北島三郎 福田こうへいに関するニュース

民謡の真髄が味わえる!新曲「母ちゃんの浜唄」などを鍛えぬいた歌声で!『The Vocalist~音楽に恋して~「福田こうへい」』TBSチャンネル1で6月2日(金)テレビ初独占放送!

PR TIMES / 2017年06月01日17時30分

さらに、北島三郎など大先輩の演歌にも挑戦! 各地の民謡コンクールで優勝を果たしてきた福田こうへいが、のびやかな気迫ある歌声を響かせる。民謡の真髄を味わうことのできる極上のひととき。どうぞお楽しみに! ■放送概要 『The Vocalist~音楽に恋して~「福田こうへい」』 〈放送チャンネル〉CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」 〈放送日時 [全文を読む]

【紅白歌合戦の見所】中島VS美輪トリ前対決・サザン電撃参戦・中森明菜復活・薬師丸Wの悲劇

AOLニュース / 2014年12月30日12時00分

「第65回紅白歌合戦」が日に日に近づいているが、昨年の北島三郎御大の「卒業」を機に新時代を迎える紅白歌合戦。長年、紅白歌合戦だけは毎年必ず見続けているという音楽業界の事情通にその見所を伺った。―今年の紅白一言で言うと?「一言に言うと"ジャニーズ完全制圧"。オープニングの白トップがSexy Zone、前半のトリにV6。後半の一番オイしいアナ雪の前後にTOKI [全文を読む]

和田アキ子と北島三郎の『紅白』リストラをもくろむ、“暗躍者”の存在と手口

サイゾーウーマン / 2013年11月30日15時30分

そんな中、芸能マスコミの間で話題になっているのが、和田アキ子、北島三郎ら「紅白ベテラン歌手」のリストラ問題だという。 今回の初出場組は、E‐girls、NMB48、miwa、泉谷しげる、クリス・ハート、サカナクション、Sexy Zone、福田こうへい、Linked Horizon の全9組となった。 「今年も、事務所同士で枠の取り合いとなったようです。目立 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】AKB48『365日の紙飛行機』が大正琴音楽大賞 “恋チュン”とは違う世界でスタンダードに

TechinsightJapan / 2017年02月09日14時40分

■大正琴音楽大賞(カギカッコは受賞した歌手または代表者) 平成18年 第1回 『風雪ながれ旅』(北島三郎) 平成19年 第2回 『千の風になって』(秋川雅史) 平成20年 第3回 『津軽の花』(原田悠里) 平成21年 第4回 『愛のままで…』(秋元順子) 平成22年 第5回 『安芸の宮島』(水森かおり) 平成23年 第6回 『百万本のバラ』(加藤登紀子) [全文を読む]

和田アキ子の「紅白落選」を呼んだ芸能界の”アッコ包囲網”

デイリーニュースオンライン / 2016年11月26日12時00分

さらにバーター要素の排除に加えて、 「北島三郎、森進一らベテランが自ら申し出て、“紅白から降りて後進に譲る”のが美談という流れを作ってしまった。今年も細川たかしが出場者発表前に、“もう紅白には出ない。道を譲る”と会見(注6)。彼らにその意図は無かったとしても、結果的には<アッコ包囲網>を敷くことになった」(前同) ヒット曲も無いのに紅白に出場している歌手な [全文を読む]

紅白落選組を調査!ゴールデンボンバー5年目の『女々しくて』ならず

しらべぇ / 2016年11月24日16時30分

(画像はゴールデンボンバーオフィシャルモバイルサイトのスクリーンショット)今年も 和田アキ子 細川たかし 金爆落選でどんどん年の瀬に聞く定番曲がなくなっていくわね紅白森進一、北島三郎、美輪明宏もいなくなって... 毎年同じ曲だっていいじゃないのよ 安心感よ安心感— まこってぃー (@mako3rd) November 24, 2016金爆、紅白出場しないん [全文を読む]

「内定のはずが……」SEKAI NO OWARI『紅白』落選の裏にあった“ステージセット”へのこだわり

日刊サイゾー / 2013年11月30日09時00分

演歌枠では、石川さゆりや五木ひろしなどの大物から“脱サラ歌手”として注目される福田こうへいまで名を連ね、さらには北島三郎が今回限りで引退を発表するなど、それなりに話題があるように思える。しかし、一部のネットユーザーからは「しょぼい」「紅白っぽくない」などの不満が出ている。今回の出演者について、音楽業界関係者はこう話す。 「AKBグループが3組も出ることに [全文を読む]

フォーカス