少女 湊かなえに関するニュース

GLIM SPANKY、新曲「闇に目を凝らせば」が映画『少女』の主題歌に決定

okmusic UP's / 2016年07月07日14時30分

GLIM SPANKYの新曲「闇に目を凝らせば」が10月8日(土)公開、湊かなえ原作で累計100万部突破のベストセラーを完全映画化した映画『少女』の主題歌に決定した。 【その他の画像】GLIM SPANKY今映画は、暗闇のなかで綱渡りをしている様な危うい毎日を生きている、17歳という年代を生きる少女たちの中に潜む“闇"を艶美に繊細に、そして力強く映し出した [全文を読む]

本田翼 女子高生時代は「一匹狼」だった?

anan NEWS / 2016年10月15日12時00分

湊かなえさんのベストセラー小説『少女』が映画化された。舞台は女子高。17歳の少女たちがストーリーをつなぐ。 主人公の由紀は、イジメを受けている親友・敦子をモチーフに小説を書きはじめる。そんななか、転校生が発した「死体って見たことある?」というひと言をきっかけに、死とは何か、死を知りたいという願望に少女たちは囚われていく…。 そんな主人公・由紀を演じる本田翼 [全文を読む]

トーハン 「湊かなえ Next Million Project」で176%の売上増~新刊発売にあわせて2nd STAGEスタート~

DreamNews / 2016年03月09日15時00分

【リーフレット掲載商品】 作品名/出版社・レーベル名/初版年月「告白」 双葉文庫/2010年4月「少女」 双葉文庫/2012年2月「贖罪」 双葉文庫/2012年6月「往復書簡」 幻冬舎文庫/2012年8月「夜行観覧車」 双葉文庫/2013年1月「花の鎖」 文春文庫/2013年9月「白ゆき姫殺人事件」 集英社文庫/2014年2月「豆の上で眠る」 新潮社(単行 [全文を読む]

トーハン「湊かなえ Next Million Project」全国約1,500軒で展開~常設コーナーで新刊・既刊商品をアピール~

DreamNews / 2015年12月28日15時00分

【対象商品】作品名 〔出版社・レーベル名〕 初版年月告白 〔双葉文庫〕2010年4月少女 〔双葉文庫〕2012年2月贖罪 〔双葉文庫〕 2012年6月往復書簡 〔幻冬舎文庫〕2012年8月夜行観覧車 〔双葉文庫〕2013年1月花の鎖〔文春文庫〕 2013年9月白ゆき姫殺人事件 〔集英社文庫〕 2014年2月豆の上で眠る 〔新潮社(単行本)〕 2014年3 [全文を読む]

本田翼&山本美月が、アンジャ・児嶋にドン引き!?

Smartザテレビジョン / 2016年10月08日18時50分

映画「少女」(公開中)の初日舞台あいさつが10月8日に都内の劇場で行われ、出演者の本田翼、山本美月、稲垣吾郎、佐藤玲、児嶋一哉と三島有紀子監督、原作者の湊かなえが登壇した。 同作品は、湊かなえのベストセラー小説を映画化したもので、“死”にまつわる禁断の世界を描いたミステリー。本田演じる由紀と山本演じる敦子という2人の17歳の少女を中心に、17歳の少女の中に [全文を読む]

本田翼が笑顔封印!“ダークばっさー”の冷たい表情にゾクっ!

Movie Walker / 2016年09月29日11時00分

そんな笑顔が代名詞ともいえる本田が、笑顔を封印!?人の死に興味を持った少女の残酷な一面を描いた『少女』(10月8日公開)では、背筋も凍るような冷たい表情の“ダークばっさー”化している! イヤミスの女王・湊かなえの原作を映画化した本作は、陰湿ないじめが渦巻く名門女子高校が舞台。友人の死を目撃したという転校生の話をきっかけに、2人の少女が、人が死ぬ瞬間を目撃し [全文を読む]

「an」×映画『少女』超バイト新企画 まさかの“少女”募集!!完成披露試写会で主要キャストのお手伝い!?8月29日(月)に募集開始

@Press / 2016年08月29日13時00分

株式会社インテリジェンスが運営するアルバイト求人情報サービス「an」< http://weban.jp/ >は、思わず挑戦してみたくなるような「an」超バイトと、湊かなえのベストセラー小説の実写版として話題の映画『少女』とのタイアップ企画にて、完成披露試写会をお手伝いする“少女”を2名募集します。採用された方は、劇中で使用された制服に身を包み、主要キャスト [全文を読む]

湊かなえ『望郷』が映画化決定!

