著書 百田尚樹に関するニュース

【『百田尚樹「殉愛」の真実』 2/23発売】 後妻・さくらの正体、「たかじんメモ」偽装疑惑の真相とは!?

PR TIMES / 2015年02月23日17時54分

さくら夫人の経歴から遺産相続問題、「たかじんメモ」の偽造疑惑や関西テレビ局の利権など、ベストセラー作家の著書ゆえにTVや大手週刊誌がこれまで報じることができなかった『殉愛』騒動の真相を徹底検証しています。また、たかじんの実弟・家鋪渡(やしきわたる)氏が、『殉愛』によって貶められた兄・たかじんの名誉を回復したいという一心で親族の想いを綴った手記も公開していま [全文を読む]

【殉愛裁判】廃業の道へとまっしぐら? ずさんな取材露呈した、百田尚樹の証人出廷

tocana / 2016年03月06日09時00分

故・やしきたかじんさんとその妻であるさくらさんの闘病生活を綴った作家・百田尚樹氏の著書『殉愛』(幻冬舎)で名誉を傷つけられたとして、たかじんさんの長女が発行元の幻冬舎に出版差し止めなどを請求した訴訟の第9回口頭弁論が3月2日、東京地裁で開かれた。 この日は、百田センセイ自らが証人出廷。“文壇タブー”のある大手出版社や、幻冬舎としがらみのあるテレビ局は詳報す [全文を読む]

百田尚樹も尊敬する元零戦パイロットが安倍首相を批判!「戦前の指導者に似ている」と

リテラ / 2015年04月24日21時00分

自らの経験を記録したいくつかの著書を残している。 「Retired Japanese Fighter Pilot Sees an Old Danger on the Horizon(元日本人戦闘機飛行士は差し迫った古い危機をみる)」──そう題された「ニューヨーク・タイムズ」の記事は、長野で行われた原田さんの講演会の描写から始まる。彼はゆっくりと壇上に上がる [全文を読む]

大ベストセラー『永遠の0』の著者と保守論壇の大御所が大いに語る『ゼロ戦と日本刀』が手にとりやすい文庫版になりました

@Press / 2015年02月05日12時00分

著書に、『ボックス!』(太田出版/講談社文庫)、『風の中のマリア』(講談社文庫)、『モンスター』(幻冬舎文庫)、『「黄金のバンタム」を破った男』(PHP文芸文庫)などがある。 渡部昇一(わたなべ・しょういち) 昭和5年、山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ、イギリスに留学後、アメリカ4州の大学で講義。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。専門の [全文を読む]

百田尚樹氏『殉愛』に関西テレビ界からも異論続々“猛バッシング”される「K」の本当の素顔とは……

日刊サイゾー / 2014年11月13日11時00分

他番組を含め、大々的な宣伝……と、これまで関西ローカルのいち歌手にすぎなかったたかじんにまつわる著書が、着実に全国展開を広げている。 「がんとの闘病中、なかなか見えてこなかったたかじんさんの素顔、そして女性との極秘結婚の真相などを売れっ子小説家に書かせて、大々的に宣伝をする。これまで、郷ひろみの『ダディ』など、メディア展開と話題性を最大限に活用した実績のあ [全文を読む]

『殉愛』の小説家・百田尚樹氏が、バーニングの猛プッシュでテレビ進出へ!?「生放送で大丈夫……?」

日刊サイゾー / 2014年11月12日11時00分

映画化され大ヒットした、『永遠の0』(講談社)や「本屋大賞」を受賞した『海賊とよばれた男』(同)などの著書で知られる百田氏。『殉愛』は、「メモ魔」だったたかじんさんが残した1,000枚をはるかに超える膨大なメモと、3カ月前に極秘結婚した妻・さくらさんが2年間1日も休まず記した看病日記を基に、300時間を超える関係者への取材を重ね、登場人物のほとんどが実名 [全文を読む]

いま一番愛されている作家がクラシック愛を語る百田尚樹『至高の音楽』を発売!

@Press / 2013年11月20日11時00分

著書に、『ボックス!』(太田出版/講談社文庫)、『風の中のマリア』(講談社文庫)、『モンスター』(幻冬舎文庫)、『「黄金のバンタム」を破った男』(PHP文芸文庫)等がある。 @Pressリリース詳細ページ 提供元:@Press [全文を読む]

百田尚樹×ケント・ギルバート 半島有事や日本の呑気さ語る

NEWSポストセブン / 2017年05月23日16時00分

著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。ケント:韓国が慰安婦像を次々に設置することによる最終的な目的は日米安保を弱めることで、それによって韓国が得することは何もありません。これは、中国の策略です。百田:アメリカで慰安婦像設置のロビー活動をしているのは抗日連合会。バックは中国共産党 [全文を読む]

ケント・ギルバート/百田尚樹対談 「儒教に呪われた韓国」

NEWSポストセブン / 2017年05月06日16時00分

著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。 * * *百田:韓国というのは、面倒な国ですね。いつでも日本に攻撃的じゃないと国としてまとまれない。日本人はお人好しだから、韓国で新政権ができたら「とりあえず仲良くせなあかん」という雰囲気になるでしょうけど、不用意に握手しないほうがいいと [全文を読む]

百田尚樹氏 地上波テレビは左翼だらけという印象

NEWSポストセブン / 2017年01月11日07時00分

櫻井:百田さんの著書『カエルの楽園』では、「1、カエルを信じろ。2、カエルと争うな。3、争うための力を持つな」という「カエルの三戒」を守っていれば平和は保たれると信じていたツチガエルたちが、“隣の国”のウシガエルに目をくりぬかれ、腕をちぎられて食べられてしまいますね。百田:はい。「カエルを信じろ」は「諸国民の公正と信義に信頼して」と謳う憲法前文、「カエルと [全文を読む]

