写真集 染谷将太に関するニュース

女性も男性も惚れてしまう。アラーキーが撮りためてきた200人以上の“いい男”を全公開。

NeoL / 2015年03月22日23時10分

この連載をまとめた写真集が3月25日(水)に刊行されることを記念して、撮り下ろしもふくめた全207点の写真を本展で一挙公開する。 会場に並ぶのは下は14歳から上は92歳まで、役者・作家・スポーツ選手など世代もジャンルも関係なくそれぞれの世界で輝く男たちのポートレイト。連載第1回目のビートたけしをはじめ、漫画家の赤塚不二夫や五代目中村勘九郎、今をときめく俳優 [全文を読む]

二階堂ふみ写真集『near, far』の発売を記念してサイン会をBOOKMARCにて開催

NeoL / 2015年12月09日22時28分

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブック マーク)にて、二階堂ふみ写真集『near, far』のサイン会を開催。なお、このサイン会は12/11(金)発売の『near, far』 をBOOKMARCにて事前購入いただいたお客様から先着で100名対象とした完全招待制のイベントとなる。 日時: 20 [全文を読む]

女優・二階堂ふみ待望の写真集「near, far」の発売を記念してサイン会を『BOOKMARC』にて開催

PR TIMES / 2015年12月09日17時39分

Twitter / Instagramのハッシュタグは #NearFar #FumiNikaido #Bookmarc ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブックマーク)にて、二階堂ふみ写真集『near, far』のサイン会を開催します。12/11(金)発売の『near, far』をBOOKMA [全文を読む]

雑誌『SWITCH』で荒木経惟特集 幻の写真集も全カット掲載!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月16日17時00分

これまでに400冊以上の写真集を刊行してきた、写真家「荒木経惟」。人は彼を「アラーキー」と呼ぶ。彼の原点となる写真集『センチメンタルな旅』(1971 年)のコンタクトシート全18 枚が、雑誌『SWITCH』(スイッチパブリッシング)にて一挙掲載される。今となっては入手困難な、まさに幻とも呼べる写真集の、未掲載写真も含めたすべての写真が掲載されるのだ。 卒ア [全文を読む]

松山ケンイチと安田顕が『聖の青春』をより楽しめるポイントを明かす!

Movie Walker / 2016年11月14日19時54分

監督を務めた森義隆は、俳優陣に役作りの参考として、実際の棋士たちが載っている写真集を渡したそうで、写真からも、研究し尽くされたリアルな棋士の表情を見てとることができる。劇中では、村山と橘の対局だけでなく、東出昌大演じる羽生善治や、染谷将太演じる村山の弟子、江川貢らが人生をかけた激戦に挑む。勝ち負けの世界で飛び出す、それぞれの「負けました」を楽しめるはずだ [全文を読む]

背景は無に非ず!荒木経惟写真展「アラーキーの裸ノ顔」表参道ヒルズで開催中

FASHION HEADLINE / 2015年04月24日08時10分

会場内の特設ショップでは、「アラーキーの裸ノ男」でこれまでに撮り下ろした作品をまとめた写真集『男―アラーキーの裸ノ顔-』(KADOKAWA/4,930円)の他、トートバッグやTシャツなどのオリジナルグッズも販売している。 [全文を読む]

いま一番好きな俳優は、アノ伝説の二枚目俳優!【前田敦子インタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2015年04月17日19時20分

――写真集ではなく、初のエッセイということで、今の心境はいかがですか?前田「自分のいまの一番好きな映画を紹介するということで連載してきたので、それをひとつにまとめられたのは、自分にとってもいい記憶に残るので、嬉しいです。私が映画を好きになったきっかけが、周りの人たちにおすすめの映画を教えてもらって、それを観るところからはじまりました。勧めてくださる方々それ [全文を読む]

アラーキーが堺雅人、松田龍平、三宅一生ら男を激写。表参道ヒルズで裸ノ顔展

FASHION HEADLINE / 2015年04月02日17時00分

また、会場では3月25日に発刊された写真集の他、関連書籍、DVD、ポストカードなどを販売。スペシャルゲストを招いてのトークイベントも予定されている。 【イベント情報】 男 -アラーキーの裸ノ顔- 会場:スペース オー 住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10表参道ヒルズ地下3階 会期:4月24日から5月6日 時間:11:00から21:00(4月26日は20 [全文を読む]

前田敦子のベッドシーンにファン衝撃! 過激な濡れ場を期待する声がある一方で「出し惜しみ戦略」との指摘も

メンズサイゾー / 2014年12月08日17時40分

写真集で手ブラを披露したこともあるのだから、多少はサービスしてもいいと思うんですが、せっかく作品は面白いのに出し惜しみがヒドイですね」(映画ライター) [全文を読む]

大島優子、執拗すぎる「全裸」アピール...その裏に女優としての焦り

メンズサイゾー / 2014年10月03日21時30分

大島といえば、先日発売されたグループ卒業後初の写真集『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)で上半身裸の手ブラや水着のパンツをずらした半ケツショットなどを披露し、その脱ぎっぷりのよさを世間に知らしめた。また、発売記念サイン会でも「作品によりけりですけど(女優として)脱ぐことに抵抗はない」と爆弾発言。映画などで必要があれば、いつでもオールヌードになる覚悟があることを宣言 [全文を読む]

前田敦子 R15指定映画も本人出演シーンはR指定なし

アサ芸プラス / 2014年08月06日09時58分

写真集では手ブラまでやっているのに、なぜこんなに露出がないのか。しかもテーマがテーマでしょ。ベッドシーンぐらいあって当然だと思いますよ。大人の女優になるのなら、真木よう子を見習って、それなりの覚悟でズバッと脱がないと。このままでは(同じく女優に転向している)ライバルの大島優子に先を越されてしまうんじゃないですか。彼女はAKB時代、楽屋でしょっちゅう裸になっ [全文を読む]

フォーカス