朝ドラ 大地真央に関するニュース

【とと姉ちゃん6月期レビュー】なぜ常子たちは弁当屋に居座った? 脚本家がこだわる血縁を超えた結びつき

ウートピ / 2016年07月11日15時00分

最近の朝ドラの集大成のような『とと姉ちゃん』朝ドラことNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。7月は、いよいよヒロイン・常子(高畑充希)のライフワークとなる雑誌の創刊に向けて展開していますが、6月は、昭和初期を描く朝ドラとしてはスルーできない太平洋戦争時の物語でした。2010年代だけでも『マッサン』『花子とアン』『ごちそうさん』『梅ちゃん先生』『カーネーショ [全文を読む]

NHK職員ものけぞる大地真央の「衣装より派手な通勤服」

NEWSポストセブン / 2016年06月21日07時00分

誰だろうと思って、顔を見たら女優の大地真央さん(60)で本当に驚きました」 大地といえば、現在、放送スタート以来、視聴率20%超えを続ける朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演中で、高畑充希(24)が演じるヒロイン・常子を陰ながら支える祖母・青柳滝子役を好演している。 本誌が行なった『とと姉ちゃん』に関するアンケートでは、〈美しすぎるお婆ちゃん! 母役の木村多江のほ [全文を読む]

声優のドラマ出演続々!! 緒方賢一、大塚明夫、高木渉、大反響の声優ドラマ出演がトレンドになる予感!?

おたぽる / 2016年06月10日22時00分

『とと姉ちゃん』では、杉咲花演じる主人公の妹・美子と、大地真央演じる祖母・滝子が訪れる洋裁店の店主を、あの優しい声で演じ上げ、「洋裁屋の主人、緒方賢一さんか!どおりで声に聞き覚えあると思った!」「いきなりの緒方賢一で眠気吹き飛んだw」「聞き覚えのある声だと思ったら緒方賢一さんが朝ドラに出てた」といった反応が相次いだ。 中には「朝ドラに緒方賢一さんがー顔出 [全文を読む]

大地真央「綾子の衣装は毛皮が多いんです(笑)」

Smartザテレビジョン / 2017年03月23日07時00分

舞台のことをお話したり、メール交換もしました!向井さんとは2015年の仕事納めと2016年の仕事始めともに、朝ドラ「とと姉ちゃん」(NHK総合ほか)で撮影がご一緒で、2016年の仕事納めも今回のドラマで一緒のシーンだったので、「ことしの仕事納めもどこかでお会いできたらいいですね」とお話をしました。――不思議なご縁がありますね(笑)。その他の方はいかがでしょ [全文を読む]

還暦を迎えた大地真央 徹底的な自己管理でエイジングケア

NEWSポストセブン / 2016年10月25日07時00分

昭和の初期に店の看板を守るために必死で生きる人間味あふれる女性を演じたかったんです」(大地・以下「」内同) 朝ドラで初めて“おばあちゃん”役に挑戦した心境を語る大地。美人女優として誰もが認めるだけに、いつかは破らねばならないその殻を、彼女はこうして自ら取り去った。 しかし、宝塚のトップスターに就任して以来、34年以上も第一線を走ってきただけに、今なお体形は [全文を読む]

朝ドラ語りの檀ふみ 実家でも作中のような家族のルールあり

NEWSポストセブン / 2016年06月03日07時00分

※女性セブン2016年6月16日号 [全文を読む]

大桃美代子と泉麻人が語る 朝ドラ『とと姉ちゃん』の魅力

NEWSポストセブン / 2016年05月19日16時00分

昔の主婦たちは近所に買い物に出るときにも割烹着を着る習慣があって、私の子供時代に母が着ていたことを思い出しました」 ※女性セブン2016年6月2日号 [全文を読む]

大地真央 若すぎ!朝ドラで話題の美貌生んだ豪華すぎる朝食

WEB女性自身 / 2016年05月14日06時00分

朝ドラファンたちを驚かしている 卵肌 も「1日にして成らず!」なのだろう。 [全文を読む]

【とと姉ちゃん4月期レビュー】女が思うように生きるために大切なことって?

ウートピ / 2016年05月10日12時29分

こちらの連載では、“朝ドラ”ことNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のレビューを月ごとにしていきたいと思います。のちに成功するヒロインのビジネス事始めとしての一ヶ月 4月4日からスタートした「とと姉ちゃん」。現在のところ、第4週までの平均視聴率が約22%と好調です。高畑充希さん演じるヒロイン・常子のモデルが、雑誌「暮しの手帖」を創刊した実在の人物、大橋鎭子 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』五週目で描かれた「嘘と本当」の意味ーー誰かの代わりを演じることの優しさ

リアルサウンド / 2016年05月09日06時10分

朝ドラは一日15分を月~土まで放送する週六話という構成だが、この時間配分をどう使うかは脚本家のセンスが問われるところだろう。例えば今週なら「とと姉、新種を発見する」というように、一週間単位でタイトルがついてるため、大抵の脚本家は一週間一話という使い方をするのだが、『とと姉ちゃん』では3話+3話という二本立てに近い構成が多く、今週も「富江の制服の話」と、「 [全文を読む]

スキンケアの賜物!「とと姉ちゃん」の“祖母”大地真央がきれいすぎると大絶賛

アサジョ / 2016年04月30日09時59分

「あさが来た」に続き、今季も好調なNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」。舞台を浜松から東京に移し、主人公常子の祖母として大地真央が演じる滝子が登場。老舗材木問屋の女将で威勢のいい姿が話題だが、ネット上ではその滝子がきれいすぎると騒がしい。「江戸っ子気質な女将の役どころが好評な反面、若すぎる、きれいすぎて違和感があるという声も多いのです。確かに祖母という役柄に合わせ [全文を読む]

