豪栄道 隠岐に関するニュース

市川紗椰が語る大相撲愛 「豪栄道の優勝を見るために予定より早く海外から帰国しました(笑)」

週プレNEWS / 2016年10月22日11時00分

今回は“相撲女子”でもある彼女が、大相撲秋場所で初優勝した大関・豪栄道への思いを語った! * * * 大相撲秋場所で、大関・豪栄道(ごうえいどう)が初優勝を果たしました! おめでとうございます!! 実は私は豪栄道の大ファンで、知り合いからも「おめでとうメール」をたくさんもらいました。こんなに祝福してもらったのは人生で初めてだったので、思わず「ありがとう! [全文を読む]

元力士が実名告発!バクチ関取の捜査逃れは許さない!(2)1週間で500万円負けた

アサ芸プラス / 2016年05月07日17時56分

「もともと豪栄道はあっちこっちの胴元で張り、裏カジノにも出入りするギャンブラーやったんです。それが、俺の弟(元力士、阿武松部屋。賭博開帳図利容疑で逮捕)のところでも張ると。しかも、額が太い。ところがいろんなレートを体験したくて、梓弓のところでも張るようになった。そこで負けが込んで400万円以上の負け金ができた。当時、豪栄道は母親に家を建ててやっている最中で [全文を読む]

日本人横綱誕生なるか?大相撲九州場所は「混戦模様の土俵」

しらべぇ / 2016年11月16日10時00分

(画像は日本相撲協会公式サイトのスクリーンショット)大相撲九州場所は、大関豪栄道の綱取りが期待されている。今年に入り、「久々の日本人横綱誕生」の話題が叫ばれてきた。これは今年初場所の琴奨菊優勝がきっかけだが、残念ながらあとが続かなかったのだ。琴奨菊と稀勢の里、どちらも大いに期待されながらも綱取りの可能性を皆無にしてしまった。だからこそ、豪栄道にはすべての不 [全文を読む]

琴奨菊の大関陥落劇に戦々恐々 カド番・豪栄道を待つ鬼門

NEWSポストセブン / 2017年05月16日16時00分

現在開催中の大相撲5月場所で、注目力士の1人が大関の豪栄道。昨年の9月場所でカド番からの全勝優勝を果たした豪栄道だが、九州場所で綱取りに失敗すると、その後はケガに苦しむ場所が続いている。先場所は右足首の故障もあって地元・大阪開催だったにもかかわらず1勝5敗9休。5度目のカド番として今場所を迎えた。 「休場した3月場所中から宿舎の土俵では稽古を再開していたし [全文を読む]

元力士が実名告発!バクチ関取の捜査逃れは許さない!(3)賭博の件で直撃すると…

アサ芸プラス / 2016年05月08日09時56分

自分としては何もかも協会に告白し、やましいところはありません」 なお、豪栄道にも相撲協会を通じてコメントを求めるとともに、「処分のしかたと幕引きはおかしい」という古市氏の主張についての見解も求めたが、締め切りまでに回答はなかった。 相撲界は勝負師の集団だけに、野球賭博のみならず、さまざまな博打に明け暮れる力士が少なくない。「昔は巡業に出かける夜行列車の中で [全文を読む]

客船「飛鳥II」大相撲クルーズ 乗船出演者決定 力士とふれあい、大相撲を深く知ることができる人気のテーマクルーズ

@Press / 2016年04月11日15時00分

<出演乗船者> 横綱:鶴竜関(井筒部屋) 大関:豪栄道関(境川部屋) 関取:嘉風関(尾車部屋)、隠岐の海関(八角部屋) OB :北の富士氏(第52代横綱 北の富士) *出演者・船内イベントは諸事情により変更になる場合もございますのでご了承ください。 飛鳥IIの「大相撲クルーズ」は2回目の実施となります(前回は2014年12月)。 船内では関取による鏡開き [全文を読む]

ケガ多い永谷園CM出演力士 遠藤は乗り越えられるのか

NEWSポストセブン / 2017年05月25日07時00分

3日目にはカド番大関の豪栄道を破り、4日目は横綱・鶴竜に土をつけて休場に追い込んだ。 大声援を浴び、舞台裏でも意気軒昂だ。初日に稀勢の里を破った嘉風は支度部屋に戻ると、54本の懸賞金袋を手に、「お金のためにやってるわけじゃないんですけどね」とおどけて見せた。 「3日目、稀勢の里が驚異の粘りで千代の国に逆転勝利するのを支度部屋のテレビで見ながら、嘉風は、“オ [全文を読む]

高安の大関獲り 協会内でハードル下げる声もあった

NEWSポストセブン / 2017年05月30日07時00分

「稀勢の里、鶴竜を相次いで破った嘉風も12日目で6勝6敗、照ノ富士、稀勢の里、豪栄道と1横綱2大関を倒した遠藤(前頭1)も5勝7敗と苦しんだ。上位ガチンコ勢は前半戦に横綱や大関と対戦する一方、お互いガチンコでぶつかり合って星を潰し合う。金星をあげても、平幕同士の一番で力負けしたりする。ガチンコ力士が上位を占めたことで、こうした展開が増える」 4横綱時代で [全文を読む]

9勝6敗で「引退です」の声出た日馬富士 中洲に連日繰り出す

NEWSポストセブン / 2012年12月04日16時00分

9日目、全勝の豪栄道戦は審判の誤審で命拾いしたが、負けていたら、8勝7敗という成績だった」 しかも、九州場所では素行の悪さも目立った。白鵬が場所中は禁酒しているのに対し、タニマチとの付き合いがあったのかもしれないが、日馬富士は毎日のように中洲に繰り出していたという。前半は何とか朝稽古に出てきたが、後半戦は朝稽古も休みがちになった。 「初日の朝稽古後に、報道 [全文を読む]

フォーカス