勉強 林修に関するニュース

堂珍敦子の教育ママぶりに林修が「今じゃないでしょ!」とダメ出し

アサジョ / 2017年05月23日10時14分

最大の悩みは子供たちが勉強しないときの躾で、「私は勉強するの好きだったのに、やんないんですよ、言わないと」と不満を漏らした。 VTRで「勉強しなさ~いッ!」と大声を出す堂珍に対し、東進ハイスクール講師の林修氏は「勉強しろは禁句です。何かに打ち込んでいるものをやめさせて、勉強しなさいと言うのはやめたほうがいい」とダメ出し。何かに打ち込める人間は勉強にも集中で [全文を読む]

東大卒の3分の1は社会で活躍できない理由

プレジデントオンライン / 2017年04月20日09時15分

【弘兼】でも、勉強ができるのと教えるのは勝手が違うのではないですか。 【永瀬】いやいや、そのレベルの連中は勉強もできますが、人間的にも魅力があります。だから生徒はみんな先生のことを慕っていましたよ。 【弘兼】その後、永瀬さんは大学を2年留年し、卒業。野村證券に入社するも、たった2年で退社します。 【永瀬】あるお客様から、「君は将来何をやりたいんだ」と聞か [全文を読む]

東大タレントがTV収録ウラ話。女子が仲良く4人揃うのは奇跡?

まぐまぐニュース! / 2015年11月10日04時00分

さすが一流のプロの先生だと感激し、授業の仕方はとても勉強になりました。 3時間も続けて授業をするって、予想以上にとても大変なことだと思います。そのために相当な準備をなさっていたことでしょう。 しかも、この現実学という学問は、教科書があるわけではなく、先人の知恵や先人が発見したことを教える授業ではありません。林先生が独自の切り口で、この世にない全く新しい理論 [全文を読む]

実は「字が汚い人」ほど頭がいいってホント?

citrus / 2016年08月25日13時00分

勉強の出来る子には2種類いる。粒ぞろいの綺麗な字を書く秀才と、本人にしか(本人にも)読めない謎の象形文字を書く天才の2種類が」。さらにその後、彼らを見守るうちに分かったことがありました。それは「字の綺麗な秀才タイプは、お手本をまねて紙上の空間のバランスを取りながら字を書くことができる。つまり『規範意識が強く、周りの秩序を重んじる』性格傾向があり、かつノー [全文を読む]

ミス東大と準ミス日本 2人の美人東大生がグラビアで初競艶

NEWSポストセブン / 2015年03月02日16時00分

──どんなふうに育てられた? 藤澤:小学生の頃までは親にいわれた習い事をしていましたが、勉強に関しては見張られるとやりたくなくなるので、自主的に。父は医師ですが私は本が好きだったので文系に進みました。 秋山:勉強はリビングのテーブルでしてきました。家族がテレビを観ていても集中しているときは気になりません。時間よりも密度が大事だと思い、集中できない日は勉強 [全文を読む]

所ジョージ&林修が初タッグの新番組がスタート!

Smartザテレビジョン / 2016年12月19日16時10分

一方の林は「どの分野であっても、結果を出している方は、それぞれが独自の哲学をお持ちで、大変勉強になるなと思っていただけに、今後もまたそういった勉強の機会を頂けることを喜ばしく思っております」とレギュラー化に意欲満々。 先日の特番が初共演となった二人だが、所は「林さんって、自分で納得ができないとイライラする人なんですよ(笑)」と指摘し、「林さんは『なぜそう [全文を読む]

竹俣紅、将棋もクイズも「団体戦だと心強い」

Smartザテレビジョン / 2016年06月24日07時01分

今回の出演に備えて以前の放送を見て、美術の問題があったので世界史の資料集を覚えてきたんですが、新傾向のクイズだったので全然役に立ちませんでした(笑)」と、勉強熱心な面を見せた。 そして「私のクイズ番組デビューは『ミラクル9』だったんですが、勉強は好きなのでこれからも学校で勉強していることをクイズ番組で生かせるといいなと思います」と意気込みを語った。 [全文を読む]

林修氏「『ビリギャル』なんてまったく感動しない」発言! 暴露されている「ビリギャルの真相」と「ガタガタ内情」に嫌悪感?

Business Journal / 2016年06月06日20時00分

小学校や中学受験で勉強していれば、高校の最後だけ勉強しても合格する可能性は十分だそうだ(東大は科目が多いので難しいとのこと)。 一時期大きな話題となったこの「ビリギャル」だが、その“真相”には以前から多くの批判が巻き起こっていた。この主人公の女性は「もともと有名な進学校出身」「偏差値30はあくまで学校内でのもの」など触れ込みとはイメージと異なる部分が多く、 [全文を読む]

ラサール石井が東大受験!40年越しのリベンジに挑む

Smartザテレビジョン / 2015年03月26日19時42分

実は5年前から、プライベートで東大を目指し、勉強を始めていたというラサール。番組の出演から舞台の演出まで、多忙を極める中でも、膨大な問題集を持ち歩き、暇さえあれば勉強を続けてきた。 しかも個別指導塾に通い、空いた時間にはインターネット授業を受講するなど、猛勉強に励むラサール。模試の日には仕事を入れないほどのこだわりよう。情熱的に勉強を続ける石井に、コント [全文を読む]

今でしょ先生 東大合格者にマザコンなど3つの特徴と指摘

NEWSポストセブン / 2013年06月01日07時00分

●マザコン ●親から勉強しろと言われなかった ●完璧主義ではない 「母親が手をかけてきっちり育てているので、子供はそんな母親のことを大好きになるからマザコンになる。そして、親が子供のことをちゃんと見ているから、勉強しろなんて言わないのです。 できる子というのは、自分に自信があるので、できないことをできないと率直に認めて、得意科目をさらに伸ばすことを考える [全文を読む]

