法学部 一橋大学に関するニュース

<成蹊大卒の安倍首相>内閣総理大臣に学歴は関係あるのか?

メディアゴン / 2017年02月06日07時30分

父は総理就任を嘱望された安倍晋太郎もと外務大臣(東京大学法学部卒)。祖父は岸信介もと内閣総理大臣(東京帝国大学法学部卒)。大叔父は佐藤栄作内閣総理大臣(東京帝国大学法学部卒)。華麗な政治家一族である。このなかで、安倍首相はなぜ成蹊学園にすすみ、そのままエスカレーター式に成蹊大学に進学したのか。筆者も同じ世代だが、安倍首相の大学受験は一期校、二期校の時代であ [全文を読む]

30~40代が大学生に指南する「人生の転び方」 立派に見える大人も恥ずかしい黒歴史はある

東洋経済オンライン / 2017年05月29日08時00分

一浪して法学部に入った時点で目標が達成されてしまって、法律の講義がまったく頭に入ってこない……これはまずったぞと。途中で文学部の講義のほうが向いているのでは、と気づいたけれど、時すでに遅し。出来の悪い法学部生として4年間を過ごしました。常見さんはイケてる大学時代を過ごしているイメージですが?常見:私、ロックと読書に明け暮れる高校生活を送っていたんです。でも [全文を読む]

世界企業独自ランキングが明かす「グーグルとリクルートの共通点」とは

プレジデントオンライン / 2016年12月15日09時15分

80年東京大学法学部卒業後、ハーバード・ビジネススクールにてMBA取得。三菱商事での機械グループ経験を経て、マッキンゼーにて約20年間コンサルティングに従事。多様な業界において成長戦略、構造改革などのプロジェクトを手がける。2010年より現職。ファーストリテイリング、デンソー、味の素、 NECキャピタルソリューションズの社外取締役を兼務する。主な著書として [全文を読む]

弊社代表取締役社長 守本正宏が一橋大学法学部にて、特別講演「日本企業のディスカバリ対策~世界で対等に戦うために~」を開催

PR TIMES / 2014年01月11日10時26分

米ナスダック、東証マザーズ上場で情報解析事業を手がける株式会社UBICの代表取締役社長守本正宏は、2014年1月9日(木)一橋大学大学院法学研究科の阿部博友教授の「国際取引法」の授業にて、約40名の法学部学生を対象に特別講演を開催しました。企業活動のグローバル化が進むなか、日本を含むアジア企業が欧米市場で法的責任を問われるケースが急増しており、訴訟対策は企 [全文を読む]

就職に強い大学に異変?理系女子争奪戦、早稲田大に圧勝の慶應、法学部凋落…

Business Journal / 2013年10月16日18時00分

「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/10月12日号)は「大学徹底比較 就職に強い学部・ゼミ・体育会はここだ!」という特集を組んでいる。あと2カ月弱に迫った就活解禁。「就職率を血眼になって競う大学はまるで『就職予備校』。就職のよしあしで大学を選ぶ受験生や親のニーズが強いからだ。そこで、全大学を対象としたアンケートを基に、就職に強い大学選び」を特集したものだ [全文を読む]

「グレートジャーニー」の関野 吉晴新刊「インカの村に生きる」発売のお知らせ

@Press / 2012年10月29日09時30分

一橋大学法学部卒業後、横浜市立大学医学部入学、卒業。一橋大学在学中に同大探検部を創設し、1971年アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全域を下る。その後25年間に32回、通算10年間以上にわたって、南米各地への旅を重ねる。その間、現地での医療の必要性を感じて、横浜市大医学部に入学。外科医となって、武蔵野赤十字病院、多摩川総合病院などに勤務。その間も南米に通 [全文を読む]

【トークイベント開催】映画『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』河邑厚徳監督×元朝日新聞「アフロ記者」稲垣えみ子さん「人生100年時代の生き方」

PR TIMES / 2017年06月06日15時00分

71年東京大学法学部卒業。映画監督。元NHKエグゼクティブ・プロデューサー。 大正大学教授、元女子美術大学教授。「がん宣告」「シルクロード」「チベット死者の書」「エンデの遺言」等の作 品で新しい映像世界を開拓した映像ジャーナリスト。 国内外で数多く受賞すると共に日本におけるTVドキュメンタリーのスタンダードを確立。初の長編ドキュメンタリー映画『天のしずく [全文を読む]

