プロ野球 高島彩に関するニュース

大谷翔平「嫁取りレース」の行方を父に直撃してみたら…

NEWSポストセブン / 2017年01月06日07時00分

“二刀流”で北海道日本ハムファイターズを日本一へと導き、2016年のプロ野球界を席巻した大谷翔平(22)。球団は来オフのポスティングによるメジャー移籍を容認しており、今年が日本での“見納め”となるかもしれない。 メジャーの新労使協定によって大幅な年俸ダウンも懸念されているが、大谷自身は「お金じゃない」と意に介さず、大きな障害にはならなさそうだ。 勝負の20 [全文を読む]

藤井フミヤのゴリ押しじゃなかった?フジは有力子息に入社を“お願い”していた!?

アサ芸プラス / 2016年08月07日17時59分

スポーツ界からも田淵裕章アナは元プロ野球の田淵幸一の息子で、永島優美アナの父親は元Jリーガーの永島明浩氏と、フジのコネ入社はもはや伝統芸の域に近い。 世間からは親の七光りを利用してフジに潜り込んだイメージが強いために、実力が伴わないコネ組への風当たりは強い。しかし、フジテレビ社員によると実態はまったくの逆だという。「藤井フミヤさんをはじめ芸能界、政財界の子 [全文を読む]

夏目三久が『真田丸』に?女優転身で叫ばれる”フリー女子アナ”神話の崩壊

デイリーニュースオンライン / 2016年05月17日08時03分

得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。 [全文を読む]

TV局入社の大物政治家娘 外見拘り渾名“フェラガモちゃん”

NEWSポストセブン / 2013年09月24日07時00分

「スポーツ局でディレクターをしていて、プロ野球のヤクルト担当だったんですが“今日の先発投手は誰でしょう?”と聞くと、“さァ、全然分かんない”と答えたんです。予告先発が導入される前の話ですが、担当なら大体のところは予測できて当然。取材量も知識量も全然足りていませんでした」(日テレ社員) 複数のテレビマンに聞いたところ、「ダメなコネ社員」にはひとつの傾向があ [全文を読む]

内田恭子と大橋マキ「入社当時は月と太陽」ほど差があった

NEWSポストセブン / 2012年03月07日07時00分

「先に『プロ野球ニュース』のキャスターに抜擢されたのは大橋だった。大橋は『めざましテレビ』でもレギュラーコーナーを持つなど大車輪の活躍だったが、一方のウッチーは、プロ野球の現地レポートなど脇役がメイン。入社当時は、“太陽と月”といっていいぐらい、大橋のほうが光り輝いていた」(フジテレビ関係者) しかし、脊椎の持病や人気アナとしてのストレスもあって、大橋は [全文を読む]

フォーカス