ニュース 白鵬に関するニュース

白鵬の「さあ来いよ」ポーズと「猫だまし」こそ強さの証

NEWSポストセブン / 2017年08月05日07時00分

たのしげにうなずく笑顔は、藤井四段の将棋での活躍を報じるニュースとは大違い。私は「そうだよね、まだ十四歳だもんね」とほほえんでしまう。 なんでも藤井四段は、小学校の卒業アルバムに「将棋界の横綱になりたい」と書いたほどの相撲好きであるという。幕内の取組一番ずつに、かたわらにいる師匠・杉本昌隆七段と身振りを交えながら熱く語り合っている。私は将棋のことはまった [全文を読む]

旭天鵬優勝パレード旗手務めた白鵬に協会幹部が激怒した理由

NEWSポストセブン / 2012年05月28日07時00分

合併話が拒否されたことにも怒り心頭だった」(同前) ※週刊ポスト2012年6月8日号 【関連ニュース】大相撲・5月技量審査場所 ダークホースは旭天鵬と高見盛朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」八百長引退モンゴル力士を猪木獲得 マット界にも蒙古旋風か尾車親方 八百長調査前「携帯取り替えろと力士に指示」証言レアメタル持つモンゴルとの関係発展は [全文を読む]

原因は年収の低さ? 日本人横綱がなかなか誕生しない理由

まぐまぐニュース! / 2016年06月07日19時00分

出典元:まぐまぐニュース[全文を読む]

暴れん坊健在! 朝青龍、舞の海氏を「虫」呼ばわりも“序の口”の「過激Twitter」全容

日刊サイゾー / 2016年03月28日20時30分

しかし、当時朝青龍はニュースなどをあまり見ていなかったようで、なぜ白鵬が怒られているのかは知らなかったとか。 まだまだある。大相撲力士の宝富士が活躍した際は「良い出足だたのに!! 宝富士? 宝くじ大当たり!!(爆笑)」と完全なオヤジギャグを披露するなど、まさに独壇場。これらのツイートのたびにネットユーザーは注目した。 終いには「どうだい? 俺のつぶやき? [全文を読む]

稀勢の里フィーバーに結婚も気になる?…で、JDたちも考える「力士の彼女はアリ? ナシ?」

週プレNEWS / 2017年01月31日17時00分

稀勢の里が白鵬を破った瞬間を見ていたので、ニュースで横綱になったと聞いた時は釘付けになった。バラエティ番組などにもっと出て、さらに有名になってほしいです」(瑠璃ちゃん・中央大学1年・19歳) 「ここ最近、相撲の特集を見ていると知らないことばかりなので、ルールや作法などに興味を持ち始めました。全神経を取組に集中するためケガも多い力士の彼女は、とても大変そう。 [全文を読む]

【大相撲初場所】待望の「日本人横綱」誕生なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年01月23日06時50分

時津風部屋の暴行事件や八百長疑惑など、一連の不祥事以降行われていなかった天覧相撲も4年ぶりに行われるなど華やかなニュースもあるが、一方で、相変わらずだらしないのが大関陣だ。 勝率は申し分ない超優秀大関、稀勢の里 期待されたホープの2人だが、12日目を終えて遠藤、逸ノ城とも4勝8敗と負け越してしまった。対して依然全勝の白鵬は大鵬の大記録を塗り替えるべく全勝街 [全文を読む]

9勝6敗で「引退です」の声出た日馬富士 中洲に連日繰り出す

NEWSポストセブン / 2012年12月04日16時00分

ベテラン記者の間では“負けが込んだときに(こういう悪態が)書かれるのに”と呆れていた」(スポーツ紙記者) ※週刊ポスト2012年12月14日号 【関連ニュース】ガチンコ部屋の鳴戸部屋 “変な相撲”を取ると親方が殴る朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」横綱昇進の日馬富士 素行の悪さで“ミニ朝青龍”と呼ばれる義援金パーティにゲスト出席した白鵬 [全文を読む]

