百田尚樹 永遠の0に関するニュース

何度でも言おう 『永遠の0』は反戦作品じゃない、平和ボケの戦争賛美ファンタジーだ!

リテラ / 2015年07月31日20時00分

なぜならば、原作者である百田尚樹のファンのみならず、百田の極右歴史修正主義、差別的言動、言論弾圧発言などを忌み嫌うリベラルな人たちですら、「『永遠の0』は反戦映画である」と捉える向きがあるからだ。 ゆえに、本サイトだけは、なんと言われようとも、こう断言し続けなければならないだろう──『永遠の0』は、「反戦小説」でも「命の大切さを訴える物語」でもない、ネト [全文を読む]

“キムタク超え”岡田准一に危機! 映画『海賊とよばれた男』主演決定で懸念される「モンスター」って?

日刊サイゾー / 2015年11月05日17時00分

13年に岡田主演で映画化され、8週連続で興行収入第1位を記録した『永遠の0』と同じ、作家・百田尚樹氏のベストセラーが原作。監督も引き続き山崎貴監督がメガホンをとる。作品は、出光興産創業者の出光佐三をモデルとした、男の一生の物語だ。 観客動員数は700万人、歴代の邦画実写映画で6位にランクインする大ヒットを記録した『永遠の0』を作った、いわば“最強チーム”が [全文を読む]

百田尚樹「週刊文春」新連載「幻庵」を収録! 著者初の電子オリジナル『百田尚樹読本』連載スタートと同時発売

@Press / 2014年12月24日18時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)では、12月25日より、『百田尚樹読本』(文春e-Books)を発売します。電子書籍オリジナル作品になります。 『永遠の0』『海賊とよばれた男』など数々のベストセラー小説を世に送り出してきた百田尚樹さん。最新作『幻庵』の連載が明日発売の「週刊文春」2015年1月1・8日号からスタートします [全文を読む]

”俳優”岡田准一に期待の声 『海賊とよばれた男』映画化に世間の反応は?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月11日17時30分

2013年12月に公開された、原作・百田尚樹、監督・山崎貴、主演・岡田准一(V6)の映画「永遠の0」。このたび、百田のベストセラー小説『海賊とよばれた男』の映画化が決定した。興収約87億6,000万円をあげ、2014年の邦画興収1位にも輝いた「永遠の0」の無敵トリオが、再び集結することとなった。もちろんこの発表に、世間の期待も高まっている。【詳しくはこちら [全文を読む]

『SCHOOL OF LOCK!』 終戦記念日特別番組10代と考える「戦争と平和について」 小芝風花が平和への思いを語る

PR TIMES / 2016年08月12日11時21分

なお、オーディオブック配信元「FeBe」の特設WEBサイトでは、小芝風花と『永遠の0』原作者・百田尚樹との対談の模様も掲載されます。併せてぜひ御覧ください。【オーディオブック版「永遠の0」商品情報】配信開始日:2016年8月15日 価格:1,728円著者:百田尚樹 配信元:FeBe (オーディオブック配信サイト) 出版:太田出版特設サイトURL: http [全文を読む]

【書評】全メディアから袋叩き。なぜ百田尚樹氏はめげないのか?

まぐまぐニュース! / 2017年05月23日16時15分

デビュー小説『永遠の0』が大ヒット、その後もベストセラー作品を生み出し続けるものの、ご自身の「口の悪さ」が災いしてネットでの炎上やメディアから叩かれることも多々ある百田尚樹氏。無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介するのは、そんな百田氏がいかにして誹謗中傷罵詈雑言に負けない「鋼のメンタル」を身につけたかを記 [全文を読む]

百田尚樹が『海賊と呼ばれた男』映画宣伝から外された本当の理由 ついに安倍首相にも見放され...

リテラ / 2016年12月09日17時30分

原作者である百田尚樹センセイだ。〈『海賊とよばれた男』の映画の宣伝に私の名前はほとんど出てこない。映画会社は、百田尚樹の名前を出せば客の入りが悪くなると考えているのかもしれない。たしかにこの三年くらい朝日新聞はじめマスコミから、百田尚樹は極右とかネトウヨというイメージキャンペーンをはられていたからなあ(^^;)〉〈新刊を出しても一切紹介されないし、どれだけ [全文を読む]

「凜恋」「ママバター」映画『永遠の0』タイアップ記念 ポイントアップキャンペーン!

