和食 神楽坂に関するニュース

神楽坂の夏の宵に「はしりの鱧」を味わう贅沢時間 ~神楽坂の古民家レストラン「瓢箪坂おいしんぼ」~

PR TIMES / 2016年05月12日11時31分

旬の素材を使った味わい深い季節料理と遊び心溢れる和食と充実の日本酒を嗜みながら、寛ぎのひと時をお過ごしいただける古民家レストランで、旧料亭を改装した店内は、洋間と畳部屋、料理人と会話も楽しめるコの字カウンターが旧料亭の面影と昭和の懐かしさを感じさせてくれます。その親しみやすさから女性お一人で来られる方も多い人気店です。淡路産「はしりの鱧」~5月から8月下旬 [全文を読む]

神楽坂翔山亭 新業態「和牛贅沢ハンバーグ翔山亭」2017年6月1日 神楽坂軽子坂沿いにオープン

PR TIMES / 2017年05月31日13時53分

「神楽坂 翔山亭」とは「和牛焼肉×和食」を融合した唯一無二の業態として神楽坂を中心に店舗展開をしている神楽坂翔山亭。総料理長が和食出身ということもあり、今までの「焼肉」のイメージとは違う新しいジャンルで、妥協することなく食材本来の持つおいしさを追求しています。5M(五つの無)「無化学調味料」「無・減農薬野菜」「無輸入」「無端材」「無冷凍」にこだわり、お客様 [全文を読む]

あの神楽坂路地裏の人気店 「神楽坂おいしんぼ」に姉妹店が誕生!

PR TIMES / 2014年10月15日11時35分

「瓢箪坂(ひょうたんざか)おいしんぼ」は、和食とお酒を気軽に楽しめる「神楽坂 おいしんぼ」の姉妹店。「神楽坂 おいしんぼ」と同様、古民家をリノベーションした当店のテーマは「粋」。洋間と畳部屋を配置した店内は、古民家の風情と昭和の雰囲気が残る、どこか趣ある空間です。タイムスリップしたような気分とちょっぴり贅沢を味わいながら、寛ぎのひとときをお過ごしいただけ [全文を読む]

落ち着いた空間で懐石がリーズナブルにいただけるお店

ぐるなび / 2017年09月11日14時10分

9月8日放送の「ビビット」(TBS系、午前08時00分~)では、プロがオススメする個性的な神楽坂グルメを特集したコーナーで、「神楽坂 和食 千」(東京都新宿区)が紹介された。 同店は、地下鉄南北線・地下鉄有楽町線「飯田橋駅」のB4b出口から徒歩3分、神楽坂のかくれんぼ横丁にある料亭だ。暖色系の明かりと木を基調とした店内は、ゆったりとした落ち着いた空間で食事 [全文を読む]

SAKE BAR オトナリ|神楽坂に誕生した日本酒バーの新鋭(日本酒バー/牛込神楽坂駅)

まとメシ / 2017年08月25日18時00分

定番の生牡蠣のほか、隣接する和食店『なきざかな』から出前できる肴もおすすめ。 酒蔵をイメージした店内。杉のコの字カウンターは広々として居心地がいい。隣接する和食店『なきざかな』と共にオープン。食前や食後に利用する人も生ハム三種盛り合わせ 1000円イタリア産生ハムを1㎜にも満たない極薄にスライス。とろける口当たり。日本酒と生ハムの 新感覚の出合いを体験して [全文を読む]

上五島のごっつ。フェア2015 都内で開催

PR TIMES / 2015年10月20日16時22分

フェア2015」を、都内の和食21店舗で開催します。[画像: http://prtimes.jp/i/10157/20/resize/d10157-20-949645-0.jpg ]九州の最西端の離島で作られた 幻のうどんを都内で食すチャンス五島うどんは、日本のうどんの発祥とも、讃岐や稲庭などとあわせて「日本三大うどん」と呼ばれることもありますが、かつては [全文を読む]

