ロッテ 三浦大輔に関するニュース

プロ野球「ストーブリーグ」の地雷原!(2)「監督手形」で華々しく引退するDeNA・三浦

アサ芸プラス / 2016年10月03日05時56分

目玉はロッテ・デスパイネ(30)の巨人入りだ。QVCマリンから東京ドームに本拠地を移せば、本塁打は30本を超えるだろうと言われている(今季は9月22日現在、24本)。しかも巨人・クルーズ(32)とはロッテ時代から仲がよく、チームに溶け込みやすい。海外事情に詳しい野球関係者は、「デスパイネはキューバ政府からの派遣であり、ロッテが個人的に契約しているわけではな [全文を読む]

【プロ野球】中年の星になれ! 今季も現役を続行する“オーバー40”の大ベテランたちは誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月24日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■40歳以上の選手 岩瀬仁紀(中日・1974年11月10日生・42歳) 井口資仁(ロッテ・1974年12月4日生・42歳) 松井稼頭央(西武・1975年10月23日生・41歳) 福浦和也(ロッテ・1975年12月14日生・41歳) 相川亮二(巨人・1976年7月11日生・40歳) 2017 [全文を読む]

【プロ野球】井口や稼頭央が奮闘中!40代球界戦士たちの現状

デイリーニュースオンライン / 2016年05月15日16時04分

■井口資仁(ロッテ・41歳) 1974年12月4日生まれ 【1軍】16試合 打率.286(35-10)1本塁打 11打点 【2軍】出場なし 野手最年長の井口も存在感十分。今年は井上晴哉に一塁手の座を明け渡したかに見えたが、代打などでしぶとく食らいつき、今度は絶好調・根元俊一が相手。「全員がライバル」と公言するベテランはまだまだ1軍でポジション争いを繰り広 [全文を読む]

【プロ野球】次なる”中年の星”は誰?マサに続く今年の40歳選手

デイリーニュースオンライン / 2016年02月06日16時00分

(年齢は昨年末時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■2015年度プロ野球選手年齢ランキング(降順) 1位:山本昌 50歳(投手/中日→引退) 2位:中嶋聡 46歳(捕手/日本ハム→引退) 3位:斎藤隆 45歳(投手/楽天→引退) 4位:谷繁元信 45歳(捕手/中日→引退) 5位:和田一浩 43歳(外野手/中日→引退) [全文を読む]

予想が当たれば成績好調に!? 競馬予想とプロ野球のただならぬ関係

デイリーニュースオンライン / 2015年05月02日10時50分

2ケタ勝利ならず サブロー(ロッテ)→開幕スタメンを逃し、最終的に打率.248 内海哲也(巨人)→夏場に不調に陥り、7勝9敗。5年連続2ケタ勝利を逃す 三浦大輔(DeNA)→開幕から4連敗を喫すも8月は月間MVP。最終的に5勝6敗 西岡剛(阪神)→自身の背番号から馬番(7)のタマモベストプレイ(最低人気)に100万円をぶち込むとデイリースポーツ紙で公言。交 [全文を読む]

横浜DeNA 移籍の投手が不調になること多いが放出選手は活躍

NEWSポストセブン / 2013年11月25日16時00分

当初は手を伸ばしていた涌井も、ロッテ移籍でほぼ決定しそうな状況だ。 球団の補強事情もあるが、FAする投手にとって、横浜は“鬼門”となっているのかもしれない。過去に、駒田徳広(巨人)、若田部健一(ダイエー)、野口寿浩(阪神)、橋本将(ロッテ)、森本稀哲(日本ハム)、鶴岡一成(巨人)、小池正晃(中日)と7選手を獲得している(カッコ内は旧所属球団)。 だが、活躍 [全文を読む]

【プロ野球】激走サトノダイヤモンド! 有馬記念で予想を的中させたプロ野球選手は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月31日17時05分

■不的中だった選手・OB (6)サウンズオブアース 角中勝也(ロッテ)≪馬単6→1≫ ※自身の旧背番号から予想 (8)ミッキークイーン 大隣憲司(ソフトバンク)≪馬連8-16≫ (9)ヒットザターゲット 清田育宏(ロッテ)≪単勝≫ ※2016年の与死球「9」から予想 (14)シュヴァルグラン 高橋由伸監督(巨人)≪馬連1‐14、11‐14≫ 福田永将(中 [全文を読む]

