テレビドラマ 水戸黄門に関するニュース

ショムニよりも強力!? これからのOLは黄門様を見習うべき!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月20日12時30分

テレビドラマはもちろん、ゲームやアニメといった中でも水戸黄門を扱った作品は数多くある。そして、6月10日に発売された『水戸のお局』(あらいきよこ/小学館)の主人公・水戸樹利亜も、経理課のお局で重度の黄門オタク。そんな彼女が、助手の賀来田(通称・カク)と矢木(通称・スケ)とともに黄門トリオを結成し、社内に蔓延る悪事を密かに成敗していくことに。そこで、みんなに [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

視聴率は平均2%台と低迷するが、ギャラクシー賞をはじめ、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞を受賞するなど、そのクオリティは高く評価され、13年には映画化もされた。同ドラマの珠玉は、そのリアリティにある。例えば、クラスに性体験の早い女子生徒が登場するが、正直あまり可愛くない。そういうディテールの積み重ねが独特の空気感を生み、視聴者や専門家から絶賛 [全文を読む]

『下町ロケット』は原作から何を足し、何を引いたか……スピード感を得た“21世紀の『水戸黄門』”像

日刊サイゾー / 2015年11月21日13時00分

現在の日本のテレビドラマ界は、池井戸なしでは成立し得ないのではないか、と思えるほどだ。『半沢直樹』の大ヒットを経験していることもあり、TBSとしても気合十分。かつ『下町ロケット』は、過去にWOWOWでドラマ化されているという経緯もあり、負けるわけにはいかないところだ。そして事実、期待通りのヒット作品となる。初回の視聴率こそ16.1%(ビデオリサーチ調べ、関 [全文を読む]

スケ番と仮面ライダーウィザードと仮面ライダーガイム鎧武、なのだ。

インフォシーク / 2013年09月24日17時30分

そして、刑事といえばヨーヨーなのである! 水戸黄門の印籠の如くヨーヨーをかざせば、桜の代紋が飛び出して、なんの因果か落ちぶれて今じゃマッポの手先なのである!わからない人にはさっぱりだろうが、1980年代中盤テレビドラマ「スケバン刑事(デカ)」だ。このテレビドラマは当時大流行していて、私も中学生ながらヨーヨーで桜の代紋を出す演技をしたり、授業中に原作マンガを [全文を読む]

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』『仮面ライダー響鬼』に、イブキ / 仮面ライダー威吹鬼 役等を務めの数々の作品に出演して来たイケメン俳優の渋江譲二が自ら企画・主演・脚本も一部兼務した。本作はイケメン俳優と言う肩書きを払拭する様な「シュールレアリスム【超現実】」にこだわったコメディ作品に仕上がった。 シュールとはシュルレアリスム芸術の形態、主張の一 [全文を読む]

倉本聰が『やすらぎの郷』にぶち込んだ業界騒然の爆弾 前編

WEB女性自身 / 2017年06月04日06時00分

ある年代以前のテレビドラマはほとんどが失われたという。もちろん倉本作品も例外ではない。石坂浩二演じる脚本家の菊村栄がそれを嘆いて言う。 「我々の著作物は昭和48~49年以前のものは、全部ないんです!これは一種の、大きな犯罪です!まったく許せないテレビ界の所業です」(第40話より) どう見ても、倉本さんの心の叫びです。 第9位:枕営業は当たり前!? 第8話で [全文を読む]

みんながひれ伏す!? 水戸黄門っていったい何もの?

マイナビ進学U17 / 2016年07月28日12時02分

テレビドラマでおなじみの水戸黄門。「なぜ全国を旅していたの?」「ホントに正義感あふれる庶民の味方だったの?」「印籠を見るとみんなひれ伏してしまうのはなぜ?」……とそんな疑問を持って注目すると謎の多い存在でもあります。今回はドラマなどで描かれている「水戸黄門」と実際の姿とを照らしつつ、さまざまな角度から考察してみます。■「助さん」「格さん」は実際には存在しな [全文を読む]

人気アイドル・高部あい薬物逮捕であのジャニーズメンバーが悲惨な状況に!?

