住友不動産 三井不動産に関するニュース

もう一つの横浜・傾きマンションは今。住民から届いた悲痛な叫び

まぐまぐニュース! / 2015年10月29日20時00分

先日、横浜の三井傾きマンション関連の記事で、すでに昨年から傾きが問題になっていた住友不動産の建物を取り上げた、マンション管理士の廣田信子さん。今回のメルマガには、その住友マンションの住民から寄せられた悲痛の声が紹介されています。 昨年の傾き事件「パークスクエア三ツ沢公園」の今 こんにちは!廣田信子です。 昨年、建物の傾きが問題になった横浜市の「パークスクエ [全文を読む]

傾きマンション事件、現場をよく知る関係者のホンネは?

まぐまぐニュース! / 2015年10月27日20時00分

昨年問題になった住友不動産の方はまだ結論が出ていないのにね。 あまりに早いので、他に何か事情があるのかと思っちゃうよね。 本格的に建物の調査までされると、また何か出てきそうで、早く壊したいのかも…とか。 先日は、基礎の地中梁の瑕疵もあったし、東日本大震災では柱の強度不足も発覚し、建替えもあったよね。 もし、ここで、建物本体も調査して、少しでも問題があるこ [全文を読む]

横浜「傾きマンション」は二度起きていた!ついに開いたパンドラの箱

まぐまぐニュース! / 2015年10月21日20時00分

前回は「住友不動産」今回は「三井不動産」、どちらもビッグブランドであることも、棟と棟との継ぎ目の段差で傾きに気がついたことも、杭が支持層に到達していなかったことも同じです。 傾いているという動かしがたい現実があって、売主に言っても最初は問題ないと取り合わなかったのが、ようやく調査をして実態が明らかになったわけです。 昨年問題になったマンションは、管理組合 [全文を読む]

東京駅八重洲口激変!超高層ビル2棟建設、小学校も入居、地下に巨大バスターミナル…

Business Journal / 2015年07月21日06時00分

東京都では大手町(三菱地所)、八重洲(三井不動産と東京建物)、品川駅周辺(JR東日本)、虎ノ門(森ビルなど)、有明(住友不動産)が特区の指定を受け、国際競争力を高めるプロジェクトが目白押しだ。●東京駅の八重洲口に超高層ビル2棟が建設 三井不動産と東京建物は、それぞれJR東京駅の八重洲口にある2つの街区に、全国屈指の250メートル級の超高層ビルを建てる。 [全文を読む]

不動産市場、「危険な事態」が密かに進行…大手不動産、負債が異常膨張で霞む「出口」

Business Journal / 2016年08月21日06時00分

三菱地所、三井不動産、住友不動産の大手3社の2016年3月期の有利子負債残高は3社合計で約7.6兆円にものぼる。3社の売上高合計は約3.4兆円であるから、なんと売上高の2倍以上の有利子負債を抱えていることになる。 とりわけ、有利子負債が多いのが住友不動産である。8549億円の売上高に対する有利子負債は3兆1589億円、売上の3.7倍もの有利子負債を計上して [全文を読む]

「三菱」「三井」「住友」が東京駅周辺の陣取り合戦展開中

NEWSポストセブン / 2016年04月26日07時00分

ところが2015年、三井の象徴ともいえるコレド日本橋の真正面に住友不動産が「東京日本橋タワー」を竣工した。高さ180メートルの同タワーは高さ120メートルのコレド日本橋を見下すように屹立する。 丸の内を牙城とする三菱、日本橋をホームとする三井に対し、元来、大阪を本拠とする住友は東京に確たる拠点を持っていない。その住友による“殴り込み”に三井グループ関係者 [全文を読む]

横浜傾斜マンション建替、三井不動産が詳細案提示を先延ばし住民困惑…建替難航の懸念浮上

Business Journal / 2016年04月04日06時00分

同マンションを販売した住友不動産が、全棟建て替えの提案を行うことが明らかになった。 この横浜の“鉄筋切断マンション”では、3月に管理組合がアンケートを実施。アンケートでは住民の約8割が全棟建て替えを希望していることがわかった。26日の住民説明会で住民は住友側と交渉を進めたという。●建て替えまでの高いハードル 施工不良次第でマンションは建て替えになる――。こ [全文を読む]

外国人投資家 東京都心部はアジアの中心地の不動産で最も割安

NEWSポストセブン / 2014年01月21日07時00分

加えて、東京五輪との関係で注目されているのは住友不動産だ。東京五輪ではお台場に選手村が設置される予定だが、メーンスタジアムとなる国立競技場までの選手移動について、すでにIOC(国際オリンピック委員会)からスムーズにできるようにと、注文が付けられている。移動で通過することになる首都高速の芝浦・浜崎橋ジャンクションは超渋滞ポイントだからだ。 移動でその渋滞を [全文を読む]

アップルやグーグルが日本に登場せぬ理由は旧財閥系への優遇

NEWSポストセブン / 2012年09月07日07時00分

不動産大手5社(三井不動産、三菱地所、住友不動産、東急不動産、野村不動産)は東日本大震災の影響を受けたにもかかわらず、最終利益は全社合計で2115億円だった。まさに笑いが止まらない状況なのだ。 とくに商社は、円高で多くの企業が青息吐息の中、差益を十分に利用している。加えてこれほど商社が強いのは、原油や鉄鉱石などの資源価格が高騰したからだ。純利益に占める資 [全文を読む]

東京随一の「名物商店街」を襲う変化の荒波 タワマン街化を選んだ武蔵小山の未来

東洋経済オンライン / 2017年06月07日08時00分

住友不動産が同じく41階建てのタワマンを建設する①でも立ち退きが進み、③は再開発準備組合が結成され、検討が行われている。 [全文を読む]

