工事 豊洲市場に関するニュース

都議会のドンの引退で混迷を深める豊洲移転問題。小池都知事の次の手は?

週プレNEWS / 2017年03月04日06時00分

改築工事も簡素に済むため、85億円ほどでできる。倉庫に改装した豊洲市場をアマゾンや楽天、クロネコヤマト、日本郵便などの大企業に向け、リース契約で貸し出す案が知事周辺で検討されています」 一方、都議会自民内では日本の証券取引の中枢をなす、兜町(かぶとちょう)のサブ機能を持った「新兜町」を建設する構想が浮上しているという。 元自民都議がこう言う。 「9・11や [全文を読む]

「想定外」では済まされない豊洲市場の土壌汚染―仲卸を営む渡部区議からの寄稿

政治山 / 2016年08月23日11時50分

その理由は、一店舗が狭すぎて包丁が引けないなど様々ありますが、一番大切な問題である土壌汚染工事を終えたはずの豊洲市場で、再び有害物質が計測されたことが原因です。 東京の台所・築地市場の移転は、利用者にとって何が問題なのか、これからお話しいたします。 狭さも課題の豊洲新市場 土壌汚染工事終了後も有害物質が検出 そもそも豊洲市場が建設されている土地は、1956 [全文を読む]

【小池百合子知事定例会見録】「2020大会、『食』で盛り上げたい」都庁食堂で競技開催地のご当地メニューを提供

産経ニュース / 2017年10月14日01時06分

引き続き、これまで蓄積されてこられましたさまざまな知見、人脈など生かしていただきたいと私は大変期待をいたしているところであります」 --豊洲市場への移転の前提である土壌汚染対策追加工事の一部で入札中止という事態も起きた。具体的な移転時期はいつごろを想定しているのか 「基本的にこの追加対策工事、今お尋ねの件でありますけれども、早期に工事実施できますように、こ [全文を読む]

都議会:「豊洲」予算可決 公明、自民、民進も賛成

毎日新聞 / 2017年09月05日22時13分

東京都議会臨時会の本会議が5日開かれ、築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の追加土壌汚染対策工事費など総額約55億円の補正予算案を可決し、閉会した。主要会派では、共産党を除く都民ファーストの会、公明党に加え、自民党、民進党も賛成に回った。 今回の臨時会で、小池百合子知事は豊洲市場への移転時期について、来年6月以降になると表明。豊洲に移転後、五 [全文を読む]

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年09月02日05時00分

環状2号線、築地、豊洲市場といえば、内田茂がらみの複数の企業が工事を受注している。ドンにとって、いわばおいしい利権の巣である。 週刊文春9月1日号によると、環状2号線の仮設道路整備工事を受注している中堅ゼネコン、ナカノフドー建設(千代田区)の大島名誉会長は2012年から3年間、内田が代表者になっている自民党東京都千代田総支部に12万円ずつ献金している。 [全文を読む]

舛添問題の裏で無責任すぎる都の対応…総事業費5800億円に膨れ上がっていた築地市場の豊洲移転がヤバい

週プレNEWS / 2016年06月17日11時00分

また、汚染偽装疑惑と濾過海水装置についても、 「都は専門家会議の知見に基づいて調査を行なった上で土壌汚染対策工事を行ない、汚染土壌をすべて除去しています。調査をしていない場所が333ヵ所あると言われてもどこなのかわかりません。こちらは法の手続きを踏んでいるので問題ないと考えています」(同新市場整備部基盤整備担当課長・吉田氏) 「(濾過海水装置は)元々、豊洲 [全文を読む]

豊洲移転は17年9~10月を提案 小池知事、安全宣言は「パッケージで」

THE PAGE / 2017年10月19日16時16分

都によると、移転時期として2018年9~10月を提案したのは、豊洲市場の土壌汚染対策の追加工事が遅くとも来年7月末までに終了の見込みであるほか、業界側から、生鮮食料品を扱う関係上、夏場の移転を避けたいという要望があったため。都はこの時期に移転すれば、築地市場の解体工事も東京五輪・パラリンピックの輸送拠点や環状2号線を整備する上で支障なく行えるとしている。 [全文を読む]

豊洲移転:来年9~10月…都が方針 直後から築地解体

毎日新聞 / 2017年10月16日22時02分

豊洲への移転を巡っては、土壌汚染対策の追加工事で、都が発注した9件のうち1件が2回にわたり入札中止になっていたが、都は遅くとも来年7月までには工事を終えると説明。業界側から「商品が傷みやすい夏場の移転は避けてほしい」との要望もあり、移転時期を来年9~10月とした。 さらに、移転直後の来年10月には築地市場の解体工事に着手することも明らかにした。2020年 [全文を読む]

”悪の権化”にされた都議会自民党前幹事長・高木啓が語る「小池都知事の『オリンピック経費400億円削減』など嘘だ」

文春オンライン / 2017年08月18日14時00分

豊洲の移転問題やオリンピックの施設工事に我々が介入し利権を得ていると印象づける発言でした。 内田茂都議(当時)が、ある電気工事会社の監査役になっていることを問題視する報道が週刊誌でなされました。まるで、その業者がオリンピック関連事業を受注できたのは内田都議が口利きしたからであるかのような内容でした。 でも、今の都政で、そんなことありえませんよ。入札に関与な [全文を読む]

現代日本を覆う「あの敗戦のようなパターン」な空気感

文春オンライン / 2017年08月17日07時00分

そのまま行ったら渋滞がヤバイので対策するはずだった2号線は突貫工事でも完成しないだろうし、仮設でも2号線がなければ東京オリンピックの選手村と競技会場が直結できないという謎の五輪になる。仮設ってことは、いずれ五輪が終わったら金かけて作った仮設もぶっ壊して本来の工事をするわけです。レガシーはどこにいったんだよ。すでに決まってた豊洲市場移転に小池女史が手を突っ [全文を読む]

豊洲移転賛成派のセコすぎる“最後の悪あがき”に小池都知事の粛正が…!

