仕事 浜松市に関するニュース

もう一度、起業の街を目指して。ものづくりの街・浜松が画策する「浜松バレー構想」とは?

lifehacker / 2017年09月29日11時00分

単純に出資や仕事をもらえるといった話ではありません。むしろ、コラボレーションの可能性を探ったり、さまざまな人と交流をしたりすることで化学反応、インベーションを起こすことが大事。これだけいろいろな会社がある浜松なら、それが十分に起こり得ます。鈴木:民間同士の交流で生まれたイノベーションを活性化させるために、行政は国と戦うのも役割のひとつだと考えています。いわ [全文を読む]

出世の街・浜松から新マスコットキャラクター『出世法師直虎ちゃん』がデビュー デザインマニュアルの完成で広く一般にイラストの使用が可能に!!

@Press / 2016年07月29日11時00分

仕事 :(1)浜松をみんなの笑顔があふれるまちにします。 (2)井伊家ゆかりの地浜松の魅力を発信します。 (3)出世大名家康くんと一緒に浜松を盛り上げます。 【『出世法師直虎ちゃん』デザインマニュアル】 浜松市では、より多くの方に『出世法師直虎ちゃん』キャラクターを知っていただくことを目的として、「浜松市マスコットキャラクター『出世法師直虎ちゃん』デザイ [全文を読む]

官製婚活は必要か?

政治山 / 2017年04月20日17時30分

こうした貧弱な保育状況では、仕事と子育てとの両立は難しく、キャリア志向の女性には、結婚、出産を選びにくい状況だ。 そして、私が官製婚活を危惧している一番の理由は、政策として行政が結婚を推進していくことによって、特定な価値観や人生プランを市民に一方的に押し付けていることになるという点だ。 今回の浜松市の「地域少子化対策強化事業」の中には、高校や大学などに訪問 [全文を読む]

「保育園に入りたい」シングルマザー達に届いた「絶望の通知」

しらべぇ / 2017年02月06日13時20分

(@mn_pee) 2017年1月28日結婚と妊娠の為に仕事を退職妊娠6ヶ月で急に結婚出来ないって言われ無職のシングルマザーに...役所からお手紙保育園...落ちた待機児童になったシンママなのに保育園落ちたらこれから仕事をするのにどうするのさどうしたら保育園入れるのって思います。#待機児童 #川崎市— しゅうくんママ (@syumama0408) 201 [全文を読む]

ももクロVS水樹奈々!?浜松市のゆるキャラグランプリに行ってきた!

秒刊SUNDAY / 2015年11月23日14時25分

我々業者としては、仕事柄スポンサーが気になるところだがYAHOOJapanが入っているという点は意外だ。(そこまでYAHOOは押していただろうか?)その他は地元の企業が協賛している。早速ゆるキャラ発見。地元のラジオ局のサテライトスタジオに出演中。ウインナーか何かのゆるキャラです。早速家康くんショップ発見。出世グッズとしてここでしか手に入らない、レアグッズも [全文を読む]

大丈夫か浜松市!避難指示!→避難せず「どこに行けばいいのか」

秒刊SUNDAY / 2015年09月08日16時17分

―ネットの反応・ ウチは高い地域だから、水没は大丈夫だけど ・ 自分の会社のあるとことは違うとこなんでまだ平気かなってw・ 7万人に避難指示って、人口の1割くらいあるんだが!・ はままさん大丈夫かな・・・ 浜松の人 逃げてー!・ 学校から(避難指示が出ている地域まで)帰ります・ 避難指示にまでなってるそうな・ 浜松の方避難指示でてるけど大丈夫だか?・ 避難 [全文を読む]

本田宗一郎が48歳の時に綴った「モノづくりへの渇望とホンダ創業前夜」(前編)

文春オンライン / 2017年08月19日07時00分

しかし、それでいて、ただ一つ言えることは――それは、一本に打ちこめる仕事をし続けてきた、ただそれだけなのである。 映画の主人公が叫んだ言葉に、最も私は気に入ったのがあった。私と競走とどちらを選ぶと愛人に迫られて、「俺が競走するのは、何も記録と闘い、相手と闘っているのではない。俺は俺の生命を相手にしているんだ。競走に出なくて、どこに俺の生涯があるんだ!」 然 [全文を読む]