『とと姉ちゃん』第三週目で描かれた、祖母と母の対立ーー母・君子の“朝ドラヒロイン”らしさ

リアルサウンド / 2016年04月25日08時35分

熊本大地震の影響で放送中止となった12話と13話の同時放送からはじまった『とと姉ちゃん』第3週だが、地震情報のテロップで囲まれた画面で見る朝ドラは、やはり今までとは少し違うものに感じられた。 家の二階から深川を見ながら、「(この町も)随分変わりましたね」という君子に対して、青柳商店の筆頭番頭の隈井栄太郎(片岡鶴太郎)は、「震災で全て無くなりましたからねえ [全文を読む]

朝ドラ『とと姉ちゃん』 嫁姑戦争ならぬ母子戦争勃発か

NEWSポストセブン / 2016年04月17日16時00分

NHK朝ドラで今世紀最高の平均視聴率となった『あさが来た』に続き、『とと姉ちゃん』が好発進を遂げて早くも話題沸騰中だ。今後はいったいどんなストーリーになるのか。NHK関係者への取材から、気になる今後の展開を “先取り”。 『ごちそうさん』『花子とアン』『あさが来た』と、恒例のように朝ドラで繰り返されてきた嫁姑戦争。今回は少し違って、実の「母と娘」の確執が描 [全文を読む]

これでもうコケられない! NHK次期朝ドラ『とと姉ちゃん』、さらに豪華キャスト投入で……

日刊サイゾー / 2016年02月19日11時00分

こうなると、次期朝ドラ『とと姉ちゃん』(4月4日放送開始/高畑充希主演)には、相当なプレッシャーがかかりそうだ。 同ドラマの舞台は昭和初期で、主人公である小橋家の長女・常子(高畑)が12歳で父を亡くし、「父(とと)代わり」になって、母と2人の妹を懸命に養っていく姿を描いた作品。常子は戦後、「女の人たちのためになる雑誌をつくりたい」と、家族で小さな出版社を [全文を読む]

やっぱり脇役向き? 『無痛』ワースト2位、惨敗続きの西島秀俊が次期朝ドラでヒロインの父役に

日刊サイゾー / 2015年11月09日09時00分

来年4月4日スタート予定の次期NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』で、“中高年女性のアイドル”西島秀俊が、ヒロイン(高畑充希)の父親役に起用されることが決まった。母親役を演じるのは木村多江。 同ドラマには、他に向井理、大地真央、片岡鶴太郎といった大物もズラリと名を連ねており、NHKの“本気度”が伝わってくる。他には、秋野暢子、ピエール瀧、平岩紙、片桐はいりのベテラ [全文を読む]

『とと姉ちゃん』杉崎咲、戦争シーン後の撮影で感じたこと

NEWSポストセブン / 2016年08月10日07時00分

家族や事務所のかたもとても喜んでくれて、“朝ドラ”の現場に参加することへの周りからの期待は大きいものなのだな…と、私のほうが少し驚くほど実感しました。 私は(子役時代からのバトンタッチで)9週目からの登場だったのですが、撮影前の記者会見で初めてキャストのみなさまにお会いした時から、撮影がすごく楽しみだったんです。 一緒に『とと姉ちゃん』という作品にかかわら [全文を読む]

『とと姉ちゃん』十週目で描かれた妹たちとの対立と、常子の複雑な心境

リアルサウンド / 2016年06月13日10時19分

成長して母親になったヒロインが思春期を迎えた娘と対立する姿は朝ドラでは物語後半でよく描かれていたが、少女でありながら、家長として振る舞う常子は、早くも娘のように見ている妹たちとの対立を向かえることになる。 美子との関係が険悪になり口を利かなくなった頃、大阪の大学の研究室に勤めることになった星野から常子はプロポーズされる。自分にとっての幸せとは何か? 星野の [全文を読む]

【とと姉ちゃん5月期レビュー】「女でも望むように生きていいんだ」ヒロインの意識改革

ウートピ / 2016年06月03日21時01分

視聴率絶好調の「とと姉ちゃん」朝ドラことNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の視聴率が絶好調です。放送開始以来、5月30日の第50話まで連続して20%超え。このまま順調に行くと、今世紀最高の平均視聴率を獲得しそうです。雑誌「暮しの手帖」を創刊した大橋鎭子(おおはし・しずこ)さんをモチーフに、ヒロインの常子(高畑充希)が編集者として成功するプロセスを描くこの [全文を読む]

『とと姉ちゃん』見事な展開となった第六週 祖母と母の和解はどう描かれた?

リアルサウンド / 2016年05月16日06時10分

あえて、王道の朝ドラをてらいなくやろうとする西田征史の脚本は、基本的には高く評価しているのだが、その端正な作りを見事だと思う一方で、どこか作りモノっぽく見える瞬間がある。なんというか、本物よりも綺麗な造花を見せられているような気持になるのだ。そんな本作のスタンスを職人芸として楽しめるか、嘘くさくて見てられないと思うかで本作の評価は大きく別れるのだろう。 [全文を読む]

有村架純には任せられない?フジ「月9」大爆死回避のキーマンは高畑充希

アサ芸プラス / 2016年02月02日17時58分

4月からスタートするNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」。大地真央、西島秀俊、向井理ら豪華キャストの中で主演するのは、本年度大注目の女優・高畑充希だ。「今年の高畑はすごいですよ。主演ではありませんが、現在放送中の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)と『東京センチメンタル』(テレビ東京)に出演。また、6月4日公開予定の主演映画『植物図鑑』 [全文を読む]

フォーカス