中国 四川省に関するニュース

『世界が地獄を見る時―日・米・台の連携で中華帝国を撃て』 ノンフィクション作家・門田隆将氏と、評論家・石平氏が丁々発止で渡り合った 度肝抜かれる新「中国・台湾論」!

DreamNews / 2017年03月22日10時00分

◎本書の特徴日本人から見て中国に対しどうしてもわからない点が2つある。・第二次世界大戦で莫大な犠牲のもとに築き上げられた「国際秩序」を平気で踏みにじるのはなぜか・しかもなぜ日本にだけ核投下も辞さないというほど憎悪するのか・暴走する中国を止めることはできるのか、米国が仕掛ける経済戦争の行方は?ノンフィクション作家として、戦争・中国・台湾を題材にして数々の名作 [全文を読む]

麺のルーツがついに決着!? 「中国料理」の歴史をたどる

プレジデントオンライン / 2017年01月06日15時15分

中国料理について教えてくれた人 南條竹則さん●作家、翻訳家。中国料理と酒、中国文学を愛する。近著に『中華料理秘話 泥鰌地獄と龍虎鳳』(ちくま文庫)がある。 木村春子さん●中国食文化研究家。中国の本格料理から家庭料理まで歴史と風土を研究。共著に『中国食文化事典』(角川書店)。 小倉エージさん●音楽評論家、料理研究家。特に香港の食文化に造詣が深く、食事情・文 [全文を読む]

風水から執事まで?中国の専門学校はパクリどころか斜め上すぎた

まぐまぐニュース! / 2017年07月06日21時00分

もちろんお隣・中国にもあるのですが……。今回の無料メルマガ『上海からお届け! 簡単3分、写真で覚える生活中国語』では日本人著者のジンダオさんが、まさに中国! な専門学校を紹介しています。 职业学校 (zhí yè xué xiào) 職業学校 手に職をつける、現金獲得を行うには必要な手段の一つです。アナタには手に職と言える技術、何かありますか? 繁華街の一 [全文を読む]

メディロム、中国イトーヨーカドーに「Re.Ra.Ku」海外第1号出店!!

PR TIMES / 2017年08月25日16時40分

~ GDP成長率7.7%の中国 成都に進出~株式会社メディロム(本社:東京都港区、代表取締役:江口 康二、「以下:当社」)は、リラクゼーションスタジオ「Re.Ra.Ku」を、2017年8月26日(土)に中華人民共和国(以下:中国)四川省成都市の伊藤洋華堂(イトーヨーカドー) 双楠店内に海外初出店いたします。[画像1: https://prtimes.jp/ [全文を読む]

石原都知事の尖閣諸島購入宣言にも中国の反日ムードが高まらない理由

週プレNEWS / 2012年05月07日10時00分

現在、中国ではネットを中心に抗議の声が広がっている。反日ムードは、これからどんどん加熱していくのだろうか。中国情勢に詳しいジャーナリスト、富坂聰氏はそれを否定する。 「今後、中国をさらに刺激するような事態が何度も発生すれば別ですが、現時点で『反日』がフレームアップする可能性は高くないと考えられます。今回の件に対して、中国国内での報道のトーンは、過去に反日デ [全文を読む]

中国の工作進む香港 児童に共産主義教育施し隠れ党員化企む

NEWSポストセブン / 2014年11月16日16時00分

現在、中国の北京政府は様々なルートで香港をターゲットにした秘密工作を行なっている。そうした北京政府の手法を知り尽くしているのが、チベット亡命政権のキャルサン・ギャルツェン議員だ。彼はインドに脱出するまで、中国政府の役人として対チベット人の秘密工作に携わっていた。 「私は工作員が収集した、ダライ・ラマ法王を中心とするインド・ダラムサラのチベット亡命政権の高官 [全文を読む]

中国のオタクは、実は日本以上にパクリに潔癖だった!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月19日11時30分

