番長 三浦大輔に関するニュース

山盛りにもほどがある!横浜でねぎとろ丼の番長を発見

しらべぇ / 2016年07月16日20時00分

横浜で番長といえば、横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手をまっさきに思い浮かべる方も多いだろう。しかし横浜馬車道にはもう一つ名物の「番長」がある。それが「バンバン番長」。横浜DeNAベイスターズの大ファンという店主が営む同店には、これまでに5万食も販売されてきた超人気メニュー「ねぎとろ番長」があるという。味はもちろん、ルックスもインパクト抜群というねぎと [全文を読む]

【速報】ハマの番長・三浦大輔が引退会見!ファンは悲しみの声

しらべぇ / 2016年09月20日15時20分

番長引退...俺だけかな...CS出場の喜びよりも番長引退のショックのが大きい...— 直ちん☆ベイスターズCS出場!!! (@NAOCHIN_DeBAYS) September 20, 2016番長引退しちゃうの...優勝するまでって言ってたから今年CS突破して日本シリーズ優勝してから終わるという解釈でいいですよね。本当の\横浜優勝/掲げましょう。番長[全文を読む]

横浜DeNAベイスターズ ファン必見!!三浦大輔ラスト登板(9/29)再放送!!&ファンフェスティバル2016完全版!!CS放送「TBSチャンネル2」で、12/30(金)よる8時から豪華2本立て!!

PR TIMES / 2016年12月27日10時21分

[画像1: https://prtimes.jp/i/3065/735/resize/d3065-735-548855-1.jpg ]『ハマの番長・三浦大輔ラスト登板&引退セレモニー!ノーカット永久保存版「横浜DeNAベイスターズVS東京ヤクルトスワローズ(9/29)」』《放送日時》12月30日(金)午後8:00~深夜1:00《番組ページURL》http: [全文を読む]

三浦大輔の思いが横浜を強くする「199勝で終わってもいい。自分はもう一度優勝したい」

週プレNEWS / 2016年10月12日06時00分

“ハマの番長”の愛称で暗黒時代のベイスターズを支えてきた右腕は、最初から番長たりえたわけではない。 三浦がDeNAの前身、大洋ホエールズに指名されたのは1991年。奈良県の市立高田商業から入団したドラフト6位投手は、球速が140キロに満たず、変化球も少なかった。「番長の面影はなく、ポヨポヨとして頬が赤くかわいらしかった」(当時のチームメイト)という平凡な投 [全文を読む]

三浦大輔選手のラスト登板(9/29)を、10/7(金)午後6:00からCS放送「TBSチャンネル2」で緊急再放送!引退セレモニーまで全てお届け!!永久保存版!あの勇姿を、あの感動をもう一度!

PR TIMES / 2016年10月01日10時36分

公式戦ラストゲームの先発をつとめたのは、“ハマの番長”こと三浦大輔選手。入団以来、25年の長きにわたってベイスターズを牽引し、支えてきた三浦選手の功績に敬意を表し、ベイスターズの全選手が背番号“18”をつけて出場した。試合終了後に行われた引退セレモニーで、「これからも、三浦大輔はずっと横浜です!ヨ・ロ・シ・ク!!」の言葉を残した三浦選手。チームメイトやファ [全文を読む]

【プロ野球】「神ってる」だけじゃない! 「プロ野球流行語大賞2016」発表!! <下半期編>

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日17時05分

来季はどんなタフなシーズンとなるのだろうか? ■勝てなくなったからです 横浜一筋25年、「ハマの番長」で親しまれた三浦大輔がチームのCS出場を見届け、遂に引退を発表。引退試合は「永遠番長」と銘打たれ、横浜の街を巻き込んでのビッグイベントとなった。 その「永遠番長」もフレーズの強さとしては捨てがたいが、より「三浦大輔らしい」言葉といえば、引退会見での「勝てな [全文を読む]

【プロ野球】1週間で3度メモリアルを粉砕した”ヒール中日”のメッセージ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月17日16時05分

