子供 薬師丸ひろ子に関するニュース

1000人の親子それぞれに聞きました!制服が似合う有名人はこの人!

PR TIMES / 2017年03月07日13時44分

トンボ学生服が制服に関する親世代・子供世代の意識の違いを探る調査結果を公開明治9年に創業し、学校の制服や体操服を中心とした衣料品の製造販売を行ってきた株式会社トンボ(本社:岡山県岡山市北区厚生町二丁目2番9号 代表:近藤 知之)は、学生服ブランドが行う活動の一環として、親世代・子世代の制服に関する意識の違いを確認することを目的とした「学生服に関する意識調査 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】広瀬すずが1位! 「制服が似合う有名人」ランキング 2位の28歳女優に「破壊力やばい」の声

TechinsightJapan / 2017年03月09日14時31分

それを「子供世代」「親世代」と分けてランキングにした。 「子供世代」「親世代」ともに2位を大きく引き離しダントツ1位だったのが、広瀬すずだ。彼女は、公開を控える主演映画『チア☆ダン』(3月11日公開)やヒロインを務める映画『先生!』(10月28日公開)でも女子高生役であり、学生服の印象が強いのもうなずける。 続けて「子供世代」「親世代」ともに2位にランクイ [全文を読む]

『明日ママ』なぜ騒動に?丁寧さの欠如とエンタメ性優先が招いた、ドラマとしての質の低下

Business Journal / 2014年02月04日01時00分

子供の人権侵害」騒動ばかりが取り沙汰されているけれど、ドラマとしての質はどうなのか。大人が考える「子供目線と純粋さ」、子供が本来持っている「幼さと残酷さ」との兼ね合いがうまくいっていないことが問題じゃないのか。騒動のせいで素直に視聴できなくなってしまったのが今クール(1~3月期)の連続テレビドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系/毎週水曜夜10時放送 [全文を読む]

伊藤英明、山田孝之も?2016年の”大コケ映画”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日12時05分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

おニャン子のデビューは28年前ですから、彼女たちの子供世代がAKBというわけです。どんな世代差が出るのか、コラボが見たいという気持ちはわかります」 [全文を読む]

ミムラ憧れの作品に再び! 「木皿作品に出られる役者になりたかった」

anan NEWS / 2016年01月05日20時00分

家族に対してどこかドライだったり、ドラマで家族的なポジションを担っているのが血縁じゃない人々なのも面白いんですよね」 ミムラさん扮する月美は、早くに結婚して家を離れ、夫と子供と暮らす主婦。ただ、その家庭には「大喧嘩するほどじゃないけれど、お互いあえて口に出さない程度のなんとなくの不和がある」。そんな彼女が、謎の若者と知り合ったことから、閉塞感を覚えていた日 [全文を読む]

薬師丸ひろ子&香川照之が来年夏の終戦ドラマに出演!

Smartザテレビジョン / 2015年09月25日18時53分

日本の運命を変えうる重要な情報を発信しながら、百合子は子供の命が危険にさらされる不安と緊張と戦っていた。だが、待てど暮らせど本国からの返信はない。小野寺夫婦の情報は生かされることなく、やがて日本は敗戦を迎えてしまう。 戦後、百合子は「ムーミンパパ海へ行く」(講談社)など児童本文学の翻訳に携わるようになる。一方、信は戦時中のことには固く口を閉ざし、無念の思 [全文を読む]

落合福嗣、早くも声優人生は順風満帆!? 薬師丸ひろ子らも出演のアニメ映画『シンドバッド』に意外な好評価

おたぽる / 2015年07月10日18時00分

丁寧な作りもさることながら、子供だけではなく大人をオッと思わせるような"おっさんホイホイ"な話題性もちりばめられているという。 本作は『未来少年コナン』『アルプスの少女ハイジ』『ちびまる子ちゃん』など名作を世に輩出している日本アニメーションの40周年を記念した作品。『STAND BY ME ドラえもん』や『もやしもん』などで知られる白組とタッグを組んでの制 [全文を読む]

橋本環奈が早くも「カイ…カン…」を初披露

Smartザテレビジョン / 2015年06月23日18時52分

橋本の印象を聞かれた赤川氏は「ネットで話題だったころは、かわいいけどまだ子供で、女の子らしさは感じなかったのですけど、きょう初めてお会いして、確実に大人の女性に向かって成長している。これならば高校3年生の星泉を十分演じられるなぁと思いました」と太鼓判を押した。 メガホンを取るのは、「婚前特急」(2011年)、「夫婦フーフー日記」(2014年)を手掛けた前田 [全文を読む]

斉藤由貴は「時代だって由貴に染まる。」!美神たちの愛すべきキャッチフレーズ

アサ芸プラス / 2017年09月08日09時58分

「誰のおかげで飯が食えてると思ってんの!」と怒鳴られた当時のマネージャーも「まだ子供で純粋なんだ」と怒りを収めていたのだろうか。●大沢逸美「ジャームス・ディーンみたいな女の子」(83年デビュー)170センチの長身に短髪。80年代はユニセックスなイメージを売りにするタレントが多かった。彼女の場合、このキャッチフレーズよりも、ラジオで連呼された「大沢、イッツミ [全文を読む]

