伝説 宮本武蔵に関するニュース

本当の宮本武蔵は脱力系!?山田裕貴、初主演舞台の熱演が話題!

Woman Insight / 2016年08月21日16時30分

舞台の上で役を生きる山田さんの姿を、この機会にぜひ!(さとうのりこ) 舞台『宮本武蔵(完全版)』 https://musashi-stage.themedia.jp/ 2016年8月19日(金)~29日(月)@東京芸術劇場シアターイースト 伝説の剣豪として世に名を知らしめるも、その内面は臆病な男、宮本武蔵。色々と疲れの溜まった武蔵は、湯治のため山奥の宿を [全文を読む]

宮本武蔵 生涯無敗伝説の裏で一揆衆の「投石作戦」に完敗

NEWSポストセブン / 2017年03月29日16時00分

※SAPIO2017年4月号 [全文を読む]

宮本武蔵「流派をもつ剣術をまともに学んだ史実ない」と歴史家

NEWSポストセブン / 2013年03月11日16時01分

日本の「最強伝説」はこの男から全てが始まったといっても過言ではない。 いわずと知れた剣豪・宮本武蔵。晩年に書き記したとされる「五輪書」によれば、13歳で新当流の有馬喜兵衛との決闘に勝って以来、29歳までの60数回に及ぶ闘いのすべてに勝利したという。 柔道家、木村政彦が、吉川英治の『宮本武蔵』を読んでから試合に臨んだように、今なお多くの武道家、格闘家に影響 [全文を読む]

龍馬、武蔵…他 「銅像巡礼」の醍醐味を歴史好き写真家語る

NEWSポストセブン / 2012年06月27日07時00分

剣法“つばめ返し”を編み出した剣術家・佐々木小次郎(銅像左)を破った決戦は伝説化され、後世の演劇や大衆文学の好題材となった。今年は巌流島の戦い400周年に当たる。 【プロフィール】 金子治夫(かねこ・はるお):1941年富山県生まれ。1959年に富山県立高岡工芸高校図案絵画科を卒業。1975年にコマーシャルカメラマンとして大阪市内に写真スタジオを開業、現在 [全文を読む]

日本初! 月給18万円で愛知県庁に雇われた“アメリカ人忍者”のニッポン愛とは

週プレNEWS / 2016年05月29日06時00分

クリス イシカワゴエモン! ―五右衛門は盗賊では? クリス 五右衛門はもともと忍者だったという伝説があるんですよ! 彼のような“弱きを助け、強きを挫(くじ)く”生き方に憧れています。 子供の頃からずっと世界を転々としてきて“帰る家”がない僕にとって、1年(*)だけかもしれないけど、居場所ができたことがすごく嬉しい。忍者として全力で愛知をPRします! (* [全文を読む]

総額100万円!「現金10万円」か「ビール1年分」どちらかが当たるプレゼントキャンペーン実施

PR TIMES / 2014年12月05日11時29分

10日(水)は、特番『スタア伝説・永遠の高倉健』(10日午後7時00分~8時00分)山田洋次監督、武田鉄矢、倍賞千恵子が語る“高倉健”。昭和36年放送『宮本武蔵』の秘蔵音源も初蔵出し! パーソナリティは吉田照美と佐藤利明(娯楽映画研究家)。映画音楽とともに、健さんの俳優人生をトークで浮き彫りにしていきます。『大竹まことゴールデンラジオ!』(月―金午後1時0 [全文を読む]

第18回文化庁メディア芸術祭、7月7日より世界規模で作品募集

FASHION HEADLINE / 2014年06月27日17時00分

真鍋大度らが伝説のF1レーサー、アイルトン・セナの走行データを音と光でインスタレーションに再現した『サウンドオブホンダ/アイルトン・セナ1989(Sound of Honda/ Ayrton Senna 1989)』がエンターテインメント部門、連載28年目を迎えた荒木飛呂彦の『ジョジョリオン―ジョジョの奇妙な冒険Part8―』がマンガ部門の大賞を受賞した。 [全文を読む]

鬼を殺した刀、長すぎる刀…オタク垂涎あの名刀の仰天伝説!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月30日11時30分

おまけに、身の丈3mはあろうかという鬼・酒呑童子の首をひと振りで切り落としてしまったという伝説が残っているのだから最強と言われるのもうなずける。そんな名刀だが、源頼光が酒呑童子を退治したあとは足利将軍家、豊臣秀吉、本阿弥家、徳川家康、徳川秀忠、越前松平家ところころと持ち主が変わり、今では上野の東京国立博物館で保管されているようだ。こんなふうに持ち主が次々と [全文を読む]

フォーカス