■7月11日・DeNA戦/今季初登板、番長・三浦大輔の記録を阻止 DeNAファンが待ち望んでいた番長復活の日。先発投手が好調でなかなか出番の回ってこなかった三浦大輔だが、7月11日にようやく先発の機会が訪れた。 月曜日の試合にも関わらず横浜スタジアムは超満員。三浦への期待の大きさがわかろうというものだ。 しかし、またもや中日打線は先頭打者・大島がツーベー [全文を読む]

【プロ野球】球界で有名な”馬主”たちを総まとめ

デイリーニュースオンライン / 2016年05月09日16時04分

■プロ野球現場組の所有馬も奮闘中! 一方、プロ野球界の選手やコーチらの「現場組」では、DeNAの番長・三浦大輔、日本ハムの投手コーチ・吉井理人が馬主として奮闘中だ。 番長の所有馬は、自身の代名詞でもある「リーゼント」が馬名につけられていることでもおなじみ。3勝2着7回と活躍したリーゼントブルースが昨年末で引退。 残るは現役馬は、リーゼントロック(牡5歳・ [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「三浦大輔」(4)来年から野球の見方が変わってきますね

アサ芸プラス / 2016年12月02日12時56分

いつか「番長監督」として絶対戻ってきてほしいな。「目立ってナンボ」の三浦さんだから、その時はリーゼントが見えるシースルーの帽子で登場してよ! [全文を読む]

【プロ野球】《プロ野球・球場観戦記》DeNA対巨人。雨中の2位争いで垣間見えたハマスタの野球文化

デイリーニュースオンライン / 2016年11月05日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■三浦大輔の引退試合のはずだった…… 9月24の横浜スタジアムには、番長こと三浦大輔の引退試合を見に行くつもりだった。しかし、9月22日の試合が雨で流れたため引退試合も延期。大盛り上がりのはずの引退試合、そして、横浜スタジアムのレギュラーシーズン最終戦が同時キャンセルとなってしまった。 追 [全文を読む]

三浦大輔 「他球団なら200勝?」の問いに「それはない」

NEWSポストセブン / 2016年10月20日07時00分

大洋ホエールズ時代、そして1998年の日本一を知る最後の選手だった「ハマの番長」こと三浦大輔投手(42)が現役生活に別れを告げた。四半世紀にわたる「横浜愛」は美談として語られがちだが、投げても投げても勝ち星がつかない弱小球団に対して憤懣やる方ない思いを抱いた時期もあったという。 横浜は監督の入れ替わりも激しかった。三浦が在籍した25年間で、代行監督も含めて [全文を読む]

【プロ野球】熱いハートで投げぬいた24年! ハマの番長・三浦大輔(DeNA)を振り返る!!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月25日16時05分

そして、いつのころからか「番長」と呼ばれていた。 ハマの番長こと三浦大輔がマウンドから去ってゆく。 9月20日の引退会見では、ファンのことを聞かれ涙ぐんだ三浦。最後まで、熱いハートの直球勝負でファンを思いやった。 その反面、マウンドでは緩急を使った巧みな投球術と絶妙なコントロールで打者と向かい合う、緻密で繊細な投手でもあった。 三浦は大洋に入団以来、24年 [全文を読む]

【プロ野球】熱いハートで投げぬいた24年! ハマの番長・三浦大輔(DeNA)を振り返る!!

デイリーニュースオンライン / 2016年09月25日16時05分

そして、いつのころからか「番長」と呼ばれていた。 ハマの番長こと三浦大輔がマウンドから去ってゆく。 9月20日の引退会見では、ファンのことを聞かれ涙ぐんだ三浦。最後まで、熱いハートの直球勝負でファンを思いやった。 その反面、マウンドでは緩急を使った巧みな投球術と絶妙なコントロールで打者と向かい合う、緻密で繊細な投手でもあった。 三浦は大洋に入団以来、24年 [全文を読む]

9/29(木) 横浜DeNAベイスターズ 2016年シーズン最終戦は三浦大輔登板!CS放送・TBSチャンネル2で完全生中継!試合開始から終了まではもちろん!引退セレモニー&本拠地最終戦セレモニーまで!

