桑田真澄 kkコンビに関するニュース

清原和博容疑者の「人生再生」後見人が絶縁告発!(1)PLの盟友・桑田真澄との“KKコンビ”復活を拒み…

アサ芸プラス / 2016年02月21日17時57分

特に清原の場合には、PLの盟友・桑田真澄(47)と和解することが一番の社会復帰につながると説明したんだ。しかし、アイツは『それはイヤです』と拒否してきた」 清原容疑者が簡単に首を縦に振らなかった背景には、もちろん85年、「運命のドラフト」という遺恨があったからに他ならない。 スポーツライターが解説する。「巨人が第一希望だった清原にとって、こっそり密約を交わ [全文を読む]

桑田と清原の運命を分けたドラフト会議「30年後の真実」とは

NEWSポストセブン / 2015年08月18日16時00分

30年前、甲子園をわかせたPL学園の清原和博と桑田真澄のKKコンビは、ドラフト会議で巨人の1位指名確実と言われた清原が指名されず、桑田が巨人から1位指名を受けた衝撃的なプロ入り経緯でさらに注目を集めた。あのとき、いったい何が起きていたのか。『「巨人V9──50年目の真実』などの著書があるジャーナリストの鵜飼克郎氏が、30年後の真実をレポートする。 * * [全文を読む]

【プロ野球】KKコンビが逃したセンバツ・紫紺の大優勝旗。最強PL学園がジャイアントキリングに沈む。

デイリーニュースオンライン / 2017年03月24日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■甲子園で驚異の成績を残したKKコンビ そんな中、桑田真澄(元巨人ほか)と清原和博(元西武ほか)のいわゆる「KKコンビ」が投打の主力として活躍した時代(1983~1985年)のPL学園は、一度出るのも大変な甲子園出場を、5季連続で達成し、驚異の戦歴を残した。その軌跡は以下の通り(カッコ内の [全文を読む]

一時代を築いたPL学園「最後の夏」が終焉――かつて日本中を席巻した名門のいない甲子園を思う

Business Journal / 2016年08月07日09時00分

PL学園を語る上で外せないのは、桑田真澄(巨人→パイレーツ)・清原和博(西武→巨人→オリックス)の『KKコンビ』が在籍した時代。“黄金期”と称えられるこの時期は、5季連続出場を果たし優勝2回・準優勝2回という、高校野球史に残る成績を収めた。 その後も春夏連覇を達成。1998年「平成の怪物」松坂大輔要する横浜との延長17回の死闘など……球史に残る試合を幾つ [全文を読む]

SMAP中居、とんねるず、桑田真澄……断たれた思いと、“虚像”に生きた清原和博の「モロい本質」

日刊サイゾー / 2016年02月03日17時00分

PL学園の同級生で「KKコンビ」の1人として甲子園を沸かせた桑田真澄氏も「野球人として、一緒に戦ってきた仲間として、非常に残念」とコメント。当然ながら桑田氏だけでなく、関わりのあった多くの野球人から驚きと落胆の声が上がっている。 ネット上でも「終わったな」「やりそうな見た目どおり」「ウワサどおりかよ」などのコメントもチラホラあるものの、大抵は「信じたくな [全文を読む]

早実・清宮幸太郎の強気発言 桑田・清原の高校1年時を彷彿

NEWSポストセブン / 2015年08月23日07時00分

振り返れば、今でも語り継がれる甲子園の大スターであるKK(PL学園・清原和博&桑田真澄)コンビも、1年生のときから自信に満ちた発言をしていた。1983年、PL学園の1年生エース・桑田は、決勝で横浜商業を完封すると、試合後にこう話した。 「ランナーが出ても、ちっとも点を取られる気がしなかった。池田高校戦で、なんか自信がついちゃったんです」 準決勝の池田戦で [全文を読む]

早実・清宮は太田幸司や桑田・清原クラスの伝説になるか!?