【速報】ハマの番長・三浦大輔が引退会見!ファンは悲しみの声

しらべぇ / 2016年09月20日15時20分

悲しいよおおおおおおおおおア゙ア゙ア゙— よっしー@木﨑ゆりあは俺の嫁 (@yossykart) September 20, 2016昨年和田一浩氏、小笠原道大現中日二軍監督、高橋由伸現巨人監督、井端弘和コーチ、谷佳知氏、平野恵一現阪神コーチなど続々と大物が引退したが、今年も三浦大輔に加えロッテのサブローも引退を表明。さらに広島黒田博樹も昨年引退をほのめか [全文を読む]

【プロ野球】ムエンゴ(無援護)投手たちの不条理なシーズン成績

デイリーニュースオンライン / 2016年05月01日15時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■憂き目に遭った幕張のサブマリン 渡辺俊介(2009年・ロッテ) 25試合 3勝13敗 防御率4.05 援護率2.59(リーグワースト) 近年の負け運投手を語る上で欠かせないのは、2009年の渡辺俊介。このシーズンの渡辺は、13回のクオリティ・スタート(QS)を成功させながら、そのうちの1 [全文を読む]

やくみつる氏「横浜はあれだけ新戦力揃えたから3位以内に」

NEWSポストセブン / 2014年03月27日16時00分

漫画家のやくみつる氏は今年の優勝チームを「セ=広島、パ=ロッテ」と予想する。 * * * 口が裂けても巨人が1番なんていいたくない。 昨年10勝を上げた大竹の穴をカバーして余りある新人の大瀬良、九里の大卒コンビが期待大。マエケンを擁する投手王国・広島が優勝すると予想しておきます。 え、横浜(注・やく氏は熱烈な横浜ファン)? (少し投げやりに)あれだけ補強し [全文を読む]

DeNA三浦大輔が挑む兼任コーチ職は高確率で2年以内に引退

NEWSポストセブン / 2014年01月03日07時00分

自分の投球に影響が出なければ良いのですが……」 横浜の歴史を振り返ると、1989年に斉藤明夫(現・ロッテ投手コーチ)が34歳で兼任コーチに就任。18試合に先発し、8勝と数字を残している。三浦は「チームを強くするために、自分が出来ることの1つ」と明るく話したが、はたして一筋縄でいくかどうか。 [全文を読む]

2012プロ野球「ガチンコ乱闘」総決算!

アサ芸プラス / 2012年11月21日09時59分

福良淳一ヘッド(52)と清水雅治外野守備走塁コーチ(48)は、それぞれオリックスとロッテに請われての移籍だが、吉井理人投手コーチ(47)だけはクビだった。 「栗山(英樹)監督(51)と全然合わなかった。僕が邪魔になるのならいないほうがいい」と吉井氏は確執を語ったが、 「73試合もの登板を強いられた増井浩俊(28)が9月27日のヒーローインタビューで『使って [全文を読む]

中日・友利コーチが「レジェンド」と評価する投手は?

ベースボールキング / 2017年06月10日11時15分

昨季限りで1学年上の三浦大輔氏が現役を引退し、気が付けば井口資仁(ロッテ)とともに球界最年長となった。 大ベテランの岩瀬は、長年中日の守護神として、黄金時代を支えてきたが、近年は故障や不振で満足のいく成績が残せていない。15年は左肘の故障で一軍登板なし、昨季は15試合に登板したが防御率6.10と精彩を欠いた。 ◆ 自らの手で勝ち取ったセットアッパー 背水の [全文を読む]

【プロ野球】ルーキーイヤーに4勝の「伊予ゴジラ」秋山拓巳。目指すは開幕ローテーションと2ケタ勝利!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日16時05分

