さん 湊かなえに関するニュース

貫地谷しほり×大東駿介×菊地健雄 “30代なりのがむしゃらさ”

ソーシャルトレンドニュース / 2017年09月29日19時12分

その『ハローグッバイ』の菊地健雄監督の第3作となるのが、湊かなえさんの小説が原作となる映画『望郷』。貫地谷しほりさんと大東駿介さんのダブル主演で、木村多江さん、緒形直人さん、片岡礼子さんら重厚なキャストが脇を固め、原作者の港かなえさんの故郷・因島でロケがおこなわれた。“永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン・チェリー”では映画『望郷』の公開を前に、貫地谷し [全文を読む]

ド派手アクションの刑事もの?悪に立ち向かう所轄の正義?イケメン満載の兄妹愛?心に残った2017年春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年07月20日17時30分

すべての作品が最終話を迎え完結した今、皆さんの心に残った春ドラマ作品はどんなドラマだったのでしょうか? そこで今回は、2017年春ドラマを振り返り、特に心に残ったドラマ作品を5本選んで改めて紹介させていただきます。世間を賑わした話題の作品から、通好みのあの深夜ドラマまで、心に残る名作ドラマたち。これから視聴される方もいるでしょうから、出来るだけネタバレしな [全文を読む]

貫地谷しほりさんと大東駿介さん「過去の自分に戻りたい」理由とは?

ananweb / 2017年09月15日19時30分

■ 貫地谷しほりさん&大東駿介さん!【映画、ときどき私】 vol. 114 本作は人気作家である湊かなえさんの連作短篇集「望郷」のなかから2作が映画化されており、貫地谷さんは「夢の国」で古いしきたりに縛られる女性の夢都子を演じ、大東さんは「光の航路」で死別した父親の姿を追いかける中学校教師の航を演じています。今回は役作りで意識したことや30代を迎えた心境な [全文を読む]

小さな頃からコンプレックスがない万城目流「明るい諦念」──「作家と90分」万城目学(後篇)

文春オンライン / 2017年10月08日11時00分

――その考え方が万城目さんの作品にすごく反映されていると思います。デビュー作の『 鴨川ホルモー 』(06年刊/のち角川文庫)だって鬼を操る不思議な力があっても他の何の役にも立たないし、『 鹿男あをによし 』も、神様ではなくて人間がナマズに地震を起こさせないように頑張りますし。『 偉大なる、しゅららぼん 』(11年刊/のち集英社文庫)も、描かれるのは人間を [全文を読む]

あの原作がドラマに?名作の続編がいよいよ!?お薦めしたい春ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年04月03日13時40分

卒業シーズンが終わり、桜の花とともに新たな生活を始められる方も多いのではないでしょうか?ドラマ界も同じように、この春からまた新たな作品がたくさん始まります。前期の冬ドラマも存分に楽しませて頂きましたが、ここは気持ちを切り替えて新たな作品との出会いを楽しみたいと思います。 そこで今回は、2017年春ドラマの中から、個人的にお勧めしたいドラマ作品を5本選んで紹 [全文を読む]

40代女性がハマった春ドラマ。2位「あなそれ」1位は……?

OTONA SALONE / 2017年07月02日18時00分

録画まとめ見派の皆さんも、毎日テレビつけっぱなし派の皆さんも、夏期ドラマのチェックは完了してますよね。ちょうど「春期はあのドラマがよかった」「これを見ておけばよかった」 と前期の棚卸しをする時期でもあります。皆さんが春期、いちばんハマったドラマはどれでしたか? 今回もOTONA SALONEの会員制コミュニティサイト「OTONA倶楽部」で聞いてみました! [全文を読む]

伊野尾慧、岡田将生にも愛されまくる藤原竜也の男子力

messy / 2017年04月21日16時00分

さん、ごきげんよう。アツこと、秘密のアツコちゃんです! 今クールのドラマで早くから注目度の高かった藤原竜也さん主演の『リバース』(TBS系)は見たかしら? 原作は“イヤミス(=読んで嫌な気分になるミステリー)の女王”こと湊かなえさんだからハズレなし! と踏んで、アツもずっと前から楽しみにしていたのよね。今までも同枠では湊さんの作品『夜行観覧車』や『Nのた [全文を読む]

