日本郵政 ipoに関するニュース

ひたすらに口座数を増やす。公募割れ予想以外全てベット 下半期IPO投資の極意

HARBOR BUSINESS Online / 2017年08月18日08時45分

時価総額の小さな銘柄は当たりにくいが、JR九州や日本郵政などの大型は当たりやすいので、あきらめずに続けよう。 【りゅう氏】 ブログ「IPO新規公開株で復活の軌跡。当選確率・初値予想・株初心者・IPO入門」(http://kabu.ipotoha.com/)運営。’06年、500万円を元手に株やFXに手を出し、’12年までに30万円まで減らしたが、IPO投資 [全文を読む]

日本郵政、民営化失敗の可能性…深刻な業績不振、国の株売却計画が頓挫

Business Journal / 2017年08月07日06時00分

日本郵政の長門正貢社長は7月25日の定例記者会見で、財務省が日本郵政株の追加売却を見送ったのは株価低迷が理由とする報道に触れ、「株価を理由に(追加売却を)見送りという議論は本当か、いずれゆっくり検証したい」と述べた。この1年間の日本郵政の株価について、「金融全体の中で、目立って悪いわけではない」と強調した。 2015年11月の日本郵政グループ3社の上場は、 [全文を読む]

日本郵政、巨額減損発生でノウハウなき海外進出頓挫か…西室前会長の独断的買収が危機招く

Business Journal / 2017年05月01日06時00分

日本郵政は2017年3月期の連結決算で、4003億円という巨額の減損処理を行い、07年10月の郵政民営化後初めて最終損益が400億円の赤字に転落する。従来予想は3200億円の黒字だったが、15年に6200億円で買収した豪州の物流大手トール・ホールディングスの業績が振るわず、会社の資産価値を切り下げる減損処理をする必要に迫られたことが要因だ。トールは日本郵政 [全文を読む]

日本郵政株の追加売却が決定 個人投資家は何に注意すれば良い?

ZUU online / 2017年09月11日17時40分

財務省は9月11日、保有する日本郵政 株の公募売り出しを実施すると発表した。15年11月の新規上場以来2回目となる売出しで、売出額は最大1.3兆円程度の規模となりそうだ。発表によれば、引受人の買取引受けによる売出し分 9億1393万7600株、追加売出し分 7616万1500株、合計 9億9009万9100株の売出しを実施する。発行済株式総数の22%相当す [全文を読む]

2015年11月4日今世紀最大のIPO、日本郵政グループの株式上場が決定!『“まやかしの株式上場”で国民を欺く 日本郵政という大罪』

DreamNews / 2015年10月21日10時00分

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2015年10月21日に『“まやかしの株式上場”で国民を欺く 日本郵政という大罪』を発売いたしました。株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2015年10月21日に『“まやかしの株式上場”で国民を欺く 日本郵政という大罪』を発売いたしました。 日本郵政グループは、2005 [全文を読む]

今後のIPO注目銘柄 コメダ、ランサーズ、スマートニュース

NEWSポストセブン / 2015年08月06日16時00分

日本郵政グループ3社が10月にも新規株式上場(IPO)する予定だが、これは「21世紀最大のIPO」ともいわれる。だが、IPOの目玉は、日本郵政だけではない。名だたる有力企業が8月以降に続々と上場すると見られている。 日刊株式経済新聞の冨田康夫・編集長は、名古屋発祥の「珈琲所コメダ珈琲店」をチェーン展開するコメダ、インターネット上で仕事を受発注するクラウドソ [全文を読む]

日本郵政株の公募殺到で倍率100倍 家族で複数口座開設例も

NEWSポストセブン / 2015年10月26日07時00分

日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)の超大型IPO(新規上場)が11月4日に迫り、市場関係者が色めき立っている。 販売を引き受ける証券会社の営業も熱を帯びる。東京・杉並区内の住宅街では、区外にある大手証券の支店が作成した郵政株購入の案内チラシがポストに投函された。遠方エリアにも営業をかける力の入れようだ。個人投資家も続々参戦してい [全文を読む]

【1分でわかる】この秋注目!郵政の上場で話題の「IPO」って何?

Woman Money(ウーマンマネー) / 2015年09月16日20時45分

http://www.shutterstock.com/すでにニュースで話題になっておりますが、今年の11月4日に『日本郵政グループ』の3社、『日本郵政』『ゆうちょ銀行』『かんぽ生命保険』が証券取引所に上場します。今回の3社の合計の売り出し規模は1兆円を超える予定で、1998年のNTTドコモ以来の大型上場となります。皆さんは『IPO』という言葉を聞かれたこ [全文を読む]

日本郵政の暗部が露呈!パワハラ蔓延、過酷ノルマ&労働環境…裁判多数で上場に影響か

Business Journal / 2015年08月07日06時00分

東京証券取引所(東証)で今年最大級のIPO(株式上場)といえば、今秋に予定されている日本郵政の上場だ。6月30日、同社は、持株会社(親会社)である日本郵政と、2つの金融子会社(ゆうちょ銀行、かんぽ生命)の同時上場を東証に本申請した。 親子3社同時上場は前例がないが、多くのマスコミは「1987年のNTT以来の大型新規株式公開(IPO)が本格的に動き出す」(6 [全文を読む]

日本郵政株 上場日の11月4日には相場全体高くなるとの見方

NEWSポストセブン / 2015年10月27日16時00分

日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)の超大型IPO(新規上場)が11月4日に迫り、市場の期待も高まる一方だ。 売り出し価格はゆうちょ銀行が1株1450円、かんぽ生命が同2200円と決まった(日本郵政の売り出し価格は10月26日に決定)。今回売り出される株数は日本郵政が4億9500万株、ゆうちょ銀行が4億1244万株、かんぽ生命が6 [全文を読む]