中国オタク事情を連載している百元です。第12回は中国のオタクな人達のいわゆる「パクリ」に対する感覚などを紹介させていただきます。【中国のオタク事情】ダ・ヴィンチニュースはこちら 日本では中国に対して「コピー天国、パクリ大国」といったイメージがあるかと思います。実際過去には四川省にガンダムっぽい何かが出現したり、有名キャラクターをパクッたらしき謎のキャラが出 [全文を読む]

中国“4000年の歴史”を否定? 共産党がひた隠す不都合な「宇宙人遺跡」とは

週プレNEWS / 2015年02月13日06時00分

激辛料理の本場としても知られる四川省に、中国古代史の常識を覆(くつがえ)すような遺跡がある。 普通に考えれば、「考古学の大発見、万歳!」となるところだが、そこになぜか中国共産党のメンツ問題が絡んで、歴史的発見がウヤムヤになりかけているとか…。そこでまずは現地へ飛んでみた! *** 「ハーイ、ハッピーニューイヤー! 元気かい?」 元日早々、記者の携帯に着信し [全文を読む]

【書評】中国から影響を受け、「中華」を殺して成長した国・日本

まぐまぐニュース! / 2017年07月14日01時41分

日本のお隣の国といえば、中国・韓国・北朝鮮。この3つの国は、なぜ日本とうまくいかないことが多いのでしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介しているのは、中国出身で2007年に日本国籍を取得した評論家・石平(せきへい)さんの著書。日本が近代文明を手に入れられたのは、うまく「中華」文明を取捨選択し [全文を読む]

中国人に人気の日本の漢方薬 日本人がまず価値を認識すべき

NEWSポストセブン / 2017年05月24日07時00分

中国の伝統医学は1500年前に日本に伝来してきた。その本場をも覆す現象が、爆買い中国人観光客を通して巻き起こっている。PM2.5に効く、と日本の漢方薬が彼らからブームになっているのだ。フリーライターの清水典之氏がレポートする。 * * *“漢方”といえば、中国が本家本元と考えられているが、なぜこのような逆転現象が起きているのか。 中国の薬、「中医薬」と日本 [全文を読む]

中国共産党の”食品安全パフォーマンス”に疑問殺到の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2016年05月10日12時05分

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2016年4月24日から26日にかけて、中国の李克強首相が3年前に発生した地震被害に対する慰労を目的として四川省を訪れました。李首相は地震記念館のモニュメント前に献花をするといったパフォーマンスを行いましたが、26日に省都・成都の食品市場に訪れた際の報道写真が中国国内で話題となりました。 ■美化された中国市場に呆れる国 [全文を読む]

中国で頻発する爆発事件、ヤバすぎる極小ブラックホールの生成研究も!

週プレNEWS / 2015年09月10日06時00分

中国・天津で発生した大爆発事故に日本人は驚いたが、実は現地ではあらゆる爆発が日常茶飯事。有毒物質だらけの化学工場に加え、国家プロジェクトの宇宙ロケットでさえも、爆発事故を起こしている。 すでに今年だけで大規模な工場爆発は4回起こっている。4月には福建省ショウ州市の工場で50km離れた先でも揺れを感じるほどの爆発。次いで8月12日の「天津大爆発」。 そして、 [全文を読む]

中国、世界の“模倣品”工場化の実態〜悪質・巧妙化で広がる被害…危険なエアバックも

Business Journal / 2013年08月21日07時00分

中でも悪質なのは、日本を抜いて世界2位の経済大国に成長した中国だ。中国当局も模倣品・海賊版に対する規制を強化し、摘発を行っているものの、その動きは遅く、法律面での不備も多い。そして、中国でつくられる模倣品・海賊版の手口は、ますます巧妙になり、悪質化している。 経済産業省の「模倣品・海賊版対策の総合窓口に関する年次報告(2013年度版)」を参考に、中国での [全文を読む]

中国警察がカンボジアで電話詐欺容疑者100人以上を拘束、多くは台湾人か―中国メディア

Record China / 2017年08月25日18時10分

中国メディアの新浪網は24日、中国の四川省警察が8月になりカンボジア国内で詐欺容疑者100人以上の身柄を拘束し、中国に送還すると報じた。犯罪事例の紹介部分では「典型的な『台湾系』の通信詐欺」と紹介した。 記事はまず、四川省広安市住民が被害を受けた詐欺の事例を紹介。3月2日に同省南充警察の警察官と称する人物から電話があり、「あなたの口座が狙われている」として [全文を読む]

繁栄VS.衰亡という行く末はすでに150年前に決していた! 『明治維新から見えた 日本の奇跡、中韓の悲劇』 日中韓が未来永劫わかり合えない理由を明治維新から読み解く!!

