研究科 岡山大学に関するニュース

9月13日は世界敗血症デー (World Sepsis Day) 世界に先駆けて 世界敗血症デー2013in Japan開催

PR TIMES / 2013年09月17日17時53分

敗血症を克服した大仁田厚氏を招いてトークショー一般社団法人日本集中治療医学会(理事長 氏家良人:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 救急医学分野教授)は世界敗血症デーである2013年9月13日(金)に、「世界敗血症デー(World Sepsis Day)in Japan」を丸の内の「KITTE」にて開催し、ローソク点灯セレモニーや、敗血症を克服したプロレスラ [全文を読む]

早期発見・早期対応につなげる『学童保育版 児童虐待対応マニュアル』2016年9月発売

@Press / 2016年09月21日11時00分

【監修・編集・執筆・鈴井 江三子】 兵庫医療大学看護学部看護学科 兵庫医療大学大学院看護学研究科看護学専攻 教授 【執筆・大橋 一友】 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授 【同・中山 芳一】 岡山大学全学教育・学生支援機構 助教 特定非営利活動法人 日本放課後児童指導員協会 副理事長 日本学童保育学会 事務局長、岡山子ども・子育て会議 委員 一般 [全文を読む]

福島・見捨てられた甲状腺がん患者の怒り

WEB女性自身 / 2016年04月24日06時00分

(図参照) 12年ごろから、「福島県では小児甲状腺がんが多発している」と警鐘を鳴らしていた津田敏秀氏(岡山大学大学院環境生命科学研究科教授)は、「もともと小児甲状腺がんの発症率は、全国平均で年間100万人当たり約3人。ところが福島県内では、この4年間で約30万人中、がんと確定した人が116人。これは、全国平均の約30倍。あきらかな多発です」と、その深刻さを [全文を読む]

【書評】銃弾飛び交う現場で武装解除を指揮する異色の日本人

NEWSポストセブン / 2015年04月28日16時00分

2002年からは大学教授の職にあるが(現在は東京外国語大学大学院総合国際学研究科教授)、今もその行動は学者の枠にとどまらない。アフガン問題解決の根本的な鍵はインド・パキスタンの関係にあるという考えから、両国の大学間の交流プロジェクトを手掛けつつ、これまでに培ったコネクションを活かして過激派のリーダーとも接触しているという。 実は伊勢崎は護憲派だ。現実との [全文を読む]

福島は本当に安全か? 鼻血問題を政治活動に利用し逃げまくる卑劣な議員たち

週プレNEWS / 2015年03月24日06時00分

1987年当時、ベラルーシ大学の放射線化学研究科教授のエフゲニー・ペトリャエフ氏が、交通事故や病死した約300人の肺を調べたところ約7割から0.01から4ミクロンの大きさのホットパーティクルが見つかった。ひとりの肺から最大で2万個ほども見つかった例もあったという。 当時、取材した朝日新聞の記者に対しペトリャエフ教授は「(ホットパーティクル)1個(が放つ放 [全文を読む]

病気になるリスクの高い性格「タイプD」 簡易判定法を紹介

NEWSポストセブン / 2014年01月09日16時00分

同大学院医歯薬学総合研究科疫学・衛生学分野の研究グループは2013年12月、「高齢者の新たな健康リスク要因は“性格”!?」と題する調査結果を発表した。 その報告によると、「タイプD」と呼ばれる性格の人は病気になるリスクが高いという。「タイプD」とは「否定的な感情や考えを抱きやすい傾向(否定的感情)」と、「他者からの否認や非難などを恐れ、否定的な感情を表現で [全文を読む]

烏龍茶 「ポリフェノール含み虫歯と口臭予防に」と茶事情通

NEWSポストセブン / 2012年06月25日07時00分

加えて、烏龍茶に含まれる烏龍茶ポリフェノールも、虫歯の発生を手助けする酵素・グルコシルトランスフェラーゼ(GTF)の活性化を阻止する効果があると『小児歯科学会第50回記念大会』で発表された(大阪大学大学院歯学研究科と岡山大学大学院医歯薬総合研究科、サントリー食品インターナショナルの共同研究)。 18才から43才の男女31人を2つのグループに分け、一方には [全文を読む]

フォーカス