俳優 水戸黄門に関するニュース

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』『仮面ライダー響鬼』に、イブキ / 仮面ライダー威吹鬼 役等を務めの数々の作品に出演して来たイケメン俳優の渋江譲二が自ら企画・主演・脚本も一部兼務した。本作はイケメン俳優と言う肩書きを払拭する様な「シュールレアリスム【超現実】」にこだわったコメディ作品に仕上がった。 シュールとはシュルレアリスム芸術の形態、主張の一 [全文を読む]

設楽統、武田鉄矢の金八風「水戸黄門」に期待!?

日刊大衆 / 2017年03月26日08時05分

3月17日放送のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)で、バナナマンの設楽統(43)と日村勇紀(44)が、俳優の武田鉄矢(67)が今年10月放送開始のテレビ時代劇『水戸黄門』(BS-TBS)に主演することについて語った。 この日の放送は、前日に日本武道館で開催された『ゴッドタン マジ歌ライブ2017〜マジ武道館〜』に触れ、日村がステ [全文を読む]

【時代劇】紅白出場に意欲?『水戸黄門』のうっかり八兵衛役でおなじみの高橋元太郎

しらべぇ / 2014年12月31日18時00分

高橋は「すっとびの辰三」という岡っ引き役で俳優デビューする。 第1回の試写会終了後、東映の人間が高橋のもとへ行き、演技をほめた。その直後、演技がヘタでどうしようもなかったら、“次回は捕り物の際、悪党に切り殺され降板させる”方針だったことを明かした。 その言葉に高橋は俳優業の厳しさを肌で感じた。『大岡越前』では、加藤剛、竹脇無我、大坂志郎、天知茂、片岡千惠藏 [全文を読む]

「水戸黄門」武田鉄矢主演で6年ぶりに復活!『復興のお手伝いになれば』

Smartザテレビジョン / 2017年03月15日17時01分

水戸光圀役は、俳優の武田鉄矢に決定。武田が演じる光圀は、一体どのようなキャラクターになるのか注目が集まる。その他キャストに関しては、現在キャスティング中だという。 新生「水戸黄門」では、青森・八戸を目指す姿が描かれる。また、BS-TBSではブームアップの一貫として4月より月~金曜の夜6時枠にて旧作品の再放送を予定している。 水戸光圀役に決まった武田のコメ [全文を読む]

伊吹吾郎 13000人の応募勝ち抜き東宝ニューフェイス合格した

NEWSポストセブン / 2013年11月30日16時00分

俳優の伊吹吾郎といえば、長寿シリーズだった「水戸黄門」の格さんや、子ども世代には「侍戦隊シンケンジャー」で殿に従う日下部として知られるとおり、着物に刀を手にした時代劇俳優のイメージが強い。だが、1969年に「無用ノ介」で主役に抜擢されるまで時代劇は未経験だったという伊吹の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 伊吹吾郎は1966年 [全文を読む]

10周年記念公演 The Remake Theater『イエロー』9月22日チケット発売開始

PR TIMES / 2012年09月07日09時16分

そして、<30-DELUX>おなじみの豪華ゲストは、舞台俳優として長く演劇界を支えてきた山崎銀之丞、若手人気俳優の鎌苅健太、橋本真一、芳賀優里亜、元宝塚女優の遼河はるひ、元SDNの梅田悠、加藤雅美など、実力派俳優を迎えます。また、本作品上演にあたり<コロシアム・スタイル>に劇場の観客席をアレンジ。劇場の中央にステージを配置し、通常の<シアター・スタイル>と [全文を読む]

水戸黄門“悪代官の極意”

アサ芸プラス / 2013年02月01日10時00分

「偽紋次郎」役をやる予定だった俳優さんが急きょ降りてしまい、その代わりに、背格好が似ていた僕にオファーが来たのがきっかけです。以降、市川崑監督が気に入ってくれて、最終回にゲスト主役にしてくれました。 ──市川監督から、悪役の演技指導はありましたか? 「不自然になるから目を剥くな」ということと、「眉間のシワを取れ」と。悪役なので眉間のシワはあったほうがいいか [全文を読む]

倉本聰が『やすらぎの郷』にぶち込んだ業界騒然の爆弾 前編

WEB女性自身 / 2017年06月04日06時00分

第9位:枕営業は当たり前!? 第8話で、作中ですでに死亡している女優・栗山たか子について「プロダクションから時代劇のスター俳優に貢がれた過去がある」という話になる。一同が驚いていると、浅丘ルリ子が演じる大女優・白川冴子が一言。 「今だってあるわよ」 第8位:石坂浩二の微妙な過去 「だって、テレビでなんとか鑑定教室でゲストに出てらしたでしょ」「いや、あれは [全文を読む]

あの個性派俳優の意外な経歴!ドラマを彩る名脇役俳優たちのルーツを辿ってみた

日本タレント名鑑 / 2016年04月27日09時55分

独特の雰囲気を持つ脇役俳優には、個性的で他とはひと味違った意外な経歴を持っている者が多い。今ではすっかり役者や監督としてのイメージの強いビートたけしとて、そもそもお笑い出身である。 同じくお笑い系から出てきた俳優としては竹中直人も『ぎんざNOW!』の素人ものまねオーディション番組出身。この番組内の企画から生まれたコントユニット、ハンダースのアパッチけんは現 [全文を読む]


『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』、若手俳優 “登竜門”としての違いは?

