現在 南野陽子に関するニュース

創刊50周年記念。時代を築いた「週プレヴィーナス7」にインタビュー!

週プレNEWS / 2016年10月18日19時00分

現在、女優、タレントとして幅広いジャンルで活躍中 ●ヴィーナス4 仲間由紀恵「グラビア撮影の濃密な空間が好き。週プレは永遠の青春時代です」 10代で初めて週プレでグラビア撮影の楽しさを教わって、いろんな経験ができました。グラビアの現場ってスタッフさんとの関係がとても密なんです。だからこそ、挑戦できる雰囲気もあって、時には失敗することもあり。自由につくり上げ [全文を読む]

週プレ創刊50周年!で懐かしのオリジナルテレカを追跡…“お宝プレミア”No.1は?

週プレNEWS / 2016年10月22日06時00分

-それでも10万円ですか…非売品パワーすごいですね! 現在、テレカやQUOカードで一番人気のアイドルって誰なんですか? 長尾 トップからいうと武田玲奈ちゃん(水着だと5、6万円で取引)。次に有村架純ちゃん、続いて宮脇咲良ちゃん、生田絵梨花ちゃんといった感じでしょうね。是非、週プレさんには武田玲奈ちゃんのQUOカードを50枚ぐらい出してほしいんですよね!! [全文を読む]

聖子に南野も! 伝説の音楽プロデューサーが明かす80年代アイドル黄金期のジンクスとは?

週プレNEWS / 2015年01月13日06時00分

現在、作家のマネージメント会社「SpringTune Inc.」を立ち上げ動き始めている ■週刊プレイボーイ3・4号「1985年組アイドル大名鑑」より(本誌では、懐かしのシングル盤ジャケット、写真集などとともにプレイバック!) [全文を読む]

南野陽子の仕事がなくなる!? 夫の新たな金銭トラブル発覚で窮地に……

日刊サイゾー / 2014年10月28日13時00分

結婚時、IT関連会社の社長と報じられ、南野に推定価格1,000万円を超える結婚指輪を贈り“セレブ婚”と大々的に取り上げられた夫だが、その時点ですでに会社は経営が破綻していたようだ」(週刊誌記者) 同誌によると、南野が住んでいた自宅マンションに夫が移り住む形で結婚生活をスタートさせ、現在も暮らしているというが、南野の所属事務所も夫も同誌に対して女性との金銭ト [全文を読む]

南野陽子 28年前、アイドル時代のお宝写真が可愛すぎる! FBでお茶目な素顔も公開中

AOLニュース / 2013年10月11日12時35分

現在はご存知の通り、貫禄溢れる芸能人としてエンタメ界に君臨しているが、Facebookではアイドル時代の写真や最近の出来事など、南野が身近に感じられるエピソードを公開している。 特に18歳のときに撮影されたアイドル四天王時代の白黒写真には初々しい表情が写っていて、 「可愛い!!」 「胸がキューンとなります」 「白黒でこんなに可愛いのはパンダと南野さんだけで [全文を読む]

川島海荷(9nine)、出演ドラマ『SPEC~零~』のビジュアルを解禁!

okmusic UP's / 2013年08月14日06時15分

また、川島海荷(9nine)は、現在放送中のTBS木曜ドラマ9『ぴんとこな』(毎週木曜よる9時~)にて、貧乏だけど成績優秀、歌舞伎が大好きな高校生・千葉あやめ役を好演、自身“初”となる学園恋愛ドラマに出演している。さらに秋には宮藤官九郎作・演出の自身“初”舞台、大パルコ人(2) バカロックオペラバカ『高校中パニック! 小激突!!』への出演も決定している。ま [全文を読む]

松浦亜弥の変わり果てた“不良パーマ姿”で思い出される、あの「黒歴史映画」って?

