小学館 日本文芸社に関するニュース

史上最大級! 23社88誌の編集長が勢揃い! eBookJapanが漫画雑誌編集長のオススメ漫画レビュー特集を公開

PR TIMES / 2012年07月20日09時16分

【協力雑誌名】(出版社名50音順)雑誌名 出版社名月刊コミックビーム エンターブレインハーモニィRomance 宙出版恋愛白書パステル 宙出版Young Love Comic aya 宙出版恋愛Revolutionラブレボ 宙出版Nextcomicファースト 宙出版マンガ・エロティクス・エフ 太田出版月刊少年エース 角川書店ヤングエース 角川書店月刊ASU [全文を読む]

Yahoo!ブックストア 2017年2月の月間ランキング『僕だけがいない街』、『キングダム』の最新刊が上位ランクイン!ドラマ原作『突然ですが、明日結婚します』、『東京タラレバ娘』にも注目。

PR TIMES / 2017年03月10日17時15分

[画像1: https://prtimes.jp/i/1485/603/resize/d1485-603-560960-1.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/1485/603/resize/d1485-603-235514-0.jpg ][画像3: https://prtimes.jp/i/1485/603/resize/d1 [全文を読む]

キャラ設定はもろ『ドラえもん』...法的には“問題なし“でもヤバすぎるギャグエロマンガ『のぞえもん』

おたぽる / 2015年06月14日22時00分

しかし、誰がどう見ても元ネタは藤子・F・不二雄の名作『ドラえもん』(小学館)。いやいや、国民的名作になんの意図があっての挑戦なのか......? というか、ここまでやって「パロディです」って誤魔化せるのか? 読んでいて心配になったので、まずは専門家の意見を聞いてみた。 回答してくれた弁護士法人AVANCE LEGAL GROUP LPCパートナー弁護士の山 [全文を読む]

【Renta!】 2016年上半期電子書籍売り上げランキングを発表!

DreamNews / 2016年07月07日11時00分

Renta! 2016年上半期ベストURL:http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/page/topics/c_2016halfbest.htm■「Renta!」2016年上半期ジャンル別売り上げランキング(一部抜粋) ●少女漫画売り上げランキング 1位 ヲタクに恋は難しい 著:ふじた / 発行:一迅社2位 惚れない花嫁 [全文を読む]

小説家より稼げる!? 『DEATH NOTE』や『美味しんぼ』など…“マンガ原作者”の儲けのからくり

おたぽる / 2016年01月23日18時00分

『美味しんぼ』(小学館)、『北斗の拳』『DEATH NOTE』(共に集英社)といったヒット作に共通するのは、作画とは別にストーリーを考える“原作者がいること”。いわゆるマンガ原作者だが、21日放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京系)では、『ザ・シェフ』(日本文芸社)などで知られるマンガ原作者・剣名舞氏が“マンガ原作者の [全文を読む]

各出版社の人気キャラ勢ぞろい!「年末年始は書店に行こう! コミックスdeお年玉キャンペーン」開催!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月28日17時30分

出版社の垣根を越えた大規模コミックキャンペーンなので、これは絶対見逃せない!!【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ●イラストカード『蒼き鋼のアルペジオ』(Ark Performance/少年画報社)『あせびと空世界の冒険者』(梅木泰祐/徳間書店)『暗殺教室』(松井優征/集英社)『orange』(高野苺/双葉社)『ケロロ軍曹』(吉崎観音/KADOKAW [全文を読む]

女子高生がラーメンをすする姿がやたらエロい! 新しいラーメンマンガ登場

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月17日17時30分

『花のズボラ飯』から始まり、アニメ化が決定した『食戟のソーマ』(附田祐斗/集英社)、『くーねるまるた』(高尾 じんぐ/小学館)、『幸腹グラフィティ』(川井マコト)など、最近の料理マンガにはエロマンガかと見紛うような描写が増えてきている。そんななか、さらに新たなエロい料理マンガが登場した。それが、クールで無口な転校生・小泉さんが、大好きなラーメンを食べ歩くと [全文を読む]

ファンサービスか、手軽なドーピングか? 『男塾』『刃牙』など、次々に再始動する人気マンガの成否は?

おたぽる / 2014年04月17日17時00分

「週刊少年サンデー」連載の名作ラブコメ『タッチ』から26年後を描く『MIX』(すべて小学館)が2012年に始まったときも旧作ファンを驚かせた。 作者からすれば慣れ親しんだ世界観とキャラクターで続きを描ける、出版社(編集部)からすれば有名作の続編ということで宣伝コストをかけず一定の人気が見込める、ファンからすれば好きな作品をもう一度読めるということで"いいこ [全文を読む]

出版社別ダウンロード数ランキングは講談社が第1位に eBookJapan が2013年上半期の出版社別ダウンロード数ランキングBEST20を発表

PR TIMES / 2013年07月11日15時25分

すべての端末を含む電子書籍サービス全体のダウンロードです)〈出版社別ダウンロード数ランキング〉1. 講談社2. 集英社3. 小学館4. 白泉社5. 竹書房6. 直接契約 *著者やプロダクションなど出版社を介さず契約している作品のDL数合計7. 双葉社8. 角川グループ9. 日本文芸社10. 株式会社ハーレクイン11. グループ・ゼロ12. 芳文社13. 秋 [全文を読む]