公開「IPO長者」ランキング! 前年比で数は増えるも規模は小型化

Forbes JAPAN / 2016年07月19日08時30分

「14年にはサイバーダインを代表として大型のIPOが目立ったが、15年は日本郵政という大型の上場があったとはいえ、14年と比較すると小型化したといえる。ベンチャー期待値は相変わらず大きいので、今年は市場が吸収しきれていないという印象だ」と、ランキングを作成したフィスコは見ている。IPO長者もうかれてはいられない、苦しい市場状況だといえよう。*ランキングは普 [全文を読む]

11月4日上場「日本郵政グループ株」知っておきたいポイント5

WEB女性自身 / 2015年10月26日06時00分

11月4日に上場される日本郵政グループの「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命」の3社。これらの上場が21世紀最大のIPO(新規公開株)として、大きな話題になっている。購入できれば千載一遇のチャンスか?それとも大やけどが待っているのか? そこで本誌は、株の達人たちに「5つのポイント」を指南してもらった。 〈1〉投資目的なら上場初日で売りの決断も「それぞれ [全文を読む]

21世紀最大のIPO・日本郵政株 入手の方法と価格の決まり方

NEWSポストセブン / 2015年08月07日07時00分

10月にも日本郵政グループ3社の大型IPO(新規上場)が予定されている。日本郵政の株式は政府が100%、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の株式は日本郵政が100%保有する関係にある。政府保有株の放出としては、1987年に上場したNTT株、1998年上場のNTTドコモ株に続く大型案件とされ、市場からの調達額は3社合計で1兆~2兆円規模に上ると見られる。 バブル真っ只 [全文を読む]

日本郵政グループ3社大型IPO 今年最大の目玉で市場の起爆剤

NEWSポストセブン / 2015年08月04日07時00分

そんな中で「市場の起爆剤」と目される今年最大の目玉が、今秋に予定される日本郵政グループ3社の大型IPO(新規上場)である。 日本郵政とゆうちょ銀行、かんぽ生命保険を同時上場させる試みは、今年6月30日に東証に上場の本申請を終えている。通常は申請から承認まで3~4か月ほどかかることから、10月にも上場すると見られている。 現在、日本郵政の株式は政府が100% [全文を読む]

“安倍政権にとって重要”日本郵政グループのIPOはうまくいくのか?海外の見方とは

NewSphere / 2015年10月09日17時45分

郵政民営化の最終的なプロセスとして、日本郵政グループ3社の新規株式公開(IPO)が11月に行われる。新規公開株の7割以上が国内の個人投資家に配分される予定だ。安倍政権にとって、このIPOには政治的意義があると海外メディアが指摘している。IPOの成功には、売り出し価格の設定が重要となると考えられている。7日には、その前提となる仮条件が発表された。◆今回のIP [全文を読む]

郵政3社上場、深刻な悪影響の危険 他銘柄の売り殺到、株価下落で市場全体低迷…

Business Journal / 2015年09月17日06時00分

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の郵政3社のIPO(新規株式上場)が11月4日に決まったが、これが株式市場の新たな波乱の芽になるとの懸念が浮上している。3社の上場で他の主力株に売りが出て、相場の下押し要因になるというのだ。 ただでさえ東京株式市場は中国経済の先行き不透明感や、米国の利上げ動向などを警戒し、8月以降大幅安に売り込まれている。足元では大きく戻 [全文を読む]

日本郵政株上場 NTT株長者が続々誕生した熱狂を彷彿させる

NEWSポストセブン / 2015年08月06日07時00分

10月にも予定される日本郵政グループ3社の大型IPO(新規上場)。日本郵政の株式は政府が100%、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の株式は日本郵政が100%保有する関係にある。政府保有株の放出としては、1987年に上場したNTT株、1998年上場のNTTドコモ株に続く大型案件とされ、市場からの調達額は3社合計で1兆~2兆円規模に上ると見られる。 「今回の巨額IPO [全文を読む]

日本郵政上場、主幹事証券11社選定の異常 広がる販売苦戦予想と成長性への疑問

Business Journal / 2014年11月28日06時00分

日本郵政株式の上場に向けた準備が進んでいるが、市場ではその行方に関して早くも強弱感が対立している。久々の大型民営化IPO(株式新規公開)で新規投資家の目を市場に向けさせることに期待する向きがある半面で、成長性などを疑問視する市場関係者も少なくない。 小泉純一郎政権下で自民党が郵政民営化を掲げた選挙で圧勝したことを契機に、日本郵政の株式会社化が進められてきた [全文を読む]

郵政株上場 狙うべきはメガバンクや大手生損保など関連銘柄

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

日本郵政グループ3社(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険)の超大型IPO(新規上場)が11月4日に迫り、市場の期待は高まる一方だ。ネット証券では申し込み倍率が100倍以上に達したところもあるという。だが、郵政3社上場で狙い目なのは“本丸”の郵政株ではなく、むしろ「関連銘柄」だと指摘する専門家もいる。 本誌8月14日号では、郵政株上場を前に、郵便局限定の [全文を読む]

株式会社FiNC、新たに中核人材を採用し、組織体制を強化~mixi・コロプラ・A.T. カーニー出身の多才な人材が参画~

DreamNews / 2015年08月31日11時00分

杉山は、経営コンサルティングファームのA.T. カーニー株式会社にて、金融機関や自動車会社等のプロジェクトに携わり、その後日本郵政公社に入社。新規事業や子会社のターンアラウンドに従事するなど、幅広く活躍。2013年より産業革新機構出資先のユニキャリア株式会社の経営戦略室にて、中期経営計画の実行や全社横断的プロジェクトのPMO業務を担当。また、買収した中国企 [全文を読む]

フォーカス