日刊サイゾー / 2017年03月07日13時00分

現在、子育てに専念しているあややですが、この1~2年の間に歌手復帰する計画が進められているようです。復帰曲は、夫で歌手のw-inds.橘慶太が提供する可能性もあるのだとか」(芸能ライター) そんな彼女の現在の姿に、ネットは騒然。変わり果てた鳥の巣のようなパーマ頭には、「あややがおばさんになってる」「いつの時代の髪形よ」「とりあえずパーマは取ろうか」「昔 [全文を読む]

週刊プレイボーイ50周年記念本『熱狂』で、現在のグラビアを彩るトップ3人が刺激された“熱狂”とは

週プレNEWS / 2016年10月18日16時00分

石川、片山、馬場の3人は現在のグラビアを代表する顔として登壇。『熱狂』について、それぞれの感想を聞かれると、 「グラビア界の黒船と呼ばれたリア・ディゾンさんのページが印象的です。グラビアを見ない方にも存在を知られるのはすごいことだと思います。私もリアさんのように、より多くの方に知ってもらえるよう活躍したいです」(石川) 「週プレの最初の表紙が人ではなくラ [全文を読む]

黒島結菜主演『時をかける少女』に「原田知世は超えられない」の声 “沖縄美少女”時代と「顔が違う」との指摘も?

おたぽる / 2016年05月18日09時00分

また、黒島は、ウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで『沖縄美少女図鑑賞』を受賞し芸能界デビューを果たしたのですが、同賞受賞者の先輩には、現在女優として大活躍している二階堂ふみがいることから『ふみちゃんに追いつけ追い越せ!』とファンは盛り上がりを見せているようです。しかし、その一方で、ネット上では、その『沖縄美少女図鑑賞』を受賞した頃と『顔が違くないか? [全文を読む]

わが青春の“80年代アイドル”熱中時代!(2)「84年デビュー・倉沢淳美」

アサ芸プラス / 2016年03月28日05時57分

そして現在は、あの沸騰都市でセレブな日々を! わらべの「めだかの兄妹」であっという間に人気が出て、アレヨアレヨという間に「プロフィール」でソロデビューも決まりました。今考えても、人生ってある一つのきっかけで大きく変わるんだと実感した瞬間でした。 私は3歳くらいから歌が大好きで「大きくなったら歌手になりたい」と、ずっと思っていました。親戚が集まる前でマイクを [全文を読む]

「私は南野陽子の夫に290万円取られた」被害女性が涙の告発

NEWSポストセブン / 2014年10月20日07時00分

南野が住んでいた自宅マンションに加藤氏が移り住む形で結婚生活をスタートさせ、現在も暮らしている。 その裏で加藤氏はA子さんに別の顔を見せていた。A子さんによれば、A子さんと加藤氏が知り合ったのは2009年。ほどなく仕事の相談などで2人は頻繁に会うようになる。しかし──。 2010年4月、加藤氏がグアム旅行に行く際、A子さんのクレジットカードを持ち出したのだ [全文を読む]

『スケバン刑事III』でブレイクしたアイドル四天王! 浅香唯「ヨーヨーのシーンで一日終わったことも」

週プレNEWS / 2014年01月02日06時00分

さて、80年代アイドルのド真ん中にいた唯さんが、現在のアイドルを見て思うことはありますか。 唯 私たちの頃とはアイドルの形が違うんだなあと思うことはあります。例えば、プライベートの話も私たちの時代はとにかく隠しました。だから「パジャマを着て寝ます」ということを話すだけでも、おお~!みたいな感じだったんですよ。今じゃ絶対にあり得ないじゃないですか。 ―でも、 [全文を読む]

矢沢永吉、「寝耳に水」35億円を即完済のBIG伝説

アサ芸プラス / 2013年02月13日09時59分

だが、矢沢はこれをたった6年で返済したばかりでなく、現在、東京都内に15億円の豪邸を建設中なのだという。 「精力的な仕事ぶりですよね。しかも永ちゃんには熱狂的なファンがついているから、コンサートは常に満杯で、グッズ販売やCM収入も返済に大きく貢献している。60代になった今も現役を続行しているところがすごいですね」(芸能ジャーナリスト・佐々木博之氏) さすが [全文を読む]