変な東大生をTVで特集「まともな学生もいる!」「いや、いない…」

しらべぇ / 2016年11月19日11時30分

実際は普通だし、すごく良い子ばっかりなのに…(笑)— koiちゃん(アラシックママ) (@arashic_830) September 10, 2016東大生に変人しか居なかったら役所回んねぇよ!— vegaaltair44th (@vegaaltair44th) November 15, 2016めちゃくちゃ勉強して東大入ったのに社会で変人扱いされてる人 [全文を読む]

林修が現役東大生に苦言「下のほうはスッカスカ」→賞賛の声

しらべぇ / 2016年10月11日11時45分

実際、しらべぇの調査でも、「勉強はできるけどバカだと思う人が身近にいる」と答えた人は、全体の約3割存在している。先日、東大生集団わいせつ事件で、主犯格の東大生に実刑判決が出て大きな話題になった。彼らは他大学の女子学生のことを「頭が悪い」とバカにした結果、そのような蛮行に及んだと言われている。悲しい話ではあるが、彼らは上記データに該当すると言われても仕方がな [全文を読む]

【クイズサバイバー】坂口佳穂「得意ジャンルは体育」

Smartザテレビジョン / 2015年12月27日06時00分

むしろ、勉強させてくださいという感じです。 中でも林修先生は「すごいなぁ」と思っています。以前共演させていただいた時に、番組スタッフさんが作った難しい問題を難なくクリアしている姿を見て「やっぱり違うなぁ」と思いました。 ――'15年も残りわずかですが、理想の年越しの過ごし方を教えてください。 家族と一緒にこたつに座って、ミカンでも食べながらカウントダウンす [全文を読む]

木村拓哉の意外な脳のヒミツが丸分かり?

Smartザテレビジョン / 2015年04月08日17時00分

木村の知的好奇心がくすぐられっ放しの3時間で、終わるころには4月16日(木)放送の「アイムホーム」の番宣ということもすっかり忘れて(?)、脳の勉強を楽しんでいた。 ちなみに、木村が主演を務める同ドラマでは、木村は約5年間の記憶があいまいになった男性・家路久を演じる。4月14日(火)は早めに“I'm Home”して、木村と一緒に脳の勉強にレッツトライしよう [全文を読む]

これは興味深い!主婦が選ぶ「担任の先生になって欲しい芸能人」ランキング

Woman Insight / 2015年03月24日11時30分

勉強して英語を身につけた分、教えるのも上手そう」という意見が、なんとも主婦らしいリアルなご意見。 ベッキーさん、SHELLYさんは、明るく楽しく教えてくれそうというコメントが多かったそう。 ◆子どもの「国語」の先生になってほしい芸能人は? 1位 林修さん 2位 武田鉄也さん 3位 尾木直樹さん(尾木ママ) 1位は、「じゃあいつやる?今でしょ」でお馴染み [全文を読む]

「林先生は勘がいい!」初共演の田原総一朗が絶賛!

Smartザテレビジョン / 2015年02月06日05時00分

大人の目線でリアルに'70年代を語れる存在としてわれわれを導いてくださいましたし、ありがたいお話もたくさん聞けて勉強になりました」とカリスマジャーナリストに敬意を表した。 あらためて、林は「伊集院(光)さんも番組でおっしゃいましたが、'70年代に起きたことが今、形を変えて起きています。歴史を知るということは、われわれが今生きている時代を知ること。今を見詰め [全文を読む]

代ゼミ独り負け 「SAPIXの買収効果で挽回も可能」と専門家

NEWSポストセブン / 2014年08月27日07時00分

少子化や大学全入時代により、「20年前に比べて浪人生が3分の1に減ったことと、国公立・理系大学の現役志向が強まり、私大文系受験に強みを持っていた代ゼミで浪人してまで勉強しようという受験生が減った」(東京の私立高校教諭)ことに尽きよう。 だが、年々減っていく受験生のパイの奪い合いは他の予備校でも熾烈を極めており、代ゼミの「独り負け」と結論づけるには、まだ早い [全文を読む]

ポスト池上彰と評判の林修先生 好視聴率は「努力の賜物」か

NEWSポストセブン / 2014年04月20日07時00分

国語と関係のないテーマを扱うときも、きちんと勉強している。番組に出るたびに、知的な面を求められるわけですから、プレッシャーは相当なもの。それでも、ちゃんと対応している。 また、芸能事務所に入ったタイミングが良かったですね。ある程度、自分で番組に出続けたあと、昨年の8月にワタナベエンターテインメントの所属になった。流行語を生んだあと、まず各番組を一周。その後 [全文を読む]

林修先生がラジオ生電話で!書初めで!受験生激励 「受験Toppa(突破)!頑張るのは“今”でしょ!」

PR TIMES / 2014年01月10日11時30分

食べ過ぎない程度に、上手に甘いものを取って勉強をしっかり頑張ってほしいと思います。」と受験生への想いを語ってくれました。 [全文を読む]

「今でしょ!」の次は「情けないね、お母さん」!? 話題の“子育てブラックジャック”とは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月23日07時20分

たとえば、本の読み聞かせを行ったり勉強に付き合ったりと教育熱心なお母さんでも、自分が遊びたいときにはそれらをほったらかして遊びに連れてでかけてしまう。子どもが駄々をこねて金切り声をあげたらお菓子を与え、しかし別の日に再び大声でわめいたときには「うるさい!」と怒鳴り頭を叩いてしまう。こうした「適当にあしらったり、自分がラクなほうへ流されてしまう」という態度が [全文を読む]

フォーカス