新社会人・新入生の“出世運”にご利益も!出世の街 浜松「出世運うなぎのぼり祈願所」がパワーアップ

@Press / 2017年03月31日11時00分

いわゆる仕事上の出世から合格祈願や恋愛成就など様々な「出世」まで、すでに数多くの願いが特製の「うなぎの出世絵馬」に書き込まれ、祈願されています。この春、新社会人のみなさまをはじめ、新年度、入学式など新たなスタートを切られる方へ。この機会に、「出世運うなぎのぼり祈願所」でぜひ御祈願を!4月1日より、祈願の際に聞く事のできる「金の家康くん像」からの「出世のお言 [全文を読む]

税金滞納で…ももクロ・百田の自宅が差押さえられていた

WEB女性自身 / 2013年05月04日07時00分

「夏菜子は人気アイドルになってからも『静岡県の実家から仕事に通っている』と公言している。家族や故郷を大切にする姿勢が、彼女の親しみやすいキャラを生んでいる」(芸能関係者) 浜松駅から車で20分ほどの住宅街にある百田家。両親と、夏菜子を含め3人きょうだいの、あわせて5人家族が、いまもこの家で普通に暮らしている。しかし、登記簿謄本によると、’11年8月2日、「 [全文を読む]

静岡放送・内山絵里加アナ作川柳「うなぎだよ うなぎだうなぎ うなぎだよ」

ザテレビジョン / 2017年09月02日20時00分

仕事を頑張った日はご褒美として、ひとりでよく食べます。――梅沢さん、柴田さんとの収録の感想を聞かせてください。とても楽しい収録でした。優しい梅沢さんと、スパッとした切れ味をもつ柴田さん。あたたかいお2人と本当に楽しく収録ができました。それと同時に、「うなぎ」の奥深さを実感しました。特に、柴田さんが教えてくださった「うなぎもどき」は本当にビックリ!!うなぎ= [全文を読む]

【出世運も高まる】井伊直虎ゆかりの地も!遠州・浜松の魅力たっぷりおすすめスポット

TABIZINE / 2017年02月16日12時00分

仕事、出世、恋愛あらゆる良縁を結ぶ「小國神社」 静岡県周智郡森町にある「小國神社」は遠江国の一宮です。ご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)であらゆる良縁を結ぶと言われています。縁結びと言えば、結婚や恋愛の縁をイメージする方も多いと思いますが、神職さんいわく「良縁は仕事、出世にも繋がります。仕事や出世も人との縁があってこそ。良縁を結ぶことで人生全般が向上 [全文を読む]

東大卒エリートが「主夫」に、育児にのめりこんだ理由とは

WEB女性自身 / 2017年02月16日06時00分

実苗さんは現在、留学を終え、独立行政法人で医学系研究データのデータベース作成の仕事で収入を得る一方、夜は古巣の東大で遺伝子研究を続ける科学者だ。 「仕事から帰って家族と夕飯を取ったあと、8時には大学に行き、0時過ぎまで研究です。でも無給なので、夫には『サラリーマンのマージャンと一緒』と言われてます(笑)」(実苗さん) 夫妻は互いのスケジュールをスマホアプ [全文を読む]

子供に人気の花形職業がよくわかる絵本、「しごとば」シリーズ原画展開催決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月10日15時00分

子供達に人気の職業を、道具や仕事の流れまで詳しく紹介した人気絵本『しごとば』シリーズの作者・鈴木のりたけが、ふるさと浜松市の教育文化奨励賞「浜松ゆかりの芸術家」を受賞した。 同賞は、国内外で幅広く活躍する浜松市にゆかりのある芸術家に、浜松市長から贈られる賞。同賞の受賞を記念して、ブロンズ新社ギャラリールーム「青銅Room J」にて、「鈴木のりたけ しごとば [全文を読む]