PR TIMES / 2014年01月24日10時46分

2006年の初版当時から口コミで売れ続け、いまや累計発行部数350万部を超える国民的ベストセラーとなった感動作「永遠の0」(百田尚樹著)。その珠玉の物語に感銘を受けて映画化を熱望したのは『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズで日本アカデミー賞を席巻した山崎貴監督。 出演者には、主人公のゼロ戦パイロット・宮部久蔵=岡田准一をはじめ、現代から宮部の謎に迫る青年 [全文を読む]

Amazon.co.jp、本ストア「コミック」「ビジネス・自己啓発」「絵本」他 2013年年間ランキングのご紹介

PR TIMES / 2013年12月09日18時48分

」■和書総合1位 『永遠の0』 百田尚樹2位 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 村上春樹3位 『30日できれいな字が書けるペン字練習帳(TJMOOK)』 中塚翠涛4位 『海賊とよばれた男 上 [単行本]』 百田尚樹5位 『医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法[新書]』 近藤誠■コミック総合1位 『よつばと!12 [全文を読む]

元AKB戸島花と百田尚樹が囲碁でガチ勝負! 勝負の行方はいかに

ニコニコニュース / 2017年01月19日11時00分

AKB48の卒業メンバーで、現在日本棋院の「囲碁大使」として活躍する戸島花さんと、『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』など次々に話題作を世に送り出してきたベストセラー作家、百田尚樹さんの『【新春囲碁対決】百田尚樹 VS AKB48卒業メンバー戸島花~『幻庵』出版記念~』がニコニコ生放送にて配信されました。アマチュア六段の百田さんと囲碁大使の戸島さんの対決の結果 [全文を読む]

たかじんの呪い!?岡田准一「海賊とよばれた男」がまさかの大爆死ムード!

アサジョ / 2016年12月12日18時14分

監督・山崎貴、原作・百田尚樹、そして主演も岡田准一と、まさに「ゼロの夢よ、もう一度!」と再結集した、邦画界の正月大作映画「海賊とよばれた男」が12月10日から満を持して公開された。ところが、メディアが「えっ!」と首をかしげる大コケムードが漂っているという。「『シン・ゴジラ』『君の名は。』で盛り上がった今年の邦画界。言ってしまえばどちらも配給した東宝の一人勝 [全文を読む]

綾瀬はるか、岡田准一ら山崎組『アベンジャーズ』で紅一点

Movie Walker / 2015年11月28日17時15分

2013年度本屋大賞受賞の百田尚樹の小説を、岡田准一と山崎貴監督率いる『永遠の0』(13)チームで映画化した人間ドラマ『海賊とよばれた男』(2016年冬全国公開)の製作報告記者会見が、11月28日に東宝スタジオで開催。主演の岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、野間口徹、ピエール瀧、鈴木亮平、綾瀬はるか、小林薫、山崎貴監督、阿部秀司プロデューサーが登壇した。 山崎 [全文を読む]

テレビ東京版『永遠の0』が視聴率1ケタで民放最下位! 百田尚樹氏の“痛キャラ化”が原因か

日刊サイゾー / 2015年02月17日17時00分

原作は、文庫版の販売部数が400万部を突破した百田尚樹氏の作家デビュー作。おととし公開された、V6・岡田准一主演の映画版に続き、2度目の映像化。主演の向井理のほか、桐谷健太、広末涼子、尾上松也など、豪華キャストが名を連ねた。 テレビ東京は、山手線で大規模な交通広告を打つなど、巨額の宣伝費用を投入。放送前、同局の濱谷晃一プロデューサーが「同い年の阿部Pがテ [全文を読む]