なつかしい!富士通、世界初のCD-ROMドライブつきPC「FM TOWNS」誕生日を祝う

インターネットコム / 2017年02月28日12時45分

PCの中身である基本システム(OS)には、現在の主流であるWindowsではなく独自の「Towns OS」を採用していた。Windowsの開発元であるMicrosoft(MS)が手掛けていた別のOS、MS-DOSをもとに改良したものだ。 富士通は当時を振り返りつつ、「発表後には電脳遊園地というPCのイベントを異例とも言える東京ドームを借りきって開催し、3 [全文を読む]

『週刊Dモーニング』で無料の試し読み期間限定公開中!ただし鉄仮面つき

ガジェット通信 / 2016年12月25日13時30分

講談社『週刊モーニング』の電子版『週刊Dモーニング』のサイトでは、現在無料で「会長 島耕作」と「クッキングパパ」の”神回”が試し読みできる。ただし無料につき、キャラが鉄仮面をかぶっているとのこと。登場するキャラ全員が『北斗の拳』のジャギか『スケバン刑事』の二代目麻宮サキby南野陽子みたいになっており、全然ストーリーが頭に入ってこない大変素敵な仕様となってい [全文を読む]

体型が全然違う!石原さとみ「校閲ガール」出演の元アイドルに視聴者が驚愕

アサ芸プラス / 2016年11月05日09時59分

一方で現在の芳本は大物編集長の役にふさわしい貫録を備えており、彼女のアイドル全盛期を知る人でもほとんど気づかなかったようです」 その芳本は同じ事務所の先輩・石川秀美の妹分としてデビューし、計19枚のシングルをリリース。アイドルとしては決して大成したとは言えないが、1990年にゴールデン・アロー賞・演劇新人賞を受賞したのを機に女優業にシフト。それ以来、昼ドラ [全文を読む]

仲間由紀恵が語った“永遠の青春”「今見ると恥ずかしく思う部分もありますけど…」

週プレNEWS / 2016年10月19日06時05分

第一部では石川恋、片山萌美、馬場ふみかという現在のグラビアの顔となっている女優・モデルの3人がセクシードレスで登場。 続いて第二部では今回、『熱狂』のPR大使に任命された女優・仲間由紀恵が黒のドレスを着て登壇。50周年の祝辞を送るとともに、グラビアを飾った当時の撮影秘話を笑い混じりに明かしてくれた。 『熱狂』は週刊プレイボーイ50周年を記念し、過去のグラビ [全文を読む]

夏目雅子、名取裕子ほか脱いでイメチェンに成功した女優たち

NEWSポストセブン / 2016年08月14日07時00分

現在もフェロモンのある女優として誉れが高い。 「脱ぐはずの場面で脱がないと、作品としての価値が落ちます。かたせ梨乃さんや高岡さん、杉本彩さんなど裸を厭わない女優には観客も覚悟を感じるし、評価につながる。彼女たちが証明しているように、乳首を見せるか見せないかはゴールではない。乳首を出すことはスタートなんです」(映画コメンテーター・有村昆氏) 21世紀に入って [全文を読む]

嵐・櫻井翔が小嶋陽菜に完敗?芸能人が住むセレブマンション事情

デイリーニュースオンライン / 2016年07月01日11時00分

現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

「時をかける少女」映像化で炎上 筒井康隆が再びブームか

NEWSポストセブン / 2016年05月21日07時00分

この数年、失われたそれらの作品が次々と復刻されています」 前出のコレクションは2014年11月から刊行が始まり、現在5巻まで刊行。2015年3月には丸善ジュンク堂書店限定で1970年代に書いたエッセイ集『狂気の沙汰も金次第』、短篇集『おれに関する噂』が復刻。1994年に文庫が発売された『旅のラゴス』はもともとロングセラーだったが、ネットでの口コミを中心に評 [全文を読む]

フォーカス