アサ芸プラス / 2015年07月29日09時58分

太田の約15年後に現れたのは、桑田真澄と清原和博のKKコンビだ。PL学園で5季連続出場を果たした2人は、投手の桑田が通算20勝、強打者の清原が通算13本塁打という甲子園記録の持ち主でもある。甲子園では実に26試合を戦っており、この数字に清宮が近づけるかどうかも注目のひとつだろう。 KKコンビが凄いのはプロ入り後にも活躍したところ。桑田は通算173勝、清原 [全文を読む]

<中居正広「金スマ」が清原和博を浮き彫り>報道やドキュメンタリーでも追えない現在進行形の清原の事実を描く

メディアゴン / 2015年04月08日03時46分

甲子園を湧かせ歴代最多13本塁打の記録を持つ清原と、戦後最多勝の20勝をあげた桑田真澄のPL学園KKコンビは、1985年の運命のドラフト会議当日を迎える。巨人フロントの思惑からか、王貞治監督は投手補強を主張し、早大進学を表明していた桑田を強行単独指名。巨人スカウト陣に翻弄された二人の仲は引き裂かれる。巨人以外の6球団に重複指名を受けた清原は、堤義明オーナー [全文を読む]

30年前の甲子園 清原・桑田“KKコンビ”の果たされなかった「約束」

日刊サイゾー / 2014年08月07日21時00分

桑田真澄は通算20勝、清原和博は91打数40安打という、怪物のような記録を生み出していった。 いったい、なぜ彼らはこんな大記録を樹立できたのだろうか? PL学園の1学年上の先輩であり、チームメイトとして傍らから彼らを見ていた清水哲氏による著書『桑田よ 清原よ 生きる勇気をありがとう』(ひらく)から振り返ってみよう。 高校入学時から180cmを超える並外れた [全文を読む]

清原と桑田金欠コンビ「絶縁伝説」全部書く!(1) 「裏切り」をいまだに詫びず

アサ芸プラス / 2012年04月10日10時54分

「なかなかお互い忙しくて会えなかったものですから、純粋に会えるんだなと思うとうれしかった」 桑田真澄氏(44)がこう感想を述べると、清原和博氏(44)も、「こういう形でCMに出られるのは、思い出に残る出来事。照れくさかったですね」 そして2人は、にこやかに握手を交わした――。 プロ野球開幕に合わせた「スカパー!プロ野球」の新CMで、両者は初共演。会うのは [全文を読む]

PL教団 野球部廃部、信者の実数は数万人程度に減少か

NEWSポストセブン / 2017年02月12日07時00分

葬儀の2か月後、PL学園に入学してきたのが、KKコンビ(桑田真澄、清原和博)だった。KKは5季連続甲子園に出場し、2度の全国制覇を遂げて、野球部は黄金期を迎える。その頃、教団の信者数も公称265万人に達し、新宗教の一大勢力となっていった。 25歳という若さで3代教祖を継承したのは、徳近の養子である御木貴日止(たかひと)だが、先代とは対照的な人物といえた。 [全文を読む]

【恐怖】人気アニメの怖い都市伝説7選! 阪神淡路大震災とミンキーモモなど

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年08月12日06時00分

桑原の名前はPL学園のKKコンビとして名を馳せた「桑田真澄」と「清原和博」をミックスしたもので、これは作者本人も裏話として公表している。 アニメ開始当初、この二人はプロ野球選手として人気絶頂。桑原もアニメ内で大活躍していた。しかし、物語の後半で徐々に桑原の出番が減っていくと、二人も活躍はあからさまに減っていった。アニメ終了後は、桑田は引退。 さらに最近、清 [全文を読む]

わかりやすくてディープな(?)高校野球本『ワタベ高校野球の味方です。』刊行記念 アンジャッシュ渡部建インタビュー!

