再婚 大竹しのぶに関するニュース

妻と死別の「ボツイチ」65歳 後妻もらうべきか、諦めるか

NEWSポストセブン / 2016年10月23日16時00分

再婚で寂しさから解放されたいが、「子供のことを考えると踏み切れない」と悩む人は少なくない。いま「ボツイチ」65歳、後妻はもらうべきか、諦めるべきか──。 「ボツイチ」ライフを謳歌する人もいる。ポイントとなるのはやはり「女性」の存在だ。3年前に40年連れ添った妻を亡くした68歳の男性は意外にも明るくこう話す。 「実は、飼っていた犬を通じて50代のある女性と知 [全文を読む]

さんまの“ぶしつけな質問”に、小倉優子が絶句

日刊大衆 / 2017年05月29日16時05分

恋愛や再婚について「できる気がしない」と発言して、明石家さんま(61)からツッコまれる場面があった。 今回の放送は“パパママ芸能人大集合SP”と題して、今年3月に第三子出産と再々婚を発表した歌手で女優の土屋アンナ(33)や、元バドミントン選手で現在第二子を妊娠中の潮田玲子(33)らが出演。潮田がさんまに「妊娠8か月です」とうれしそうに報告すると、さんまは「 [全文を読む]

紗栄子が富豪と恋愛することが、どうしてバッシングされるのかわからない。

messy / 2015年10月23日17時00分

だが、再婚してステップファミリーを形成したからといって、ダルが紗栄子との息子たちの父親でなくなることはないのだ。責任を負い続けるのは当然のことだし、息子たちの成長過程で、親権者として養育する紗栄子が子育てに悩むことがあれば、ダルに相談するのは妥当なことだ。それなのに、「セブン」記事によれば、山本と再婚したダルは、紗栄子からの相談に「まったく取り合わなかった [全文を読む]

明石家さんま・大竹しのぶの距離感 元夫婦の自立と家族再構築

messy / 2017年07月17日17時00分

大竹は1988年にさんまと再婚。二千翔は前夫(故人)との間にできた子どもで、さんまと血縁関係はないが、さんまは二千翔を実の息子のようにかわいがっていて、それは今も同じだそうだ。2015年のラジオでさんまは、二千翔がモテなくて悩んでいると告白。二千翔は大竹とIMALUから「ダサい」「センスない」「恋人できない」と高校時代にこき下ろされ、気の毒に思ったさんま [全文を読む]

大竹しのぶ「30人ちょっと」の衝撃発言 60代女性平均の3倍

NEWSポストセブン / 2017年05月17日16時00分

映画『後妻業の女』で、財産のある高齢男性を再婚に持ちこみ私腹を肥やす女を演じた大竹しのぶ(59才)。監督は原作を三行読んで即座に大竹の起用を決めたという。そんな“妖艶でしたたかな悪女”を演じさせたら右に出る者がいない大竹が『婦人公論』(5月23日号)で三谷幸喜(55才)、清水ミチコ(57才)と鼎談。話題が過去の恋愛に及ぶとこんな発言が飛び出した。三谷「今ま [全文を読む]

山口もえもステップファミリー!芸能人の「連れ子再婚」から学ぶ、子どもとの絆を深めていく方法って?

It Mama / 2016年06月26日23時00分

どちらかに子どもがいて再婚する家庭を、最近では“ステップファミリー”と呼んだりしますよね。4組に1組が再婚するという今の時代、ステップファミリーはそれほど珍しくなくなりました。実際、筆者の周りにも何組かのステップファミリーが存在します。とはいえ、“連れ子”に対してのコミュニケーションは、普通の親子のコミュニケーションと違い、やはり難しいものだと思います。今 [全文を読む]

大竹しのぶ、還暦パーティーで元夫・さんまと共演「妊娠していた時、毎日ケンカしてて流産しそうになった」

スポーツ報知 / 2017年10月20日21時18分

88年に再婚、89年に長女・IMALU(28)をもうけたものの、92年に離婚した明石家さんま(62)もパーティーに登場。真っ赤なノースリーブドレスの大竹に「離婚原因の一つが(大竹の)二の腕を見て、『もう少しで飛べるんやないか?』と言ったことだったのに、今日はなんで二の腕出したん?」と、さんまがからかうと、大竹は「ちゃんと生きてね。深刻に悩んだりするの?」と [全文を読む]

ご存知ですか? 7月17日はキャンディーズが解散宣言した日です

文春オンライン / 2017年07月17日07時00分

大竹が『夏物語』『秋物語』で共演した明石家さんまと再婚するのは、その1年後のことである。いまなお映画・演劇・ドラマで名演を見せている彼女は、きょう還暦を迎えた。 (近藤 正高) [全文を読む]

起源はさんま&しのぶ…芸能界にみる「別れても頼れる人」という関係

WEB女性自身 / 2017年01月27日12時00分

「別れても子どもを一緒に育て、互いに助け合う姿を見て、一般の人たちも、『こんな元夫婦いいね』と、影響を受けたと思います」 それ以降、千秋・ココリコ遠藤( 07年離婚、その後互いに再婚)、マルシア・大鶴義丹( 04年離婚)、安達祐実・井戸田潤( 09年離婚、安達が 14年に再婚)も、別れた夫にサポートしてもらいながら、育児に仕事に励んでいる。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】米倉涼子、離婚成立で「安住紳一郎アナと再婚したら」の声続々