大相撲五月場所幕内全取組を完全無料で Player! がリアルタイム速報

PR TIMES / 2017年05月16日08時00分

ライブからニュースまで、スマホだからこそできる新しいスポーツライフをデザインスポーツスタートアップ企業 ookami は、スポーツエンターテイメントアプリ「Player!」において、一昨日 5月14日に開幕した大相撲五月場所(夏場所)幕内全取組を完全無料で全国の相撲ファンに向けてリアルタイム速報いたします。 先日のアップデートで相撲のライブページを刷新いた [全文を読む]

琴奨菊の優勝が話題! 相撲にハマる「スー女」が増えてるらしい!?

マイナビ進学U17 / 2016年03月01日12時01分

■相撲にハマる若い人たちが増えている!2016年の1月10日から24日まで行われた大相撲の初場所で、日本人力士の大関・琴奨菊(ことしょうぎく)が優勝したことが大きなニュースとなりました。実は、日本出身力士が優勝するのは2006年初場所で優勝した栃東(とちあずま)以来10年ぶりなんです(2012年に優勝した旭天鵬は、日本国籍を取得したモンゴル出身の力士)。こ [全文を読む]

【シュール】10年ぶり日本力士優勝の「琴奨菊」に恒例の「ビックマカロン」贈られる

秒刊SUNDAY / 2016年01月25日11時50分

もちろんあまりネガティブなニュースを10年ぶりなどともてはやすのはよくないことですが、こちらのニュースは日本人としても非常に誇らしいことですね。<千秋楽の様子>表彰式。優勝した琴奨菊に、日仏友好杯授与。今場所はピンクのビッグマカロン。表彰式の続きは、また明日ツイートいたします。 #sumo pic.twitter.com/gU76RMVjgo— 日本相撲協 [全文を読む]

「大鵬氏が32度目の優勝果たした二番は八百長」と元力士告白

NEWSポストセブン / 2013年01月28日16時00分

※週刊ポスト2013年2月8日号 【関連ニュース】告発者が謎の病死も…大相撲・八百長告発の50年大鵬さん孫 1人はプロレスの道に進み他の3人は力士目指す『超五十連勝力士碑』に横綱・白鵬の名がまだ刻まれない理由名横綱大鵬 病気、妻の不倫疑惑…不遇の連続だった親方時代朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」 [全文を読む]

大相撲 「強行突入」試みる朝青龍を5人の親方必死に止めた

NEWSポストセブン / 2012年03月26日07時00分

和装イベントの出迎えの時から、浮かない表情だったからね」(別の若手親方) ※週刊ポスト2012年4月6日号 【関連ニュース】改革派の貴乃花親方はKY扱いされ、潰す勢力が存在すると識者貴乃花親方部長就任に「失敗したら追及の材料に」と危惧の声朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」尾車親方 八百長調査前「携帯取り替えろと力士に指示」証言貴乃花親方 [全文を読む]

薬に頼らず全身の臓器を元気にするコツ『体内の「炎症」を抑えると、病気にならない!』著者池谷敏郎が、9月26日のアマゾンストア家庭医学・健康の『薬・サプリメント』カテゴリー1位を獲得

DreamNews / 2017年09月26日18時00分

*10月10日(火)消印有効 ■池谷敏郎氏(医学博士)『体内の「炎症」を抑えると、病気にならない!』 ・アマゾンストア http://amzn.to/2xsrpkF ・三笠書房HP http://www.mikasashobo.co.jp/c/books/?id=100270100 ■□■□■□■□■□■□ 三笠書房 気になるニュース □■□■□■□■□ [全文を読む]

『池谷敏郎氏(医学博士)「体内の「炎症」を抑えると、病気にならない!」』の講演会&サイン会を、10月19日(木曜日)丸善 日本橋店(日本橋BOOK CON会場内)で開催