「ブックオフ流2014年売上年間ランキング」発表! ~話題の作品から根強い人気の定番作品まで中古ならではのランキング~

@Press / 2014年12月04日15時00分

【年間ランキング詳細】http://www.bookoffonline.co.jp/files/special/rank2014.html2014年 中古書籍総合ランキング1位【純文学小説】永遠の0/百田尚樹(文庫・2009年7月発売)2位【ミステリー】モンスター/百田尚樹(文庫・2010年3月発売)3位【ミステリー】イニシエーション・ラブ/乾くるみ(文庫 [全文を読む]

百田尚樹が描く“主人公”は他人のために、世の中のために戦う

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

作品のみならず、その言動にも多くの視線が注がれている作家・百田尚樹。テレビの放送作家を経て50歳で小説家デビュー。今年、57歳で『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞。年末には『永遠の0』映画公開も控え、ついに本作がオリコン歴代文庫売り上げ1位も獲得! 『ダ・ヴィンチ』10月号ではそんな百田尚樹を徹底特集。読者の選んだ作品の感動エピソードや、雑誌でしか読めな [全文を読む]

博多華丸×ライセンス藤原「芸人が読む百田尚樹」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

いま最も書店員の支持を集めている作家、百田尚樹。映画化された『モンスター』、2013年本屋大賞受賞作『海賊とよばれた男』をはじめ著作はすべて大ヒット、文庫発行部数が300万部を突破した『永遠の0』も映画化され、年末に公開を控えている。その一方で、テレビ番組の放送作家という面もある百田尚樹。放送作家と密接に関わりをもつ芸人の目から見て、百田作品はどう映るのだ [全文を読む]

大注目の作家・百田尚樹…村上春樹に引けを取らぬ人気

NewsCafe / 2013年07月03日15時00分

百田尚樹といえば、いま最も注目度が高い作家のひとりだろう。出光興産の創業者・出光佐三をモデルにした物語「海賊とよばれた男」が2013年本屋大賞に選ばれ、話題になったばかりだ。放送作家として活躍し「探偵! ナイトスクープ」などの人気番組を手がけていたため、小説家としてデビューしたのは2006年、50歳とやや遅め。しかし経験に裏打ちされた筆致は熱く、早くも熱烈 [全文を読む]

「稀勢の里に『カエルの楽園』が力を与えた」百田尚樹の自慢は本当か? 新横綱はネトウヨの広告塔に

リテラ / 2017年01月26日12時22分

心が折れかけていたが、その後、〈発想を広げるために池井戸潤や百田尚樹ら人気作家の小説を読み、合気道を習ってへその下に力を入れて下半身を強化。食事では揚げ物を避け、体幹を鍛えた。15年からは安定感が徐々に戻り、昨年は初の年間最多勝。低迷を打破した〉という。 この共同電を複数の新聞社が記事にすると、ツイッターですぐに反応したのが記事に名前のあった百田尚樹センセ [全文を読む]

百田尚樹氏 ツイートする基準は「他人の話は書かないんです」

NEWSポストセブン / 2016年01月12日07時00分

当代きっての人気小説家ながら、度重なる暴言、失言の類いで世の顰蹙を買っている百田尚樹氏。時々発生するツイッターの炎上でも有名だが、本を出す以上は「売れてなんぼやと思います」、そう言い切る。プロインタビュアーの吉田豪氏が斬り込んだ。 ──ちなみに、あの蛭子能収さんが『永遠の0』の映画を観て泣いたっていう。 百田:そうなんですか! ──あの心のない蛭子さんが泣 [全文を読む]

百田尚樹氏 「もうすぐ60歳。最近はいつ引退しようかなと」

NEWSポストセブン / 2016年01月08日07時00分

爆発的な小説の売り上げを誇る一方で、度重なる暴言、失言の類いで世の顰蹙を買っている百田尚樹氏。ツイッターが度々炎上したことでも有名だが、そもそも「いらんこと言う性分」なのだという。プロインタビュアーの吉田豪氏が、百田氏に斬り込んだ。 ──これだけ自由に発言してる人とNHKの仕事(経営委員)はなかなか食い合わせも悪いだろうなとは思ってました。 百田:そうです [全文を読む]

フォーカス