Entame Plex / 2017年07月05日23時30分

『告白』『少女』『リバース』など、数々のヒット作を生み出すミステリー作家、湊かなえの「望郷」が映画化、2017年9月16日(土)より新宿武蔵野館ほかにて全国公開されることが決定。このたび、本作のメイン場面写真と、ティザー予告編映像が解禁された。 日本推理作家協会賞受賞作品でもある原作「望郷」は、2013年に発売された、全六編で構成される連作短篇集。その中よ [全文を読む]

「人が死ぬ瞬間を見たい」と願う美少女……その結末は? 映画『少女』佐藤玲インタビュー

ガジェット通信 / 2017年04月19日17時30分

美しい少女2人は「人が死ぬ瞬間を見たい」と願った――。湊かなえ原作の同名小説を『しあわせのパン』『繕い裁つ人』の三島有紀子監督が映画化した『少女』。昨年公開され、観た者に衝撃を与えた美しすぎるこのミステリーは、現在DVDが発売中です。 今回は、主演の本田翼さん、山本美月さんと共に鮮烈な印象を残しているのが、注目の若手女優の佐藤玲(りょう)さん。本作について [全文を読む]

「少女」佐藤玲『性格が悪いなあと思いながら演じていた気がします(笑)』

Smartザテレビジョン / 2017年04月05日09時00分

湊かなえ原作、100万部突破のベストセラー小説を本田翼、山本美月の共演で実写映画化した「少女」のBlu-ray&DVDが、4月5日にリリースされた。それに合わせて、同映画に女子高校生・滝沢紫織役で出演した佐藤玲にインタビューを行った。本作の見どころについてや、現場での思い出、共演者の印象、また5月27日(土) より全国ロードショーされる「映画 夜空はいつで [全文を読む]

「君の名は。」に続くか、中国のファン待望の「日本映画展」が16日からスタート―上海市

Record China / 2016年12月06日21時10分

上海芸術電影聯盟が主催で18日までの3日間、「秘密−THE TOP SECRET−」や「オーバー・フェンス」「ぼくのおじさん」「永い言い訳」「少女」「だれかの木琴」「殿、利息でござる!!」など、さまざまなバリエーションの7本が計14回上映される。人民網が伝えた。 今回の映画展は、「最新」の日本映画が特徴で、7本の中には日本と同時公開になる作品もある。例えば [全文を読む]

本田翼、女優としてのイメージに変化? 映画『少女』で見せた新しい顔

リアルサウンド / 2016年10月13日06時10分

(参考:本田翼は棒ではない、真っ白なキャンバスなのだ) 現在公開している『少女』にも三島映画特有の、“どこか似通っているが対照的な二人”が健在だ。授業中に小説を書きながら、周りと距離を置いて自分の世界に浸る“孤高”の本田翼と、内向的で不安を抱え、いじめられっ子で“孤独”の山本美月の二人である。 そこに、“死”への漠然とした好奇心を持つこと、同世代の第三者と [全文を読む]

本田翼と山本美月に稲垣吾郎がツッコミ「友だちいないんですね。僕は中年のおじさんがいます」

Movie Walker / 2016年10月08日16時59分

湊かなえの長編ミステリー小説を、本田翼と山本美月を迎えて映画化した『少女』の初日舞台挨拶が、10月8日に新宿バルト9で開催。本田翼、山本美月、稲垣吾郎、佐藤玲、児嶋一哉、三島有紀子監督、原作者の湊かなえが登壇した。ドレスアップした本田と山本を見て稲垣は「撮影では女子高生の役だったけど、今日はイタリアの女優みたいな感じ」と称えた。 稲垣は「2人とも大変な作品 [全文を読む]

湊かなえ「十五年後の補習」が松下奈緒・市原隼人でドラマ化決定に期待の声続々!「湊先生原作のドラマは間違いなく面白い」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月11日18時00分

湊にとって初の純愛ミステリーとなる『Nのために』や、娘を殺された母親が、犯人と言葉を交わした4人の少女に“犯人究明”あるいは“償い”を要求する物語『贖罪』もドラマ化され、化粧品会社の美人社員が黒焦げの遺体で発見されることからはじまる物語『白ゆき姫殺人事件』は映画化されている。それぞれの作品が、原作だけでなく映像作品も高い支持を受けてきたことから、「湊先生原 [全文を読む]

本田翼×山本美月「少女」の豪華タイアップ決定!