おたぽる / 2016年08月10日14時00分

── また、この本編のほかに、花巻東出身の大谷翔平(日本ハム)、早稲田実業出身の荒木大輔(元ヤクルト他)、PL学園出身の桑田真澄(元巨人他)と、甲子園を沸かせたスターと渡部さんが対談している章もありますね。渡部 野球好きの方は、この対談ページはしびれると思います。僕がスポーツライターや専門のインタビュアーではなかったからなのか、3人ともラフな姿勢でざっくば [全文を読む]

PL野球部 廃部に追い込まれた暴力事件の呪縛と教団の思惑

NEWSポストセブン / 2016年07月25日16時00分

1983年に徳近が鬼籍に入った直後、入学したのが桑田真澄、清原和博のKKコンビだ。5季連続で甲子園に出場し、2度の全国優勝を達成。同時期、教団は最盛期を迎え、公称信者数は240万人に達した。 全国の信者のネットワークを駆使して、有望選手の情報を集め、セレクションを行ったのもその頃だ。 初優勝した時の捕手で元阪神の木戸克彦はこう話す。「プロ顔負けの練習環境 [全文を読む]

【プロ野球】80歳を迎えた長嶋茂雄の功績を10年刻みで振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年02月20日16時00分

一方、長嶋不在の野球界はといえば、PL学園の桑田真澄、清原和博の「KKコンビ」が揃ってプロ入り。その清原が入団した西武ライオンズが1986年の日本シリーズを制し、「西武黄金時代」へと突入。個人成績では落合博満(ロッテ)とランディ・バース(阪神)が揃って2年連続の三冠王を達成した。 [50代長嶋茂雄の戦績] リーグ優勝(1994年※日本一も達成)、野球殿堂 [全文を読む]

みんな知っていた?清原の薬物使用をチームメイトはなぜ通報しなかったのか!?

アサ芸プラス / 2016年02月10日17時59分

「KKコンビとして一世を風靡した桑田真澄や、現役時代、打席テーマ曲に『とんぼ』を提供して兄弟のような関係を築いてきた長渕剛とも絶縁していたことが判明しました。清原に薬物の噂が出たことが原因だったようです」(スポーツ紙デスク) 友人だけでなく、その年の9月には亜希さんとも離婚。「銀座のママとの旅行が発覚した時も、子供たちのために離婚を思い止まった亜希さん。さ [全文を読む]

清原容疑者の栄光と転落…”記憶に残る男”の戦績を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年02月04日16時00分

エース・桑田真澄とともに5回のチャンスをすべて生かし、5季連続の甲子園出場。 1年夏→優勝 2年春→準優勝 2年夏→準優勝 3年春→ベスト4 3年夏→優勝 甲子園通算13本塁打は歴代1位。3年夏の1大会5本塁打も歴代1位。今もなお語り継がれる甲子園の伝説である。桑田・清原のコンビは「KKコンビ」と名付けられ、大フィーバーを巻き起こした。当時の野球雑誌を並べ [全文を読む]

「清原vs江夏」ともに覚せい剤逮捕された名選手の貴重な対戦動画

しらべぇ / 2016年02月03日06時00分

高校時代、元巨人の桑田真澄投手とともに「KKコンビ」として甲子園を沸かせ、通算525本塁打の記録を持つ大打者の転落。以前から週刊誌によって薬物疑惑が報道されていたものの、野球ファンの驚きは大きいのではないだろうか。■同じく覚せい剤で逮捕された江夏豊投手との対戦画像はYou tubeのスクリーンショットYou tubeに貴重な動画がアップされている。2012 [全文を読む]

「ミドルネームあるけど知らない」強烈おバカキャラ・藤田ニコル

WEB女性自身 / 2015年08月28日06時00分

番組で共演した清原和博に向かって、桑田真澄との「KKコンビ」を「K(黒い)K(ケモノ)」と呼ぶなど、その破天荒かつ、おバカな言動が大ハマリしているのだ。「新・おバカの女王」、じつは中高生からは「にこるん」の愛称で絶大な支持を受けるカリスマモデル。ファッション誌『Popteen』の人気専属モデルだ。ニコルという名前からもわかるとおり、父がロシアとポーランドの [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

清原和博&桑田真澄のKKコンビなど、今までのスーパー1年生といえば、甲子園の活躍から報道に火がつくのが一般的。対して清宮は小学生のときから注目されているニュータイプ、まさにスーパーエリートだ。 甲子園で実績を残す前から過熱する報道に、一部では天邪鬼な声も聞かれたが、準々決勝までに2本塁打8打点の大活躍。「弾道が低いのではないか」「全国レベルでは厳しい」な [全文を読む]

フォーカス