「偏向報道をしたってバランスは取れない」死刑囚を追い続けた2人に聞く報道と権力

ソーシャルトレンドニュース / 2016年01月15日19時14分

でも、なかなかそういう努力ができる記者って少ないんですよね」■若干30歳・鎌田さんを抜擢した理由――今回、東海テレビがずっと追ってきた名張事件の担当であり、映画となった作品の監督に、30歳の鎌田さんを抜擢されたのも、そういうところを買ってのことなんでしょうか?齊藤「そうですね、そういう普段の仕事ぶりを見て、鎌田に託しました。鎌田は“サツタン”“サツまわり” [全文を読む]

出世大名家康くんが出世旅プロジェクト開始宣言 浜松城散策1周年記念式典にて

@Press / 2014年07月07日11時00分

それらは、ビジネスパーソンを刺激し、再び仕事をがんばろうという 気持ちを興してくれるはずじゃ。 出世とは、自らを成長させ、夢を叶えること。 平成の世を生き抜くビジネスパーソンたちよ、 出世の街 浜松を旅して、出世運を授かるのじゃ!詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press 【関連画像】 [全文を読む]

子育てママに「育勉(いくべん)」提唱セミナー ママ人材育成プロジェクト『ON-MO(おんも)プロジェクト』を開始

@Press / 2013年07月17日09時30分

子育て期間をブランクにせず、再び仕事を始めるには、まず女性自身が勉強し、周囲へのアンテナを高くすることが何より重要です。 『ON-MOプロジェクト』は、2児の子育てをしながら、中小企業診断士や1級販売士などの難関資格を取得した女性役員(小田木 朝子)が中心となり、自身の経験を踏まえた勉強時間の作り方、効果的なITの活用法などを教えます。 <セミナー内容> [全文を読む]

柴咲コウ、大河ドラマ撮了に思う「私の人生を潤してくれた」

ORICON NEWS / 2017年10月12日06時00分

初めてご一緒する役者さんやスタッフもいる中、皆さんのお芝居や仕事ぶりを目の当たりにして、とても刺激を受けました。作品からエネルギーをいっぱいもらいました」。大きな仕事をやり遂げた自信の表れか、言葉の端々からみなぎるパワーを感じさせる。 最近、東京と京都の寺社でコンサートを開き、きょうは女優として『直虎』の撮影、メディア・音楽・ECの各事業行うレトロワグラー [全文を読む]

インナーコミュニケーション活性化施策のご紹介 職員の働くモチベーションの向上を図ります “初”開催『聖隷本部ファミリーデー2017』

DreamNews / 2017年08月14日10時00分

そのためには職員を支える家族の理解が不可欠で、自らの仕事をより深く知ってもらうきっかけとして、職場に家族を招き、実際に見てもらうコミュニケーションの場「聖隷本部ファミリーデー」を初めて開催します。 2017年8月18日(金)に開催します。3つの企画((1)「名刺交換体験&聖隷のおしごとを知ろう!」、(2)「パパ・ママのデスクで記念撮影」、(3)「ランチ懇 [全文を読む]

東京発「地方おこし」の仕掛け人10人

Forbes JAPAN / 2017年06月29日17時30分

それをつくるのが地域外にいる僕の仕事です」 地域おこしの仕掛け人10人 秋好陽介 ━ランサーズ社長/「熱意ある地方創生ベンチャー連合」代表理事地方自治体などと提携し、日本全体に仕事を再分配する「地方創生」事業を開始。クラウドソーシングで、好きな場所に住み、好きな時間に働ける社会へ。(1981年、大阪府生まれ。2005年ニフティに入社し、ITサービス企画・開 [全文を読む]

スマホを使った禁煙治療に期待が掛かるワケ 治療継続率向上を目指す新サービスが登場

東洋経済オンライン / 2017年06月04日08時00分

■12週間の通院に5回仕事を休む必要日本の喫煙人口比率は20%程度にまで下がったが、多くがやめたくてもやめられない人だという。禁煙外来は保険が利くにもかかわらず、利用者数は喫煙者の2割未満だ。通院のために12週間に5回仕事を休む必要がある、6万円(自己負担は2万円程度)の費用がかかる、近くに禁煙外来のクリニックがないなどのハードルがある。「禁煙が難しい理由 [全文を読む]

フォーカス