実在 宮本武蔵に関するニュース

プロレス小説を最後に引退した作家・樋口毅宏 「オカダ・カズチカがいなかったらこの本は書いてなかった」

週プレNEWS / 2016年11月04日11時00分

表紙の帯文に大槻ケンヂ氏が「リアルを超える空想のプロレス史は燃えるように熱い!」と寄せているように、実在のプロレスラーやエピソードを基に“虚実皮膜”と称されるプロレスの妖しい魅力を存分に際立たせている。 ところが、本作は樋口氏の引退作品になるという…。現在、本人が住む京都を訪れ、創作の原点と引退の真相に迫った――。 *** ―本作は「樋口毅宏引退作品」と [全文を読む]

【動画あり】話題のペプシCM、「カッコよすぎる桃太郎」の狙いと今後の展開は?

Business Journal / 2014年07月01日01時00分

桃太郎がカッコよすぎる上に、歴史上に実在した剣豪の宮本武蔵まで登場し、さらにカオス感が強まった同CM。加えて、「Episode.ZERO」にちらりと登場していた、これまたカッコよすぎるビジュアルのキジ、サル、イヌの動向にも注目が集まっている。 [全文を読む]

実在の剣豪2000名の真実を追え!達人が勢揃い『全国諸藩 剣豪人名事典』が復刊!

PR TIMES / 2014年02月28日12時25分

映画やTVドラマ、小説などに出てくる”あの剣豪”の知られざる逸話など、誰でも楽しめる「読む事典」です!! 本書は主に江戸時代に活躍した実在の剣豪を五十音順に整理し、流名・師系・経歴・逸話等を記述した詳細な人名事典です。見出し813名、準見出しと本文略記を合わせて総勢2000名が登場。幕末新撰組剣士も掲載しています。取り上げられることの少なかった、流祖以外の [全文を読む]

真田佑馬、2年ぶりに共演の水田航生に“2年ぶり”に連絡

Woman Insight / 2016年09月12日18時30分

音楽劇『ダニー・ボーイズ~いつも笑顔で歌を~』は、実在の人物“サトウ・イサオ”らの活躍をモチーフに、主人公を「伊藤幸男」をして、音楽を通じて絆を深めていく人間模様を描いた漫画原作を、珠玉のナンバーで作り上げた作品。 W主演として、ミュージカル主演初挑戦の真田佑馬さん、数々の注目舞台に出演が続く水田航生さんをキャスティング。劇中では、新進気鋭の柄本時生さんを [全文を読む]

歴史上の英雄たちの超ド級アクションRPG「LINE 英雄乱舞」事前登録を開始

ITライフハック / 2015年11月30日15時00分

時代や国、架空・実在といった垣根を超えた英雄たちの競演に加え、様々な育成要素を駆使して、自分だけの英雄を作成することができる点や、戦闘時の派手なアクションによる爽快感が特徴となっている。■英雄たちのスキルを駆使してバトルに勝利せよプレイヤーは、英雄3体を操作して戦闘に挑む。さらに戦闘中は、自身が保有する英雄とLINE友だちが保有する英雄を召喚することが可能 [全文を読む]

深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」

アサ芸プラス / 2012年11月29日10時00分

実在した人物たちが荒唐無稽のストーリーを展開するが、千葉によれば、深作は実に楽しそうだったという。 「こういう話は深作さんは大好きだから、すごく乗って、おもしろがりながら撮っていたね。俺に『千葉ちゃん、ウソの世界をどうリアルに撮るかだよ。ウソって観客に思わせたら負けだよ』って」 リアリティを与えたのが、十兵衛と父・柳生但馬守(若山富三郎)が対峙するシーンで [全文を読む]

作家・樋口毅宏 前田日明の「未来は過去変えられる」に共感

NEWSポストセブン / 2012年06月21日07時00分

例えば僕は宮本武蔵より吉川英治を偉いと思う人間で、実在する大人物より後世の語り部のほうが重要だと考えています。同時に僕には文学にヒップホップの方法論を持ち込み、既存の物語からより面白い物語を再構成する自信がある。同じ年に封切られた『七人の侍』(3位)を抑えてキネ旬ベストワンに輝いた名作が今はほとんど語られていないわけですから、敬愛するデコちゃんのためにも [全文を読む]

フォーカス