たったひとりで『舟を編む』! 哲学的エロス4コマ漫画の金字塔!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月21日12時00分

元記事はこちら しかしこの辞書をたったひとりで、しかもそれまでになかった「漫画」という形で編纂した男がいた! それが80年代後半、漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)を裏から読ませると話題になった人気4コマ漫画『コージ苑』(小学館)、作者は今年画業30周年を迎えた漫画家の相原コージだ。最近ではゾンビホラー漫画『Z~ゼット~』(日本文芸社)が話題 [全文を読む]

名作コミック全巻セット、リアル体験などが当たる!「コミック読みまくろう祭」を開催

DreamNews / 2017年03月03日12時00分

■「コミック読みまくろう祭」実施概要コミック2冊以上お買い上げで、豪華プレゼントが当たるチャンス!期間:2017年3月3日(金)~4月16日(日)場所:首都圏の大型書店を中心とする全国207店協力:秋田書店、KADOKAWA、集英社、小学館、スクウェア・エニックス、 日本文芸社、白泉社、双葉社(50音順)内容:実施書店にて、コミック2冊以上(コミック文庫除 [全文を読む]

『キングダム』最新44巻発売! 黒羊戦は佳境へ…!!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月19日06時30分

集英社 ●ヤングジャンプコミックス 『まんが倶楽部(1)』 さくらももこ 『もぐささんは食欲と闘う(1)』 大竹利朋 『LICENSE ライセンス(3)』 小手川ゆあ 『しらたまくん(8)』 稲葉そーへー 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(3)』 赤坂アカ 『TIGER&BUNNY THE COMIC(7)』 吉田恵里香 上田宏ほか 『キン [全文を読む]

『BLUE GIANT』最新巻発売!【9月9日発売のコミックス一覧】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月09日06時30分

nekotan(3)』 大橋つよし 『寄宿学校のジュリエット(3)』 金田陽介 『アビス(7)』 長田龍伯 『ドリィ キルキル(7)』 ノ村優介 蔵人幸明 『ベイビーゴッド 残虐と純情のメジェドさま(1)』 瀬上あきら 『スイートビター(1)』 桜庭ゆい あやぱん ●シリウスKC 『ニンジャスレイヤー殺(4)』 関根光太郎 ブラッドレー・ボンドほか 『ジャ [全文を読む]

やっぱりトラウマを描かせればピカイチ! 山崎紗也夏『はだかの林檎』

おたぽる / 2016年05月08日13時00分

かつて「ヤングサンデー」(小学館)に連載していた『マイナス』は、ギャグマンガかと思っていたら、次第にヒロインのトラウマがえぐり出される展開が続き、連載途中では人肉食まで登場。あまりのインパクトに強さに、掲載号が回収という騒動まで起こっている。 さまざまなジャンルで必ずや心をえぐられるような描写をしてきた山崎。最近はドラマ化もされた『サイレーン』(「モーニン [全文を読む]

コミックスdeお年玉キャンペーン

PR TIMES / 2015年12月05日10時35分

キャンペーンサイトURL:http://honya-go.com/ [協賛社] 秋田書店、アニメタイムズ社、一迅社、エイガウォーカー、王子製紙、大阪屋、宙出版、KADOKAWA、共同印刷、協和出版販売、栗田出版販売、廣済堂、講談社、集英社、小学館、祥伝社、少年画報社、スクウェア・エニックス、大王製紙、大日本印刷、太洋社、竹書房、中央社、トーハン、徳間書店 [全文を読む]

eBookJapanが「永井豪×石川賢 ゲッターロボ40周年記念原画展」に特別協賛 『ゲッターロボ40周年記念原画展図録』を期間限定独占配信&会場限定グッズを制作・販売

PR TIMES / 2015年05月22日17時20分

現在も「激マン!」(『週刊漫画ゴラク』日本文芸社)、「グレンダイザーギガ」(『月刊チャンピオンRED』秋田書店)、「デビルマンサーガ」(『ビッグコミック』小学館)を連載中で、意欲的に執筆活動を続けている。大阪芸術大学キャラクター造形学科教授。 [全文を読む]

ブラッド・ピットもゾンビに!? 今、ゾンビが世界的なブーム

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月15日07時20分

※同誌紹介を一部抜粋 ■『ウォーキング・デッド』(1~3巻) ロバート・カークマン 風間賢二/訳 飛鳥新社 ■『アポカリプスの砦』(1~4巻) イナベカズ/漫画 蔵石ユウ/原作 講談社ライバルKC ■『アイアムアヒーロー』(1~ 11巻) 花沢健吾 小学館ビッグC ■『Z~ゼット~』(1巻)相原コージ 日本文芸社ニチブンC 構成・文=大寺 明 (『ダ・ヴ [全文を読む]

フォーカス