ビートたけし 伊集院光に関するニュース

ベッキー「礼儀知らずなハーフタレントとは違う」とビートたけしから絶賛

アサジョ / 2017年06月30日07時15分

7月15日放送予定のBS11開局10周年特別番組「たけしの北野レガシー」の収録後の取材で、ビートたけし本人からその言葉が聞かれた。「ひな段に上がって、礼儀知らずなことを言ってウケようとしているハーフタレントが多い中で、ベッキーのコメントはしっかりしている。ちゃんと番組進行もできているし、MCとして素晴らしいと思いますよ」 とコメント。同番組で、ベッキーはた [全文を読む]

ビートたけし「漫才をやめた本当の理由」を告白

日刊大衆 / 2017年04月11日18時05分

4月6日放送の『ビートたけしの私が嫉妬したスゴい人』(フジテレビ系)でビートたけし(70)が自身の引き際について言及。お笑いタレントの劇団ひとり(40)や伊集院光(49)らを驚かせる場面が見られた。 この番組は一流の芸能人やアスリートが、嫉妬を感じた人について語るというもの。この中で女子レスリングの吉田沙保里選手(34)が、50歳で現役を続けている横浜FC [全文を読む]

「ワンピース」作者・尾田栄一郎が嫉妬する漫画とは

Smartザテレビジョン / 2015年12月26日13時00分

ビートたけしが嫉妬した芸能人”や“尾田栄一郎が嫉妬した漫画”などを紹介する。 ■劇団ひとりコメント ――収録の感想をお願いします。 嫉妬っていうのはなかなか言いづらい部分があると思います。特に同業者に対しては、自分の弱点を言うことにもつながってしまいます。それを、一流の方たちが本音で語ってくれていて参考になりました。 ――今回、自分の嫉妬する人を発表した [全文を読む]

「オモクリ監督」と「ちびまる子ちゃん」が夢コラボ!

Smartザテレビジョン / 2015年04月18日10時01分

飛永は前回、番組に登場した際に「ビートたけし」をフィーチャーした作品を作ったことから、街中で「『あ、“たけしさん…”のネタの人だ!』と言われるようになった」とエピソードを語り、番組に大きな影響を受けている様子。 ほぼ準レギュラーのじろうは、「『ちびまる子ちゃん』と聞いたら“コレ”を絶対使いたかった」と意気込みを見せる。 6監督の“オモブイ”を審査するのは [全文を読む]

ホリエモン×ひろゆきが残念がる“宝の山”とは? 「過去1週間分の番組が聴けるradikoの新機能っていいよね」

週プレNEWS / 2016年10月24日06時00分

ビートたけしさんやタモリさんの番組は伝説になってるわけだから。 ひろ ほかにも、とんねるずさんや中島みゆきさん。最近なら福山雅治さんもそう。めちゃめちゃ良質なコンテンツが大量に眠っているんですよね。 ホリ そういう過去の番組を流せば、喜んでお金を払う人は多いでしょ。青春時代にラジオを聴いて過ごした人たちは、年齡を重ねて可処分所得も割と大きくなってるはずだし [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「内山信二」(1)月収3000万の時もありましたね

アサ芸プラス / 2016年02月23日01時57分

何年か前に「(ビートたけしのお笑い)ウルトラクイズ」が復活した時に、演出で来られたじゃないですか。あの時もオーラがあるというか怖いというか、近づきがたい雰囲気がありました。テリー そんなことないんだけどな。ところで、最近またバラエティで大活躍ですね。内山 ありがとうございます。「有吉(弘行)さん、坂上忍さん、ヒロミさんに続く再ブレイクタレント」と言っていた [全文を読む]

「大モテない先生」の結婚という危機をも容赦なき笑いに変える『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』

日刊サイゾー / 2013年11月27日16時00分

たとえば昔の人気番組であったビートたけしやとんねるずの『オールナイトニッポン』には、少なくともパーソナリティー側に非モテ感はほとんどなく、むしろスター然としたモテ感のほうが強かった。リスナーの投稿ネタは今と変わらず非モテ感満載だったが、構図としては、モテの先輩としてのパーソナリティーが、非モテの童貞リスナーたちの言動を、自らの青春時代に照らし合わせて笑い懐 [全文を読む]

奇人変人ただのネコ好き!? 爆笑問題、再浮上のキーマンは田中だった

メンズサイゾー / 2013年03月16日12時00分

その理由としてたびたび取りざたされている、ビートたけし(66)の代役で出演した『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)での太田の「たけしは死にました」発言の影響や、ダウンタウンの松本人志(49)との軋轢などについては一切触れなかったものの、当時を振り返って光代は「(所属事務所への)不義理」とだけ語りながら、間違いなく爆笑問題の再浮上のきっかけになった93年 [全文を読む]

水道橋博士が芸人たちの生き様を伝える渾身のルポ『藝人春秋』

NEWSポストセブン / 2013年02月12日07時00分

特にバラエティー番組がいじめの原因になっているとの主張に、ビートたけし、太田光、伊集院光らの発言を引用して反論した章は考えさせられる。 芸人の濃密な人生を徹底して描いているので、お笑いの見方が変わるかもしれない。 ※女性セブン2013年2月21日号 【関連ニュース】人生に迷う人に見つめ直すきっかけ与えてくれる伊集院静の書伊集院静が作家生活30年目で初めて [全文を読む]

フォーカス