DreamNews / 2017年09月25日12時00分

*10月10日(火)消印有効 ■□■□■□■□■□■□ 三笠書房 気になるニュース □■□■□■□■□■□ 9/22 『図解 食べても食べても太らない法』(菊池真由子)がYahoo!ニュースで紹介されました。「納豆」の健康効果、正しい食べ方を紹介!https://t.co/53wFh4T7yR 9/21 「25ans」9月号で横綱白鵬関の奥様が『ベスト・ [全文を読む]

五月場所をかき回す「五人の無双」ガチ総見(1)稀勢の里のケガの具合

アサ芸プラス / 2017年05月13日17時56分

当の本人は部屋で稽古を終えたところで「無断欠席」のニュースを知り、「俺もびっくりした」と困惑しきりだった。 協会幹部からの問い合わせを受けた現在の師匠、田子ノ浦親方(40)=元前頭・隆の鶴=は、大慌てで八角理事長(元横綱・北勝海)に電話で報告。だが、実は、稀勢の里は2日夜、親方と相談して稽古総見の欠席を決断していたのだ。「言わなきゃと思っていたんだけど。僕 [全文を読む]

【どこまでも続く草原の国】モンゴルってどんなとこ?

TABIZINE / 2016年09月17日16時00分

中国と国境を接する南部のゴビ砂漠が広がっているという深刻なニュースもありますが、広大な国土に人口が300万人ちょっと。遊牧民が家畜に草を食べさせるには十分な広さが、基本的にはあるのだと分かります。 ただ、国土全体は高地にあり、その平均の標高はなんと1,580m。寒暖差も激しく、夏は暑いときで40℃、冬は寒い時で-40℃と、なかなか過酷な環境下ですよね。 [全文を読む]

朝青龍 モンゴル女子レスリング率い「リオでメダル」の野望

NEWSポストセブン / 2016年02月03日07時00分

このニュースが伝わったとき、モンゴルレスリング協会会長をつとめる元横綱朝青龍はTwitterで「10-0(※得点)でモンゴルが日本に勝ったよ!」「Pride!」などツイートやRTを繰り返し、喜びを爆発させた。モンゴルの女子レスリングが、これまで世界のトップを独占してきた日本女子に「追いついた」瞬間だった。 伊調を破ってヤリギン国際大会で優勝したオホン・プレ [全文を読む]

<五郎丸以外にも魅力的な選手がたくさん>今、日本ラグビーには世界有数の選手が集まっている

メディアゴン / 2015年12月27日07時50分

それだけにスポーツマスコミでニュースになるチャンスが少ない選手も多くいます。今回、五郎丸歩選手がスターの座に躍り出ましたが、彼に続く二の矢、三の矢はどうでしょう。五郎丸人気があるうちに次々とマスコミ全国区選手を生み出さないとせっかくのブームが終わってしまいます。ラグビーのオンシーズンは短いのです。もちろん日本人選手に面白いキャラはいますが、日本が大好きでキ [全文を読む]

大相撲九月場所が開幕! スモオタ女子おすすめの力士を知っておくと2倍楽しい!?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月13日11時00分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら とはいえ、相撲は初心者にとってはちょっと敷居が高いイメージもありますね。力士もみんな「太っている人」としか見えない人もいるのでは。そこで今回は、高校生のころからの相撲好きで、それが高じて本を刊行してしまったという「はすまる」さんに、スモオタ視点で注目力士を教えてもらいました。 はじめまして、はすまると申します。普段 [全文を読む]

相撲の楽しみ方を王道から超マニアックな裏側まで大紹介!!『どすこいダイアリー』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月08日17時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら そんな相撲の世界を、相撲好きな著者が体当たりで取材。その集大成となるコミックエッセイ『どすこいダイアリー』が2015年9月1日(火)に発売となった。 著者のはすまるは普段会社員だが、『すもうねこ』というまんがで相撲好きにはおなじみ。制作中はスケジュールが詰まり不眠不休で執筆を進め、「観客を描いているはずが全員力士 [全文を読む]

フォーカス