離婚 松雪泰子に関するニュース

「グッドパートナー」ボウリングで家族の絆が復活!?

Smartザテレビジョン / 2016年05月12日05時00分

ついに「家庭内に弁護士は2人もいらない」とばかりに、数カ月前に離婚成立し、咲坂がみずきを引き取った。 離婚後も毎日神宮寺法律事務所で顔を合わせ続ける咲坂たちは、相変わらず口を開けばけんかばかりだが、5月12日(木)の第4話では、意外にも仲睦まじげな様子が見られる。 いつもけんかばかりしている咲坂と佳恵の笑顔が弾けているのは、とあるボウリング場での一コマ。 [全文を読む]

新星・松風理咲がドラマデビュー!竹野内豊の“娘”に

Smartザテレビジョン / 2016年03月17日05時00分

みずきは、咲坂と佳恵が離婚する際に「どちらに付いていくか」と聞かれて父親を選び、現在は咲坂と2人で暮らしている。「ママとは女同士だからいつでも一緒に住めるけど、パパとは今しか一緒に住めないから」と、年齢より大人びた考え方を持つ12歳の女の子だ。 離婚した夫婦の一人娘役ということで、今後物語の鍵を握る存在となる可能性も。同じ事務所の先輩・堀北真希や知英らと [全文を読む]

いまから注目!朝ドラ「半分、青い。」フレッシュな若手俳優たち

CinemaCafe.net / 2017年08月23日13時00分

大阪万博の翌年、1971年に生まれ、小学生のときに病気で方耳を失聴したヒロイン・鈴愛(すずめ)が、持ち前のユニークな感性を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っ只中の東京でもまれ、結婚や出産、離婚を経験する人生を描いていく。6月にはヒロインの鈴愛役に永野さんが決定。22日の会見では鈴愛の若かりし頃を描く「岐阜・故郷編」に出演するキャストとして、先述の佐藤さ [全文を読む]

永野芽郁「るろうに剣心」ぶり共演の佐藤健に絶大の信頼「もう心配はない!」<半分、青い。>

モデルプレス / 2017年08月22日15時11分

その後、バブル期に漫画家になるという大志を抱いて上京するも、夢は瞬く間に破れ、結婚して娘を授かるも離婚され、シングルマザーになって帰郷。失敗だらけの人生だが、その度に、「やってまった(=やってしまった)」と明るく呟きながら生き抜く。 失敗を繰り返し、先の見えない人生を贈るヒロインがやがてたどり着くのが、ものづくりの世界。病気の母のためにそよ風の様な扇風機 [全文を読む]

佐藤健、朝ドラ起用のねらいは?NHKが寄せる期待「ひとつのチャレンジ」<半分、青い。>

モデルプレス / 2017年08月22日15時00分

その後、バブル期に漫画家になるという大志を抱いて上京するも、夢は瞬く間に破れ、結婚して娘を授かるも離婚され、シングルマザーになって帰郷。失敗だらけの人生だが、その度に、「やってまった(=やってしまった)」と明るく呟きながら生き抜く。 失敗を繰り返し、先の見えない人生を贈るヒロインがやがてたどり着くのが、ものづくりの世界。病気の母のためにそよ風の様な扇風機 [全文を読む]

佐藤健、朝ドラ初挑戦!ヒロインの幼馴染み役に「支えるのが僕の役割」

CinemaCafe.net / 2017年08月22日14時59分

大阪万博の翌年、1971年に生まれ、小学生のときに病気で方耳を失聴した鈴愛(永野さん)が、持ち前のユニークな感性を生かして少女漫画家を目指し、バブル真っ只中の東京でもまれ、結婚や出産、離婚を経験する人生を描き出す。 鈴愛の幼なじみ・萩尾律を演じる佐藤さんは、「北川さんに、これはラブストーリーだけどラブストーリーじゃない。恋愛じゃない、恋愛をするタイミングを [全文を読む]

『カルテット』ロスのママにおすすめ! 脚本家・坂元裕二のドラマ4選

Woman.excite / 2017年03月21日22時50分

しかし、ママになった今、改めて見返すと、主人公以外のママたちにも感情移入してしまうかも?■『最高の離婚』(2013年冬・フジテレビ系)キャスト:瑛太、尾野真千子、真木よう子、綾野剛、八千草薫 ほか「離婚」という重いテーマを、コメディタッチで描いた作品。結婚とは何か? 家族とは? という問いを改めて考えさせられます。このドラマのポイントは、登場人物たちのテン [全文を読む]

「グッドパートナー」でアノ人にグッとくる恋の予感?

Smartザテレビジョン / 2016年05月05日07時03分

数カ月前に離婚した咲坂と佳恵は、それぞれ弁護士として互いを認め合う仲ではあるものの、既に恋愛感情はなさそう。5月5日(木)の第3話では、それぞれに恋の新展開が訪れる。 佳恵の相手は、顧問先企業の男性社員。仕事で知り合った佳恵に好意を抱いたその男性社員は、佳恵を食事に誘ったり、頻繁に連絡したりと積極的なアプローチをかける。まんざらでもなさそうな佳恵に、咲坂 [全文を読む]

今春から高校生の松風理咲が小学生役で連ドラデビュー

Smartザテレビジョン / 2016年04月27日07時00分

両親が離婚しちゃってショックだと思うんですけど、それを表に出さないところがすごいですね。でも、本当は寂しいんだろうな…という部分を表現するのが難しいなって思います。──初めての連ドラですが、今までの映画やCMと比べて違いを感じることはありますか。松風:連ドラは1日のスケジュールがきっちり決まっていて、撮影の進行が早い印象はあります。その中で自分の思うような [全文を読む]

竹野内豊が弁護士に!法務&ホームドラマに挑む

Smartザテレビジョン / 2016年02月29日05時00分

咲坂の唯一の弱点で、離婚後、シングルファーザーとして一人娘のみずきを育てている咲坂と、母親である佳恵は、時に論争になることも…。そんな佳恵は、真っすぐな意志を持ち、堅実で完全主義者、誰が見てもいい背筋がピンを伸びた女性弁護士だ。松雪との共演について、竹野内は「映画に続き、2度目の共演となる松雪さんは、いろいろな引き出しを持っていらっしゃる方なので、これから [全文を読む]

坂口憲二のデキ婚相手が故・やしきたかじんの元カノという衝撃

messy / 2014年01月28日18時00分

それにしても今回のAさんの元カレがやしきたかじんであるという話は、B’z稲葉浩志の妻が、松崎しげるの元嫁であるというニュース以来の驚きではないだろうか(ちなみに芸能レポーターによると、松崎の元妻は、あの黒い遊び人として有名な松崎でさえ手に負えないほどの激しい遊びっぷりで、松崎との離婚原因は元妻の浮気が原因だったそうである)。 今夏に出産予定だというAさん。 [全文を読む]

前園、亀梨、古くは横山やすしも……なぜ芸能人・業界人の“タクシートラブル”は続くのか

日刊サイゾー / 2013年10月18日11時00分

木村のコワモテぶりが、離婚の原因の1つだったようです」(同) 数ある芸能人の“タクシートラブル”でも極めつきなのが、故・横山やすしとその息子で俳優の木村一八の、親子二代にわたる狼藉ぶり。やすしは1970年、タクシー運転手への傷害事件という“最初のトラブル”を起こす。さらに懲りずに、77年にはタクシー運転手に「昔でいえば駕籠かき雲助やないか」と暴言を吐いて侮 [全文を読む]

フォーカス