2人 高島彩に関するニュース

綾瀬はるか、田中みな美、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月08日10時00分

「大河の撮影開始2カ月ほど前に、綾瀬は映画で共演した岡田将生(23)と都内で2人きりで食事をする姿を目撃されています。『姉弟のような関係』と言っていますが、岡田との交際が本格化すれば、オダギリと不倫なんてことはないと思うのですが‥‥」(芸能記者) エロさが増強されたボディは、誰のモノにもなってほしくない! 交際中のお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森 [全文を読む]

幼児教室、お受験…高島彩の熱心な育児を支えているのは夫ではなく…?

messy / 2016年12月29日20時00分

高島の実母、おばあちゃんなのにひとりで2人の乳幼児を預かってくれるなんて、スキルが高すぎだろう。読むうちにどんどん高島でなく実母が気になってきたところで、そんな読み手の要望に応えんとばかりに、なんと実母のインタビューが巻末に掲載されていた。 高島の父で俳優の竜崎勝は、高島が5歳の頃に44歳の若さで亡くなっている。そのため実母は女手ひとつで高島とその弟を育て [全文を読む]

TBSがハロウィーンに“音楽祭”開催!司会は及川光博ら

Smartザテレビジョン / 2016年10月17日04時00分

2人とも自由な方という印象が強いので、自由に楽しく司会をしていただき、進行はお任せいただければと思います。 これまで、ハロウィーンの日はたいてい仕事が入っていたので、日本中で盛り上がるハロウィン熱をうらやましく思いながら、パンプキン風味のお菓子を食すことぐらいしか楽しめていませんでしたが、今年はお仕事で堂々と仮装ができるということで、新人アナウンサー以 [全文を読む]

フリー転身報道のカトパン 高島彩と定期的に食事会開き相談

NEWSポストセブン / 2015年07月28日16時00分

2013年4月には、2人が都内の高級レストランで食事をする姿を女性週刊誌がキャッチ。その際、カトパンはアヤパンにこんな話をしていた。 「私たちの仕事って人気商売だから、結婚=人気が落ちる、みたいなところがあるじゃないですか?」 他にも“好感度上昇テクニック”について盛り上がるなど、フリー転身を意識しているかのような雰囲気だったと報じられた。それ以降、2人[全文を読む]

あの“教団関係者”も認めた高島彩の「ベストマザー」な女子力

アサ芸プラス / 2015年07月16日05時59分

その授賞式では、「2人目は考えていない。まだ授乳中なので、まずは断乳してから」とコメントしていたが、そうも言っていられない事情もあるようだ。「子どもが成長して手を離れたら、教主の義理の娘として、責任ある立場で教団を支えてほしいという声が教主や教団内から上がっているそうです。しかし当人は、本職のアナウンサーの仕事に支障が出るため、広告塔にされることを快く思っ [全文を読む]

フジテレビ女子アナ“2トップ”カトパンとショーパンの不仲は本当!?「中村光宏アナをめぐって……」

日刊サイゾー / 2015年06月08日13時00分

今年2月にショーパンと中村の披露宴が行われた際には、カトパンが出席するのかと、周囲は大いにザワついたものですが、カトパンはさすがに大人の対応で堂々と出席して2人の門出を祝福していましたね」(芸能ライター) 披露宴では、加藤がマイクを片手に各テーブルをまわって出席者らのお祝いメッセージを新郎新婦に伝える役回りを振られ、周囲の同情を集めていたとの報道もあった。 [全文を読む]

出産でバストが大きく変貌した「高島彩」がデパートで大胆行動?