新年だからこそ差別主義者たちのヘイト発言を振り返る! 石原慎太郎、曽野綾子、百田尚樹、長谷川豊、安倍政権

リテラ / 2017年01月03日19時30分

曽野綾子は13年の著書で、子どもが障害をもつ野田聖子に対しこう書いていた。「自分の息子が、こんな高額医療を、国民の負担において受けさせてもらっていることに対する、一抹の申し訳なさ、感謝が全くない」「言い方は悪いが、夫婦の自然の生活の中でできた子に、こうした欠陥があるのは仕方がない。しかし野田夫妻は、体外受精という非常に計画的なやり方で子供を作った。その場 [全文を読む]

今さら問うてみた「百田尚樹、放送作家としての腕はどうなの?」→業界人「微妙です」

tocana / 2015年08月14日10時00分

著書『海賊とよばれた男』(講談社)では2013年本屋大賞を受賞し、同年からNHKの経営委員としても活動(15年退任)するなど多彩な顔を見せる百田尚樹。またその一方、問題のある言動が多いことでも知られている。そんな百田だが、彼は『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)のチーフ作家を25年以上に渡って務めるなど、本業はあくまでも放送作家である。 さまざまなかたちで [全文を読む]

作家・百田尚樹が“暴言連発・犯罪告白”で大炎上のTwitterを非公開「つくづく嫌に」

日刊サイゾー / 2015年06月05日00時00分

著書『永遠の0』(講談社文庫)は、376万部超えのベストセラーを記録。近年は『ライオンのごきげんよう』、『ワイドナショー』、『SMAP×SMAP』(すべてフジテレビ系)、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)など、数々の人気バラエティ番組に出演。昨年の『欽ちゃん&香取慎吾の第91回全日本仮装大賞』(日本テレビ系)では審査員を務めた。しかし、『殉愛』 [全文を読む]

たかじんさん 告発集で元夫が証言「さくらには違う人格が…」

WEB女性自身 / 2015年02月24日00時00分

同書は昨年11月に発売され百田尚樹氏(58)の著書『殉愛』(幻冬舎刊)を検証。『殉愛』で一方的に批判されてきた元マネージャーのK氏や、たかじんさんの前妻などのコメントを載せ、真っ向から反論している。そこに実弟で四男の家鋪渡氏(59)も手記という形で、初めて胸の内を明かしているのだ。そしてこの告発集には、さらに驚愕の証言があった。それはさくら氏の二番目の夫だ [全文を読む]

2015年大爆発必至…頑張れ我らが百田尚樹せんせ!|やまもといちろうの大予測

デイリーニュースオンライン / 2015年01月01日07時50分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/ [全文を読む]

和解狙い!? 『殉愛』で“99%負ける”訴訟前に毒を吐き続ける百田尚樹氏の本心とは

日刊サイゾー / 2014年12月16日13時00分

仮に著書で書いた内容が事実であっても、訴訟のポイントは長女にまったく取材もかけずに、誹謗中傷した本を勝手に出版した名誉毀損だからです。出版差し止めはどうなるかわかりませんが、数百万円の損害賠償は発生するでしょう」(法曹関係者) 敗訴した場合、キズがつくのは百田氏だけだ。 「出版元の幻冬舎は、本がヒットしているので数百万円の損害賠償など痛くもかゆくもない。む [全文を読む]

『殉愛』百田尚樹氏、成功の裏に綿密な根回し「“芸能界のドン”と会わせてくれ!」

日刊サイゾー / 2014年11月14日09時00分

作家の百田尚樹氏が11日、自身のTwitterを更新し、今年1月に食道がんで亡くなったやしきたかじんさんの闘病生活をつづった著書『殉愛』(幻冬舎)について、ネット書店・Amazonに書かれた誹謗中傷にブチ切れた。 同書は、たかじんさんの妻さくらさんの日記や証言を基に、百田氏が300時間以上も取材を重ねたノンフィクション本。これまで明かされなかった闘病生活に [全文を読む]

笑って泣ける、江戸落語さながらの人情小説 最新作!『本所おけら長屋(三)』

@Press / 2014年09月02日11時15分

著書に『下町のオキテ』(講談社文庫)、『お笑い裏グルメ帳』(双葉社)、『落語歳時記』(文化出版局)など多数。『スプラッシュ マンション』(PHP研究所)で小説家デビュー。初の文庫書き下ろし時代小説『本所おけら長屋』(PHP文芸文庫)が大好評を博し、シリーズ化となる。詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press 【関連画像】 [全文を読む]

朝日新聞 自社に都合悪い異論を排除するファシズム的紙面

NEWSポストセブン / 2017年05月25日16時00分

著書に『芥川賞の偏差値』(二見書房)など。『聖母のいない国』(河出文庫)でサントリー学芸賞。 ※SAPIO2017年6月号 [全文を読む]

「宇宙から夜の地球を見た時、世界は大きな闇と……」 都民ファーストの会の壮大な綱領案が話題に

ガジェット通信 / 2017年04月15日17時30分

元経産省官僚で著書もある宇佐美典也氏(@usaminoriya)は 都民ファーストの綱領が「宇宙から~」で始まってて思わずずっこけた とツイート、音喜多都議がそれに対し 宇宙(そら)と読みます。ガンダム世代には堪らないですね! …すいません、嘘です。 と返信。宇佐美氏はその後「3秒でわかる都民ファーストの会綱領」なる図を提示したり、 都民ファーストの会の [全文を読む]

フォーカス