青山学院大学が5月10日に公開シンポジウム「トランプ政権は世界に構造的な変化をもたらすか」を開催

Digital PR Platform / 2017年05月09日08時05分

■細谷 雄一氏(慶應義塾大学教授) 慶應義塾大学法学部専任講師・助教授を経て、現職。 著書に『国際秩序』『倫理的な戦争』など。 ■植木(川勝)千可子氏(早稲田大学教授) 朝日新聞記者、北京大学客員研究員などを経て、現職。 著書に『北東アジアの「永い平和」』『アクセス安全保障論』など。 ■会田 弘継氏(青山学院大学教授) 共同通信社ジュネーブ支局長、ワシン [全文を読む]

ビジネスチャンス創造のサイクルをつくる「情報の読み方」

プレジデントオンライン / 2017年04月19日09時15分

---------- 大和総研チーフエコノミスト・執行役員 熊谷亮丸 1989年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。2007年大和総研入社。15年より現職。著書に『パッシング・チャイナ』など多数。 ---------- (岡村繁雄=文 小川 聡=撮影) [全文を読む]

知らないと怖いデータ社会 あなたの個人情報は大丈夫? 『ビッグデータの支配とプライバシー危機』(集英社新書)、3月17日(金)発売!

DreamNews / 2017年03月13日14時00分

内閣府個人情報保護推進室政策企画専門職、駿河台大学法学部専任講師、准教授等を経て現職。博士(法学)(一橋大学、二〇〇七年)。ハーバード大学ロースクール客員研究員、ナミュール大学法・情報・社会研究所客員研究員。著書に『プライバシー権の復権』(中央大学出版部)、『事例で学ぶプライバシー』(朝陽会)などがある。【お問い合わせ】集英社 広報部 03-3230-63 [全文を読む]

酒席で会社から「解雇宣告」、「言った」「言わない」論争に発展…こんな通告は有効?

弁護士ドットコムニュース / 2017年02月20日09時42分

(弁護士ドットコムニュース)【取材協力弁護士】平山 諒(ひらやま・りょう)弁護士中央大学法学部、一橋大学法科大学院卒。登録以来多数の訴訟案件を取り扱い、訴訟実務に精通する。大小さまざまな規模の事業体の顧問業務への従事経験を持ち、労働問題を中心に企業経営のパートナーとして活躍。 府中ピース・ベル法律事務所代表。®労務調査士。事務所名:府中ピース・ベル法律事 [全文を読む]

【対談】TOOT枡野恵也 x freee佐々木大輔 「こだわりがビジネスをつくる」

Forbes JAPAN / 2017年01月12日12時00分

枡野恵也◎東京大学法学部卒業後、2006 年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。2009 年レアジョブの立ち上げ期に参画し、法人事業を立ち上げ 1 年で黒字化達成。2010 年にはライフネット生命保険に転職、東証マザーズ上場や経営戦略全般に携わるかたわら、韓国合弁会社設立など海外事業展開を主導する。2015 年 4 月に株式会社TOOT(トゥート)の代表 [全文を読む]

日常が侵蝕される恐怖に背筋が凍る! 映画化された『クリーピー』の著者にして現役大学教授の前川裕が、最新刊『イアリー 見えない顔』で近隣トラブルと大学総長戦の闇に迫る!

PR TIMES / 2016年12月08日18時40分

一橋大学法学部卒。東京大学大学院(比較文学比較文化専門課程)修了。スタンフォード大学客員教授などを経て、法政大学国際文化学部教授。専門は比較文学、アメリカ文学。『クリーピー』が第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、作家としてデビュー。同作は2016年に映画化され、大きな話題を呼んだ。主な著書に、『アトロシティー』『アパリション』『酷 ハーシュ』『死 [全文を読む]

賢者の選択リーダーズ倶楽部11月例会、11月28日(月)開催! 講演者:大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 樋口武男氏、株式会社AGホールディングズ 代表取締役 柴山哲治氏

