映画 小雪に関するニュース

巨匠M・スコセッシ監督が来日:アカデミー賞最多ノミネートの最新作も「娘のため」

AOLニュース / 2012年02月16日17時44分

Filed under: ムービー, 週刊 映画コラム, 第84回アカデミー賞 本年度アカデミー賞最多11部門にノミネートされている「ヒューゴの不思議な発明 」のプロモーションの為、マーティン・スコセッシ監督が5年ぶりに来日。都内で記者会見を行った。ゲストには小雪が登壇し、出産後初めて公の場に姿を見せた。 1930年代のパリで、亡き父の形見の機械人形と共に [全文を読む]

久々に飛び出した小雪の問題発言

NewsCafe / 2015年05月24日17時00分

先日、現在第3子が妊娠8カ月という女優、小雪(38)が、都内で行われた出演映画『杉原千畝 スギハラチウネ』(12月5日公開)の製作報告会見に出席した。 映画は第2次世界大戦中に約6000人のユダヤ難民の命を救ったと言われる外交官、杉原千畝の生涯を追ったストーリーで、小雪は千畝の妻、幸子を演じると話題だ。 「ところが、この会見の席で小雪は、とんでもないことを [全文を読む]

芸能界“美女スター・ウォーズ”を独占封切り!「小雪VS蒼井優…キャラかぶりがバトルの引き金?」

アサ芸プラス / 2015年12月27日17時57分

映画関係者が言う。「キャスティング会議で、最終候補が小雪と蒼井にしぼられたのは一度や二度ではありません。現実に、このところ産休続きだった小雪に代わって、蒼井が映画出演を急激に増やしています。このままCMの仕事も奪われるのではないかと、小雪もヒヤヒヤでしょう」(映画関係者) 小雪が蒼井を強烈に意識し始めたのは12年末頃。第2子出産のため、セレブ御用達分娩施設 [全文を読む]

松ケン&小雪 妻の両親と同居する1億7千万円御殿が完成

NEWSポストセブン / 2013年10月12日07時00分

小雪さんの両親も一緒に住めるようにと二世帯に改装したんですよ」(小雪の知人) 2009年、映画『カムイ外伝』の共演をきっかけに交際をスタートさせたふたり。松ケンは小雪の両親が暮らすマンションの別の部屋で彼女と同棲。婿入り同然のマスオさん生活を送っていた。しかし2011年4月に結婚し、長男を出産した後は、一家でタワーマンションへ引っ越し、両親との同居を解消し [全文を読む]

「トラブルメーカー」の小雪がブチ上げた謎のプロジェクトとは?

アサジョ / 2016年03月21日09時58分

「2人は奈良橋がキャスティングを担当したトム・クルーズ主演映画『ラストサムライ』で、小雪を抜擢したのを機に、10年以上の付き合い。奈良橋の尽力によって小雪はヒロインの座をゲット。その後、女優として大きく飛躍することになった。いわば『女優・小雪』の恩人です。奈良橋は映画監督、作詞家などマルチに活躍しており、渡辺謙をビッグスターにした仕掛け人でもある。小雪は仕 [全文を読む]

また炎上の小雪、なぜココまで嫌われる!? 芸能関係者への調査でわかった意外な一面

tocana / 2015年05月25日09時00分

19日、映画『杉原千畝 スギハラチウネ』の製作報告会見に出席した小雪が、「親になって初めて人間にさせていただいた」とコメントしたことで、ネット上では「不妊の人に対して失礼」という非難の書き込みが殺到したのだ。 もちろん、小雪はそのようなつもりで発言したのではなく、「親になって、初めて親の気持ちが分かった」「人として成長できた」と言いたかっただけのようだが、 [全文を読む]

「地味さがエロい」大島優子、禁断の不倫女性に挑んだ『タラレバ娘』の演技で評価一変

メンズサイゾー / 2017年02月10日16時00分

その後も映画『ロマンス』に主演したり、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』に出演したりと破格の扱いを受けていたが、いずれも評判は芳しくなかった。 [全文を読む]

夏帆、嫉妬!?中島裕翔と菅田将暉は「デキてるんじゃないか」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年01月12日18時30分

加藤シゲアキ(NEWS)氏の同名小説を映画化した『ピンクとグレー』(1月9日より全国公開中)。本作でヒロインのサリー役を演じた夏帆さんにWoman Insightではインタビューを行い、前編では役作りや幼馴染についてお送りしましたが、後編ではサリーの幼馴染を演じた中島裕翔(Hey! Say!JUMP)さん、菅田将暉さんとの撮影の様子や、夏帆さんのプライベー [全文を読む]

“いい夫婦”の秘訣に、唐沢寿明「リスペクトの気持ち」。小雪は「●●をつくる」

Woman Insight / 2015年11月12日21時08分

11月12日東京ミッドタウンにて「ミッドタウン・クリスマス 2015」クリスマスイルミネーション点灯式が行われ、映画『杉原千畝 スギハラチウネ』(12/5公開)に出演する唐沢寿明さんと小雪さんが出席しました。 点灯式に登場した、唐沢さんはミッドタウンに事務所が近いこともあり食事に来るもののイルミネーションは初めてだそう。点灯したイルミネーションを見て「作る [全文を読む]

佐々木希、新垣結衣、堀北真希......2012年を彩ってくれる注目の"辰年美女"三世代

メンズサイゾー / 2012年01月14日18時00分

まさに絶頂期の美貌&ボディを備えた佐々木希は2月公開の映画『アフロ田中』で映画オリジナルのヒロインを演じるなど、今ノリにノッている。同じくモデル出身では榮倉奈々と黒木メイサも映画、ドラマ、CMにと活躍著しい。抜群の透明感で人気の堀北真希、個性派女優になりつつある吉高由里子、清純派の代表・新垣結衣の3人は、今年も映画やドラマでその魅力を存分に発揮してくれるだ [全文を読む]

