伝説 諸星和己に関するニュース

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(1)怒髪天を衝いた「大立ち回り」-勝新太郎VS奥田瑛二 他-

アサ芸プラス / 2014年07月15日09時57分

硝煙の頂上ロードで火花を散らした伝説の武勇伝の数々をリロードする。 まずは、軽いジャブから──。93年、年末の恒例行事「NHK紅白歌合戦」の開幕を控えた楽屋、発端は先輩の軽い“後輩いじり”だった。 「最初にけしかけたのは少年隊の植草克秀(47)のほうでした。楽屋にあった後輩の光GENJI・諸星和己(43)の帽子にアソコの絵を描いてイタズラしたんです」(ベテ [全文を読む]

指原莉乃 付き合いたいのは陣内智則「アノ件は知ってます」

dwango.jp news / 2016年11月25日22時28分

あと諸星さん検索すると”伝説”って出てくるんですよ。彼氏が伝説持ってるの恥ずかしいかな」と答え一同爆笑。7位はザキヤマがランクイン「しょっちゅう”しのはらちゃん”って名前を間違う」といういい加減さがマイナスに。8位DJ KOO、9位は武井となり、最下位には、現在レギュラー2本で共演してるフット後藤が。「見てる人に、指原番組やってるから言いやすいので10位に [全文を読む]

大看板なければ用済みか?SMAP解散後のメンバーに”悲惨な末路”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日16時05分

『ガラスの十代』『パラダイス銀河』などヒット曲を連発した伝説のアイドルグループだ。 「彼らの解散の理由は不仲もありましたが、方向性の違いが大きかった。大沢樹生(47)はのちに、グループ脱退、事務所の退所について『このままここにいたら、自分が目指している方向性のものは永遠に出来ないかもしれないと思った』と語っています。とはいえ、解散後それができたとも思えない [全文を読む]

元光GENJI“因縁の二人”ディナーショーに、坂上忍がクレーム

日刊大衆 / 2016年11月09日15時30分

芸能リポーターの菊池真由子(40)は、「都市伝説ですけど、五木さんの値段を超えてはいけないという暗黙のルールがあるといわれていて、特例として矢沢永吉さんとか、松任谷由美さんがいたときは6万円でしたけど」と、その実情を紹介した。 ウーマンラッシュアワーの村本大輔(35)が「坂上さんはディナーショーやってないの?」と問うと、坂上は「俺は去年、一昨年くらいはやり [全文を読む]

天下を取ったアイドルの「その後」事例......キムタク活躍は不可能!? 解散したアイドルグループが辿る「末路」の数々に驚愕

Business Journal / 2016年08月27日14時00分

SMAPが陽の目を見るまで、他の追随を許さない人気を誇り、現在でも伝説のアイドルとして語り継がれています。ですが、解散後、それぞれのメンバーは残留・移籍しつつ活動しているものの、苦境に陥ったものも多く目覚ましい活躍をしているメンバーはほとんどいませんよ」(芸能ライター) 1988年に『パラダイス銀河』をリリースし、人気の絶頂に達し、その7年後の95年に解散 [全文を読む]

中居正広、9月にもジャニーズ退社か…SMAP解散騒動再燃も 事務所への不信深刻

Business Journal / 2016年01月30日06時00分

過去には森且行の脱退や、稲垣吾郎と草なぎ剛(編注:「なぎ」の正式表記は漢字)の逮捕など、多くの危機を乗り越えるたびにそれを糧にファンとの結束を固めてきたSMAPだけに、結果として今回の騒動も「メンバーの強い絆で大きな危機を乗り越えた」という“新たなSMAP伝説”として、今後のさらなる飛躍を後押ししそうだ。 しかし、そんな楽観シナリオに異を唱えるのは大手芸 [全文を読む]

嵐・二宮和也の“お笑い大御所”へのタメ口に「失礼すぎる」と批判殺到

デイリーニュースオンライン / 2015年12月19日07時30分

番組では、笑福亭鶴瓶の「酔うと全裸になってしまう」「電話をすれば大物芸能人がスグに駆けつける」という2つの伝説を検証するため、プライベートでも親交のある2人が大阪の寄席小屋でトークを展開した。 明石家さんまにタメ口きいてキムタクに怒られた過去も!? 冒頭、「落語やったことある? ちょっとやってよ」と二宮和也。これを受けた上方落語協会の副会長でもある笑福亭 [全文を読む]

ソロ展開中の山下智久や赤西仁が目指すべきジャニーズの先輩像を考察

東京ブレイキングニュース / 2014年01月04日10時00分

「天下のジャニーズであってもソロに苦労」はもはや伝説なのだ。先の記事で綴った「郷ひろみの悪夢」から引きずって30年以上もの間、ソロ歌手としてのデビューができないのは、その必要もないからだろうが、超人気グループであっても「ひとり」になると弱さが露呈する現実は否めない。 ソロという体で活動している山下、赤西、中山優馬らがいる一方で、彼らの代表曲やヒット曲と言 [全文を読む]

大沢樹生の長男騒動、13年前から実子ではないと噂になっていた!

東京ブレイキングニュース / 2013年12月25日12時35分

日刊ナックルズでも連載する岡留安則氏が編集長を務めていた伝説の雑誌『噂の真相』では2000年に、「長男は大沢の子供ではない」という一行情報を掲載していたのだ。しかし、ショックが大きいのは16歳の長男である。幼少のころから受けていたとされる虐待を訴えていた子供からすればなおさら受け入れがたい事実だろう。現在はアメリカの住む喜多嶋もこの騒動に対しては明確な否定 [全文を読む]

SMAPや嵐も他人事じゃない!? 売れなくなったジャニーズのその後

東京ブレイキングニュース / 2013年12月23日17時00分

それはあの伝説の男性アイドル、田原俊彦の停滞期間を見ても明らかだろう。最近ようやく再ブレイクを果たしたものの、それまではまさに「あの人は今」状態だった。 70年代デビュー組はさらに過酷だ。知る限り最も酷かったのがフォーリーブスの北公次さんである。売れに売れまくったフォーリーブスから解散後は、芸能界を追われて漁港でアルバイトをしていた。晩年はフォーリーブス再 [全文を読む]

和田アキ子に暴言連発!! ぶっちゃけ過ぎた元アイドルが危険!?

メンズサイゾー / 2013年04月13日08時00分

さらに、そんなエピソードの中には、女性アイドルとの密会場所がマスコミにばれないようにと、和田アキ子の自宅を使用していたとの伝説もある。 [全文を読む]

Sexy Zone・中島健人の「過剰アイドル」ぶりこそ、バラエティの逸材?

サイゾーウーマン / 2012年11月21日13時00分

おまけに、自らを「ラブホリック」と称したり、デビュー後の握手会では、目の前で靴が脱げたファンに対して「シンデレラ気をつけて」と言ったとか、「結婚して」というファンに対して「いいよ、明日しよっか」「婚姻届持っていくね」「迎えに行くから待ってて」「そういうのは男から言わせてよ」などバラエティに富んだ、あま~い返答をしたなどの数々の「伝説」まである。 スゴイのは [全文を読む]

フォーカス