円楽 伊集院光に関するニュース

不貞騒動の三遊亭円楽に伊集院光が持参したタイムリーすぎた手土産とは?

アサ芸プラス / 2016年07月10日09時59分

不貞騒動後の六代目三遊亭円楽が登場することで注目された7月3日放送の「笑点」(日本テレビ系)は、登場するなり座布団6枚を取り上げられるなどいじられまくり、20.3%の高視聴率となった。 この騒動の間、苦心したのは円楽だけではない。ラジオのパーソナリティとして活躍している伊集院光も、落語家時代の師匠である円楽の話に触れないわけにはいかず、本人の許可を取るため [全文を読む]

元落語家・伊集院光が絶賛した「笑点」新司会者・春風亭昇太の凄さとは?

アサ芸プラス / 2016年06月06日05時59分

「伊集院光は三遊亭楽太郎(現六代目円楽)の弟子として三遊亭楽大という名で落語家として活動し、二つ目まで昇進した経歴があります。入門5年目にはキャリア10年以上の先輩たちとともにNHKの新人落語コンクールに出場するほど。師匠に内緒で『伊集院光』として出ていたラジオ番組が人気になり、問題となって自主廃業しているんです。落語のわかる伊集院が今後を期待しているので [全文を読む]

【ウラ芸能】笑点司会、昇太に待つこと

NewsCafe / 2016年05月24日15時00分

2009年11月1日と並ぶ今世紀歴代トップタイだったとか」デスク「そりゃそうだ、歌丸降板と新司会の発表があったもんな」記者「で、春風亭昇太(56)が新司会者に決まりましたが、その瞬間には大本命だった三遊亭円楽(66)が『いくら使ったんだ!』と突っ込みを入れて笑わせました。でも、昇太への交代は当然、既定路線といえますね」デスク「大喜利の出演者は、林家たい平( [全文を読む]

「ペットボトルに尿」「壁に描いた友だち」……改めて注目される伊集院光の“ガチ引きこもり”時代

日刊サイゾー / 2016年05月16日11時00分

引きこもり体験を含めた幼少期のトラウマものは、番組の鉄板フリートークネタのひとつです」(放送作家) 伊集院は高校在学中に三遊亭楽太郎(現・円楽)のもとへ弟子入りし、三遊亭楽大の芸名で活躍し、高校は中退している。芸名には学校を辞めた“落第”の意味もかかっている。もっとも壮絶なのが高校へ行かなくなり、落語家になるまでの過程だ。 「ラジオでも自虐的かつ断片的に話 [全文を読む]

所ジョージの「笑点」司会拒否をネット民が敏感に反応、その理由とは?

アサ芸プラス / 2016年05月15日17時59分

大本命は6代目円楽のようですが、タモリや爆笑問題の太田光、伊集院光という噂も出ています。所ジョージもそのうちの1人だったのですが、今回きっぱりと否定しました。理由は『見る側でいたい』とのことです」(週刊誌記者) この所ジョージの発言に敏感に反応したのがネット民たちだ。大手掲示板に書き込まれたコメントは「頼んでません」「誰が司会を依頼した?」「やらないでくだ [全文を読む]

フォーカス