女性 小林悠に関するニュース

<テレビ業界の不思議なコンプライアンス>看護婦とスチュワーデスはダメで「女性キャスター」ならOK?

メディアゴン / 2015年09月13日14時00分

ナレーションが、「女性キャスターが見た水害の様子をまとめた」と言っていた。確かにリポートしていたのは加藤シルビアアナウンサーと小林悠アナウンサーのハーフ美女2人だったから、ナレーションが言っていることは事実である。しかし、ここで「女性キャスターが見た水害」とくくることの必要性がどこにあるのだろう。「女性キャスターが見た水害」というのは完全に男目線のナレーシ [全文を読む]

美女プレイヤーの気持ちが“アガる”のは「シュートを打てそうになった瞬間」

ゲキサカ / 2016年10月24日18時20分

48チームが参加したゲキサカカップで女性がプレーしたチームは、麻布大渕野辺高(現・麻布大附高)OBで構成されたPPAPだけだった。FW小林悠(川崎F)やDF太田宏介(フィテッセ)の後輩に当たるメンバー6人とともにピッチに立った美女プレイヤーは2人。市川ひかりさんはチームメイトに借りた麻布大渕野辺高の青色ジャージでプレーし、「インターハイに出場した代のジャ [全文を読む]

TBS電撃退社の小林悠 報道の男性との交際は順調に継続か

NEWSポストセブン / 2016年03月15日07時00分

そんな中、大幅リニューアルのために起用された小林アナまで“週刊誌ネタ”を提供してしまったことを快く思わない幹部もいた」 小林アナの退社に際してスポーツニッポンは、A氏について「少なくとも別の女性か、結婚している相手がいたかもしれない」という関係者の談話とともに、〈“ゲスな男”にだまされた末の悲劇という可能性がある〉と報じた(3月4日付)。それが事実であれば [全文を読む]

小林悠アナに学ぶ!モテる「サブカルオタク女子」になる3つのコツ

BizLady / 2016年02月03日22時00分

美しい女子アナとセレブな起業家のデート、よくある組み合わせだとため息をついている女性も多いのではないでしょうか? しかし小林アナ、大仏や河川ダム、ウルトラマンへの愛を語りだしたら止まらない、すっぴん大好きな“サブカルオタク女子”の一面を持っているのをご存知でしょうか? 今回は、小林アナに学ぶ職場の男性にモテモテの“サブカルオタク女子”になるための方法を考察 [全文を読む]

「萌え女子」と評判の42歳中国美人報道官 大学時代恋愛ゼロ

NEWSポストセブン / 2012年11月26日16時00分

女性として5人目となる中国外務省の新報道官・華春瑩、42歳。端正な顔立ちと穏やかな語り口が習近平体制の顔として国内外の注目を集めている。中国のオピニオン誌「中国新聞週刊」はこう持ち上げている。 〈華春瑩スポークスマンはさらに“萌え女子”を磨いてほしい〉 「萌え」とは日本から持ち込まれた流行語である。“チャーミングさ”を表わす言葉だが、政府要人に冠されるの [全文を読む]

新人アナの“セクシーすぎるポールダンス“が話題に!

メンズサイゾー / 2016年05月19日10時00分

昨年TBSに入社した女性アナウンサーの上村彩子(かみむら・さえこ/23)。上智大学文学部新聞学科出身で報道畑での活躍が期待される彼女が、このところ男性人気を高めている。 その要因となった番組は、16日放送の平日早朝のニュース『はやドキ!』だ。昨年の秋から同番組のアシスタントを務める彼女は、この日「五月病対策」を特集したコーナーを担当。その中で全身運動が五月 [全文を読む]

TBS新人女子アナ・山本エリカさんと伊藤楓さんの人物像

NEWSポストセブン / 2016年04月07日16時00分

独特のセンスで同世代の女性から人気でした」(女子アナウォッチャー) TBSからはもう一人。ミス立教2013ファイナリストの伊東楓さんだ。 「彼女は、父親の友人の中年男性とすぐに仲良くなってしまうそうです。テレビに出始めたら、おじさま方の心を鷲掴みにするかもしれませんね」(同前) ※週刊ポスト2016年4月15日号 [全文を読む]

小林悠アナ 不可解すぎるTBS電撃退社の「真相」

NEWSポストセブン / 2016年03月13日16時00分

ご本人たちには余計なお世話だったかもしれないが、知性派アナが一人の女性として自然に振る舞う姿を微笑ましく(羨ましく?)伝える記事だけに、まさかそんな展開が待っているとは……。 小林アナ自身、本誌記事の発売直後の出演ラジオ番組で、「今回の件で、辞めちゃうんじゃないかと心配してお手紙を下さった方がいらっしゃったんですけど、もちろん辞めませんよ」と明るく語って [全文を読む]

下ネタも遠慮なし! 水ト&カトパン「女子アナ二大巨頭」を揺るがす、赤江珠緒の二面性

日刊サイゾー / 2016年03月12日13時00分

パッと見、女性らしくもありながら、宮根いわく「根性が服を着て歩いている」と評価するほどの“男っぷり”。 確かなアナウンス技術がありながら、油断するとすぐにかみ倒し、間違いにも気づかないことが多い“抜けっぷり”。 そして真摯な発言をしたかと思えば、テキトーで奔放すぎるフリートークこそ赤江の真骨頂だ。実際、「赤江珠緒」で検索してもらえれば、ここ最近の下ネタト [全文を読む]

密着調査!美女アナ16人の“ドギマギさせる奇行”を公開!(2)TBS・加藤シルビアは深夜に…

アサ芸プラス / 2015年03月23日09時56分

まさしく、女性があこがれる肉体そのもの」 と、感動をつづっている。TBS関係者が後日談を明かす。「劇場では年配の男性客とも打ち解け、下町のよさを実感。そのあとも、一人で浅草をブラブラする姿が頻繁に目撃されている」 妙齢の女子アナが、一人でその手の劇場通いとは信じられないが‥‥。「局内で、男性用の仮眠室に忍び込んでは、同僚の男性アナの下半身を触って臭いをかぐ [全文を読む]

同僚アナとノーガードで打ち合う、本音トークの地下闘技場『田中みな実 あったかタイム』

日刊サイゾー / 2013年06月29日16時00分

ある女性のキャラクターを語るとき、その言動が「天然」か「ぶりっ子」かという判断を、人は無意識のうちに下している。存在を丸ごと全肯定することに喜びを覚える一部の寛容なアイドル・ファンでない限り、そのキャラクターが作為的であるか否かというのは、好き嫌いの決定的な判断材料になり得る。たとえばTBSアナウンサーの田中みな実は、今のところ明らかに後者と見られている [全文を読む]

フォーカス