「空前の人気のはずが......」チャン・グンソク主演映画『きみはペット』初週6位の現実

日刊サイゾー / 2012年01月31日08時00分

23日に発表された21~22日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で、チャン・グンソク主演の『きみはペット』が第6位であることが分かった。日本で"空前"とされる韓流ブームの代名詞的存在の成績として、この順位をどう見るか微妙なところだ。「92スクリーンで初週の2日間の興行収入が6,800万円というのは、客観的に見れば決して上々とはいえないまでも、そこそ [全文を読む]

死後婚、臨死体験、SM、猟奇殺人……。GWに見たい! 封印スレスレな「変愛系アイドル映画」ベスト5を発表!

おたぽる / 2016年04月30日13時00分

あらゆる映画ジャンルの中で、アイドル映画ほど面白いものはない。そして、アイドル映画はどこかおかしい。人気アイドルが出演するということで企画が成立してしまうため、通常ならGOサインが出ないような常規を逸した脚本でもスルッと通ってしまう。監督は演技力のあるなしにかかわらず、アイドルに無茶ぶりをする。また、アイドルは自分が纏っているアイドルという名の殻を脱ぎ捨て [全文を読む]

まるで相撲取り!松山ケンイチが激太りした崖っぷちな裏事情とは?

アサ芸プラス / 2015年12月24日09時58分

松ケンは12月20日に行われた主演映画「の・ようなもの のようなもの」のイベントに参加したのだが、「無精ひげをはやして、二重あごがくっきり。伸びっぱなしの長髪に着物姿のせいで、いでたちはまだ髷が結えない相撲取りといった風情。イケメン俳優の激変に我が目を疑う女性ファンも少なくなかった」(芸能ライター) 7月から9月まで放送された連続主演ドラマ「ど根性ガエル」 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ドラマ『タラレバ娘』 原作者のお気に入りは田中圭と大島優子「小雪いいいいい!」

TechinsightJapan / 2017年02月02日13時15分

さらには「まんま丸井さんだあああ…っっっ」と田中圭演じる丸井良男に見惚れると、「大島さんめっちゃ小雪だなあ~~こんなにイメージ変えられるなんてすごいなあ…」と映画『紙の月』での大島優子が頭をよぎりつつ「ほんと別人みたいですごい!」と絶賛していた。 この日、日本テレビ系で放送された水曜ドラマ『東京タラレバ娘』の第3話では鎌田倫子(吉高由里子)とKEY(坂口健 [全文を読む]

「とにかく明るい安村がいる」「小雪のせいで」松山ケンイチ、“激太り”にマスコミ大混乱

サイゾーウーマン / 2015年12月28日09時00分

20日、都内で行われた主演映画『の・ようなもの のようなもの』(来年1月16日公開予定)の先行上映会の舞台挨拶に登壇した松山は、「二重あごで顔が真ん丸、胴回りも恰幅がよくなっており、 とにかく明るい安村がいるのかと思った」(映画ライター)そうで、現場がざわついたという。 松山は漫☆画太郎の人気マンガの実写映画化『珍遊記』(来年2月27日公開予定)で、真ん丸 [全文を読む]

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

私たちが映画やテレビ、新聞・雑誌などのメディアを通して目にし、憧れを抱いたり共感を覚えたりするたくさんの有名人。メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしている [全文を読む]

公立でもインターでも…どんな選択をしてもバッシングが湧く神田うの&小雪

messy / 2015年08月10日22時00分

また小雪も、5月に行われた映画『杉原千畝 スギハラチウネ』の製作報告会見時に、「私も親になって初めて人間にさせていただいたと思っている。自分ひとりで生きているような錯覚があったけれど、いろんな方々の力を借りて生きてこられたということを痛感しています」と子育てに対する思いを語ったが、「親になって初めて人間にさせていただいた」という一文だけがピックアップされ [全文を読む]

第三子妊娠、思うままに生きる小雪のルーツはスピ系、自然療法

messy / 2015年04月11日12時00分

ほかにも2012年、皆既日食を翌朝に控えた日に行われた、映画「スノーホワイト」のレッドカーペットイベントで「皆既日食は見ますか?」と問われ「見ました。育児とか忙しくて、なかなか空を見上げることはないけど」と、まだ起こっていない皆既日食を見たと発言し場を微妙な空気にさせた『皆既日食見たよ事件』、その昔には、環境保全研究所という会社がサロン展開していた、環境へ [全文を読む]

小雪 公立保育園断念で選んだ「月8万円」プリスクール

WEB女性自身 / 2014年07月31日18時00分

小雪さんが忙しい日には松山さんが送迎を行っているみたいですよ」(映画関係者) [全文を読む]

東出昌大の棒演技が不安? 杏の連続子作りは「小雪パターン」狙いか

日刊サイゾー / 2017年04月04日11時00分

東出は、昨年公開の映画『デスノート Light up the NEW world』で捜査官として主演するも、棒演技に猛批判が集まり、映画も爆死。新しい作品への出演が決まると、決まって作品の先行きを不安視する声が上がるほどです。一方の松山も、12年に主演したNHK大河ドラマ『平清盛』が大河史上ワースト視聴率を記録。以来、出演ドラマはすべて大コケしている。前ク [全文を読む]

フォーカス