見学 熊本城に関するニュース

ぐるりと足場に囲まれて... 復旧が進む「熊本城の現在」が話題に

Jタウンネット / 2017年09月26日06時00分

このことから、熊本城総合事務所では、見学スペースを設置できないか検討したいとしており、10月にも開かれる次回の委員会で示す可能性もあるとした。とはいえ、天守閣内部の石垣が崩落している状態のため、委員会では、学識経験者らの間で様々な意見が出ており、どこまで実現するかは不透明な部分もあるようだ。なお、天守閣を囲んだシートは、震災復旧のシンボルを見てもらえるよう [全文を読む]

旅で元気に! 今こそ九州へ行こう! 『るるぶ熊本 応援版』8月10日発売!

PR TIMES / 2016年08月09日17時39分

また「熊本城見学ガイド」では、一部見学を再開した熊本城を熊本城調査研究センターの方に案内していただいた様子を紹介し、阿蘇エリアでは「阿蘇ファームランド」、「阿蘇カドリー・ドミニオン」をはじめパラグライダー体験などのアクティビティ情報も掲載しています。他にも、「迂回路ガイド付きドライブ&エリアMAP」をはじめとする交通アクセス情報から、話題の「九州ふっこう [全文を読む]

旅好きが選ぶ!【日本の城ランキング2017】初登場の3城はどこ?

TABIZINE / 2017年08月23日20時00分

敷地内にある名護城博物館では、充実した資料を無料で見学できます。「秀吉の力がどれほどのものだったか、朝鮮との関わりはどうだったのか、常設展と企画展で深く知ることができます。入場無料が申し訳ないくらいの充実ぶりです。ここで名護屋城のことを学んだに名護屋城跡を見学すると、歴史の変換点のダイナミックさを実感できます。」と、博物館を絶賛する口コミが多々寄せられてい [全文を読む]

熊本と熊本城の復興を願って!全国の武将が熊本に集結! 武将自ら案内する歴史ツアー3/2名古屋発 「島津義弘プラン」 「黒田官兵衛プラン」 発売!

PR TIMES / 2017年02月02日13時22分

3日目には、名古屋おもてなし武将隊をはじめ、全国の武将隊が熊本城に集結しパフォーマンスを繰り広げる「武士の魂」が開催され、ご自由に見学いただけるほか、当社ツアーにご参加のお客様だけの特典として、熊本城二の丸広場にて武将隊の口上と記念写真撮影ができる機会を設定します。 なお、当社ではツアーの収益の一部を熊本城災害復興支援金に寄付いたします。 【商品概要】 [全文を読む]

<中国人観光客が見た日本>これこそ歴史に対する敬意!熊本城を見学した中国人観光客が絶賛したこととは?―中国ネット

Record China / 2016年04月24日07時30分

2016年4月20日、中国のインターネット上に、熊本城を見学したという上海在住の20代の女性による旅行紀が掲載された。 この女性は遠くから熊本城が見えた時に、「なんて壮観なんだ!」と心の中で叫んだという。生い茂る木々の中に見える大小の櫓(やぐら)や、大きな石の塊を積み重ねて作られている石垣に感動しきりの様子だ。 熊本城は1877年に一度焼失しており、196 [全文を読む]

【ホテル日航熊本】幸せな瞬間を安心して迎えるために 熊本県ホテル初!「結婚式総合保険」を導入。

PR TIMES / 2017年06月14日09時45分

[画像2: https://prtimes.jp/i/2213/1372/resize/d2213-1372-518874-1.jpg ] [画像3: https://prtimes.jp/i/2213/1372/resize/d2213-1372-452853-2.jpg ] 【ホテル日航熊本ブライダルサロン】 営業時間/ 10:00~19:00 TE [全文を読む]

当日受付での参観が可能となった皇居の見どころ

NEWSポストセブン / 2016年08月15日16時00分

この夏から皇居見学が、事前予約なしでできるようになった。大切に保存整備されてきた皇居を吹き抜ける風はどんな香りがするのだろうか。皇居側から見る21世紀の東京も見ごたえありそうだ。 徳川時代、265年に渡り将軍の居城として栄えた江戸城。明治維新後は天皇皇后両陛下のお住まいとなり、現在の皇居の歴史が始まった。 皇居の面積は約115万平方メートル。広大な敷地のう [全文を読む]

フォーカス