首脳陣の期待に応えた秋山は、3月8日のロッテ戦でも5回を投げて被安打2、自責点ゼロの好投を見せる。秋山はこの好投でローテーションの残り枠をかなりの高確率で手繰り寄せたようだ。 ■安定感を増した秋山 今季の秋山はマウンドで口を一文字に結んでおり、その真剣な表情からは意気込みがひしひしと伝わってくる。 ルーキーイヤーでいったんはプロの喜びを知り、その後大きな [全文を読む]

【プロ野球】同期の絆よ、永遠なれ! 「28会」の会長は中畑清。プロ野球界の主な同期会をピックアップ(昭和編)

デイリーニュースオンライン / 2017年02月14日16時05分

■昭和40年会(1965年度生まれ) 【主なメンバー】 古田敦也(元ヤクルト監督) 渡辺久信(現西武シニアディレクター) 池山隆寛(現楽天コーチ) 小宮山悟(元ロッテほか) 山本昌広(元中日) 「昭和40年会」はこのほかにも八木裕(元阪神)、星野伸之(現オリックスコーチ)、水野雄仁(元巨人)らも名を連ねる。 今でも現場で主要な役職を務めているか、解説者と [全文を読む]

【プロ野球】V奪回が史上命令! コーチを入れ替えて臨む2年目の由伸ジャイアンツ。その陣容は?

デイリーニュースオンライン / 2017年01月06日16時05分

2016年までは、ロッテの2軍投手コーチを務めていたが、かつては横浜やヤクルトで三浦大輔、川崎憲次郎、五十嵐亮太ら数々のエース級の投手の育成に携わった実績を持つ。 また、巨人に2軍投手コーチと在籍していた時代(2005~2011年)は、内海哲也らを一人前に仕上げている。巡回投手コーチということで、1軍とファームのパイプ役としての期待がかかる。 さらに、スカ [全文を読む]

【プロ野球】「え、そうなの?」 2016年、ヤクルトの選手たちに訪れた様々な「初めて」を紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月24日16時05分

都立日野高校出身の佐々木千隼(桜美林大→ロッテ1位)だ。来シーズンからは「都立高校出身者初」を秋吉と佐々木で争うことになりそうだ。 育成契約から支配下登録に復帰した平井諒は、復帰後初勝利を挙げた試合で初のお立ち台に登った。来シーズンはセットアッパーから初のクローザーを目指す。 小さな大エースこと石川雅規が8月にNPB史上48人目となる通算150勝を達成。こ [全文を読む]

【プロ野球】【惜別】中日・雄太。楽天戦で負けなし5勝。同姓左腕対決を制した「鷲キラー」の投球術を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年09月28日16時05分

今年もDeNAの三浦大輔、ロッテのサブロー、日本ハムの武田勝ら一時代を築いた名選手がフィールドに別れを告げるなか、中日の雄太もプロ11年に終止符を打った。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「サンデー川井」で開幕11連勝の雄太が現役引退 雄太は、筆者在住の長野県東信地方、旧・望月町(現・佐久市)の出身だ。この町から誕生し [全文を読む]

【プロ野球】背番号18は今でもエースナンバーか?現役選手を徹底検証

デイリーニュースオンライン / 2016年08月09日16時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■各チームの「背番号18」の選手と今季の開幕投手 【ソフトバンク】 背番号18:松坂大輔/開幕投手:攝津正(背番号50) 【日本ハム】 背番号18:斎藤佑樹/開幕投手:大谷翔平(背番号11) 【ロッテ】 背番号18:藤岡貴裕/開幕投手:涌井秀章(背番号16) 【西武】 背番号18:多和田真 [全文を読む]

【プロ野球】魔球”ナックル”を解禁?オールスターで魅せたDeNA・山崎康晃のサプライズ

デイリーニュースオンライン / 2016年07月20日16時05分

ここ20年くらいでは、広島と西武に在籍した青木勇人、ロッテ、中日、巨人に在籍した前田幸長が目立つくらいだ。最近では、女子プロ野球の吉田えり、といったところだろうか。 ■今年も自己記録を更新できるか 昨年の山崎は37セーブを記録し、新人王を獲得。目覚ましい活躍を見せた。では、今年の後半戦ではどのように戦っていくのか。 前半戦を終えてすでに20セーブを記録。順 [全文を読む]

フォーカス