東京・丸の内の落ち着いた和風空間で味わう 四季折々の加賀伝統懐石料理

ぐるなび / 2015年03月19日15時10分

同店は大手町駅D6出口直結のビル内にある落ち着いた空間の和食店。見た目も豪華絢爛(けんらん)な加賀料理を味わうことができ、和食一筋30年の料理長が腕を振るう。 名物のランチメニュー「兼六」(4000円 税・サービス料抜き)は、ランチ限定の懐石料理だ。「生麩(ふ)」は、金沢の郷土食として知られる加賀麩を、ヨモギやゴマなど季節で変わる3種の味付けで味わう。「 [全文を読む]

神楽坂に日本初の「テイスティング/試食」専門のサロンをオープン。 海外から東京、国内から東京の試食PRをワンストップでサポート。

PR TIMES / 2014年09月22日17時06分

和食」の世界文化遺産制定、UMAMI(うま味)の普及など、日本の「食」が世界中の関心を集めています。またミシュランの星の数が最も多い食の都、東京も、まだ見ぬ未知の「食」に関心を持っています。「MAISON DE TSUYUKI/メゾンドツユキ」が目指すのは、その交流の場となることです。神楽坂は江戸時代から続く日本文化の色濃い街ですが、「MAISON D [全文を読む]

「和食」の次は、「和コスメ」です。東京・神楽坂の『まかないこすめ』がパリへ上陸!

PR TIMES / 2014年06月16日16時18分

2014年8月30日(土)~10月18日(土)東京・神楽坂を拠点とする和コスメブランド『まかないこすめ』(東京都新宿区神楽坂3-1 株式会社ディーフィット代表・立川真由美)は、2014年8月30日(土)~10月18日(土)の期間、フランス・パリの老舗高級百貨店 LE BON MARCHE RIVE GAUCHE(ル・ボン・マルシェ・リヴ・ゴーシュ)にて開催 [全文を読む]

一度は行くべし「カレー麺」!ご飯にない旨さがここにある!東京都内の厳選7選!

まとメシ / 2017年08月25日19時51分

O庵|飛騨牛やイベリコ豚のコクが溶け込んだ贅沢なカレーうどん 写真:O庵特製カレーうどん(飛騨牛) 1100円カレーうどんを主体としたモダンな和食店。「O庵特製カレーうどん(飛騨牛)」はダシの利いた和風カレーの中にA4飛騨牛の切り落とし肉がどっさり。スパイシーに仕上げた「イベリコ豚」のうどんも人気だ。飛騨牛の牛丼やメンチカツなどが付くお得なランチは980円 [全文を読む]

本格料亭のお得な女性限定コース

ぐるなび / 2017年07月26日15時10分

「神楽坂・和食・千」(東京都新宿区)が紹介された。 地下鉄・飯田橋駅のB4b出口から徒歩3分程にある同店は、季節の野菜と魚介を中心とした本格割烹懐石料理が楽しめるお店。神楽坂の路地裏にひっそりと佇み、店内は落ち着いた和の空間となっている。客席は2名~16名まで収容できる完全個室の他、カウンター席も用意されているので、落ち着いた雰囲気ではあるものの堅苦しくな [全文を読む]


秋刀魚・鰹・松茸・栗・蜜芋を使った『高秋の恵み二乃膳』 ~神楽坂の古民家レストラン「神楽坂久露葉亭」で神楽坂ランチ ~

PR TIMES / 2016年09月02日10時35分

旬魚の焼物や季節野菜を使った和食ならではの季節を大事にした料理から、石州瓦を使った「瓦焼」などの和食の伝統に新しさを融合した料理を、お店に流れるゆったりとした時間の中でお楽しみいただけます。[画像2: http://prtimes.jp/i/11221/20/resize/d11221-20-666924-6.jpg ] [全文を読む]

神楽坂の旧料亭で話題のランチ! 風情ある座敷で食べる旬の創作和食料理

ぐるなび / 2015年06月18日16時10分

神楽坂にある創作和食の同店は、見て楽しみ、食べて感動すると評判の店だ。夜のおすすめは「おいしんぼコース」(5400円 税込み)。ランチの人気メニューは、風情あるお座敷で食べられる「彩り小鉢と季節のご飯(雅)」(1620円 税込み)だ。旬の素材で作る味わいの品を少しずつ食べられる。メインの「海鮮バラ散らし」は、夜の刺身にも使われる魚を使用している。もう一つ [全文を読む]