アサジョ / 2015年10月30日09時59分

やはり清純派として売り出していたため、今回、薬物で逮捕という報道は、ファンにとって相当な衝撃だったようです」(芸能記者) そんな高部は近年、数多くのテレビドラマに出演。2014年は沢村一樹主演「ブラック・プレジデント」(フジテレビ系)、今年も「水戸黄門 スペシャル」(TBS系)や「婚活刑事」(日本テレビ系)、また「京都人情捜査ファイル」(テレビ朝日系)では [全文を読む]

水戸黄門=「肛門」と連想する人の割合は?微妙な名前の病院がネットで話題に

しらべぇ / 2015年08月11日06時00分

2011年までは里見浩太朗が演じるテレビドラマシリーズも人気を集めていたため、もっともよく知られた時代劇の登場人物のひとりだろう。ちなみに、「黄門」とは水戸徳川家の官職である「中納言」を漢語で呼んだもの。しかし、この名前と知名度が、あらぬ悲劇を招くこともある。■「水戸黄門」と聞いて「肛門」を連想する人は約5割一般的に「こうもん」と言えば、もっとも身近なのは [全文を読む]

<ドラマはなぜ10回〜11回なのか>日本のテレビドラマは「ガラパゴス化」している

メディアゴン / 2015年06月20日07時00分

もちろん、外国のテレビドラマも、日本の地上波テレビの編成にはめにくい。つまり、日本のテレビドラマは、ガラパゴス化しているのである。 [全文を読む]

男が裸になると視聴率が上がる? 女性の性欲のナゾ

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月30日17時30分

前評判通り『ガリレオ』が一人勝ち状態の今期のテレビドラマ。しかし、今クールのドラマでもっとも注目を集めているのは“男性俳優の裸”が溢れかえっている点だ。 関連情報を含む記事はこちら まず、テレビ朝日系の『ダブルス~二人の刑事』では、伊藤英明と坂口憲二のシャワーシーンが“お約束”化し、『水戸黄門』の由美かおる状態に。一方、フジテレビ系『ラスト・シンデレラ』は [全文を読む]

石坂浩二「この役をやれなかったら60年の俳優人生が無駄に」

NEWSポストセブン / 2017年05月10日07時00分

役者人生の中で培ったノウハウがあって、毎日続く昼の連続テレビドラマであればそれをすべて出せる。逆に出せなかったら、60年間生きてきたことが無駄だったかもしれないという、切羽詰まったところで勝負しています」 [全文を読む]

~西郷輝彦さんが、突然ありえない場所に現れて熱唱!~ インテリックスの不動産小口化商品[アセットシェアリング] 初のTVCM3篇が完成! 2月1日(水)よりオンエア開始

DreamNews / 2017年01月31日11時00分

1973年テレビドラマ「どてらい男」に主演し、高視聴率を記録。「水戸黄門」のゲスト出演をきっかけに「江戸を斬る」の遠山金四郎役に抜擢され、時代劇でも活躍し、NHK大河ドラマ等でも出演。現在はディナーショーや舞台など全国で活躍し、テレビのバラエティー番組にも数多く出演、幅広い芸能活動を続けている。 【「西郷さんは突然に。優良資産」篇(15秒)】リビングでくつ [全文を読む]

不動産小口化商品[アセットシェアリング]のイメージキャラクターに西郷輝彦さんを起用!