【速報】マギー写真集、異例のロングヒットの理由は「モデルがここまで脱いだから」

Woman Insight / 2014年10月06日19時30分

ファッション雑誌『ViVi』専属モデルのマギーさんが、10月6日(月)、東京・神保町「書泉グランデ」の店長に臨時就任! これは昨年11月発売の初写真集『マギーマギーマギー』大ヒット御礼記念として行われたイベント。写真集としては異例のロングヒットを続け、現在、6度目の増刷が決定し、売り上げは絶好調。 撮影したのは、2013年8月。場所はバリ。現在、22歳のマ [全文を読む]

自分を呪縛しているのは自分自身かもしれない〜女優・貫地谷しほり

MYLOHAS / 2017年09月12日12時15分

今回は、主演を務めた貫地谷しほりさんに本作にかける想いを聞きました。 映画『望郷』あらすじ 舞台は瀬戸内海に位置する島、因島。古いしきたりを重んじる旧家に育った夢都子(貫地谷しほり)は、家に縛られた人生を送っていました。そんな彼女の幼い頃からの夢は、本土にあるドリームランドという遊園地に行くこと。夢都子にとってドリームランドは遊園地以上の――自由という意味 [全文を読む]

ざわちん、今度は井上真央、綾野剛に! 映画『白ゆき姫殺人事件』出演者6人のものまねメイクでポスター&チラシ&HPをジャック!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月01日16時20分

本日4月1日エイプリルフールに合わせ、芸能人のものまねメイクで話題の“ざわちん”さんが、大ヒット上映中の映画『白ゆき姫殺人事件』出演者6人のものまねメイクをし、本物さながらのポスター&チラシとして登場! さらに4月1日限定で映画『白ゆき姫殺人事件』の公式HPのジャックも行う。 関連情報を含む記事はこちら 湊かなえさんの原作をもとに映画化された「白ゆき姫殺人 [全文を読む]

初の料理本を刊行! スザンヌ「読む場所によって感じ方も違う。旅支度のトランクには本を詰め込みます。」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月07日07時20分

今回登場してくれたのは、初の料理本『スザンヌの花嫁料理修業』を刊行したスザンヌさん。随所にこだわりのある一冊は、やはり本好きならではと納得させられるつくり。「移動中はいつも本と一緒」という、その読書スタイルとは? スザンヌの写真と詳細情報はこちら 結婚した一昨年から、ダンナさんと暮らす福岡と、仕事場である東京を週に2回も往復しているスザンヌさん。移動の時間 [全文を読む]

稲垣吾郎がプライベートでお花見会を開いている“超意外”なメンバーとは?

アサジョ / 2017年04月08日18時15分

「稲垣吾郎さんがいるかもしれません」というのは、テレビ誌の取材記者だ。どういうことか。「昨春、稲垣を中心としたお花見オフ会が、中目黒にある、満開の桜が窓一面に広がるお店で開かれています。芥川賞作家の羽田圭介さん、柴崎友香さん、直木賞作家の朝井リョウさん、桜庭一樹さんらが参加。稲垣が司会を務める『ゴロウ・デラックス』(TBS系)のロケを兼ねたものでしたが、稲 [全文を読む]

地元のファンを増やす「現代版・参覲交代」[小山薫堂の妄想浪費 Vol.15]

Forbes JAPAN / 2016年10月23日15時00分

僕がいま個人的におもしろいと思うコレクションは、日本航空(JAL)の客室乗務員(CA)さんからいただく千社札(せんじゃふた)である。千社札とはもともと神社や仏閣に参拝した記念として貼る、名前や住所を書き込んだ札のこと。最近では職人さんが道具に貼ったり、舞妓さんがお客さんに配ったりすることも多い。件(くだん)のCAさんは先日から国内線全線でそれぞれに縁(ゆか [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】木村拓哉主演で男性版『告白』。湊かなえが熱望「木村さんの先生だから訴える何かがある」