週プレNEWS / 2017年02月19日06時00分

再利用はすでに大手通販会社などに倉庫としての利用を打診していると聞くし、ゼネコンへの補填については、以前から提唱している電柱の地中化工事や“ポスト豊洲”の候補地として挙げられる大田市場の拡張工事を発注して埋め合わせするプランを温めているらしい。自民都連は小池知事には勝てません」 実際、小池知事は先日編成が終わった平成29年度予算案のなかで、無電柱化の推進費 [全文を読む]

豊洲の地下から怪獣が!?汚染から生まれてしまった公害怪獣たち

しらべぇ / 2016年09月19日19時00分

そのため、粗雑な工法、工事では何の意味もありません。豊洲市場地下の盛土問題にも同じことが言えるでしょう。今回の問題については建築などの専門的な用語が多く、工事の概要をすべて理解するには難解な部分もありますが、私たちも「本当に安全性が保証されたプランなのか」ということは注視するべきだと思います。私たちの食生活はじめ、普段の生活の中で「何か起こってから」では遅 [全文を読む]

<建物の下はすべて空洞>移転どころではない豊洲新市場

メディアゴン / 2016年09月14日07時30分

誰が何の為にこんな事をしたのか? はたまた、手抜き工事による作業放置なのか疑惑を呼んでいる。さらに、盛り土が未実施で空洞化した土地の下は汚染土が詰まっている。東京都民の食の安全を根底から脅かす大事件である。市場関係者の中には「俺ら、魚屋をなめんじゃねえぞ!」とテレビのインタビューに答えて怒っている人もいた。一方でワイドショーのコメンテーターの中には「私は専 [全文を読む]

偽装発覚。豊洲市場「手抜き」問題で嘘をついているのは誰か?

まぐまぐニュース! / 2016年09月14日04時45分

当選後、地下モニタリング調査の最終結果が出た後に移転時期を判断するとして、当初11月予定だった決定を延期すると発表していたが、今回の問題発覚を受けて、再び専門家会議による安全性と耐震性の検証が必要になり、さらに、補充工事が必要となれば、移転時期は一層大幅な延期を迫られる。 既に、移転延期の影響で環状2号線の整備が遅れ、2020東京五輪に間に合わないとの懸念 [全文を読む]

豊洲移転、来年9~10月で調整…都が発表

読売新聞 / 2017年10月16日19時09分

業者側はこれまで、移転時期について、「来年9月か10月」もしくは「再来年2月」を要望していたが、2020年東京五輪・パラリンピックの輸送拠点などを整備するため、来年10月末には築地市場の解体工事に着手する必要があることなどから、都はその前までの移転を目指すことにした。また、豊洲市場の安全対策工事や農林水産大臣への認可手続きが完了した段階で、市場が安全であ [全文を読む]

小池知事:豊洲市場を視察 風評被害払拭の見学会

毎日新聞 / 2017年09月09日12時45分

早期に追加工事を完了させ、情報発信も続けたい」。知事に同行した豊洲町会の小安勤会長は「これからの工事を完了した後、安全宣言してもらいたい」と話した。【森健太郎】 [全文を読む]

豊洲市場「空洞」問題を意図的に長引かせようとしている真犯人

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日05時00分

職員か、工事関係者か、誰なのかは今のところわからないが、「東京大改革」を唱えているにもかかわらず知事サイドに“直訴”しなかったところをみると、ある程度、行政の狡猾さを心得ている人物のようだ。 都とすったもんだの交渉の末、9月7日に現地調査を許され、写真まで撮った共産党都議らの指摘で、小池知事は空洞の存在をはじめて知る。 「空洞」問題を利用する、小池知事主演 [全文を読む]

築地移転、都が勝手に「盛り土」安全対策怠り情報隠蔽…予算も過小見積もりで巨額膨張

Business Journal / 2016年09月13日06時00分

35~45センチメートルのコンクリート層をつくっているため安全性は確保されていると工事業者や都の担当者は述べているが、事実を隠していたことが不審を買う原因となっている。 さらに、青果棟の床下に至っては、コンクリートの床すらないことが新たに判明した。産卸売場棟の床下には、地下から染み出たとみられる水がたまっていた。この水について、日本共産党都議会議員団は、現 [全文を読む]

廃業する仲卸続出で年末に大パニックも…築地市場の豊洲移転でいまだ業者が猛反対

週プレNEWS / 2016年06月02日06時00分

「豊洲と都心側をつなぐ環状2号線の工事にしても、11月時点ではまだ開通できない状態。そうなると買いつけに来る業者の車で晴海通りや315号線は渋滞で動かなくなる。新宿、池袋、浅草の午前中配送は難しいとのシミュレーションも出ています。このまま移転したらえらいことになりますよ」(シンポジウムを開いた東京中央市場労働組合の中澤誠執行委員長) このように、11月に [全文を読む]

豊洲市場:ベンゼン、基準値の120倍検出

毎日新聞 / 2017年09月14日20時09分

モニタリングを開始した2014年11月以降で最も高い数値となったが、地上の空気からは基準値を超える有害物質は検出されず、都担当者は「地上の安全は確保されており、追加の安全対策工事で中長期的には水質が改善される」と説明した。 地下水調査は201カ所で今年1月まで行ったモニタリングの結果を踏まえ、環境基準を超えた地点を中心とする46カ所で5~8月に実施。うち3 [全文を読む]

フォーカス