病気 渡辺謙に関するニュース

若槻千夏に酒井若菜…難病を公表したウラ事情

日刊大衆 / 2017年01月01日23時00分

しかし病気と闘いながら仕事を続けている芸能人は、彼ら以外にも多い。一時期、芸能活動から遠ざかっていたものの、2015年12月に『さんまのまんま』(フジテレビ系)への出演で芸能界に本格復帰した若槻千夏(32)もその一人だ。おバカタレントとして活躍していた2006年に活動休止した若槻だが、そのきっかけになったのが潰瘍性大腸炎という難病だった。その後、2か月間 [全文を読む]

胃がんの転移、生存率わずか7%の恐怖…原因は塩分過剰摂取とたばこ、検診で過剰診断被害

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

現在56歳の渡辺が患った胃がんとは、どのような病気なのだろうか。新潟大学名誉教授の岡田正彦氏に聞いた。「つい最近まで、胃がんは、がんの中でも死亡する人が飛び抜けて多い病気でした。多くの日本人が『がん』という病気を知ったのは、黒澤明監督の映画『生きる』(東宝)によってでしたが、その主人公が患った病気も胃がんでした。そのため、今日でも胃がんという病気は、日本 [全文を読む]

渡辺謙さんも罹患「胃がん」のリスクを高める食習慣と改善方法

WooRis / 2016年02月10日22時00分

それでも『WooRis』の過去記事「国によって違うの?日本人女性が特に注意すべき“がんの種類”とリスク要因」で触れたように、胃がんは日本人にとても多い病気……。くれぐれも注意したいですよね。 そこで今回は、国立がん研究センターがん対策情報センターの情報を基に、胃がんリスクの高い人の食習慣をまとめてみました。 ■胃がんリスクを高める原因は“塩分” 胃がんは [全文を読む]

渡辺謙の不倫騒動は別のスキャンダルの隠れみの?=韓国ネットから「ならでは」の指摘

Record China / 2017年03月31日14時40分

むちゃくちゃがっかり」「やっぱり俳優ってどうしようもないんだな」というコメントや、「奥さんが病気のところで露骨だ」「女性は普通、夫が病気なら懸命に看病するのに」と、妻の闘病中の不倫を非難するコメントが多数の支持を得たほか、韓国で昨年来「ゲス不倫カップル」としてバッシングを浴びている映画監督ホン・サンスと女優キム・ミニの例と比較するコメントも目立つ。 そうし [全文を読む]

リスク承知でカンニング竹山が松居一代を「病気」と初断定! “新ご意見番”に称賛の声

日刊サイゾー / 2017年07月22日11時00分

竹山は19日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)の中で、夫の船越英一郎と泥沼の離婚騒動を繰り広げる松居一代を「病気」だと、初めて断定したのだ。 この日の放送では、同日新たに更新された松居のブログを取り上げ、東京五輪への想いや、動画制作の協力者で結成された「チーム松居」のメンバーを紹介。これに対し、竹山は「病気のおばさんをいじっちゃダメだって。 [全文を読む]

田中角栄より“所得倍増計画”の池田勇人が漫画的に面白いワケ

週プレNEWS / 2016年07月28日06時00分

大学入試では東大を落ちて、病気(落葉状天疱瘡)で大蔵省を退職してエリートコースからも落ちこぼれて、最初の奥さんを病気で亡くした…そんな男が総理大臣になる。資料を読み進めるほど、池田勇人の人生が面白いと思ったんですよ。 それに、他には特別に有名になった映像や漫画の作品もなく、名前を知っているけど具体的には何をしたのか、いつ頃の政治家だったのか人の記憶に曖昧( [全文を読む]

渡辺謙、マシュー・マコノヒーと共演! 「混ぜご飯作ってあげた」

anan NEWS / 2016年04月21日20時00分

それは今回、病気を発見してもらった時に再認識しましたし、家族や近親者も大切な人の死をどう受け止めて、前を向いて生きていかなければならないかということは震災の時も考えた。若い世代がこの映画をどう受け止めてくれるのか、怖さも含めて興味ありますね」 一見ガス監督らしからぬサバイバル劇の様相を呈しながら、死にたがっていた2人の男が、生を渇望しはじめる姿を描く物語は [全文を読む]

渡辺謙 胃がん発見にあった「南果歩が守る寂聴さんの言葉」

WEB女性自身 / 2016年02月19日06時00分

病気で寝ていればお見舞いに来てくださるし、回復すれば『美味しいフランス料理店がありますよ』と、誘ってくださいます。果歩さんは謙さんと結婚してますますキレイになりました。頭も良いですし、本当にできたお嫁さんです。果歩さんに教えた夫婦円満の秘訣? 私があのお2人に教えてもらいたいくらいです」 そう笑う寂聴さんだったが、寂聴さんが法話の会などで、繰り返し語ってい [全文を読む]

渡辺謙の胃がんニュースに世界中が衝撃と激励のエール!

