自宅 大地真央に関するニュース

大地真央は豪邸でひとり…夫が認めた結婚10年目の別居生活

WEB女性自身 / 2017年07月11日00時00分

2人の自宅は、最寄駅から徒歩7分。東京・港区内に建つ、3階建ての大豪邸だ。建物面積は3フロアあわせて、なんと646平米!7月上旬の朝10時半ごろ、家の門が開き、1台の大きな黒塗りの高級外車が出てきた。舞台初日を控える大地が、明治座に出勤していったようだ。しかし、森田氏が同乗している様子はない。 そのすぐ後、東京・港区内のオフィスビルに、1台のハイヤーが停 [全文を読む]

松平健 再々婚1年もイクメン継続「息子の弁当作ってます」

WEB女性自身 / 2016年05月03日06時00分

4月中旬の朝8時半過ぎ、都内の自宅から松平健(62)がトレーニングウェア姿で颯爽と出てきた。近くの公園で軽くストレッチを済ませると、そのまま6~7キロほどウォーキングを始める。1時間ほど汗を流すと、家族の待つ自宅へと戻ってきた――。 04年に大地真央(60)と離婚した松平は、 10年11月に前妻・松本友里さん(享年42)と死別。以来、シングルファザーとして [全文を読む]

夫との赤裸々生活明かす黒木瞳の新聞連載コラムが好評

NEWSポストセブン / 2016年02月18日16時00分

それから、新婚旅行のベネツィアで買った、回転木馬のオルゴールのネジを回してその音色を聞くこと》 ある時は、仕事のストレスから自宅で暴れる夫の行状も明け透けに書いている。 《夫は壁を叩き、声を張り上げ、尋常ではない物音が、私のいる寝室まで聞こえてくる。今私は寝室を出てはいけない、という警告音が私の中で鳴り響いた。(中略)着ている服を投げ捨てるほど、昨晩は相当 [全文を読む]

大地真央、還暦とは思えない若々しさを保つためにしているトンデモ美容術とは?

アサジョ / 2016年11月01日09時59分

オフの日は自宅のスチームサウナとジェットバスに入り、本や台本を読みながら2、3時間を過ごす。何台もの加湿器をフル稼働させて、お肌に潤いを与えることを忘れません。健康にいいと聞けば、何でも取り入れてみる。おかげでもう何年も風邪知らずです」(健康雑誌ライター) 4年前、「アンチエイジング大賞」を受賞した大地。若さを保つ秘訣は笑顔だという。兵庫県出身の関西人で、 [全文を読む]

神田沙也加結婚、「第2のママ」大地真央は複雑心境か

NEWSポストセブン / 2017年05月13日07時00分

それに沙也加が「ママは好き勝手やっているのに、なぜ私はダメなの」と反発し、物を投げ合って自宅の窓ガラスが割れるほどの大げんかをして、警察が駆けつけたこともあった。 母との諍いで家を飛び出した沙也加は、ファンクラブのホームページで次のように宣言して芸能活動を休止した。《私が生きているのは私の人生であり判断は自分自身でする物であると思っています》 2015年 [全文を読む]

【試写室】「女特捜」大地真央の“菩薩感”にほれぼれ

Smartザテレビジョン / 2016年08月25日05時00分

最終話となる第6話では、資産家・田野倉吾郎(白井滋郎)が、自宅で殺害されているのが見つかる。犯人の目的は、隠し金庫にあった数億の現金と思われ、捜査本部は被害者の下で働いていたクラブ店長・金山源次郎(松澤一之)を怪しむ。そんな中、室町京子(高島礼子)は、刑事課長の“ナルシー”加藤修一郎(渡辺いっけい)が謎の美女とデートしている姿を目撃。いつも通り、一条弥生( [全文を読む]

千秋 15歳年下夫の母「結婚の話はしたくない…」と明かす

WEB女性自身 / 2016年03月29日00時00分

「(息子の)結婚のことですか、そのことについてはお話ししたくありませんので 」 結婚 という言葉を切り出した瞬間、にこやかだったA氏の母の顔は曇り、自宅に入ってしまった。挙式・披露宴も行わないという千秋とA氏。A氏一家と親交のあるという近所の住人は言う。 「ご両親にとって、Aさんは 自慢の息子さん です。詳しくは伺っていませんが、千秋さんとの年齢差なども [全文を読む]

高梨臨の運動神経よすぎに驚愕!? 『ヒガンバナ』の“残念部分”がようやく解消か

日刊サイゾー / 2016年03月04日00時00分

来宮はその文面を読んで、ある“可能性”に気づき、殺された郷田の自宅へ走りました。 そして、いつもの“共感力”を使い「俺が悪かった」という言葉を引き出し、その上で犯人の“正体”に気づきます。 そして来宮と雪乃(檀れい)は、犯人の居場所へと向かいます。犯人がいたのは……。 この後、犯人と凛の激しいバトルがあるのですが、高梨臨さん、かなり運動神経いいんですね…… [全文を読む]

ゲイカウンセラー「申年女は賢くていい男をゲットしやすい」

NEWSポストセブン / 2016年01月09日16時00分

ファッション誌やテレビで公開する自宅は、おしゃれでゴージャス! 猫部屋もあるという。 男性にモテモテだった飯島直子は、長く年下のホストに入れ込んでいたが、’12年にクリスマス入籍した夫は会社経営者だった。〉 T:ただ感性の鋭い男性には、本性がすぐにバレちゃうのでアウト。「バレちゃうかも…」と思うと、そんな人からはサッと身を引くのが申年女。賢いんですよね。で [全文を読む]

フォーカス