TechinsightJapan / 2015年07月21日15時20分

小説家の湊かなえさんがバラエティ番組『SMAP×SMAP』で、木村拓哉の主演で映画『告白』の男性主人公バージョンを見てみたいと熱烈オファーした。彼女の代表作とも言える『告白』は松たか子が主演して映画化され大ヒットしたが、「木村さんの先生だからこそ、何か訴えるものがあるはず」という。 又吉直樹(ピース)の芥川賞受賞の余波は『SMAP×SMAP』(フジテレビ系 [全文を読む]

野村周平「『テラフォーマーズ』を実写化するなら、僕はぜひアレックス役で(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月12日09時20分

今回登場してくれたのは、映画『クジラのいた夏』で、自分の生き方に揺れ動く20代前半の若者をみずみずしく演じた野村周平さん。本の話題を中心に、最近ハマっているという幕末の話、そして本誌で紹介してくれた『テラフォーマーズ』についてアツく語ってくれました。 【写真あり】野村周平さんの詳しい記事はこちら 普段は小説をよく読むという野村さん。 「表紙が気に入って買う [全文を読む]

菜々緒の“白ゆき姫がヒットしなければTwitterやめます!”宣言に井上真央は地味に心配

ダ・ヴィンチニュース / 2014年03月31日16時00分

3月29日、映画「白ゆき姫殺人事件」が公開初日を迎え、記念の舞台挨拶が丸の内ピカデリーで行われ、井上真央・綾野剛・蓮佛美沙子・菜々緒・貫地谷しほり、そして、中村義洋監督と原作者の湊かなえさんが登壇した。 関連情報を含む記事はこちら 謎と秘密をはらんだストーリーだけに公開を迎えるまではと話すのを我慢していた出演者たちが、上演後の観客を前に思う存分のネタバレト [全文を読む]

『真田丸』絶好調も、三谷幸喜が「二度と起用しない」と“絶縁宣言”した大物俳優とは?

日刊サイゾー / 2016年09月14日13時00分

これもひとえに、三谷さんの脚本の出来が素晴らしかったということでしょう」(NHK関係者) 現在放送中の大河ドラマ『真田丸』の評判が、うなぎ上りだ。視聴率もさることながら、登場人物の描き方が秀逸だともっぱらだ。 「もともと三谷さんは当て書きが得意ですから、役者さんたちの特色がよく表れているのではないでしょうか。また、『三谷組』と呼ばれる気心の知れた役者さん[全文を読む]

~公募・コンテストに挑戦するすべての人へ~ 国内唯一の公募情報専門誌『公募ガイド』がWEB連動で新装刊!

PR TIMES / 2015年03月09日15時07分

あのベストセラー作家・湊かなえさんも読者でした。 リニューアルの特徴 ウェブ連動ですべての読者を強力サポート 初心者から上級者まで、趣味の人も、お金を稼ぎたい人も、「公募ガイドONLINE」(http://www.koubo.co.jp)との連携ですべての読者を強力にサポートします。掲載情報は年間2万件以上。 [画像1: http://prtimes.jp [全文を読む]

榮倉奈々 プレッシャーをはねのけ気持ちよく演技ができる本当の理由

アサ芸プラス / 2014年10月28日09時59分

中でも榮倉さんは、原作者である湊かなえさんの大ファンで、湊さんの作品で主演に起用された事に感激し、相当気合いが入っています。ですがその分、今までにない大きなプレッシャーを感じ、『2004年に女優を始めてから、一番不安』と、クランクイン前はなかなか寝付けなかったそうですよ」(テレビ局社員) そんな榮倉を救ったのが、三浦友和たちキャストだったという。テレビ局社 [全文を読む]

脚本賞は「リバース」 『原作にないラストを、と言われたときは気が重かった』

ザテレビジョン / 2017年08月10日13時30分

見て下さった皆さんと、スタッフ・キャストの皆さんに支えられての受賞だと思います。書くのに良い環境を与えてくれたチームと、原作の湊かなえ先生に心から感謝いたします。――今作の脚本を書く上で、気を付けたことやこだわりなどを教えてください「なぜ、広沢由樹は死んだのか?」という1つの謎を10話かけて解いていくので、途中で飽きられることのないよう、清水友佳子さんやプ [全文を読む]

フォーカス