出川哲朗 出川哲郎に関するニュース

出川哲郎「抱かれたくない男」から「触りたいタレント」へ評価一変!

アサジョ / 2017年05月17日10時14分

この4月からは、ついに初の冠番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)がスタートしている。「最近は女性の間でも“かわいい”と評判です。『充電させてもらえませんか?』では、行く先々で住民に囲まれている。べたべた触られ写真をせがまれ、まるでスター扱いです。また、女性だけでなく、子供たちの間でも大人気。なんと憧れの人物に、出川の名前を挙げる小学 [全文を読む]

GLAY×出川哲郎、異色のコラボがYAVAI!

okmusic UP's / 2014年11月05日00時00分

【その他の画像】GLAY約2週間にわたって毎日、その名もGLAY×出川哲朗の“YAVAINE動画"をオフィシャルVineアカウント、オフィシャルTwitterアカウントで更新予定なので、ハッシュタグ「#ヤバい」「#YAVINE」で検索してみよう! さらに、リツイート&お気に入り登録数で「ベスト・オブ・ヤバい動画」を決定するとのこと! また、GLAYは11月 [全文を読む]

GLAYが出川哲郎とヤバいコラボ

dwango.jp news / 2014年11月04日16時11分

本日から約2週間に渡り毎日、その名もGLAY×出川哲朗の“YAVAINE動画”をオフィシャルVineアカウント、オフィシャル Twitterアカウントにて更新予定。ハッシュタグ「#ヤバい」、「#YAVINE」で検索してみて下さい。リツイート、お気に入り登録数で「ベスト・オブ・ヤバい動画」を決定するとのことなので随時チェックしてみよう!またGLAYは本日18 [全文を読む]

テレビ業界人が告白、“○○が面倒くさい”芸能人! 「裏では呼び捨て」?

サイゾーウーマン / 2017年02月18日15時00分

正しくは「出川哲朗」だ。「ここの『朗』を、いつも『郎』にしてしまうんですよ。裏ではいつも『出川』『出川』と呼び捨てにしているので、下の名前まで気が回らず、名前を書くときはつい『哲郎』にしてしまうんです。幸いにも未然に間違いに気づいたときは、『朗らかの方』だと自分に言い聞かせて直しています」(業界関係者) もう1人、別の関係者からは、上島の名が。「竜平」では [全文を読む]

スギちゃん 「神が下りてくる」と出川哲朗と狩野英孝に憧れる

NEWSポストセブン / 2015年08月13日07時00分

一般女性との婚約を発表したばかりのお笑い芸人スギちゃん(41才)。家庭を持ってもワイルドキャラは変えないと断言しているが、その真意とは。「ワイルドだろ~?」でブレイクし、いくつも訪れた転機を経た今、一発屋芸人と言われながらも、芸能界でしぶとく生き残るその術をじっくり語ってもらった。――ブログでも公開されていましたが、「一発屋芸人の会」に参加されたそうですね [全文を読む]

いま話題の人って誰!? 年末年始の出演番組ランキング、TOP3は嵐メンバー、では4位は?

Suits-woman.jp / 2017年01月11日08時00分

4位 斎藤司(トレンディエンジェル) 21番組(昨年31位)5位 ノブ(千鳥) 20番組(昨年61位)5位 大悟(千鳥) 20番組(昨年61位))5位 小峠英二(バイきんぐ) 20番組(昨年9位)5位 出川哲朗 20番組 (昨年6位)9位 大野智(嵐) 19番組(昨年3位)9位 田中卓志(アンガールズ) 19番組(昨年15位)9位 たかし(トレンディエンジ [全文を読む]

河北麻友子、“桐谷美玲級”の痩せ巨乳疑惑が浮上? “インスタ美少女”に出川ガールのポジションを奪われる?

おたぽる / 2016年05月17日12時00分

「『世界の果てまでイッテQ!』で、出川のロケに随行する女性タレントは“出川ガール”と呼ばれ、これまでに北川弘美や松井絵里奈が務めてきたのですが、3代目にあたる河北に関しては、出川から『お嬢』と呼ばれるなど、特別な寵愛を受けている様子が見られ、その名コンビぶりには『歴代ナンバーワンの出川ガール』との呼び声が高く、視聴者からの人気を獲得してきたのですが、今月 [全文を読む]

「ローラの美脚もかすむ」筧美和子の“むっちり太腿“にファン発狂! 一方ローラは...

tocana / 2015年11月13日09時00分

7日放送『出川哲朗&さまぁ~ず三村 ポンコツおじさん旅に出る』(テレビ東京)に、タレントの筧美和子がローラや和田アキ子と共に、"マドンナ"として登場。旅館の個室風呂で混浴する場面では、浴衣から太腿を覗かせて足湯をする姿を披露。これには「このむっちり感の前では、ローラの美脚もかすむ!」「しゃぶりつきたい!」など、ネット上で、ファンからの発狂コメントが相次いで [全文を読む]

<ピンポイントアカデミー大賞>「アメトーーク」は貶さなくても面白いときは面白いが、貶した方が反応は大きい

メディアゴン / 2015年08月02日07時20分

田中直樹(ココリコ)がサメについて、哲夫(笑い飯)が花火について、白鳥久美子(たんぽぽ)がシルバニアファミリーについて、澤部 佑(ハライチ)がフジロックフェスについて、出川哲朗がこれまで自分が経験した危険な動物と絡むロケについてしゃべっていた。普段どうすれば自分の話がおもしろくなるかをとことん考えている芸人という人たちが、自分の興味のあることについて喋って [全文を読む]

フォーカス