季彩や ひで|宇和島の海や大地豊かな食材で味わう和の醍醐味(郷土料理/神楽坂)

まとメシ / 2017年08月14日18時00分

愛媛、そして宇和島の海や大地、それが透けて見えそうな新鮮で活きのいい和食が味わえるのがこちら『季彩や ひで』だ。店主の大西英樹さんが「知り合いの繋がりだけで仕入れる」という食材が生きている。まずはお造り。季彩や ひで(最寄駅:神楽坂駅) 現地の魚屋さんから釣り物を選んで送ってもらうという魚は、「身がいかってる」と言うように、石鯛、きびなご、アジ……と、ピカ [全文を読む]

前回は1,000名以上が参加!昨年の好評を受け、今年も開催決定!「街バル in東京ドームシティ」

PR TIMES / 2016年12月09日15時24分

イベント参加者は、施設内の和食や洋食、カフェ、バーなど様々なジャンルの飲食店約25店舗を対象に、1セット3 枚つづりのチケットをお得に利用して街バル参加店舗を回遊できます。さらに、本イベントに参加することで、普段足を運んだことのないお店を発見できたり街バルだけの特別メニューを堪能できたりと、心行くまで街バルをお楽しみいただけます。昨年は1,000名以上を動 [全文を読む]

神楽坂の古民家レストラン「瓢箪坂おいしんぼ」二周年記念「二周年なんだ土佐 高知の食と司牡丹を愉しむ会」

PR TIMES / 2016年09月21日10時47分

感謝を込めた酒食イベント 2016年10月5日(水)開催!株式会社セリュックスホールディングスのグループ会社である株式会社暗闇坂宮下(代表:大塚 啓 本社:東京都港区)が運営する古民家レストラン「瓢箪坂おいしんぼ」では、二周年を迎えることを記念し2016年10月5日(水)、酒食イベント『二周年なんだ土佐 高知の食と司牡丹を愉しむ会』を開催致します.[画像1 [全文を読む]

神楽坂で愉しむ「今朝獲れ」&「船上神経〆」の「港町鮮度」漁師、料理人、寿司職人が一手間かけた「旨い」を味わう

PR TIMES / 2016年06月14日17時27分

本格和食居酒屋『なきざかな』2016年6月21日(火)17:00開店 株式会社エー・ピーカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:米山久)は、人情味ある佇まいを残す街「神楽坂」に、日本酒が持つほのかな「香り」と口の中でとろける極薄スライス“生ハム”や”生牡蠣“の「食感」でマリアージュを愉しみつつ、日本酒の新しい「嗜み方」と「可能性」を探る日本酒バー『S [全文を読む]

【神楽坂】都内にいながら日本中の離島料理が食べられる「離島キッチン」

TABIZINE / 2016年01月19日13時00分

世界中から称賛される和食ですが、離島グルメを前にすると、私たちも知らないものがまだまだ隠れているような気がします。東京にいながら旅行気分も味わえる離島グルメ。早くも今年大ヒットの予感がします。 [Photo by Shutterstock.com] [全文を読む]

時間無制限プレミアム日本酒飲み放題が破格の2,800円!「獺祭」や「九平次」など希少地酒が「東京酒BAL塩梅 神楽坂店」でお得に飲める!

PR TIMES / 2015年11月17日11時05分

もちろん、料理もプレミアムな地酒にぴったりな新鮮魚介類や丁寧に作った旬のおばんざい(※)など、素材を活かした和食の数々をご用意しました。[画像2: http://prtimes.jp/i/11586/20/resize/d11586-20-807583-1.jpg ]※「おばんざい」とは―昔より京都の一般家庭で作られてきた惣菜。京料理と同じく薄味で、鰹節、 [全文を読む]

フォーカス