リアルサウンド / 2016年02月20日07時00分

参考:斎藤工、窪田正孝、佐野岳……2.5次元ミュージカルで飛躍した実力派俳優たち 2000年代以降、『仮面ライダー』出身の俳優たちは快進撃を続けている。『仮面ライダークウガ』のオダギリジョーに始まり、賀集利樹、要潤、半田健人、細川茂樹、水嶋ヒロ、佐藤健、瀬戸康史、菅田将暉、福士蒼太など、ライダー経験者にはそうそうたる顔ぶれが並ぶ。さらに、ライダーではなく怪 [全文を読む]

WINWINでウハウハのテレビ局って?

NewsCafe / 2015年11月02日17時00分

10月クールの連続ドラマがようやく出そろい、テレビ局関係者や俳優陣関係者が視聴率に一喜一憂している中で、「民放に限っていえば、テレビ東京が穴馬として化けそうです」とはテレビ誌デスク。 テレビ東京はネット局が少ないため、初回視聴率比較からはずされることが常だが、濱田岳(27)主演「釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助」の初回視聴率が10・8%(ビデオリサーチ調べ、 [全文を読む]

黄門さまが太鼓判!?ドラマ「釣りバカ日誌」西田敏行のスーさんはハマリ役!

アサ芸プラス / 2015年09月11日09時58分

もっとも西田がハマちゃんを初めて演じたのは41歳と、すでにベテラン俳優になっていたのです」 ちなみに今回のドラマ版でハマちゃんを演じる濱田岳は27歳。ずいぶんと若返ったものだが、ドラマの内容は新入社員のハマちゃんにスポットライトを当てたものだから当然と言えば当然だ。むしろ20代前半のイケメン俳優をキャスティングしなかったのは、制作側の英断かもしれない。(白 [全文を読む]

杉良太郎 ゴールデン枠2本でもテレビ時代劇を休業した理由

NEWSポストセブン / 2014年04月13日07時00分

俳優、歌手、最近はボランティア活動でも知られている杉良太郎は、数多くの時代劇に主演しながら人気絶頂のタイミングでみずから休業した。1983年に突然、宣言したテレビ時代劇からの休業について杉が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 時代劇スター・杉良太郎の名を一躍世間に轟かせたのは、1967年のNHK時代劇『文五捕物絵図』だった [全文を読む]

日本映画全盛期 役者は7~8本掛け持ちして何の作品か知らず

NEWSポストセブン / 2012年09月06日16時00分

15歳で東映京都撮影所の大部屋俳優となり、斬られ役以外に、物乞い、死体、なんでもやった。 「殺陣のうまい先輩が斬られる。池に落ちる。先輩はまだまだ剣戟シーンで動きまわらないかん。そんなとき出番ですわ。『フク、行けっ』はいっ。池に顔突っ込んでぷくぷく浮く死体です。情けない。だいたいこんなシーンは、闇討ちとか、夜の人通りのない池のはた。冬や、あんた。寒い。され [全文を読む]

武田鉄矢「読書に実用性だけ求めても空しい」 世の中は確信に至る材料を集めすぎている

東洋経済オンライン / 2017年05月10日09時04分

「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」(ラジオ文化放送)は、俳優の武田鉄矢氏が、毎週本を紹介して解説を加える形を取る、1994年から23年続く超人気番組だ。武田鉄矢氏といえば、「3年B組金八先生シリーズ」(TBS系)のドラマで、坂本金八として先生役(主役)を演じて大ヒットさせ、トレンディドラマ「101回目のプロポーズ」(フジテレビ系)でも主役を演じて、「僕は死にま [全文を読む]

石坂浩二「この役をやれなかったら60年の俳優人生が無駄に」

NEWSポストセブン / 2017年05月10日07時00分

60年以上この仕事を続けてきて、ある意味、初めての境地なんですよ」 俳優・石坂浩二(75)はくつろいだ表情ながら、じっくりと噛みしめるようにそう語った。 石坂はいま、4月に放送が始まった倉本聰脚本のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系/毎週月~金曜、昼12時半より放送)で主演を務めている。テレビ朝日がこの春より新設した、高齢者世代へ向けた昼の帯ドラマ「シル [全文を読む]

土屋太鳳は「昔のキャラと違う」!幼なじみ俳優の発言でバレちゃった!?

アサジョ / 2017年04月16日10時15分

もしかして、幼なじみ俳優のあの発言が影響しているのかなと勘繰ってしまうほどでした」(取材したカメラマン) 幼なじみ俳優とは、ドラマ「水戸黄門」(TBS系)で長らく“柘植の飛猿”を演じた野村将希の息子・祐希のことで、祐希は3月26日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で土屋と共演。幼なじみの土屋を「負けず嫌いで男勝りだった」と説明、恋愛ドラマに出 [全文を読む]

由美かおるが黄門入浴シーンを回顧 飽きさせぬための工夫

NEWSポストセブン / 2017年01月08日11時00分

俳優の友人に『飽きない?』と聞かれたこともあります。でも、時代が日々変わっていくように、自分次第で絶えず新しい気持ちでできる。私は好きになると、1つのことをずっと飽きないで続ける性格なんです」 現在はアルゼンチンの大衆音楽「チャマメ」に熱中している。 「サイモン&ガーファンクルの『コンドルは飛んでいく』などを牧田ゆき先生とアコーディオンの弾き語りをして [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

この作品をキッカケに多くの若手俳優にスポットライトが当たった。主役の長瀬智也は別としても、窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲ、高橋一生――今見るとそうそうたるメンツだけど、みんな当時はほとんど無名だった。さて、一躍人気脚本家の仲間入りをしたクドカンを、当然あの局が放っておくはずがない。フジテレビだ。ところが――これが前代未聞 [全文を読む]

フォーカス