TechinsightJapan / 2016年12月31日17時40分

「米倉涼子は安住アナといた方が幸せになりそう」「一回試しに結婚してみたらいいのに…」、「安住と再婚したらいい」「ぴったんこカンカンで共演した時の安住アナの雰囲気が他の女優さんの時と違って、好き好きオーラ全開だった」と真面目に米倉涼子と安住アナの結婚を望んでいるような意見が多いのだ。 最後の大物独身アナにして、常にフリー転向がネタにされる安住アナはもう40代 [全文を読む]

さんまが2人の若手女優に「美人の特権を使え!」

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日14時30分

さらに、本木は不思議な夫婦の形を維持し続けている義理の父母の内田裕也と樹木希林を例に挙げ、「(明石家)さんまさんが大竹しのぶさんと離婚した後も、誰とも再婚しないのは、やっぱり大竹さんは別格だからなんですか?」と、鋭い質問でさんまの再婚について切り込む。 また、番組の最後には、朝ドラ「とと姉ちゃん」(毎週月~土曜朝8:00-8:15、NHK総合)で主人公の [全文を読む]

今、一番見たい“四姉妹”が実現した「海街diary」U-NEXTで配信スタート

@Press / 2015年12月16日11時00分

十五年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に [全文を読む]

“坂東三津五郎”への「尾上菊五郎ユーモア弔辞」で気になる梨園の常識

アサ芸プラス / 2015年03月14日09時57分

三津五郎の女遍歴ですぐ思い出すのは、“八十助”時代の“ヤリ助”“ハメ助”の異名や、(元フジテレビアナウンサーの)近藤サト(46)との再婚とスピード離婚劇ですが、いずれにせよあらためて梨園が特別な世界であることを実感しました」 喪主を務めた長男で歌舞伎役者の坂東巳之助(25)も、「プライベートでは芸の真面目さはどこにいったのだというほど自由でした。いらぬ苦労 [全文を読む]

“押尾の呪縛”から逃れられない矢田亜希子、新ドラマ出演で殻を破れるか!?

メンズサイゾー / 2013年12月25日10時00分

さらに、元ヤンという話が本当ならば、怖くて言えないという可能性も(笑)」(芸能ライター) そんな矢田は再婚には前向きなようで、5月にバラエティ番組『人生の正解TV~これがテッパン!~』(フジテレビ系)で霊能者の木村藤子に再婚について鑑定してもらったことがある。しかし、離婚後にバツイチの青年実業家との熱愛が報じられたが、その後の進展は特にない様子だ。 [全文を読む]

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

三津五郎は泥沼の離婚協議を経て近藤と再婚したものの、一門や家族の大反対にあいわずか1年7か月で離婚した。 竹内結子と“デキちゃった婚”をした中村獅童(44)は結婚2年目に飲酒運転と信号無視で書類送検された。このとき、助手席に乗っていたのが元カノの女優・Aだった。この事件をきっかけに竹内と離婚した。 前述した通り、華やかな女性遍歴を持つ勘三郎も唯一暗い影を落 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】さんま、爆問・田中が“パパ”と呼ばれていることにしみじみ。

TechinsightJapan / 2015年10月14日20時45分

同番組でさんまは「(再婚相手の連れ子から)“お父さん”みたいなことを言われた時の感動って、人が計り知れない喜びがある」としみじみと語っていた。本当の親子では無いにもかかわらず、子どもが自分を親として認めてくれた“有り難さ”と“嬉しさ”で、心がいっぱいになるという。自分を受け入れてくれたことに対する感謝を、子どもへの愛情で応えていったさんま。田中にはこの先 [全文を読む]

紀香・熊切と二股疑惑の片岡愛之助、海老蔵...歌舞伎役者はなぜモテる? 歌舞伎の発祥に理由が...歌舞伎とセックスの関係とは

リテラ / 2015年09月05日12時30分

そして、先日再婚した中村獅童は竹内結子との結婚・離婚に、篠原ともえ、岡本綾、高岡早紀、鈴木砂羽らとも浮名を流した。 モテモテなのは若手だけではない。葬儀で尾上菊五郎が「あなたは「姫路城が好きだ、彦根城が好きだ」と言っていたけど、ホステス嬢やキャバクラ嬢も好きでした」と、「城」と「嬢」を掛けた粋な弔辞をしたことでも話題となった故・坂東三津五郎。彼は1996年 [全文を読む]

佐々木主浩の実娘、継母・榎本加奈子のイジメで自殺未遂?家を追い出し「風俗でもやれ」?

Business Journal / 2014年09月04日01時00分

世間的な評判が大切という理由も一つにはあるのかもしれませんが、芸能人や有名スポーツ選手の再婚夫婦で、どちらか一方の連れ子に夫婦で虐待的行為をするというのは、最近では聞いたことがありません」(同)●子供の心に一生傷が残る恐れも [全文を読む]

フォーカス