PR TIMES / 2016年09月24日10時21分

[画像: http://prtimes.jp/i/3065/694/resize/d3065-694-586226-0.jpg ] 1991年ドラフト6位で入団以来、25年の長きにわたってベイスターズを支えてきた“ハマの番長”三浦大輔選手。この試合は、出場するベイスターズの全選手が三浦選手の背番号“18”をつけてプレー。チームを牽引してきた“番長”の有終 [全文を読む]

【プロ野球】魔球”ナックル”を解禁?オールスターで魅せたDeNA・山崎康晃のサプライズ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月20日16時05分

番長のサプライズ投球を継承 これまで、球場をざわつかせる「サプライズ投球」をオールスターゲームで見せてきたDeNA(横浜時代含む)の投手といえば、番長・三浦大輔。三浦は大打者相手に山なりの超スローカーブを放って、球場を沸かせてきた。 「ハマの守護神」となった山崎は、今回のオールスターゲームで大先輩の「サプライズ投球」を継承した。 ■和製ナックルボーラ― [全文を読む]

三浦大輔、久保康友は防御率8点台…DeNA再浮上にはリーグ最多の初回失点を防げ

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月05日16時00分

開幕投手を務めた久保は3試合連続、ベイスターズの顔である番長・三浦が2試合連続で初回に失点している。今年のDeNAは、断トツで初回失点が多い。リーグワーストとなる71失点。最下位・中日を大きく上回り、首位・ヤクルトの倍以上もの数字を叩き出してしまっている。一時期、逆転勝ちの多さが取り上げられていたが、裏を返せば先発投手がそれだけ先制点を許してしまっているこ [全文を読む]

有名人馬主24名「勝ち組・負け組」“秘”収支報告!(3)

アサ芸プラス / 2014年01月30日09時58分

兄貴分に負けず、男気あふれる決断力で幸運を呼び込んでいるのが番長・三浦大輔だ。専門紙記者が話す。 「義理堅い男ですよね。昔からの知り合いという理由で、松岡騎手をリーゼントロックの主戦に起用し、彼が黒竹賞に乗れないとなれば、調教に乗っている中谷騎手を代打指名。競馬関係者から『(昨年4勝の)中谷ですか?』と、心配されても、堂々と中谷を見守る姿に、サークル内での [全文を読む]

【プロ野球】今季の真中采配はどうなる? 1番・山田哲人構想? ヤクルトの気になるところはここだ ~野手編~

デイリーニュースオンライン / 2017年01月14日16時05分

昨シーズン、「永遠番長」こと三浦大輔の引退試合でデビュー戦初打席・初本塁打を放ったあの廣岡だ。守備も打撃もまだまだ粗削りだが、この争いに加わってほしい。 去就が注目されていたバレンティンの残留が決定。故障気味の畠山と競わせるために大砲候補のグリーンを獲得。野手陣に関しては、マイナス要素はなさそうだ。 文中でも触れたが王者奪回のためにはケガ人を出さないことだ [全文を読む]

【プロ野球】ついに突入! DeNA「はじめてのクライマックスシリーズ」。DeNAはどうCSに臨むのか!?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月05日16時05分

DeNAは悲願のCS進出を達成し、勇退した番長・三浦大輔に未来を託されたメンバーの士気はますます高まっている。 また、ラミレス監督も「目標はセリーグ優勝だった。CS進出はあくまでプランB」と目線を高く据えている。 初陣に気持ちもはやるDeNAの「はじめてのCS」。現在のコンディションを確認したうえで再検証したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュー [全文を読む]

プロ野球”ストーブリーグ”を騒がす球界スキャンダル爆弾「中畑監督の後任探しで揺れるDeNA」

アサ芸プラス / 2015年10月17日09時56分

OBであり、今年オリックスで巡回アドバイザーを務めたアレックス・ラミレス氏(41)、同じくOBのロバート・ローズ氏(48)、番長・三浦大輔(41)の投手兼任案に加え、古田敦也氏(50)、桑田真澄氏(47)、まだ去就不明な巨人・原辰徳監督(57)の横滑り就任案までが浮上。ただ、旧横浜色の強い佐々木主浩氏(47)の名前は不思議と出ていない。「旧横浜色の強い人よ [全文を読む]

フォーカス