ライブ 諸星和己に関するニュース

元光GENJI諸星和己の交流から見えた、現役ジャニーズとの“それなりの関係性”

サイゾーウーマン / 2014年09月16日13時00分

元メンバーは、「ライブとかにも呼んでもいないのに来たりします」とのことで、佐藤寛之や山本淳一が来て、飛び入りでマイクを握ったりすることもあるそうだ。なかなか豪華なステージの様子だが、それを「a-nation」になぞらえて「ka-nation(カーネーション)」と呼んでいるらしい。 そんなわけで、ある日のかーくんの密着VTRが流れた。代官山のカフェでブラン [全文を読む]

諸星和己と大沢樹生が不仲乗り越えツーショット実現...ジャニーズのグループ再結成事情

東京ブレイキングニュース / 2013年11月11日19時00分

例えば、光GENJIでは、山本淳一や佐藤寛之のライブに内海光司が遊びに来るといった光景があった。男闘呼組では、高橋和也と前田耕陽は揃ってライブを続けていた。もちろん当時のヒット曲を歌うこともあるからファンにはたまらない場所となっている。 また再結成ではなく合体ユニットは多くある。面白いところでは、THE GOOD-BYEと男闘呼組で男BYEや、THE G [全文を読む]

ホリエモン、複合エンタメイベントを六本木で2月4日開催 著名人とのトークショーや人狼、DJやバンドライブも!

@Press / 2017年01月17日12時00分

■サテライト会場では、様々なエンタメ企画が同時開催!「morph-tokyo」ではアイドル発掘プロジェクトのオーディションライブが行われる予定で、アイドルデビューの瞬間に立ち会うことができます。ポーカー会場「SlowPlay」では、木原直哉プロが来場し、ホリエモンとポーカーで対決します。ビリヤード会場「GOD DRAGON」では、イケメンビリヤードプロ選手 [全文を読む]

MYNAMEセヨン 陣内孝則、諸星和己との舞台共演エピソード語る

WEB女性自身 / 2016年02月19日19時00分

ただ、今回ちょっと心配だったのは、この舞台公演の間にMYNAMEのライブが入っているので、体力的に大丈夫かなあ、と。どちらも集中しなきゃならないし大事なので。それが少し心配なだけで、ほかはまったく問題ありませんでした。――度胸があるんですね。セヨン:心臓がドキドキとかあまりしないんです。でも、大きな公演とかの場合、逆に、少し緊張するくらいがいいと思うので、 [全文を読む]

大ブレイク中の仮面女子に諸星和己が送ったリアルなアドバイスとは?

アサ芸プラス / 2015年01月09日18時00分

(芸能界の)大変さだとか、自分たちの生きてきた道を踏まえたストーリーを作りたい」と語り、一方の仮面女子は、東京オリンピックでライブができるような“国民的地下アイドル”になりたいと、大いなる夢を語った。 [全文を読む]

諸星和己&鶴久政治新ユニット構想でグループ再結成にも注目

NEWSポストセブン / 2014年08月24日07時00分

現在、諸星は鶴久に新曲の制作を依頼しており、さらにまたチェッカーズ時代の名曲『夜明けのブレス』を自分のライブでもよく歌うという。番組では、そんな名曲を2人で熱唱。その絶妙のハーモニーに司会者が「2人で活動してください」と言うと、鶴久は「はい」と即答。単なるプロデュースではなく、デュオでの活動を明言した。 「この『夜明けのブレス』のカバー曲とともに新曲を入れ [全文を読む]

中居正広が「ジャニーズで一番」と絶賛するグループとは

日刊大衆 / 2016年11月21日12時00分

中居正広は、光GENJIの解散ライブを見に行ったそうだ。最後に光GENJIのメンバーたちが、脱いだローラースケートをステージの中央に置いたのを見て、寂しい気持ちになったと、以前テレビで語っている。そして今度は、先輩たちの背中を追いかけて国民的なアイドルグループとなったSMAPが解散する。きっと中居なら、今のファンの気持ちが分かるのではないだろうか。ブリュ [全文を読む]

諸星和己の近影が閲覧注意レベル? 謎の急激な老け込みにあの疑惑まで浮上

messy / 2016年08月18日19時50分

病的な痩せ方・やつれっぷりは7月下旬から舞台稽古やライブリハーサルが続いていたうえに、8月4、5日は2日連続で炎天下の中過酷な地方ロケをして、6日は大阪でミニライブを4公演して、延べ1000人にサインと握手をしていたから”と説明しています。これを踏まえると“一時的に”痩せているのかと思われますが、どうもそうじゃなさそうなんですよね」(芸能記者) 7月29日 [全文を読む]

「地下アイドルの星」仮面女子と元光GENJI諸星和己がスター競演

dwango.jp news / 2014年11月04日22時39分

「ゴールデン・バード賞」を受賞しお礼のライブを開催。『大冒険☆』『夏だね☆』の2曲を歌い踊り、パワフルなステージで“男のイベント”を盛り上げたが、途中、ランウェイに登場したゲストがこれまた凄かった。まずはギャルの黄色い声援を受け、歌手・諸星和己が登場した。諸星と言えば、ローラースケートをはいた元スーパーアイドルグループ「光GENJI」のリーダーとして一世を [全文を読む]

ソロ展開中の山下智久や赤西仁が目指すべきジャニーズの先輩像を考察

東京ブレイキングニュース / 2014年01月04日10時00分

ジャニーズ戦略の一つとして同じ事務所の先輩や後輩、ジュニアらを動員した演出でなんとか1万人規模のライブはできるだろうが、「ひとりの歌手」として考えると相当の無理を感じてしまう。 山下と赤西の「ソロに挑戦」はひとりでもできるという自信からだろう。だが、これまでにジャニーズ事務所からソロで成功したのは郷ひろみ、田原俊彦、近藤真彦の3人だけだ。後のひかる一平は大 [全文を読む]

“最後のスーパースター”元・光GENJIの寂しい現状「なぜ彼らは栄光を失ったのか」

日刊サイゾー / 2013年12月28日11時00分

大沢とともに光GENJIを脱退した佐藤寛之(43)は、ミュージシャンとして地道に活動を続けているが、やはり地上波に出演することはまれで、ライブでの活動が主になっている。 [全文を読む]

「つんく♂の才能はもう枯渇!?」THE ポッシボーが自ら売れない理由を激白!

日刊サイゾー / 2012年01月15日08時00分

「THE ポッシボーはNICE GIRL プロジェクト!所属で、ライブを中心に活動しています。一方、ハロプロは昨年、モーニング娘。ら29人が参加して"モベキマス"として『ブスにならない哲学』を発売し、大規模握手会を開催するもオリコン週間4位と大惨敗。このタイトルはファンからも不評だったようです。東日本大震災への復興への思いを込めてAKB48に『風は吹いてい [全文を読む]

フォーカス