DreamNews / 2017年07月14日15時00分

【本書の内容】◎日本は海の国、中国は陸の国◎完全にミニ中国化した朝鮮◎中国人には永遠にわからない鳥羽伏見の戦いの結末◎職人に対する扱いが対照的だった日本と中国・韓国◎仁も義も徳もない元の儒教◎中国が目指すのは既成のアジア秩序の破壊◎日本人の生活と精神を傷つけた文明開化◎南京条約のときに国名も国旗もなかった中国◎創氏改名を強いたのは日本ではなく新羅だった◎爪 [全文を読む]

胡錦濤会談2日後に尖閣国有化宣言「野田氏は面子潰した」評

NEWSポストセブン / 2012年10月12日07時00分

今や日本の最大の貿易相手となった中国では、日中対立の深刻化も影響してか、いまだにこうした行為が行なわれている。 中国での取材で最も危険なのは、軍事の領域に踏み込むことである。 2008年5月に四川大地震が起きたとき、当時、産経新聞中国特派員だった野口東秀氏は最大の被災地だった四川省の北川県にバイクを使って一番乗りした。しかし、到着を待ち構えていたかのように [全文を読む]

昭和電工、中鋼集団四川炭素有限公司の持分取得について

JCN Newswire / 2012年04月13日13時53分

Tokyo, Apr 13, 2012 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、中国の黒鉛電極の一貫製造会社である中鋼集団四川炭素有限公司(以下、四川炭素)の持分67%を四川炭素の親会社である中国中鋼集団公司より取得することで合意し、このたび関連契約書に調印しました。今後当社は、関係政府機関の批准を経て、四川炭素を当社 [全文を読む]

国連世界観光機関が第22回総会を成都で開催

共同通信PRワイヤー / 2017年09月12日17時18分

国連世界観光機関が第22回総会を成都で開催AsiaNet 69993 (1380)【成都(中国)2017年9月11日新華社=共同通信JBN】国連世界観光機関(UNWTO)の第22回総会が9月11日から16日まで中国の成都市で開催される。UNWTO総会は世界の観光業界における最高レベルの会議として2年に1回開かれている。今年は、総会が中国西部に足を踏み入れる [全文を読む]

[古森義久]【中国のチベット人弾圧、相次ぐ抗議焼身自殺】~日本の慰安婦を非難する資格あるのか~

Japan In-depth / 2015年07月26日23時00分

中国青海省のチベット自治州の州都広場でこの7月9日、27歳のチベット人僧侶が焼身自殺をしました。中国政府の弾圧への抗議デモの最中でした。僧侶の遺書には『中国政府がいま断行するチベット民族の宗教、伝統、文化の破壊政策に死をもって抗議する』と書かれていました。その焼身の模様は詳しく撮影されました。チベット人のこの種の抗議焼身自殺は2009年以来、すでに140 [全文を読む]

世界旗艦店「無印良品成都遠洋太古里」オープンのお知らせ

PR TIMES / 2014年11月06日17時53分

中国初Cafe&MealMUJIを併設 無印良品を展開する株式会社良品計画(本社 東京都豊島区/代表取締役社長 金井政明)のグループ会社である無印良品(上海)商業有限公司は、12月12日(金)、中国四川省成都市に世界旗艦店となる「無印良品成都遠洋太古里」をオープンします。 成都は三国時代に蜀の都として栄えた中国内陸部の大都市で、近年は四川省に点在する多くの [全文を読む]

フォーカス