最終赤字289億の日本郵政が、なぜ野村不動産の買収に動いたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月19日04時45分

三井不動産、三菱地所、住友不動産、東急不動産HD、野村不動産HDの5社の売上高と純利益は増加傾向を示しています。 5社合計の売上高と純利益は、東急不動産HDが設立した2013年度(2014年3月期)から2016年度(2017年3月期)までの全ての年度で前年度を上回っています。今後は不透明感があるものの、堅調に推移しています。 筆頭株主の野村HDは、どのよう [全文を読む]

新築マンション発売24年ぶり低水準の断末魔

プレジデントオンライン / 2017年02月16日09時15分

三井不動産や住友不動産など財閥系の大手不動産はオフィスビルの利益で、マンション事業の損を処理し事なきを得たが、マンション一本足打法のカタカナ不動産会社は資金がたちまちショートし、次々と倒産に追い込まれていってしまった。 今回はどうか。おそらく経営が厳しくなる不動産会社はいくつかでてくるだろう。ただ、今回はリーマン・ショック時とは異なり、理由なく上昇していた [全文を読む]

■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

HANJO HANJO / 2016年09月01日17時04分

これを地元企業の方々は、どのような思いで見ているのでしょうか?高山 現在計画されている再開発では、西側の線路沿いにある囲町一帯を三井不動産が、駅南の西口地域をUR都市機構が、南口地域を住友不動産と西松建設が、それぞれ主体となって再開発を進めています。その中でエリアマネジメントが行われていないため、ようするに中野という街をバラ売りしている状態なんです。そこに [全文を読む]

巨大ビルが危ない!賃貸市場活況の「真実」…壮絶なテナント奪い合い、中小ビルのスラム化も

Business Journal / 2015年12月17日06時00分

こうした大型の再開発は大手町や丸の内では三菱地所、六本木では森ビル、日本橋、日比谷では三井不動産、渋谷は東急電鉄、東急不動産、新宿は住友不動産といった大手デベロッパーを中心に20年の東京五輪開催前後に続々と竣工を迎えることになります。 日本経済はアベノミクス効果を享受しながら順調に回復、オフィスビルマーケットはますますグローバル化し、世界中の企業が日本の [全文を読む]

瀕死の関空 巨額負債で八方塞がり、捨て身の運営権売却も入札参加はわずか1社

Business Journal / 2015年10月28日06時00分

国内勢はオリックス、住友不動産、大和ハウス工業、東京急行電鉄、日本生命保険、丸紅、三井不動産、三菱商事、三菱地所の9社。 新関空会社は3つ程度の企業連合が応札すると楽観していたが、見通しが甘かった。45年で2兆2000億円という長期かつ巨額の投資に多くの企業が尻込みし、今年2月に設定していた1次入札の締め切りを延期する事態に追い込まれた。 [全文を読む]

傾斜マンション騒動 湾岸タワーに飛び火していく可能性も

NEWSポストセブン / 2015年10月18日07時00分

* * * 今回のマンションと同じ横浜市内では、住友不動産が分譲した「パークスクエア三ツ沢公園」でも施工ミスによる建物の傾きが話題となったが、今回は建物の規模、杭打ちの際の施工側の「データ偽装」の疑いなどの問題を含め、社会に及ぼした影響ははるかに大きなものとなっている。 マンション分譲事業は「利幅の薄い」ビジネスである。デベロッパーにとって一棟のマンショ [全文を読む]

「住みたい街」より「住みやすい街」 識者が推す都心の穴場

NEWSポストセブン / 2015年10月07日07時00分

三井不動産や住友不動産、野村不動産など不動産大手7社が共同運営するサイト「メジャーセブン」が9月28日に発表した【マンション購入意向者に聞く、住んでみたい街アンケート2015年度】。その調査で7年連続トップだった「吉祥寺駅」を抜いて1位に輝いたのは「恵比寿駅」だった。 その他、「表参道駅」(4位)、「青山一丁目駅」(8位)、「広尾駅」(11位)、「目黒駅 [全文を読む]

リフォームを売るアマゾンに負けない中小工務店の戦略と建築営業の方法/小笠原 昭治

INSIGHT NOW! / 2015年09月29日07時00分

(リフォーム産業新聞より)http://www.reform-online.jp/news/reform-shop/7544.php 積水ハウスグループ(ハウスメーカー系) 住友不動産グループ(不動産) 積水化学工業グループ(ハウスメーカー系) 大和ハウスグループ(ハウスメーカー系) ミサワホームグループ(ハウスメーカー系) 住友林業グループ(ハウスメー [全文を読む]

マンション業界、激変した10年の舞台裏 なぜ独立系は「消えた」のか?大手の寡占化加速

Business Journal / 2014年09月17日01時00分

※以下、順位、企業名、供給戸数(戸) 【2000年】 1位:大京、9,007 2位:三井不動産、6,1493位:住友不動産、5,8794位:ダイア建設、5,153 5位:穴吹工務店、4,372 【2013年】1位:三井不動産レジデンシャル、7,4762位:野村不動産、6,5173位:リクルートコスモス、5,702 4位:三菱地所レジデンス、5,5995位: [全文を読む]

“ハゲタカ”サーベラスが日本に残したものとは?日本撤退の裏側と西武HD上場の行方

Business Journal / 2014年03月07日01時00分

13年にはグループの八重洲富士屋ホテル(東京)を300億円で住友不動産へ、同年末には東京・浜松町に持つ土地を日本生命保険などへ800億円でそれぞれ売却した。これ以上、資産の切り売りが続けば事業の継続が困難になると判断して、国際興業は株式の買い戻しを申し入れた。サーベラスの投資総額は明らかになっていないが、資産を売って上げた利益を特別配当のかたちで受け取って [全文を読む]

フォーカス