DreamNews / 2016年11月10日11時30分

1963年、関西学院大学法学部卒業後、大和ハウス工業株式会社入社。同社取締役、常務取締役、専務取締役を経て、1993年、大和団地株式会社代表取締役社長に就任。2001年、大和ハウス工業株式会社代表取締役社長に就任。2004年、同社取締役会長 兼 最高経営責任者。一般社団法人プレハブ建築協会会長、一般社団法人大阪交響楽団運営理事長。2014年4月、旭日大綬章 [全文を読む]

「下請法」運用基準見直しで違反事例が倍増…下請企業へのコストダウン要請に注目

弁護士ドットコムニュース / 2016年11月05日09時19分

(弁護士ドットコムニュース)【取材協力弁護士】大東 泰雄(だいとう・やすお)弁護士01年慶應義塾大学法学部卒業。02年弁護士登録。09年~12年公正取引委員会事務総局審査局勤務。12年一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了。独占禁止法,下請法等に関する論考・講演多数。事務所名:のぞみ総合法律事務所事務所URL:https://www.bengo4. [全文を読む]

「下請法の理解が現場に浸透していない」下請けいじめ最多5980件、その背景とは?

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月26日10時36分

(弁護士ドットコムニュース)【取材協力弁護士】大東 泰雄(だいとう・やすお)弁護士01年慶應義塾大学法学部卒業。02年弁護士登録。09年~12年公正取引委員会事務総局審査局勤務。12年一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了。独占禁止法,下請法等に関する論考・講演多数。事務所名:のぞみ総合法律事務所事務所URL:http://www.nozomiso [全文を読む]

「PTA不倫」子ども同士で「●●ちゃんのパパうちにくるよ」の会話…法的リスク検証

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月26日09時43分

なお、合意を撤回したのにも関わらず、その後も自分のパートナーが相手方夫婦の一方と不貞行為を継続している場合には、合意を撤回した当事者は、相手方夫婦の一方を不法行為で訴えることは可能です」 【取材協力弁護士】理崎 智英(りざき・ともひで)弁護士一橋大学法学部卒。平成22年弁護士登録(63期)。東京弁護士会所属。弁護士登録時から離婚・男女問題の案件を数多く手 [全文を読む]

格差を生み出す人間の深い闇と、心の拠り所を考える親鸞フォーラム「格差社会×仏教」を6月19日に開催

@Press / 2016年04月20日10時00分

東京大学法学部卒業。2008年末の年越し派遣村村長を経て、2009年より3年間内閣府参与に就任。また、内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長などを歴任。現在、法政大学現代福祉学部教授。NHK ラジオ第1「マイあさラジオ」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」など、メディアにおいても活躍。主な著書に『ヒーローを待っていても世界は変わらない』( [全文を読む]

実在の「コの字酒場」の名店がマンガに! 土山しげるの最新コミック『今夜はコの字で』が、集英社インターナショナルより3月25日(金)発売!!

DreamNews / 2016年03月18日12時00分

一橋大学法学部卒、同大学大学院法学研究科修士課程修了。出版社勤務を経てフリーランスに。著書に『コの字酒場はワンダーランド』(六曜社)など。訪れたコの字酒場は400軒以上、コの字酒場歴は四半世紀。土山しげる 漫画家。1950年生まれ、石川県出身。望月三起也氏に師事し、『月刊少年チャンピオン』でデビュー。2007年『喰いしん坊!』で第36回日本漫画家協会賞優秀 [全文を読む]

アライドアーキテクツ、顧客ロイヤルティ指標「NPS(R)」の活用をテーマとしたセミナーを開催

@Press / 2016年02月29日19時00分

■森光威文氏プロフィール一橋大学法学部卒業、ペンシルバニア大学ウォートン・スクール経営大学院修士課程(MBA)修了。東京、ソウル、ボストンオフィスなどで幅広い業種のコンサルティング経験を持つ。企業買収・統合後の事業戦略立案・価値向上プログラム立案および実行支援に数多く参画。顧客ロイヤルティについて、NPSを使った数々の企業のコンサルティング経験を有しており [全文を読む]

フォーカス