アサ芸プラス / 2015年05月23日09時55分

昨夏、夫や娘と一緒に、夫の実家近くのラーメン店を訪れた際も、「2人が頼んでいたのは激特ラーメンという豚骨醤油ラーメン。旦那さんが、母乳が出やすくなるという、ほうれん草のトッピング増しを注文していました」(常連客) 今月7日、ベストマザー賞授賞式の会見で、2人目の予定を聞かれた際、「(今の娘に)まだ授乳中なので。(2人目は)断乳してからになると思う」 と宣言 [全文を読む]

“フジ2トップ”カトパンとショーパンをモノにした中村光宏アナウンサーがモテるワケ

日刊サイゾー / 2015年02月17日11時00分

だが、カトパンは余興で、歴代の『めざましテレビ』キャスターたちと同番組の主題歌「今日も どこかで」を熱唱するなど、誰よりも2人の門出を祝福していたという。 「実は2人の不仲説がここまで広まってしまったのは、某女性誌が原因なんです。数年前に、カトパンが、バーで“ある女性”のことをグチっていたのですが、それを盗み聞きしていた記者が、その女性を生野アナと勘違い [全文を読む]

ミトちゃんvsカトパン制作スタッフからの評判は

WEB女性自身 / 2014年07月25日19時00分

人気アナ・田中みな実(TBS)のフリー転身が決まり、キー局女子アナの女王争いはついに2人に絞られた。水ト麻美(27)と加藤綾子(29)。その現場での評判は? カトパンに心酔する制作会社ADが語る。「彼女は、僕らADにも優しいんです。若いADに『カッコいい!』と言うこともあるんですよ。ふだんは髪をまとめてアップにしていますが、ナレーション撮りのときは下ろして [全文を読む]

堀北真希の電撃引退とおかもとまりの待機児童炎上から浮かび上がる「女は家庭に入れ」の根強い価値観…出産=失職

messy / 2017年03月04日20時00分

これからも2人で力を合わせ、愛情いっぱいの家庭を築いていきたいと思います」とある。各メディアでは「家事や育児に専念する意向を示している」という向きの報じ方をしている。 堀北の引退とその理由についてネット上で「いい引退の仕方だと思った!お母さん頑張って!」「凄くいいことだと思います!子育て頑張って!」「ママタレは見習ったら」「良い決断だと思う」「家庭を大切に [全文を読む]

今さら高島彩? “爆死”の臭いがプンプン漂う、テレ朝・土日午後9時の新報道番組

日刊サイゾー / 2017年01月09日12時00分

「かつてフジの絶対的なエースに君臨していた高島アナですが、いまやアラフォーで2人の子持ち。昔の名前だけで視聴率を期待するのは酷で、『今さら高島?』の印象は拭いきれません。昔は『めざましテレビ』の看板アナでしたが、報道に関わった経験がほぼないのも不安要素。ましてや、フリー転身後も、古巣のフジ以外の番組にはほとんど出演していないため、テレ朝の視聴者にとっては [全文を読む]

出産後スピード復帰の高島彩に「究極の勝ち組ママ」評

NEWSポストセブン / 2016年10月31日16時00分

2人目の出産は分娩台に上がってから30分というスピード出産で、体力的な負担も少なく、出産3日後には『仕事がしたい』と思ったんだとか。夫のゆず・北川悠仁が育児をフルサポートして、妻の職場復帰を支えている。CMなどにも引っ張りだこで芸能界究極の勝ち組ママですね」(芸能記者) ※週刊ポスト2016年11月11日号 [全文を読む]

高島彩の産後1カ月復帰に「早すぎ」「シッターに丸投げでしょ」

messy / 2016年07月17日17時00分

あと2人目だったので(出産が)早かったのと、体も楽だったので、そういう意味では気持ちよくこの場に復帰している」と笑顔で心境を語った。 そんな高島に、同番組にて共演した徳井義実と生瀬勝久は「何事もなかったかのように帰ってきたので、高島彩は強いなと感じました」、「余計に綺麗になりましたよね。働く女性はこうあるべきだというみんなの憧れに、またなるんじゃないでしょ [全文を読む]

「ポスト・カトパン」を狙い、2人のフジテレビ女子アナがパンチラ合戦!

