安倍なつみ 南野陽子に関するニュース

ドラマ新シリーズがスタート 『時をかける少女』から羽ばたいた女優たち

日本タレント名鑑 / 2016年07月05日10時55分

の中心メンバーだった安倍なつみさんが主人公・和子を演じています。 仲里依紗がアニメと実写、2作品でヒロイン役を担当 2006年には初めてアニメ化されました。こちらは原作とは異なり、約20年後を舞台にした新しい物語に。ヒロインの紺野真琴役の声優を仲里依紗さんが担当。谷村美月さんも声の出演をしています。監督は『おおかみこどもの雨と雪』や『サマーウォーズ』で知ら [全文を読む]

「時をかける少女」映像化で炎上 筒井康隆が再びブームか

NEWSポストセブン / 2016年05月21日07時00分

その時代のアイドルが演じてきたヒロインは前出の原田以降、南野陽子、内田有紀、安倍なつみ、仲里依紗に続き、今回は黒島結菜がつとめる。 デビューから50年を超え、筒井氏自身が81歳の今、なぜ再ブームが起きつつあるのか。ミステリ・SF研究家で前出『筒井康隆コレクション』の編者でもある日下三蔵さんは、「旧作のリバイバルと話題の新作、ふたつの事象が重なったことが今の [全文を読む]

いい写真には撮られた本人すら気づかぬ微妙なエロスがある

NEWSポストセブン / 2016年05月17日07時00分

そのメンバー・安倍なつみとの想い出である。 「5人のメンバーを連れてサイパンに行ったのですが、彼女と2人になった時に『ナッチが一番魅力的だよね』とつい口にしたら、それが同行していたテレビ番組で放送されて後から実に困ったことになりました(笑い)」 それでも1999年に発売された写真集『ナッチ』は10万部の売り上げを記録した。 野村氏の撮影はまるでムービーのよ [全文を読む]

「主演の黒島結菜って誰?」7月期連ドラ『時をかける少女』が抱える不安要素とは?

サイゾーウーマン / 2016年05月15日16時00分

また、72年には『タイム・トラベラー』(NHK/島田淳子主演)として初めて連続ドラマ化され、85年には単発ドラマ(フジテレビ系/南野陽子主演)、94年には連続ドラマ(同/内田有紀主演)、02年には単発オムニバスドラマ(TBS系/安倍なつみ主演)が放送されており、今回が22年ぶり3度目の連ドラ化となる。 今作は、ある日の放課後、理科実験室でラベンダーの香り [全文を読む]

ドラマ版『時をかける少女』主演・黒島結菜の不安は“演技力”よりジャニーズに“食われる”こと!?

日刊サイゾー / 2016年05月15日09時00分

以降は、南野陽子、内田有紀、安倍なつみがドラマでリメイクしたほか、前回は10年に仲里依紗主演で映画となった。 スポーツ紙の記者によると「一説には、有村架純や大友花恋も主演候補に名が挙がったそうで、相手役にはKis-My-Ft2の玉森裕太という案もあったとか。もっとも玉森のほうは、SMAP独立騒動で元マネジャー、飯島(三智)さんが退社となった影響でSexy [全文を読む]

フォーカス