Smartザテレビジョン / 2016年09月09日14時15分

原作・湊かなえ、主演・本田翼、山本美月、監督・三島有紀子という4人の“女性たち”が仕掛ける、“死”にまつわる禁断の世界を描いた長編ミステリー映画「少女」が10月8日(土)に公開される。 本作は、「告白」「白ゆき姫殺人事件」「夜行観覧車」「Nのために」など、大ヒット映像化作品を次々と世に送り出してきた湊が、「告白」の次に認めた作品。 同級生のある“告白”から [全文を読む]

山本美月&本田翼の女子高生役に「無理ありすぎ!」 棒演技&オタク同士の共演に「化学反応が起こるかも」と期待する声も

おたぽる / 2016年01月14日09時00分

5日、累計発行部数100万部を超える、湊かなえ原作のベストセラー小説『少女』(早川書房)の映画版に、山本美月と本田翼が主演することが発表されたのだが、2人が演じるのが女子高生ということもあり、原作ファンからは「無理がある!」「10代で可愛い子、いっぱいいるだろ。なんで、わざわざこの2人をキャスティング?」と、疑問の声が上がっている。 「山本は現在24歳、本 [全文を読む]

本田翼&山本美月で『少女』実写映画化! 原作者・監督・ファンもふたりの起用にご満悦!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月08日17時30分

その作品は、長編ミステリーの『少女』で、主演には本田翼&山本美月という人気若手女優ふたりが抜擢された。少女たちの衝撃的な夏休みを描いた同作の映画化に、原作ファンからは「湊かなえで1番面白かった作品が実写化!」といった声が上がっている。 湊のデビュー作は、終業式後のホームルームで、女性教師が我が子を殺した犯人である少年を指し示す『告白』。デビュー作とは思えぬ [全文を読む]

本田翼&山本美月が高校2年生役で主演! 湊かなえのベストセラー小説「少女」が今秋映画化

Entame Plex / 2016年01月05日13時01分

累計発行部数100万部を超える湊かなえのベストセラー小説「少女」が映画化されることが決定。女優の本田翼と山本美月が本作の主演を務めていることが分かった。 本作は、心に闇を抱える由紀と敦子、2人の高校2年生の女の子が、「人が死ぬ瞬間」を見たいという欲望と願望を胸に別々の夏休みを過ごし、それぞれの視点で語られる異なるストーリーが、終盤に向けて何重にもリンクしな [全文を読む]

乃木坂46・高山一実「いつか私も、娘から母親になる、その日のために」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年11月08日05時50分

湊かなえ作品の大ファンで、本誌では『少女』をオススメしてくれたが、他にもたくさん語りたいことがあるそうで……。 関連情報を含む記事はこちら 高校の時、湊かなえのデビュー作『告白』に出会い、第2作『少女』を読んで「度肝を抜かれました」。ミステリー全般が好きだが、よしもとばななの恋愛小説も好き。読書が趣味となり、高校の頃は図書室に入り浸っていたという。 「司書 [全文を読む]

湊かなえ「望郷」、貫地谷しほり×大東駿介主演で映画化!

CinemaCafe.net / 2017年07月05日17時00分

湊作品といえば、松たか子主演で映画化された『告白』を始め、これまで「白ゆき姫殺人事件」「少女」「夜行観覧車」「Nのために」など様々な作品が映画・ドラマ化されてきた。そして今回映画化されるのは、日本推理作家協会賞受賞作品でもある2013年に刊行された、全6編で構成される連作短篇集「望郷」。2016年9月にはその収録作「みかんの花」「海の星」「雲の糸」がオムニ [全文を読む]

フォーカス