日刊サイゾー / 2016年06月05日09時00分

人妻の生野アナがいまだに主力としてイベントに起用されるほど、人材がいない」(週刊誌記者) しかし、そんな状況をチャンスとばかりに、2人の女子アナが“ポスト・カトパン”に名乗りを上げているという。フジテレビ関係者が明かす。 「ひとりは『めざましテレビ』で加藤の後任を務めている永島優美アナです。彼女の父は元サッカー日本代表で、スポーツキャスターの永島昭浩。当初 [全文を読む]

フジテレビ退社で年収1億超え確実の“カトパン”加藤綾子アナ、吉本芸人もゾッコンの“人たらし”術

日刊サイゾー / 2016年02月26日11時00分

2人はそれぞれTBSと読売テレビ出身で、今はアナウンサーの大手事務所といわれるセント・フォースに所属しています。彼女たちから他局の情報や、セント・フォースの情報をいろいろと聞いていたんじゃないでしょうか」(芸能事務所関係者) 実際、フリーになれば、2人とも“ライバル”になるのだが――。 「そこが、カトパンのすごいところですよね。人たらしというか。実際、明石 [全文を読む]

加藤綾子フリーに 高島彩、滝クリ、夏目、真麻への影響は?

NEWSポストセブン / 2016年02月03日16時00分

カトパンが夏目を意識したとしても不思議ではない」(前出・フジテレビ関係者) 2人とも局アナだった頃は加藤アナが人気で上回っていただけに、「同じ土俵に立てばカトパンの方が夏目より上」という声は強い。 ※週刊ポスト2016年2月12日号 [全文を読む]

武豊がフリーアナ・美“馬”玲子と不倫!? その誠実イメージをひっくり返す「オンナ関係」と「遊び人」ぶり

日刊サイゾー / 2015年10月22日17時00分

2人は競馬番組をきっかけに知り合ったという。 スクープされたのは4日、武が中山競馬場で開催されたスプリンターズS(G1)に騎乗した夜のこと。フランス凱旋門賞の解説など仕事をこなした後、武は美馬アナとの“危険な逢瀬”を楽しんだのだ。記事によると、下品なほど露出度の高いドレスを着た美馬アナと手をつないだ武は、時折ドレスのスリットに手を這わせて腰や尻を触っていた [全文を読む]

元フジテレビ高島彩アナ“他局解禁”難航のワケ「家庭の話をすると宗教が……」

おたぽる / 2015年10月10日09時00分

2人が挙式をした神社も、宗教団体の総本山であることが話題となりました。宗教ネタが週刊誌などで大きく報じられたことで、高島さんはかなりショックを受けていたようです」(業界関係者) しかし、芸能人は信心深いことで知られ、占いや宗教にハマる人間も多い。特定の宗教団体の信者であることは別に珍しいことではない。中には、宗教団体の広告塔となる芸能人もいるが、高島の場合 [全文を読む]

高島彩が語った「墓前プロポーズ」と出産秘話

デイリーニュースオンライン / 2015年10月10日08時30分

そんな2人の子どもは、やんちゃざかり。死産という辛い思いを経ての出産だったので、思いもひとしおだったそう。子どもを抱く高島の表情は優しさに包まれていた。子どもの顔は、多くの人に北川似と言われる。特にたらこ唇が似ているそう。陽気な性格は高島似。初めての言葉は「パパ」か「ババ」のどちらかで、「ママ」ではなかったと明かした。 フジ・バイキングの裏に出演した真意 [全文を読む]

女子アナ“大物有名人”GETランキング(2)「ダルビッシュ争奪戦の行方は?」

アサ芸プラス / 2014年03月12日09時52分

2人が意気投合した場合を想定して、ホテルの部屋まで用意していたと聞きました」 一方のカトパンは、その頃から、人気、実力、美貌と三拍子そろっていたため、彼女を落とすべく、男たちが「順番待ちの状態」だったと、フジテレビ関係者は語る。 「今シーズンに巨人入りした片岡治大(31)は、西武に所属していた一昨年、カトパンと合コンで出会ってから猛アタックを開始。高級焼き [全文を読む]

フォーカス