前田敦子「AKB48時代はバブル、今は贅沢な体験」

NEWSポストセブン / 2017年01月27日16時00分

子供扱いもされないし、大人として扱われるけれど、大人としては若者じゃないですか。年上のかたもいるし、後輩も増えてきた。“あいだ”に挟まれるのが25才から30才の時期だと思うので、いろんな人の話も聞けるし、いろんなことを考えられる。ラッキーで贅沢な時期を過ごしています」 彼女が今いちばん贅沢を感じる時間は、三浦友和(64才)と話をする時なんだという。現在放映 [全文を読む]

女のコ同士のキスシーンが満載! 監督自ら主演のアイドルグループをプロデュースした『キネマ純情』の背徳感とは…

週プレNEWS / 2017年01月26日11時00分

しかもその犯人はもう家庭を持っていて子供がいるんです。果たして復讐なんてできるのかって…。作風はコミカルにしてありますけど、内容は超ハードですね。 ―それをアイドルが演じるのは、まるで想像がつかないです。 井口 重厚な芝居をアイドルにやらせてみたい思いはあります。従来のイメージからはみ出した時に新たな魅力が出てくるのが2000年代の、今のアイドル映画ですか [全文を読む]

前田弘二監督が語る、いま『セーラー服と機関銃』を撮るということ

Movie Walker / 2016年03月05日08時00分

「角川映画って子供の頃に見ていた記憶が強いんですが、想像していた映画と全然違っていることもあって、いい意味で騙されていました(笑)。大人の異様な世界を無理やり見せられたような感覚になる映画ばかりだったんですよね。とんでもないものを見せられた!って。今回、その時に受けたサプライズを、違うかたちで、1本の映画のなかに詰め込めていけたらなと思っていました」そんな [全文を読む]

<談志役にビートたけし、談春役は二宮和也>落語界の異端・立川流での修業時代を描いたドラマ「赤めだか」が秀逸

メディアゴン / 2015年12月30日07時50分

談春さんのお弟子さんのこはるさんの、最近のお約束のギャグは「立川流で育ったので、オオカミに育てられた人間の子供みたいなもので」というものだが、それはさておき。来年生誕80年になる立川流の談志祭りにはこのドラマがもう一度見たい。そして愛すべき談志師匠をめぐる弟子のそれぞれの想いをぜひ聞きたい。そしてなにより、このドラマをきっかけに「落語って面白いの?」と落語 [全文を読む]

「ど根性ガエル」 松ケンを主演にするためひろしを30才に設定

NEWSポストセブン / 2015年07月11日16時00分

子供の頃にTシャツに貼りついて、そのまま大人になったという設定にしました。貼りつく場面から描くと、いろいろ説明する必要が出てきてしまう。 すでに貼りついていれば、それが日常だから、説明する必要はない。人間ドラマを重点的に描くことができます。やっぱり家族みなさんが見て楽しめる人間ドラマを作りたかった」(河野さん) ピョン吉の声を担当する満島ひかり(29才)に [全文を読む]

NHK紅白「例年より楽しみではない」人が79.9% アナ雪&妖怪で挽回なるか?

しらべぇ / 2014年11月26日18時00分

おおみそかは家族全員参加で!」というテーマどおり、大人から子供まで楽しめる紅白をめざす姿勢が伺える。 ところが、しらべぇ編集部がアンケートサイト「マインドソナー」 https://mind-sonar.com/target/W21471db3-06f2-46ee-b35f-ec216049319b を使って調査したところ、「今年の紅白が例年より楽しみ」と回 [全文を読む]

<青春に謝るTBS「ごめんね青春!」>宮藤官九郎が問いかける「青春」という恥ずかしい言葉の復権

メディアゴン / 2014年11月24日00時05分

筆者はその当時、「青春とはなんだ」を子供ながら第1話から観ていた(根っからのテレビっ子だったのだ)。このドラマは、ラグビー部を舞台に、教師役でスポーツ系イケメン男優の夏木陽介が人気を得て大ヒットした。以後、・「これが青春だ」(主演・竜雷太/テーマ・サッカー/1966〜1967)・「でっかい青春」(主演・竜雷太/テーマ・ラグビー/1967〜1968)・「すす [全文を読む]

あまちゃん展開予測 さかなクンと共演でアキが大ブレイクか

NEWSポストセブン / 2013年08月06日07時00分

そこからアキが選んだのが、さかなクン(本人役で出演)と共演する子供向け教育番組『見つけてこわそう』だった。 「“ギョギョギョ!”のさかなクンと“じぇじぇじぇ!”のアキが共演するという情報は早くから外部に漏らされていましたが、どうやらこれがきっかけでアキは大ブレイクする。予備校のイメージキャラクターなど、おいしい仕事が続々と舞い込むようです」(テレビ雑誌ライ [全文を読む]

フォーカス