サッカー 白鵬に関するニュース

原因は年収の低さ? 日本人横綱がなかなか誕生しない理由

まぐまぐニュース! / 2016年06月07日19時00分

強い横綱だと1億円を超えるというが、それでもプロ野球やプロサッカーのトップ選手に比べればはるかに低い。稼げる期間はせいぜい15年くらいだし、怪我も多く,場合によっては再起不能になる。無理に太らなくてはならないので、健康を損ねることも多く、さらには相撲という格闘技の性質上、活性酸素がたくさん排出され、組織を傷つけ易く、ために平均寿命は、一般人より、はるかに短 [全文を読む]

暴れん坊健在! 朝青龍、舞の海氏を「虫」呼ばわりも“序の口”の「過激Twitter」全容

日刊サイゾー / 2016年03月28日20時30分

以前「ドロドロドロコバ! はんなはーら! まじ」というツイートを残した時は「どうしたんだ」「朝青龍がおかしくなった!?」とネットは騒然となったが、サッカー好きの彼が元コートジボワール代表のディディエ・ドログバ選手に興奮しただけということだった。 また、以前白鵬がマスコミにバッシングを受けた際は「謝罪しろ?うるせんだ!やかましいアホタレ!!」とまるで小学生 [全文を読む]

2013年100大予測(2)斉藤佑樹の“電撃引退”が浮上!?「スポーツ界の明暗」

アサ芸プラス / 2013年01月15日09時59分

3月にW杯予選のヨルダン戦がありますが、そこでW杯出場を決めそうです」(サッカー関係者) また、フットサル日本代表で活躍したカズこと三浦知良(45)には、一部報道で横浜FC香港にレンタル移籍すると言われているが、 「カズはシンガポールのクラブチームも獲得に乗り出していて、日本と生活環境の近い場所として選ぶ可能性も捨て切れない」(シンガポールのサッカー関係者 [全文を読む]

大相撲巡業「4横綱がそろわない」裏事情

日刊大衆 / 2017年10月16日10時05分

「2007年に横綱・朝青龍が、腰骨の骨折を理由に夏巡業を欠席しながら、モンゴルでサッカーをしたことが問題になりましたが、今回は自分が相撲界にスカウトした石浦の披露宴ですからね。結局、休むつもりだった10月2日の奉納土俵入りと、4日のイベントに参加することで、披露宴の出席はOKになりましたが……」(前出の記者) ■負傷者が急増した理由は、巡業日数の増加? 巡 [全文を読む]

白鵬「銀座部屋」の真意は?【二宮清純のスポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年07月31日06時35分

オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中。「スポーツ名勝負物語」「勝者の思考法」「プロ野球“衝撃の昭和史”」「最強の広島カープ論」「広島カープ 最強のベストナイン」など著書多数。スポーツ情報サイト「SPORTS COMMUNICATIONS」:http://www.ninomiyasports.com/ [全文を読む]

琴奨菊の優勝が話題! 相撲にハマる「スー女」が増えてるらしい!?

マイナビ進学U17 / 2016年03月01日12時01分

大相撲は、野球やサッカーのように地域を代表するチームはありませんし、バレーボールやバスケットボールのように体育の授業や部活で体験する機会もほとんどありません。そのため、大相撲に興味を持ちづらい、という人もいるのではないでしょうか。そんな相撲が、今、女子の間でブームとなりつつあることを知っていますか? 相撲にハマる女子は「スー女」と呼ばれ、さまざまなメディア [全文を読む]

ダンマリ白鵬が饒舌になった理由 若手親方や番記者の見方は

NEWSポストセブン / 2015年07月22日07時00分

さらに別の日には自身のゴルフのスコアが好調なことや、なでしこジャパンのサッカー女子W杯での健闘を称えたりしたのだ。 一体何が白鵬を心変わりさせたのか。若手親方の1人は、「30歳になって白鵬にも衰えが見える。最近はマスコミも照ノ富士や逸ノ城といった若いスターばかり取り上げるようになって、危機感を感じているのでは」と語るが、ベテランの相撲記者は別の見方をする。 [全文を読む]

<ネットとテレビは競合しない>本質さえ忘れなければ新メディアは、旧メディアの敵ではない

メディアゴン / 2015年05月27日07時00分

サッカーは「ガンバレ日本」でないと視聴率を取れなくなった。これは、テレビでやったから飽きられたのではない。本質を忘れているからだ。大相撲はお年寄りが多く観ているから、視聴率はよいが、白鵬ばかり勝っているのは相撲の本質ではない。白鵬には、大鵬の柏戸に当たる人がいない。とまあ、本質さえ忘れなければ新メディアは、旧メディアの敵ではない。テレビ対日本映画という新旧 [全文を読む]

相撲文化を支える“三つの掟”【二宮清純のスポーツコラム】

日刊大衆 / 2017年06月05日06時35分

オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中。「スポーツ名勝負物語」「勝者の思考法」「プロ野球“衝撃の昭和史”」「最強の広島カープ論」「広島カープ 最強のベストナイン」など著書多数。スポーツ情報サイト「SPORTS COMMUNICATIONS」:http://www.ninomiyasports.com/ [全文を読む]

19年ぶり日本人横綱誕生、海外メディアも注目 横綱2人の休場はラッキー?

NewSphere / 2017年01月31日17時45分

BBCでも稀勢の里の昇進と同時に、相撲世界の厳しい修行について述べ、過去には若い力士の暴行死亡事件まで発生し、サッカーや野球に若者の人気を奪われている現状では、名誉と慎み深さをもってスポーツ界の模範として機能するべきだと指摘した。収入の面で日本の相撲界は外国人力士にとって魅力的であるとも伝えている。◆海老蔵ブログまで引用 ワシントンポストは、日本人生まれ [全文を読む]

序の口・服部桜 笑える無気力相撲の裏の笑えない角界事情

NEWSポストセブン / 2016年09月27日16時00分

体の大きな有望者がサッカー、ラグビー、柔道などに流れるなかで頭数を揃えたいだけで集めたら、“無気力”な力士だって出てくる。いちいち処分していたらきりがありませんよ」 服部桜の奇妙な立ち合いの背後には、角界の人材不足と歪な構造という大問題が横たわっているのだ。 ※週刊ポスト2016年10月7日号 [全文を読む]

<五郎丸以外にも魅力的な選手がたくさん>今、日本ラグビーには世界有数の選手が集まっている

メディアゴン / 2015年12月27日07時50分

新聞、雑誌の扱いを含めサッカーのJリーグに比べればまだまだの感が否めません。Jリーグの初期、有名外人選手、たとえばジーコ、リネカー、リトバルスキー、ストイコビッチなどなどが来日すると、こんなすごい選手が日本でプレイするのかとマスコミでも大騒ぎになりました。アルシンドのような人気者になったキャラもおりました。ところがラグビーの方はどうにもPRが下手なのか外国 [全文を読む]

『文藝春秋』4月号の特集は『戦争を知る世代から日本人への警告』 電子雑誌版も同時発売

@Press / 2015年03月10日10時00分

元横綱・武蔵丸の武蔵川さんが、一連の言動について白鵬に厳しい言葉をかければ、解任されたサッカー前日本代表監督、ハビエル・アギーレも本音を吐露するなど、充実の内容です。 ■書誌情報 文藝春秋 2015年4月号 価格 :880円(販売価格)=紙雑誌版、電子雑誌版(※電子書店により異なる場合があります) 発売日:3月10日(火)=紙雑誌版、電子雑誌版共 主要販売 [全文を読む]

フォーカス