移動 豊洲市場に関するニュース

市場のうまいもんがコラボレーション!オリジナル料理に“ふくサンド”と命名 豊洲市場の開場まであと”1年”を記念して清水国明と博多華丸・大吉が「うまいものトーク」を実施

PR TIMES / 2015年11月08日10時04分

イベントの最後には「築地市場が移転して寂しいという声もありますが、目利きのプロ達も一緒に移動し、その魂は受け継がれるので開場を楽しみにして下さい。芸能・漁師生命をかけて開場にむけて頑張っていきたいです。」と応援団長として、豊洲市場をPRをしました。 [全文を読む]

「豊洲市場」に都庁移転で築地ブランドも都民の税金も守れる

NEWSポストセブン / 2017年04月07日07時00分

これまではエレベーターでの上下移動だったが、敷地内の横移動はセグウェイや自転車を活用すればいい。あれだけ多くの職員が一か所に移転できる場所は豊洲だけだ。ただし、運転免許更新センターなど、都民サービスのための施設は新宿に残したまま、とする。 [全文を読む]

廃業する仲卸続出で年末に大パニックも…築地市場の豊洲移転でいまだ業者が猛反対

週プレNEWS / 2016年06月02日06時00分

このままでは移転を諦め、廃業する仲卸が相次ぐでしょう」 関戸氏によると、築地市場は水産も青果も同じフロアで行き来できるため、使い勝手がよかったが、豊洲は上下の移動、道路による分断があり使いにくい。そのことを訴えても都は全然聞く耳を持たなかったという。数年前から都と仲買業者がつくる豊洲ワーキンググループに参加しているが、そこで重要な意見を言っても、都の担当者 [全文を読む]

「想定外」では済まされない豊洲市場の土壌汚染―仲卸を営む渡部区議からの寄稿

政治山 / 2016年08月23日11時50分

つまり、地面が大きく揺れたために、もともと汚染していた箇所が移動して変わってしまった疑いが高いと専門家が指摘し、この点を東京都も否定していません。 しかし、土壌汚染工事を施した場所は、大震災以前の場所。ですから、333区画で汚染調査をしなかったことに加え、大震災で汚染箇所がずれた可能性が高い333区画が集中する青果棟で、今回、基準値の6割ものベンゼンが検出 [全文を読む]

豊洲新市場では仕事にならない! “血税のムダ”と悲鳴続出のワケ

週プレNEWS / 2016年07月26日06時00分

買出人と同じく車で移動しなければならず、移動に時間と手間がかかるのだ。 これだけでも使い勝手の悪さが目立つが、店舗スペースの狭さや床の耐荷重の低さなど、他にも問題は山積。仲卸業者が続々と廃業するという話も伝わっている。 『週刊プレイボーイ』ではこれまでも市場関係者の切なる訴えを告発してきたが、発売中の最新32号では、さらに実態を確認するべく新市場内へ潜入取 [全文を読む]

一瞬で人を引きつける小池知事の"言葉力"

プレジデントオンライン / 2017年06月20日15時15分

移動中に「グッドニュースね」と大喜びした知事は早速、この言葉で会場をわかせました。「さきほど、シンシンがめでたく赤ちゃんを産みました」と続け、名前を募集すると発表。さらに、改めて「子育てがしやすい東京」の実現に向け、強い決意を表明しました。そのときどきのキャッチーなニュースを取り入れ、最初の一言で関心を引き寄せてしまうのです。 ---------- 一度し [全文を読む]

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(4)小池百合子「移転騒動」のウラ目的

アサ芸プラス / 2016年10月02日17時55分

01年に東京ガスが土壌の汚染を発表したことから、仲卸業者などが「そんな危ない場所に移動するのはいかがなものか」と訴え出た。そのことが、現在までの移転反対運動につながっているのだ。「小池氏は移転延期を打ち出したが、さすがに中止までは踏み込まないはず。本当に中止を決めれば、豊洲市場建設に費やされた5900億円の総事業費、858億円の土壌汚染対策費などが全てムダ [全文を読む]

「小池新党」結成の前触れ?区議・市議らと会合

Japan In-depth / 2016年08月11日12時00分

さらに、豊洲の市場移転について、「土壌汚染の問題もあるが、一番胸を痛めているのは、69の仲卸が移動できず、半分以上空いてしまうこと。」と指摘、ビジネスセンスがないまま開発が進むことへの懸念を表明した。 また、「有明。特に湾岸地区の再開発については、オープンにして、棚卸をして、区市町村の議会の皆さまと党派を超えて、情報交換をして、あるべきオリンピック、ある [全文を読む]

築地市場跡地 スペインのバル化計画を推進すべきと大前氏

NEWSポストセブン / 2016年05月27日16時00分

いずれのバルも立ち飲み・立ち食いが基本で、カウンター上に並んでいる創意工夫を凝らした多彩なピンチョスや黒板に書かれたその日のお勧めメニューをつまみにワインを1~2杯飲んだら、30分ほどで次のバルに移動する、というのが地元の人たちの楽しみ方である。 料金はワイン1杯、料理1~2品で1人10ユーロ(約1200円)くらい。この楽しさを知ると、普通のレストランで座 [全文を読む]

フォーカス