Movie Walker / 2016年02月12日16時57分

それを受けて「絶対がんに負け無さそう」「彼なら必ず病気を克服して戻ってきてくれる」「『王様と私』が待ちきれない」「『どうか元気で戻ってきてください』と祈っています」「しっかり静養して元気な姿を見せて欲しい」といった激励と1日も早い回復を望むお見舞いのコメントが多数寄せられている。【NY在住/JUNKO】 [全文を読む]

新視聴率女王・杏のど根性素顔「デビュー当時、父が渡辺謙であることを隠した」

アサ芸プラス / 2015年07月25日09時57分

ちょうどそのタイミングで渡辺の病気が完治したこともあって、由美子さんは小野会長に心酔。由美子さんの勧めもあって、渡辺も釈尊会の護符を身につけたり、夫婦で宗教行事に参加するようになったんです」(芸能ジャーナリスト) ここまでならまだよかったが、由美子夫人の信仰心は常軌を逸してゆき、01年には渡辺の自宅が税金滞納で差し押さえられたことが発覚する。原因は由美子夫 [全文を読む]

要確認!病気やケガの助け舟「高額療養費制度」の自己負担額が改正

Woman Money(ウーマンマネー) / 2014年12月26日16時43分

テレビや新聞でも誰かの病気について、時折報道されます。例えば、芸能人でも、古くは渡辺謙さんや本田美奈子さんの白血病、山田邦子さんや田中好子さんは乳がん、宮迫博之さんは胃ガン、磯野貴理子さんは脳梗塞。 「もし、自分だったら?」と考えたことはありますか? 一番心配なのはお金のことでしょう。 「いったいいくらかかるの? 暮らしていけるかな?」と。でも、いたずらに [全文を読む]

杏と父・渡辺謙の間にある愛憎 恋人・東出昌大との共演に複雑?

リテラ / 2014年08月24日21時00分

病気が完治したことから、ますます釈尊会にのめり込み、ついには杏の学校の保護者にまで金を無心するほどだったという。 そうした借金の事実を知った渡辺は、前妻との離婚を決意。離婚裁判を起こすのだが、その最中に、渡辺の長男で、杏の実兄である俳優の渡辺大が、父の"冷酷"ぶりを「週刊文春」(文藝春秋)2004年1月8日号で告発する。当時、大は19歳、杏は17歳のときの [全文を読む]

「耐えることが得意ですから」白血病再発 大塚アナの闘病記

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月22日11時50分

「彼は残念ながら帰らぬ人になってしまったわけで、だから、この病気に罹った人の明暗が、はっきり分かれていることもよく知っています」という。 だが、あえて病気についての情報は入れないようにしたという大塚アナ。理由は、「シビアなことを細かく知れば知るほど、明るく過ごしづらくなる」から。「明るい気持ちでいること」を大切にし、「暗い方向に気持ちが持って行かれないよう [全文を読む]

南果歩への宣戦布告か!渡辺謙の不貞相手が流出写真に込めた“略奪”メッセージ

アサジョ / 2017年03月31日18時15分

そんな妻を捨てるなんて考えられません」 南の病気が発覚した際には「果歩のすべてを一生愛す」と励ました渡辺。この略奪愛は、叶えられそうもないようだ。 [全文を読む]

6億円豪邸の渡辺謙&南果歩 夫婦で自転車デート撮

NEWSポストセブン / 2016年06月08日16時00分

渡辺さんとしては、節目の年にふたりの家を建てたいという気持ちだったんでしょう」(前出・芸能関係者) 子育てや病気を乗り越え、新たな生活をスタートさせた日曜日の夫婦の姿だった。 ※女性セブン2016年6月23日号 [全文を読む]

12人に1人がかかる乳がん 進行度、悪性度で治療法異なる

NEWSポストセブン / 2016年05月02日07時00分

でも病気って突然やってくるものなので、こういうことかなと思いましたね」──3月11日の手術から1か月あまり。まだ本調子ではないものの、仕事に復帰した女優の南果歩は、病巣が発見されたときの心境をそう振り返った。 しかし、乳がんといってもそのタイプ、進行度、悪性度によって治療内容は違ってくる。南の場合は「ステージI」。当時撮影中だったドラマのクランクアップを待 [全文を読む]

人工肛門告白の中井美穂 スタッフが慌てて病院行ったことも

NEWSポストセブン / 2016年02月18日07時00分

私の場合は腹膜炎ということで、がんではないんですけど、腸が破れる病気になりまして」 2003年前後のおよそ1年間、ストマを装着していたことを明かしたのだ。ストマとは人工肛門のことで、自然な排泄ができなくなった人が使う器具だ。中井は2002年に子宮筋腫の摘出手術を受けている。当時、一部では重病説が流れた。 「その時、中井さんの病状はかなり悪く、命の危険もある [全文を読む]

アカデミー主演女優賞獲得 『アリスのままで』

GIGAMEN / 2015年06月25日16時00分

はっきりとした原因は分かっておらず、誰にでもなり得る病気だとも言われています。 この映画の監督、リチャード・グラツァーはALS(筋委縮性側索硬化症)で63歳で亡くなりました。身体の機能が衰えていくという点では、アルツハイマーと似ています。 私自身の憶測ですが、そういった疾患にかかった人間でなければ分からないようなことが演出にも出ているのではないでしょうか。 [全文を読む]

フォーカス