたい街ランキングin福岡”で第1位を獲得した(※1) 福岡県糸島市と、特産物のPRを推進 ~1月25日・26日、東京・代官山で糸島市の特産物を販売する産直市を開催~

PR TIMES / 2014年01月22日13時50分

サイバードグループでモバイル事業を手がける株式会社サイバード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堀 主知ロバート)の産地直送ネット宅配サービス『My Farmer(マイファーマー)』(http://my-farmer.jp/)は、2012年9月より開始した地方自治体と連携した農業支援を、この度福岡県糸島市と共同で実施いたします。1月25日(土)、26日( [全文を読む]

杉田かおるは今――小学館幹部社員と神奈川県で農業ライフ!?

サイゾーウーマン / 2013年02月08日09時00分

一時は毒舌キャラでバラエティを席巻したものの、東日本大震災後に母親の実家である福岡県へ移住し、農業中心の生活を送っていた杉田かおる。先日発売された「週刊新潮」(新潮社)では、インタビューと共に近影も掲載され、少々ふっくらとした面持ちの杉田からは「当時の毒素はまったく感じられない」という声が上がっている。 杉田が「肉食女優」として猛威を振るっていたのは、20 [全文を読む]

「食の安全」実現に「濯去舊見」

プレジデントオンライン / 2017年08月19日11時00分

いまの農業生産法人・美田の前身で、課員は4人。創業の土台である醤油など古来の醸造技術を学び直し、固定観念にとらわれず、自然食で伝統的な調味料をつくってみたい。前々から脳裏にあったその夢に挑戦するためで、47歳になった翌月だ。 4年前にイタリアを訪ねたのが契機となる。ミラノ在住の知人女性が「久原の明太子でスパゲティをつくったら、イタリア人が『美味しい』と喜ん [全文を読む]

フォーカス