@Press / 2016年12月19日13時00分

1973年テレビドラマ「どてらい男」に主演し、高視聴率を記録。「水戸黄門」のゲスト出演をきっかけに「江戸を斬る」の遠山金四郎役に抜擢され、時代劇でも活躍し、NHK大河ドラマ等でも出演。現在はディナーショーや舞台など全国で活躍し、テレビのバラエティー番組にも数多く出演、幅広い芸能活動を続けている。【アセットシェアリングとは】[アセットシェアリング]は、不動産 [全文を読む]

テレ朝シニア向け帯ドラマ 石坂浩二と元妻、元恋人が共演

NEWSポストセブン / 2016年07月07日07時00分

石坂は1962年、テレビドラマ『潮騒』で加賀と共演。ふたりのヌードシーンが話題を呼んだ。1966年の舞台『泥棒たちの舞踏会』での共演をきっかけに交際をスタート。毎日バラの花を1本ずつ加賀に捧げる熱の上げようで、アイドル並みの人気を誇ったふたりの熱愛はマスコミを賑わせた。 一時は結婚寸前とまでささやかれたが、ふたりは破局。石坂は1971年にドラマ『2丁目3番 [全文を読む]

役者としては目が出なかった演出家・蜷川幸雄

アサ芸プラス / 2016年05月13日14時20分

当時の蜷川がテレビドラマ「水戸黄門」(TBS系)で公家を演じているのを見て、太地が「あんなヘタな演技を見てしまったら、演出家としてのダメ出しが聞けなくなる。頼むから役者は辞めてちょうだい」と進言したのだ。「蜷川演出は厳しいことで有名です。だから心が折れてしまう役者もたくさんいる。そんな役者には、92年に公開された映画『きらきらひかる』で、主演の薬師丸ひろ子 [全文を読む]

<「炎上もどき商法」の危険性>加藤紗里、浮上から終息までわずか20日?

メディアゴン / 2016年02月20日08時03分

この期間を長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれだろうが、テレビドラマでいえば2回〜3回分だ。「炎上もどき商法」で得た注目は鎮火も早く、すぐに「あの人は今?」未満になってしまう。そこからの再浮上は極めて困難だ。「炎上もどき商法」に特化した活動の後にほぼ確実に待ち受ける「すぐに忘れられて、恥ずかしい印象だけ残して再浮上できない」という状態は、芸能界では絶 [全文を読む]

絶好調『半沢直樹』 派閥争いなど現役銀行員も唸るリアルさ

NEWSポストセブン / 2013年07月21日07時00分

本作の人気の理由について、テレビドラマ通のライター・吉田潮さんはこう語る。 「企業ドラマというとどうしても難しい内容になりがちなんですが、『半沢直樹』は登場人物も伏線も何もかもわかりやすく描かれています。例えば敵役には、東田社長役の宇梶剛士や板橋社長役の岡田浩暉など、出てきた途端に、『あぁ、こいつも悪い奴だ』ってすぐわかるような俳優を起用しています」 敵と [全文を読む]

春ドラマ 裸シーン多く「いつ脱ぐの?今でしょの流れ」と識者

NEWSポストセブン / 2013年05月20日16時00分

「これまでは、テレビドラマのお色気シーンといえば『水戸黄門』の由美かおるさん(62才)の入浴のように、男性のためのものでしかありませんでした。今は男性のヌード写真集が売れたり、『an・an』で特集が組まれたりと、女性が男性の裸を見ることに違和感がなくなってきている。この春ドラマは、そんな女性の要望に応えてくれているんです」 NHKが『セカンドバージン』で [全文を読む]

知られざる水戸光圀の生涯を冲方丁が描く歴史大作『光圀伝』

NEWSポストセブン / 2012年10月17日16時00分

【書評】『光圀伝』(冲方丁/角川書店/1995円) 【評者】中澤めぐみ(三省堂書店ルクア大阪店) 突然ですが、水戸光圀といえば? 日本人みんなが持っている光圀観といえば、九割九分、テレビドラマの水戸黄門様のイメージではないでしょうか。悠々と日本各地を巡り、悪を成敗する…。 でも本当の水戸光圀がどんなことを成した人物かと聞かれたら、日本の歴史書『大日本史』を [全文を読む]

フォーカス