高校 伊集院光に関するニュース

「ペットボトルに尿」「壁に描いた友だち」……改めて注目される伊集院光の“ガチ引きこもり”時代

日刊サイゾー / 2016年05月16日11時00分

引きこもり体験を含めた幼少期のトラウマものは、番組の鉄板フリートークネタのひとつです」(放送作家) 伊集院は高校在学中に三遊亭楽太郎(現・円楽)のもとへ弟子入りし、三遊亭楽大の芸名で活躍し、高校は中退している。芸名には学校を辞めた“落第”の意味もかかっている。もっとも壮絶なのが高校へ行かなくなり、落語家になるまでの過程だ。 「ラジオでも自虐的かつ断片的に話 [全文を読む]

TBSラジオの朝が変わる! 伊集院光とらじおと(月~木)、有馬隼人とらじおと山瀬まみと(金)

PR TIMES / 2016年02月22日14時01分

大阪府立箕面高校でアメリカンフットボールを始め、関西学院大学では2度の学生日本一に貢献。1999年には年間最優秀賞を獲得。卒業後、TBSにアナウンサーとして入社。2004年に退職し、日本社会人アメリカンフットボールリーグに選手として復帰。2012年シーズンをもって現役引退。指導者としては日本代表チームのコーチなどを務めた。現在は、コメンテーターや実況アナ、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】吉木りさは“イジメ” 伊集院光は“不登校” 過去を乗り越えて伝えたかったのは「学校がすべてではない」

TechinsightJapan / 2017年09月07日16時01分

彼はそのまま高校を中退している。今でこそクイズ番組で活躍し“エリート”にも勝つほどの実力を見せている伊集院。自身の学歴はある意味「武器になる」というが、一方で「劣等感を未だに引きずっている」と明かし、そのコンプレックスが消えることはないという。 そんな伊集院は、自身を振り返り「学校なんか行かなくても大丈夫だよ。休んでもいいよって、みんないっぱいアプローチ [全文を読む]

伊集院光が賭博問題への野球界の対応を批判!「開幕しちゃおうよみたいな空気になってるけど何も解決してない」

リテラ / 2016年03月24日11時20分

おそらくこの幕引きにより、再びもちあがった野球賭博問題は、「声出し」や高校野球くじ問題もろとも、うやむやになってしまうだろう。 また、今回の高木選手に関しては、日本野球機構(NPB)が野球賭博常習者と認定した飲食店経営者(B氏)と交際していた事実は認められないとしたため、このB氏に関わる問題も報道される機会は減っていくのではないだろうか。 テレビやスポー [全文を読む]

伊集院光が語る“名著”「若者に『変身』を薦めたい」

Smartザテレビジョン / 2015年08月11日21時23分

自分が高校を辞めた理由のひとつに、これはみんな分かっていることなんだからということで置いていかれてしまったということもあるので、なるべく質問していこうと思いってます。番組の中でする俗っぽい例え話も、一人でもしっくりきてくれる人がいれば本望なんです。分からない人はテレビのスイッチを切ってしまうと思うんですよ。“分かってるよそんなの!”って人はもともとその小説 [全文を読む]

みやぞん、“おバカキャラ”は伊集院の助言だった!?

日刊大衆 / 2017年04月04日14時05分

みやぞんは4年前から伊集院の草野球チームに所属しており、伊集院はVTRで当時のみやぞんについて「高校で、4番でエースでキャプテンだったっていうんだけど、試合で使ったら驚くほどに野球のルールを知らない」と振り返った。伊集院が他の選手にサインを出していたところ、それを見たみやぞんが、胸がかゆいのかと、真剣に聞いてきたと言い、「何言ってんだろうって。これは野球だ [全文を読む]

フォーカス